YUKIOビール

寒かったはずの梅雨が突然開けて、急激に暑くなった。先日の日曜日にはビールを浴びるように飲んでしまった。ダメだ、早死にする。そう思うのだが、ここまで暑いと今夜も軽く一杯行くか。笑 その一杯が二杯になり、三杯になり、気づいた時にはもう遅い!なんとかこの辺でそろそろアルコール様とお別れしたいと思っているのだが、なかなか上手くいかない。

そう言えば、このコロナ禍になってからというものまるっきり外でお酒を飲む機会が無くなってしまった。その点だけはなんだか良い事のような気がする。ライブもやらなくなったので、ライブ後のお酒もなくなったし、家の中で酒を飲むばかりだ。外で飲むと当然お金も家飲みに比べて数倍かかっていただろうし、今インフレになって秋にはビールも値上げするみたいだが、そこら辺が考えどころかな?と思ったりもする。ただ、これだけ暑いとビールも飲みたくなって来ると言うものだ。そこで今回は自分の音楽とお酒の関わり合いについて語ってみることにしよう。

前にも述べたとおり、自分は音楽を演奏する時にはお酒はやらない。酒を飲みながら演奏しないのだ。飲んで演奏するとすごく楽しいのだが、何をやっているのかわけがわからなくなってくるし、指もなんだか動かなくなってくるので、やらなくなってしまったのだった。お酒を飲みながら演奏する人はたくさんいて、特にギターを弾く人は、演奏前に、軽く景気づけに一杯あおっておくと、ちょうどいい感じになるみたいで、ライブハウスやバーに行くとみんなそんな感じだった。

周りがみんなそうなので、自分だけが酒を飲まないでいると、なんだ調子悪いのか?一杯飲んで機嫌なおして演奏しようぜ!と、酒をすすめられたことは何度もあるのだが、断ると、チェッ!ノリの悪い奴、オマエとは友達になれないな!と、みなされるのだった。(笑)

反して、演奏し終わった後は、もう何も気を使うことがないので、どんどん飲んでしまうのだが、歳をとってからは基本一人ライブなので終わった後も結局一人飲みなのである。一人チビチビ飲みながら、対バンの人達の演奏を聴いてからトボトボ家に帰ってくるのであった。(笑)若い頃はバンドとかもやっていたので、打ち上げと称し、みんなでいつも対バンの人達や、あるいはライブを聴きに来てくれた友達も交えて飲みに行ってワイワイガヤガヤやっていたのだが、なんだか演奏よりもその内輪の飲み会の方が重要なイベントのような感じで、自分の音楽の本質とは別物のような気がずっとしていて、そういう経験が重なってしまい、何とも言えないのだが、結局は自分は一人でいいのだと思ってしまったのかもしれない。

ただ、そのライブが終わった後の打ち上げというのは見方によっては重要で、そこでミュージシャンの人達は人間関係を作り、ライブに来てくれた人達を接待し、次のステップはないかとチャンスをうかがうのである。ちなみに場末のライブハウスのノルマもこなせないような自分のような者だけがこういう風に思っているのかなと思っていたが、先日新聞で現代音楽か何かで有名であろう女の子が、コロナ禍になって演奏ができなくなったこともそうなのだが、演奏後の打ち上げができなくなったことが寂しいとか何とか、打ち上げで酒を酌み交わし、情報交換することが一番楽しかったのにそれができなくなってしまったと嘆(なげ)いていた。

そんな肩書を重視するようなクラシック界の人でも、打ち上げなんてやったりするの?と思ってしまったのだが、妙に親近感を覚えてしまった。まだ若い女の子だったので業界ズレしてなくて、つい本音を語ってしまったのかもしれない。(笑)どこの業界にいこうと、そして有名であろうとなかろうと、結局は泥臭い地道な営業というのが一番大切なんだなと笑ってしまった。そして、そこには絶対に必要だとは言わないが、結構、酒がからんできたりもする。酔っぱらってくると、つい本音が聞こえて来たりもするからだ。

ただ内輪だけで盛り上がる打ち上げは、TV関係者や芸能人じゃ無いだろうし、何のためにお金を払って酒を飲んでいるのだろう?と思ってしまって、歳(とし)と共に参加していない。(笑)

今、住んでる街に引越して来てもう10年以上になる。結構ライブハウスが並んでいたりする街で、当初は自分のライブができないかとライブバーによくお酒を飲みに行った。ピアノバーあり、危ないバーあり、まさか自分がこんなに外飲みする人間だとは思っていなかったのだが、これも自分のライブをできる限り格安でやりたいから通ったようなものだった。そうした呑み屋でいろいろな人間に出会って、楽しい思い出もそれなりにあるのだが、結論とすればお酒を通して知り合った人間とはやはり交友は長続きしない。また、金儲けの仕事の話をしたこともあるのだが、お互い酔っぱらっていると話がでかくなって駄目だ。(笑)自分の音楽を仕事としようとするならば、やはりお酒は余り関係ないように思う。

酒と自分の演奏について述べて来たが、今度は酒と自分の音楽制作の関係について語ってみることにしよう。実は酒を飲みながら自分の部屋でギターやピアノを弾くことはよくあったりする。ライブで他人に聴かせるために演奏を間違ってはいけないという制約から解放されるのだ。(笑)他人(ひと)の音楽を聴きながらインスピレーションを感じて、ギターを弾き出したりしてスマホに簡単に録音したりもするのだが、そのモチーフを曲として完成させたことは今まではなかったのだが、ここ10年くらいで唄なしの曲とかを創るようになったりして、そうした曲は酒の酔いに任せて出来上がっている。若い頃では考えられなかったことなのだが、アタマはどこか冷静で、音が動くところを的確に捕(と)らえていると自分では思っている。まだ誰にも聴かせていないが、いわゆるフリー演奏というやつだ。無茶苦茶な演奏でたぶん驚かれるに違いない。ご期待ください。期待している人いないか。(笑)

いつまで酒を飲むのかわからないが、酒を飲み過ぎた人たちはみんな早死にしている。このままだとたぶん自分もそうなってしまうだろう。なんとかしなければいけないのはわかっているのだが・・・、タバコをやめた時はいろいろあってスッパリやめられたのだが、お酒に関してここまでうだうだと飲み続けていようとは、若い頃は思いもしなかった。

レッド・ツェッペリンのジミー・ペイジ(※有名なハードロックバンドのギタリスト)が今はもうスッパリ酒をやめてしまっていると聞いたのはもう何年前だろう?若い頃に飲み過ぎちゃって、飲みたいとも思わないらしい・・・。そう思うまで若い頃にすべてをやり切っちゃっているのだろうな。そういう境地になるまであと何年かかるのだろう?その先に酒の飲み過ぎで死んでるな。(笑)可能性は大。笑い事じゃない。

オリジナルソング。ダウンロード販売中。試聴も充実!聴いてみませんか!?気に入っていただけるようであれば、クレジットカード、paypal決済でお買い上げできます。よろしくお願いいたします!

他サイトでも音楽配信やってます。アップルミュージック、ユーチューブミュージック、ラインミュージック等でも聴けます。作品を通して聴いていただくのが一番のお勧(すす)めです。CDも販売中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA