”たまご”が割れて…

”たまご”という自分でつくったアコースティックギター弾き語りアルバムの最初に入っている曲があります。今回はこの唄の紹介をしたいと思います。

”たまご”・・・と言われても・・・みなさんは何を想像するでしょうか?卵焼き、目玉焼き、それとも生卵?何でもいいのですが、私がこの曲で唄いたかったことは”始まり”という意味合いのものでした。

このアルバムの始まり、そして私の唄の人生の始まりを高らかに宣言したかったのです。アルバムジャケットは鳥の巣の卵が光に照らされて今にも割れかかった状態の画像で”たまご”が割れ中身=音楽が流れ出て来る意味合いになっているのですが、私が説明しない限り誰も分かりませんよね!?(笑)

自分が作った紙ジャケットのオリジナルCDではCD盤は卵の殻(から)のデザインになっています。そう卵の中身は音楽なのです。

その1曲目が今回の”たまご”という曲で、実は私が若いまだ学生の10代の頃創った唄でして、その後歌詞を替えて完成したものです。当時ギターを弾き始めて間もないにもかかわらず結構いろいろ自分で試行錯誤(しこうさくご)しながら曲を創り始めていたのですが、ろくなものがありませんで(笑)唯一使えるなと思ったのがこの曲でした。

音楽的には間奏部分が私らしく、なぜか突然♭13が出てきます。なんでこんな音入れているのと言われても、なぜでしょうか?こう聞こえてくるのです。私の頭にはこう聞こえてくるので♭13は外せない音なのです。(笑)

♭13が何かわからない人は、別に♭13を知らなくても死ぬことはないだろうし今後生きることに不都合なことが起こることもないと思いますので無視しちゃって下さい。

そして歌詞は”たまご”をどう食べるかで悩んでいた子供の頃の気持ちを書いてみました。ラーメンや月見うどんに入っていた生卵や半熟卵を黄身(きみ)を崩さずどう食べればいいのか?固まっていない黄身(きみ)がスープに流れ出してしまう!スープに混ざってしまう!スープが台無しになるかと思えば意外にも黄身汁が混ざった方が濃厚になって美味しかったりして!そうかと思えば、麺を食べる前に卵を先に飲み干してみるとこれまた濃厚!美味しいとなったりする。あるいはおでんを食べる時に卵がツルりとすべって箸(はし)ではなかなかつかめず焦ってしまった記憶ないでしょうか?

そんなこんなで子供の頃はどうでもいいことで悩んだりするのです。しかしこうした疑問がすべての私の人生のはじまりのような気がして、音楽人生のはじまりにこの唄を1曲目に持って来ました。

さあ、はじめよう力抜いて 思うまま気軽に はじめよう頑張らず なすがまま気楽に

こうリラックスしないとやはりおでんの卵はつかめないのですよ。何をするにしても肩の力を抜いて。

世の中どうなろうっと知ったことじゃないよ 流行りを追うのも疲れる青空みていたい 誰にも邪魔されず眺(なが)めていたい

世の中、色メガネで見たってしかたがない、自分が屈折(くっせつ)するだけ。

人生というのは自分で決めていくものだと思っています。決められないのはこの世に生まれ出て来ることと死ぬこと。この最初と最後だけは自分で決められない。

”たまご”が割れて自分の音楽人生始まってます。悔いだけはないように。音楽配信

ギター弾き語りやっております

基本、自分の作曲姿勢はピアノ弾き語りだと思っているのですが、何せ自分の家にピアノが無い。いや、あるのですが電子ピアノで生ピアノがありません。生ピアノでないとどうも気持ちがノッテこないというか、弾こうという気に余りなれない。

そうすると自然と手にするのはギターの方になって参りまして、ギターを弾きながら最近はライブをやっております。

私はピアノやギターのテクニックで他人を魅了したいと思ったことは一度もない人間で、当然そうした練習をしたことはほとんどないので他人から”ピアノ上手!”とか”ギター上手いですね!”とか言われたことはかつて一度もなかったように思われます。いや、何度かあったような気もしますが、どこか誤解されてるような感じでした。

