多少面白いユーチューブ音楽動画つくりました

今までユーチューブの動画は自分で作成したというほどのものではありませんでした。最初はライブでスマホを唄うマイク前に立てて、ただ撮影しただけのものをアップするか、曲のイメージに合う画像をネットで検索し勝手にダウンロードして、曲の一部分と合わせてアップするかのどちらかでした。

スマホも随分昔のものを使っていまして画像が粗いのと、何せ音楽を聴かせたいためにユーチューブをやっているので音が悪いと駄目だと何かの参考本に書いてあったので、次の段階として音楽動画に特化する形で販売されている安いビデオカメラを買ってきて、それで撮影したものを最近はアップしていました。

結構音は良くなったと思うのですが、曲名のタイトルをアタマに入れて最後にホームページのアドレスを載せるだけで、相変わらずワンカットだけの動画で、これじゃいけないなんとかしなきゃとずっと思っていて、なかなか手がつけられずに来たのですが、今回何カットも挿し込んだライブ動画を1本なんとか作ってみました。

他の人のユーチューブ動画を実はほとんど見たことが無くて、そこが一番駄目なところなのでしょうけど、たぶん凝った動画とかもあるのでしょうか?全然アクセスが増えないので、今までと同じことをやっていてもいけないと思ったのです。

カット数が増えたので、内容的には結構1本通して飽きない動画にはなったのではなかろうかと思っているのですが、実は挿し込んだ画像は最後部分を抜かして全部ネット上からダウンロードした静止画で、ここらが次に向けての課題かなと思っています。

あと検索で調べると照明も必要のようで、あるのと無いのとでは違うらしくいずれは買おうと考えてます。その前にもう少し自分の身だしなみを気をつけなさいよ!と言われそうですが、おっしゃる通り。自分のパジャマ姿をそのままネット上にアップしてるのは私だけでしょうか?しかしパジャマ姿が私の仕事着なのです。(笑)

チャーリーブラウンじゃあるまいし、いい加減になさいよ!と言われそうですが、そこら辺も気をつけて行こうと思ってます。やはり見た目というのは大切な要素らしく、音楽ストリーミングサイトのspotify上で私の白髪だらけの顔のアップ画像を載せたところアクセスが全くなくなってしまい、これじゃ駄目だとピアノを弾いた照明の当たった洒落た画像に代えるとまたアクセスが戻ったりするのです。なぜこんなズボラな性格に生まれて来たのでしょうか?(笑)

とりあえず今回創った動画観ていただけませんでしょうか?ハイ(high)という曲のライブ映像となっています。何本かこういう映像を作ってみて、それからまた次の段階に進もうと思ってます。ぜひご覧ください、笑えますよ。音楽配信

YUKIO真っ向(まっこう)音楽勝負

実はここ何年も音楽を買っていません。音楽そのものに興味はあるのですが、誰かの曲をダウンロードしたいという気にならないしCDも欲しいとは思うのですが、自分のCDを置いてくれるように大手のレコードチェーン店に営業をかけたことがあって全然取り合ってくれなくて腹が立って、それ以来二度とこのレコードチェーン店で買ってやるかと思ってしまって買ってないのです。(笑)

CDにこだわりは無いのですが、アナログレコードを聴くステレオを持っているわけでもなく結局CDになっちゃうのですよね。無料のspotifyとかストリーミングサービスを聴くこともたまにあるのですが、どうも本格的に音楽と対峙(たいじ)しようとするとやっぱり馴染めない。

街中で最近は無線のイヤホンをつけた若者をたくさん見かけますが、彼らはやはり音楽ストリーミングサービスで自分の好きな音楽を聴いているのでしょうか?APPLEやLINEの月額千円くらいの定額性のものであれば無料のspotifyに比べて音質もいいのでしょうけどどうもその気になれない。

そうすると昔買って何度も聴いた音楽ばかりをまた聴くことになっちゃって新鮮味がないと言おうか、どうも自分の音楽的な成長が止まってしまったような気がして不安になってたりもします。

正直、気に入った音楽はやっぱり欲しいのです。ストリーミングサービスといった形の無いものでは、スポーツなんかしてその間のBGMとして流しているのであれば事(こと)足りるのでしょうけど、私なんかのように音楽にのめり込んでいく人間にとっては数千曲なんでも聴けるのが便利なのでしょうがどうも物足りない。

好きになった彼女を自分のものにしたいのと同じで、好きになった作品はジャケットやデザインも含めて自分の元に置いておきたいというのが人間の本来あるべき姿のような気がして、少なくとも自分はそうなのでどうも定額制のストリーミングサービスは気が引けるのです。

車とかバイクでもいいのですが、興味がそんなに無ければ実用的に早く目的地に着くだけの手段でしかないのでシェアサービスで十分ですが、そうじゃなくてやっぱり何百万もするけれど所有したい思うわけで、音楽も気に入ったものは所有したくなるのが常ってものです。

自分の音楽作品4つをネット上で売っていて、ギターとピアノの弾き語り2つはストリーミングでも聴けるようになっているのですが、アレンジもこだわった全部一人で演奏したバンド形態の2つの作品はダウンロードして聴くしかできないようにしてあります。

自分の中では渾身(こんしん)の作品で、ほとんど買ってくれる人はいないのですがそれでいいと思っています。ストリーミングで聴いてもらおうとは思わない。ストリーミングサービスの何百万曲の中のひとつということじゃなく、やっぱり自分と言う人間を選んでもらいたいのです。自分の作品と対峙(たいじ)してもらいたいのです。そんなジョギングしながらお洒落にイヤホンつけて聴ける音楽じゃないのです。気に入ってもらえれば買ってもらいたいのです。

