ラーメン屋さんのB.G.M

ラーメンブームといわれここ久しいが、もはやラーメンは日本食なのかもしれない。昔はよくさびれた中華屋さんで食べたような気がするが、いまや東京で50m歩くとどこかのラーメン屋さんにぶつかるほどの勢いだ。

多種多様なお店が乱立して、ラーメンどころかつけ麺屋さんまでここ最近登場してきてブームなんてものじゃないほどの盛り上がり方である。

そんな最近のラーメン屋さんと昔ながらのお店の違いは、店舗がお洒落になっていたりとかいろいろあると思うのだが、音楽をやっている私としては一番気になるところがB.G.Mである。私が好き勝手に分析したところ(笑)

最近のラーメン屋さんのB.G.Mはジャズかビートルズなのだ。

昔は、B.G.Mをかけていないか、かけていても演歌だったような気がする。ラーメンがまだお酒を飲んで酔っ払った後のシメで平らげるものだったのが、ラーメンそのものが外食の主食として家族やデートで楽しめるものに変わったからなのだろうか?

私もそうした今どきのラーメン屋さんにはよく入るのだが、ほとんどがジャズがかかっているかビートルズがかかっている。たぶんジャズやビートルズをかけると売り上げが違ってくるとかそんなデータがあるのではないのかとかんぐったりもしてしまう。

最初に気付いたのは、まだ東京の西荻窪に住んでいた20年前ほどのことで、そのお店ではビートルズがガンガンにかかっていて、店主の好みなのかな?めずらしいなと思っていたところ、駅前の他のお店でもビートルズがかかったいた。なんでローリングストーンズやレッドツェッペリンじゃないんだろう?

そのお店は”ひごもんず”というラーメン屋さんで、とんこつラーメンのかなり有名なお店みたいで、そのお店の名前のカップラーメンが出てたくらいである。

そして内装がお洒落なお店ほどジャズがかかっている。ジャズはやっぱりお洒落な音楽なのかな?

ラーメン屋B.G.M-ビートルズ、ジャズ理論を確かめるべく、ネットでそうした記事がないかと検索したところ、残念ながらそんなこと思っている人はどこにもいなかった。(笑)ただ、ラーメン屋でかかるジャズを4ビートのスイングジャズとモダンジャズに分けて分析している人がいて笑ってしまった。

じつは私のオリジナル曲の中にこうした最近のラーメン屋での不思議に思ってきたことを表現した1曲がある。曲名はそのまま「ひごもんずとビートルズ」。歌詞は

飲んだ帰り ひごもんず♪ なんでかかる ビートルズ♪

しかなく、しかもワンコードで進んでいくという(笑)アバンギャルドな曲だ。ぜひ一度聴いてみてはいかが?

音楽配信

ジャズ的なもの③

前回の続き。最後の文章、自分の音楽を”たくさんの人に聴いてもらうためには西洋ハーモニーが基盤になっていなければいけない”という理由が述べられてなかったので続きを書こうと思う。

音楽をやるのは好きであれば別に日本の民謡を三味線でやったり、アフリカ音楽を打楽器のジャンベを使ってやるのもいいと思う。だけどそれは日本民謡やアフリカ音楽の村の中だけの話であって、世界の共通語は音楽の世界では西洋ハーモニーなのだ。

今の世の中であれば、なんでプログラミングがアルファベットの英語で入力しなければいけないのか?中国語や日本語で打ち込むことはできないのだ。(変換するソフトがあるのかもしれないが、調べたことがないのであしからず。)それと同じことである。

そんな西洋ハーモニーの最大の特徴が長調と短調という曲によって大別される構造である。前にNHKのクラッシック音楽番組の中で有名な演奏家の人が音楽は長調か短調かどちらかしか存在しないと言っていたのを聞いたことがある。その人はクラッシック音楽にどっぷりとはまっているからそう思うのかもしれないが、世界中には長調、短調関係の無い音楽はいっぱいある。日本の民謡に長調、短調は無い。アフリカ音楽に長調、短調は関係無い。たぶん世界中の古い民謡には長調、短調はないのだ、あるのは西洋の民謡だけの話なのだ。