ギターに関しますと、基本アルペジオができないんですよね。(笑)特にピックを使ってアルペジオの練習をするとこんがらがっちゃって、もう嫌(いや)になっちゃいます。ですので最近はピックを使わずに指でギターを直接弾いてたりもしてます。

最近は歪み系のエフェクターを使ったりしてエレキギターを弾くことも多いのですが、ギターの方も基本アコースティックです。要は唄が中心で唄の伴奏であればいいので、それであればアコースティックギターが一番響くのです。唄が気持ちよく唄えればそれでいいのです。

では、私が思う上手いギターとはどういうものなのか?上手く魅せず(実際上手くないのだが、)地味に、唄に隠れて、そしてなんだか憶えているといった感じでしょうか?何言ってるかわかんないな。(笑)

実際の人物に例えるとローリングストーンズの若い頃のキース・リチャードといったところでしょうかね?けど実際、東京ドームに来た齢をとった本物のキースを観たけれどかなり上手かったな。やっぱり私は最近の上手い御大ストーンズよりも若かりし頃の下手なストーンズがいい。

音楽上手いばかりじゃ面白くない。下手な方がいいってこともあるさ!

銀座モード フルアコバージョン

音楽配信

YUKIOライブのご案内 阿佐ヶ谷チェッカーボード

阿佐ヶ谷チェッカーボード看板

YUKIOライブのご案内です。来週4/24(水)夜8時15分より東京阿佐ヶ谷ブルースクラブ、チェッカーボードでアコースティックギター弾き語りで40分ほどやります。料金 ミュージックチャージ500円+飲み代となります。遊びに来ませんか!?(笑)

たまにライブ案内する”大久保水族館”というライブバーではカラオケをバックにギターを弾きながら自分のオリジナル曲を唄うのですが、こちら”チェッカーボード”ではシンプルにギターだけで弾き語っております。

今回はじめて紹介する”チェッカーボード”は黒人ブルース好きが集まるブルースクラブです。まず最初に、私とチェッカーボードのなれそめを語っておかなければなりません。

実は私は散歩好きで、恐ろしいくらい歩くのが好きなのです。へっちゃらで一駅間くらい歩いたりしまして、前にもこのブログで書きましたが阿佐ヶ谷のヴィオロンというクラシック音楽を流す喫茶店に散歩がてらしょっちゅう通ってまして、その散歩道の途中にこのチェッカーボードがあったのでした。

お店は夜の8時くらいからのオープンなので、昼間散歩してるといつもシャッターが閉まり看板だけ”ブルースクラブ、チェッカーボード”とあるので、最初はどんな店なのだろうか?ブルース好きが集まる結構怖そうな店なのかな?と不思議に思っていたのですが、検索してホームページを見るとブルースのセッションとは別にライブもやっているみたいで出演者も募集中とのことなので、思い切って夜お店にいって応募してみたのでした。

私の音楽はブルースのコピーをやっている訳じゃないので、むずかしいかな?と思ったのですが、その時快く引き受けて下さり。今日に至っています。

ついこないだ始めたような気がしますが、年月が経つのは早いもので結構もう何年もこちらでお世話になっているような気がします。毎月、ほとんどお客さんが来なくても何にも云わず黙って聴いてくれる”ツッチー”というママさんには本当に感謝しています。

当人には言ったことありませんが、

”ツッチー!!いつかオレの音楽のお客さんでチェッカーボードを満員にして大儲けさせてやるからな。”

これが私の内心決意していることです。ですので誰か聴きに来ませんか!?白髪だらけですけど、音楽はちゃんとしたものやってます。ぜひ、聴きに来てください。ご来場お待ちしております。音楽配信