ダウンロード金額が1500円とか2000円になってますが、そんなの形だけで1万でも100億円でもいいと思っています。ネット上でこういう”買ってくれ、買ってくれ”という営業トークって一番嫌われるのでしょうけどいいのです。

音楽だけで勝負!それで散っていくのであれば、それはそれで仕方ないのです。音楽配信

白髪アイドルになってみた YUKIOの場合 3C分析

自分の音楽に当てはめる形でマーケティングの本を本屋でずっと立ち読みしていて、

ふと思いついたのがおかしな話だが”白髪アイドル”だ。

私の発想としてはどうしてもいつもこんな感じになってしまう。(笑)

解説していくと、とりあえず”アイドル”というのは日本には昔から存在していて潜在需要は必ずあるはずだ。要は音楽は芸能活動なのだから、自分も売れない芸能人なのである。(ターゲットニーズの確定)

そこでそういうアイドルを求めている人たちにどう自分の音楽を聴いてもらえるようにするのか?まずは市場分析である。マーケティング本では3C分析をしろとあった。

3Cとは「Customer(市場・顧客)、Competitor(競合)、Company(自社)」である。

まず市場を分析してみよう、本にはマクロ市場とミクロ市場に分けて分析方法が書いてあった。

マクロ市場とは世間の広い市場のこと、要は新聞の見出しに出てくるほどの事柄なので、現在、日本はどんどん年寄りばかりの長寿国になっているので、髪の毛を染めているけれど本当はみんな白髪なのだから、これは十分”白髪アイドル”を認めるだけの素地はある。

ミクロ市場は小さいところ、いわゆるここでは芸能界か、アイドルは昔は10代の若い歌手をたとえた言葉だったと思うが、今はジャニーズ系アイドルだって千差万別いろいろな人間がいる。「嵐」だってもう40前後だと思う。地方にはいろいろな街おこしアイドルがいて多様性の時代だ。”白髪アイドル”を名のっても全然おかしくない。

次はCompetitor(競合)だ、”白髪アイドル”に競合などいない。誰も名のってないのだから。試しに”白髪アイドル”と検索してみたら。誰もいない。一番上の記事は”ジャニーズでも白髪を告白、アイドルの正しい年の重ね方とは?”とあった。

最後にCompany(自社)、ここでは自分である。自分は白髪だらけでもはやどうしようもない。白髪から逃れられないと思っているので”白髪アイドル”になる覚悟が若い人間より全然高い。”白髪アイドル”はトシをとった方が有利だ。

こんな風に3C分析をしてみたが、いかがだったでしょうか?

マーケティング本では次は強いペルソナ(そのサービス・商品の典型的な ユーザー像のこと。ここでは私の音楽を聴いて買ってくれるファン像)をつくれとある。なかなかCD売れずに困ってるのに、そんなもの想像できるか!と思ってしまうのだが、我慢してもう少し勉強してみよう。ペルソナ作りはもう少し待て。(続く)音楽配信

spotify  オリジナルソング聴いてみませんか!?

アイドルになってみた YUKIOの場合

spotifyにアーティストページというものがあって、そこに登録すると画像をアップすることができる。

spotifyは若者などが聴く今一番旬の音楽ストリーミングサイト

であって、トシをとった私のなどが本来関わり合いになるサイトではないのかもしれないが、なにせ世界のどこにもないオリジナルソングを創っていると自負する私としては、いくら年齢差が離れようと関係ない、世界中の若者は自分の曲を聴いてくれるものと信じspotifyにギターとピアノの弾き語りの曲を配信している。

アーティストページはその配信している人たちに向けてのマイページ機能のようなもの

らしく、どこの国のいくつくらいの人が聴いてくれたか分析ツールとかもついていたりして、その中に自分の画像をアップできる機能もあるのだ。

営業というのは基本、他人に信頼されてはじめて話し合いというか取引が始まると信じているので、企画書とかウェブ上もなるべく顔を出すように努めている。spotifyの他のアーティストさんたちもそこそこ顔を出したりしているので、そこでつい調子に乗って自分のトシも考えずに白髪だらけの顔写真をアップしてしまった。

これで少しは自分の曲を聴いてくれる人が増えるかと思っていたら、かえってリスナーの数は減ってしまった。やはり原因は白髪だらけの自分の顔画像にあるように思う。くやしかったので、spotifyではアップされる画像が結構暗めにでるので同じ顔画像をかなり明るめに修正して再度アップしてやった。

案の定、さらにリスナーの数は少なくなった、、、。

白髪で悪いですね~。白髪おじさんですよ。そこで少し考え、思いついた。そうだ!白髪アイドルになろう!自分が若い頃は10代そこそこの芸能人だけがアイドルと呼ばれた。それがいつの間にかSMAPだったりだったりジャニーズ系のアイドルだってもう40歳を超えていたりするじゃないか。それでもアイドルと呼ばれているではないか。

女の子だって、今は地方にいろいろな街(まち)おこしアイドルがいるのである。白髪アイドルを自称したって今の時代なんらおかしくない。白髪を武器にしたっていいではないか?要は売れるか売れないかだけの話だろ・・・。ウム・・・。むずかしいかも。

しかしまだあきらめていない。白髪丸出しの明るい画像はいまだspotifyにアップされたままである。(笑)

spotify 無料です。聴いてね。

最後に”アイドル”とは調べると、「偶像」「崇拝される人や物」「あこがれの的」「熱狂的なファンをもつ人」を指す英語(idol)に由来する語。『成長過程をファンと共有し、存在そのものの魅力で活躍する人物』とのことである。あしからず。