高円寺ルネッサンス

東京阿佐ヶ谷のヴィオロンというクラシック喫茶に毎週土曜夕方通っていることは前にも述べましたが、実はもう1軒、隣街(となりまち)の高円寺にもクラシック音楽を聴かせる喫茶店があって、そこには大体、日曜日午後昼下がりに行くことが多い。

ルネッサンスの看板

その名もルネッサンス。ヴィオロンよりも先に知ったのはこちらのお店で、最初に入った時はこんなお店があったのかと驚いたものでした。ヴィオロンとも知り合いのようで、後で知ったのですが中野で「クラシック」という名の喫茶店だったのがオーナーの美作さんという方が亡くなられ、それで音響機材をそのまま移す形で高円寺に引っ越して来たらしく、その美作さんという方は画家でもあり、美作さんの描いた絵がヴィオロンにもルネッサンスにも所せましと飾られていて、ヴィオロンのマスターも元々は「クラシック」のお客さんだったと何かに書いてあったかと思います。

ヴィオロンは店内禁煙なのですが、ルネッサンスは喫煙可で中で結構タバコをスパスパ吸っている人がいっぱいいて空気が残念ながら悪くて、それでヴィオロンのようにいつも行かないだけで、禁煙であればたぶん毎週行ってます。愛煙家でクラシック音楽好きな方は一度行ってみるといいかもしれません。

肝心な音はヴィオロンとは微妙に違っていまして、ヴィオロンの方は大がかりな音響システムで高、中、低音バランスがよく取れているのですが、ルネッサンスの方は基本左、右のスピーカーだけで鳴らしていて(最近はスピーカーの数がなんだか増えてるような気がするが)、その音波が低い天井(てんじょう)づたいに圧縮されて横に流れてくるような感じで、ルネッサンスの音を聴いてはじめて音楽というのは音の波で形成されているのだと感じたほどなんともいえない味わいがあります。

ルネッサンス店内 一番奥、絵の下にスピーカーが置いてある

流している音楽の方もヴィオロンとは多少違っていて、ヴィオロンはバッハ、モーツァルト、ベートーベンの古典クラシックを中心にレコードをかけていますが、ルネッサンスの方は結構危ないクラシックと言おうか、ドビュッシーから現代音楽まであまり型にはまってないようなものも多くかかってます。

働いている女の子が二人いて、かけている音楽を聴いていると片方は古典王道クラシック、もう片方が現代音楽好きの趣向があるような気がします。実は1回だけこのお店でリクエストしたことがあって、その時はストラヴィンスキーの「春の祭典」をかけてもらいました。

クラシック音楽好きの人にとってみればルネッサンスももうみんな知ってるんでしょうけど、知らない方は一度行ってみるといいですよ。音だけとればルネッサンスの音にはヴィオロンと違う響きがあります。音楽配信

YUKIO真っ向(まっこう)音楽勝負

実はここ何年も音楽を買っていません。音楽そのものに興味はあるのですが、誰かの曲をダウンロードしたいという気にならないしCDも欲しいとは思うのですが、自分のCDを置いてくれるように大手のレコードチェーン店に営業をかけたことがあって全然取り合ってくれなくて腹が立って、それ以来二度とこのレコードチェーン店で買ってやるかと思ってしまって買ってないのです。(笑)

CDにこだわりは無いのですが、アナログレコードを聴くステレオを持っているわけでもなく結局CDになっちゃうのですよね。無料のspotifyとかストリーミングサービスを聴くこともたまにあるのですが、どうも本格的に音楽と対峙(たいじ)しようとするとやっぱり馴染めない。

街中で最近は無線のイヤホンをつけた若者をたくさん見かけますが、彼らはやはり音楽ストリーミングサービスで自分の好きな音楽を聴いているのでしょうか?APPLEやLINEの月額千円くらいの定額性のものであれば無料のspotifyに比べて音質もいいのでしょうけどどうもその気になれない。

そうすると昔買って何度も聴いた音楽ばかりをまた聴くことになっちゃって新鮮味がないと言おうか、どうも自分の音楽的な成長が止まってしまったような気がして不安になってたりもします。

正直、気に入った音楽はやっぱり欲しいのです。ストリーミングサービスといった形の無いものでは、スポーツなんかしてその間のBGMとして流しているのであれば事(こと)足りるのでしょうけど、私なんかのように音楽にのめり込んでいく人間にとっては数千曲なんでも聴けるのが便利なのでしょうがどうも物足りない。

好きになった彼女を自分のものにしたいのと同じで、好きになった作品はジャケットやデザインも含めて自分の元に置いておきたいというのが人間の本来あるべき姿のような気がして、少なくとも自分はそうなのでどうも定額制のストリーミングサービスは気が引けるのです。

