ラーメン屋さんのB.G.M

ラーメンブームといわれここ久しいが、もはやラーメンは日本食なのかもしれない。昔はよくさびれた中華屋さんで食べたような気がするが、いまや東京で50m歩くとどこかのラーメン屋さんにぶつかるほどの勢いだ。

多種多様なお店が乱立して、ラーメンどころかつけ麺屋さんまでここ最近登場してきてブームなんてものじゃないほどの盛り上がり方である。

そんな最近のラーメン屋さんと昔ながらのお店の違いは、店舗がお洒落になっていたりとかいろいろあると思うのだが、音楽をやっている私としては一番気になるところがB.G.Mである。私が好き勝手に分析したところ(笑)

最近のラーメン屋さんのB.G.Mはジャズかビートルズなのだ。

昔は、B.G.Mをかけていないか、かけていても演歌だったような気がする。ラーメンがまだお酒を飲んで酔っ払った後のシメで平らげるものだったのが、ラーメンそのものが外食の主食として家族やデートで楽しめるものに変わったからなのだろうか?

私もそうした今どきのラーメン屋さんにはよく入るのだが、ほとんどがジャズがかかっているかビートルズがかかっている。たぶんジャズやビートルズをかけると売り上げが違ってくるとかそんなデータがあるのではないのかとかんぐったりもしてしまう。

最初に気付いたのは、まだ東京の西荻窪に住んでいた20年前ほどのことで、そのお店ではビートルズがガンガンにかかっていて、店主の好みなのかな?めずらしいなと思っていたところ、駅前の他のお店でもビートルズがかかったいた。なんでローリングストーンズやレッドツェッペリンじゃないんだろう?

そのお店は”ひごもんず”というラーメン屋さんで、とんこつラーメンのかなり有名なお店みたいで、そのお店の名前のカップラーメンが出てたくらいである。

そして内装がお洒落なお店ほどジャズがかかっている。ジャズはやっぱりお洒落な音楽なのかな?

ラーメン屋B.G.M-ビートルズ、ジャズ理論を確かめるべく、ネットでそうした記事がないかと検索したところ、残念ながらそんなこと思っている人はどこにもいなかった。(笑)ただ、ラーメン屋でかかるジャズを4ビートのスイングジャズとモダンジャズに分けて分析している人がいて笑ってしまった。

じつは私のオリジナル曲の中にこうした最近のラーメン屋での不思議に思ってきたことを表現した1曲がある。曲名はそのまま「ひごもんずとビートルズ」。歌詞は

飲んだ帰り ひごもんず♪ なんでかかる ビートルズ♪

しかなく、しかもワンコードで進んでいくという(笑)アバンギャルドな曲だ。ぜひ一度聴いてみてはいかが?

音楽配信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA