白髪アイドルになってみた YUKIOの場合 3C分析

自分の音楽に当てはめる形でマーケティングの本を本屋でずっと立ち読みしていて、

ふと思いついたのがおかしな話だが”白髪アイドル”だ。

私の発想としてはどうしてもいつもこんな感じになってしまう。(笑)

解説していくと、とりあえず”アイドル”というのは日本には昔から存在していて潜在需要は必ずあるはずだ。要は音楽は芸能活動なのだから、自分も売れない芸能人なのである。(ターゲットニーズの確定)

そこでそういうアイドルを求めている人たちにどう自分の音楽を聴いてもらえるようにするのか?まずは市場分析である。マーケティング本では3C分析をしろとあった。

3Cとは「Customer(市場・顧客)、Competitor(競合)、Company(自社)」である。

まず市場を分析してみよう、本にはマクロ市場とミクロ市場に分けて分析方法が書いてあった。

マクロ市場とは世間の広い市場のこと、要は新聞の見出しに出てくるほどの事柄なので、現在、日本はどんどん年寄りばかりの長寿国になっているので、髪の毛を染めているけれど本当はみんな白髪なのだから、これは十分”白髪アイドル”を認めるだけの素地はある。

ミクロ市場は小さいところ、いわゆるここでは芸能界か、アイドルは昔は10代の若い歌手をたとえた言葉だったと思うが、今はジャニーズ系アイドルだって千差万別いろいろな人間がいる。「嵐」だってもう40前後だと思う。地方にはいろいろな街おこしアイドルがいて多様性の時代だ。”白髪アイドル”を名のっても全然おかしくない。

次はCompetitor(競合)だ、”白髪アイドル”に競合などいない。誰も名のってないのだから。試しに”白髪アイドル”と検索してみたら。誰もいない。一番上の記事は”ジャニーズでも白髪を告白、アイドルの正しい年の重ね方とは?”とあった。

最後にCompany(自社)、ここでは自分である。自分は白髪だらけでもはやどうしようもない。白髪から逃れられないと思っているので”白髪アイドル”になる覚悟が若い人間より全然高い。”白髪アイドル”はトシをとった方が有利だ。

こんな風に3C分析をしてみたが、いかがだったでしょうか?

マーケティング本では次は強いペルソナ(そのサービス・商品の典型的な ユーザー像のこと。ここでは私の音楽を聴いて買ってくれるファン像)をつくれとある。なかなかCD売れずに困ってるのに、そんなもの想像できるか!と思ってしまうのだが、我慢してもう少し勉強してみよう。ペルソナ作りはもう少し待て。(続く)音楽配信

spotify  オリジナルソング聴いてみませんか!?

アイドルになってみた YUKIOの場合

spotifyにアーティストページというものがあって、そこに登録すると画像をアップすることができる。

spotifyは若者などが聴く今一番旬の音楽ストリーミングサイト

であって、トシをとった私のなどが本来関わり合いになるサイトではないのかもしれないが、なにせ世界のどこにもないオリジナルソングを創っていると自負する私としては、いくら年齢差が離れようと関係ない、世界中の若者は自分の曲を聴いてくれるものと信じspotifyにギターとピアノの弾き語りの曲を配信している。

アーティストページはその配信している人たちに向けてのマイページ機能のようなもの

らしく、どこの国のいくつくらいの人が聴いてくれたか分析ツールとかもついていたりして、その中に自分の画像をアップできる機能もあるのだ。

営業というのは基本、他人に信頼されてはじめて話し合いというか取引が始まると信じているので、企画書とかウェブ上もなるべく顔を出すように努めている。spotifyの他のアーティストさんたちもそこそこ顔を出したりしているので、そこでつい調子に乗って自分のトシも考えずに白髪だらけの顔写真をアップしてしまった。

これで少しは自分の曲を聴いてくれる人が増えるかと思っていたら、かえってリスナーの数は減ってしまった。やはり原因は白髪だらけの自分の顔画像にあるように思う。くやしかったので、spotifyではアップされる画像が結構暗めにでるので同じ顔画像をかなり明るめに修正して再度アップしてやった。

案の定、さらにリスナーの数は少なくなった、、、。

白髪で悪いですね~。白髪おじさんですよ。そこで少し考え、思いついた。そうだ!白髪アイドルになろう!自分が若い頃は10代そこそこの芸能人だけがアイドルと呼ばれた。それがいつの間にかSMAPだったりだったりジャニーズ系のアイドルだってもう40歳を超えていたりするじゃないか。それでもアイドルと呼ばれているではないか。

女の子だって、今は地方にいろいろな街(まち)おこしアイドルがいるのである。白髪アイドルを自称したって今の時代なんらおかしくない。白髪を武器にしたっていいではないか?要は売れるか売れないかだけの話だろ・・・。ウム・・・。むずかしいかも。

しかしまだあきらめていない。白髪丸出しの明るい画像はいまだspotifyにアップされたままである。(笑)

spotify 無料です。聴いてね。

最後に”アイドル”とは調べると、「偶像」「崇拝される人や物」「あこがれの的」「熱狂的なファンをもつ人」を指す英語(idol)に由来する語。『成長過程をファンと共有し、存在そのものの魅力で活躍する人物』とのことである。あしからず。

音楽配信について⑤YUKIOの場合

ここまでクドクドと私の場合の音楽配信例というか、音楽配信についての私の感想を述べて来ましたが、最後に自分が今後どう行動すればよいのか、これを機に整理してみようと思う。まずもっとターゲットをはっきりさせることだ。自分の曲を聴いてもらえる可能性がある人物像をもっとはっきりと想像してみよう。

いまの流行りの音楽とは違っている、、、基本、自分の曲はジャズ、ブルース、ファンク等の黒人音楽に影響受けているので、まずはそうした音楽を好む層、、、年代は、自分が白髪だらけになってもそのままジャケットに使ってしまったりするのでそうした年代50代以上、、、性別はジャズだブルースを聴いているのはほとんど男性だ、、、。

ジャズ、ブルース、ファンク好きの50代以上の男性。これじゃちょっとアバウトすぎるかもしれないが、とりあえず馬鹿な私のアタマで想像してみるとこうした層だ。結構もういい年齢でお金も持ってそうだ。ただ私と一緒で音楽配信などあまり興味が無さそう。しかしspotifyで1回聴いてくれて1円にもならない事を考えれば、気に入ってくれればもっとドーンとお金を払ってくれそうだ。実際そういう人もいたのだが、こういう層はやはりライブで知り合いになる可能性が高い。まず月2回やっているライブで配っているアンケートフライヤーがずっと同じ内容で変えてないので、毎回変えてみることにしてみよう。

次に音楽配信を聴く主流はこちらもアバウトだがほとんど若者だ、こうした層に向けてはよくわかってないので、前回述べた成功事例をまずは真似ることだ。AmPm(アムパム)さんと斉藤さんの成功事例を真似る。

インタビューを読むとAmPm(アムパム)さんは1曲ごとの配信しているようで、その方が聴いてくれる方にとっては定期的で期待感も高まると述べている。ただ私は1曲で自分の世界観を表せるとは思ってはいないので、次つくっているアルバムの中から昔のシングルカットのような1曲を選んでそれをspotifyで別に配信してみようと思う。youtubeの動画もAmPm(アムパム)さんのようにもう少し気合いを入れてつくってみるべし。昔でいうプロモーションビデオのようなものを。

そして斉藤さんのようにもう一度、駄目だと思うが有名プレイリスターに曲を送ってみて、ついでにplaylistpushに試しにお金を払ってプロモーションを頼んでみるのも手だ。

あまりにザックリとしたものだが、今回のまとめだ。ここからいろんな失敗がでてきたりして、もう少し具体的な対処の仕方も出てくると思うが、それは次回。このブログを借りて現時点での自分の音楽営業脳を整理してみた。(おしまい)音楽配信

音楽配信について④YUKIOの場合

音楽配信についてメディアの記事に関して不思議だなと思うことをもう少し述べよう。

インターネットの普及につれて有名人で無くても誰もが音楽配信できる時代になり、iTunesなりspotifyなり何万曲、何百万曲という登録曲数をまずPRして、メディアもそれを取り上げているが、一人の人間が自分の人生で音楽を聴く時間なんて限られているわけで、当然それだけの曲をすべて聴けるはずはなく、その何万曲の中から自分の好きな曲を選んで聴くことになる。選択肢の幅が広がったといえば広がったのだが、聴かれている曲はほとんど芸能人とか有名歌手といった名前の知れたほんの一握りの人達だけが聴かれてるだけなのではないかと思ってしまう。残りの90%以上の私のような一般の人達が作った曲などは、その音楽配信業者のストックしている曲数を増やすためだけの、所謂、私達のサイトだとこんなに沢山の曲が聴けますよというアピールの道具でしかないのではと思ってしまう。

私たちは利用されている。実際、多分そうなのだろうけど、そうした芸能人や有名人達も最初は私達と同じ名も知らない一般人で、そこから這い上がって行っただけなのだろうから自分も知恵を凝らさないといけない。

前回プレイリストの章でも述べたspotifyでも検索すると一般人での成功事例が多少あるようで、AmPm(アムパム)さん達という二人組と斉藤さんという人がspotifyのバイラルチャートという(たぶんそこに入ればそれなりの人数が聴いてくれるであろうプレイリスト)ところにチャートインしてそれなりに儲かったのではなかろうかと思われるが(言葉が悪いけど・・・)、彼らのインタビュー記事を読んでいるとやっぱり考えている。AmPm(アムパム)さん達はいい曲が売れるとは限らない、ITを駆使、マーケティングを研究、さらにはプログラミングもspotifyのプログラマーが登録しているGit Hubまでそのプログラミングを観に行ったというから、相当研究している。斉藤さんも海外の有名プレイリスターに自分の曲を売り込んで成功して、有料の広告宣伝もしたらしい。ただ二つとも自分の素生を明らかにしてなかったが、斉藤さんは博報堂(日本の大手広告代理店)の音楽制作の人みたいで、AmPm(アムパム)さん達はfecebookを見るとエイベックスかなんかの名前が出てきたので、たぶんそうした音楽関連業者に近いところで働いている人達だとなんとなく想像できる。こうなると素直に一般の人とは言いきれない。音楽業界の内部事情に精通した、流行に敏感なアタマのいい人たちが先に手を打ったとも考えられる。

では私達、コネもアタマも何もない一般人の音楽家たち、歌手たちはどうこの音楽配信に対応して行けばいいのか?・・・・・・答えなど無いな。考えるしかない。(続く)音楽配信中