長調、短調を決定づけているのはド、ミ、ソで言えばミの音である。ミのままであれば長調、ミが半音下がれば短調となり多少暗めなハーモニーとなる。

ここからが今回の話で、今の世の中、世界中で再生産されているポピュラー音楽の大半がたぶんこのド、ミ、ソの長調か短調でできているのだが、ジャズやブルースには一概にはそれは当てはまらない部分もあるということだ。

ブルースの最大の特徴はド、ミ、ソ(長調)のハーモニーの上にミの半音下げた音(短調の音)を入れているところにある。これでは長調なのか短調なのかわからない。

私の曲においてはド、ミの半音下げた音、ソ(短調)のハーモニーの上にミの音を(長調)の音を加えた曲すらある。これも長調、短調関係ない。

こんな曲があるので自分の音楽の中にはジャズ的なものが内包していると言っているのである。そしてド、ミ、ソ音楽に飽きてしまった人も世界にたくさんいると思うので、そういう人たちに私の音楽を聴いてもらいたい、そういう人たちに私の音楽を買ってもらいたいと思い、なるべく具体的に文章にしたつもりです。よろしくお願い致します。音楽配信

ジャズ的なもの②

日本の民謡が好きだ。聴いていて気持ちがいい。ただ音数が少なくてすぐ飽きてしまう。他人の音楽で気分がノッテ来ることはほとんど無いのだが、

日本の古い民謡がかかる盆踊りだと気持ちよく踊れる。

演歌は民謡を西洋ハーモニーのドミソに移し替えようとしたものだと思うが、余りに粗雑過ぎてどうもなじめない。民謡のメロディーを四七抜き音階だとか簡単に解釈したりするが、本来

日本古来の民謡をドミソだけの西洋ハーモニーで表現しようなんてことは無理だと思う。

人気のある若い三味線奏者が流行りのヒット曲を演奏したりするのをたまに見かけたりするが、別に三味線じゃなくても・・・ギターを弾けばいいんじゃない?と思ったりしてどうも気持ちが悪い。日本人はまだ工夫が足りない。

ジャズやブルースもそうだ。アフリカから奴隷として連れて来られた黒人がアメリカで与えられた仕事の息抜きの、西洋ハーモニーの楽器ピアノやギターを使って、どうも自分たちになじめないものを、知恵と工夫をしぼって自分たち流に解釈したものなのではなかろうか?

ドミソが絶対じゃない。

ただ音楽表現はあくまでも西洋ハーモニーが基盤になっていなければいけない。だってたくさんの人に聴いてもらいたいために唄をうたうのだから。音楽配信

ジャズ的なもの

このブログSEOを考えてやっているはずなのだが、考えれば考えるほど、自分の音楽がいわゆる一般的な現在流行っているポピュラー音楽を聴きたがっている人達の求めているものとはかけ離れているような気がして仕方がない。

私の音楽にはジャズ的なものが内包している。

ではジャズ的なものとは何なのかと云えば、一番わかりやすいのはテンションコードというものがたくさん出てくることだ。テンションコードとは西洋音楽では基本ドミソが基本的なハーモニーと考えられるが、それ以外の音が追加されたコードである。

私はドミソが協和音とはあまり思っていない。たぶん白人にとってみればドミソは気持ちよく聴けるハーモニーなのかもしれないが何分白人ではない。黒人にとってみてもドミソが白人からいくら理論上正しいと説明を受けても、本能がそれを拒否する、そしてジャズやブルースが生まれた。

黒人のアフリカ音楽とジャズやブルースは基本的に違っている。

アフリカ音楽には西洋ハーモニーという考え方がない。それに対してジャズやブルースはドミソが気持ちいいとは思わないが、あくまでも他人に聴かせようとする自分の音楽の基盤は西洋ハーモニー上であって使う楽器はピアノやギターなのだ。

ただ私は自分の音楽の中にジャズやブルース的な要素があることは認めるが、ジャズやブルースをそのままコピーしたりカバーすることは無い。

自分は日本語を話す東洋人であり、黒人ではないのだ。

昔、若い頃、ディスコ(今でいうクラブ)に行って踊ったことが何度もあったが、心底そのリズムに乗って踊っていたことはない。どこかに冷めた気持ちがあって、違うと思っていた。不思議と日本の民謡の盆踊りであれば気持ちよく踊れるのだ。(続く) 音楽配信