車とかバイクでもいいのですが、興味がそんなに無ければ実用的に早く目的地に着くだけの手段でしかないのでシェアサービスで十分ですが、そうじゃなくてやっぱり何百万もするけれど所有したい思うわけで、音楽も気に入ったものは所有したくなるのが常ってものです。

自分の音楽作品4つをネット上で売っていて、ギターとピアノの弾き語り2つはストリーミングでも聴けるようになっているのですが、アレンジもこだわった全部一人で演奏したバンド形態の2つの作品はダウンロードして聴くしかできないようにしてあります。

自分の中では渾身(こんしん)の作品で、ほとんど買ってくれる人はいないのですがそれでいいと思っています。ストリーミングで聴いてもらおうとは思わない。ストリーミングサービスの何百万曲の中のひとつということじゃなく、やっぱり自分と言う人間を選んでもらいたいのです。自分の作品と対峙(たいじ)してもらいたいのです。そんなジョギングしながらお洒落にイヤホンつけて聴ける音楽じゃないのです。気に入ってもらえれば買ってもらいたいのです。

ダウンロード金額が1500円とか2000円になってますが、そんなの形だけで1万でも100億円でもいいと思っています。ネット上でこういう”買ってくれ、買ってくれ”という営業トークって一番嫌われるのでしょうけどいいのです。

音楽だけで勝負!それで散っていくのであれば、それはそれで仕方ないのです。音楽配信

気ままに YUKIO音楽理論

今回は少し音楽的なことを語ろうと思う。別に誰かに師事したり音楽学校を出て理論を学んだこととかもないのだが、誰からも相手にされないにも関わらず自分なりに悩んだりして、0(ゼロ)から築き上げてきたものを語ってみる。

音楽といっても、それは西洋音楽のことでそれを基にした一般大衆音楽を指していて、自分が創って唄っている音楽もその中に含まれると思っている。

西洋音楽は、特に歌ものは基音(ルート)からまず5度で重なっている。

ドが基音だとすればソの音で、これがすべての基本になっていて、倍音列を平均律での近似値(きんじち)として表すと、最初1音上のオクターブから5度に移って、またオクターブ上にそして3度に行って、また5度、♭7度・・・となっている。3度というのはミ、♭7度は♭シと解釈してください。

基音から5度に重なることを決定づけているのは実は3度(ミ)なのだ。3度がないと基音から5度に重なることを実感できない。なぜそうなるのかは面倒くさいので今はやめておくが、いつか説明したい。

小学校の頃から音楽の授業ではドレミファソラシドを教わってドミソが基本的な和音と教えられる。それ以外はすべてギターを弾き始めるまでは忘れていたのだが、ミを半音下げて♭ミにするとド♭ミソで短調になって多少暗めの和音になることも思い出した。

ドレミファソラシド長調はひとつしかないのだが、しかし短調はラからはじまるラシドレミファソという短調もあればファ以降変化する何種類かの短調があって、なんで短調がいくつもあるのかと言えば私の感覚的な言葉で表すと、ドレミファソラシドが基本ではなくて、ファとシの音楽用語でいえばトライトーンが優先されるということだと思っている。

そう3度が絶対に無きゃいけないものだとは思っていなくて、いずれ世界の歌ものは基音から4度で重なるものが出て来るのではないかと思っている。

「気持ちいいよ」という唄は、ベースラインがラシドレミの短調なのだが上に乗っているコード(和音)がシ♯ドミの長調となっていて、調性がはっきりしない。現状のポピュラー音楽の理屈からは外れている。けど歌のない現代音楽なんかでは結構使われていたりするのだと思う。

こんな変な唄聴いてみませんか?巷(ちまた)に溢れている音楽とは違いますがこんな音楽もあります!ご興味湧いてくるようでればお買い上げ頂けないでしょうか?よろしくお願いいたします。音楽配信

都心自転車大散策-ギター購入編-

今週末は大久保水族館でライブだ。最初に忘れないうちに告知しておこう。6/14(金)夜8時よりオリジナルソング数曲演奏します。聴きに来ませんか?楽しいですよ。料金は1500円。内500円は私のミュージックチャージとしてyukio本人にお支払いください。ご理解の上ご来場ください。

大久保水族館は名前の通り東京大久保にあるライブバーです。毎月ギター弾き語りをして歩いて通っている近所の阿佐ヶ谷のチェッカーボードと違って、電車で通ってます。ピアノで弾き語りしていた頃は荷物も背負わなくていいので自転車で通っていたりもしました。実は大久保通りのはじまりが近所にあってその道を真っすぐ行けば大久保なのです。

大久保通りを何度も自転車で行き来(き)するうち、この道路の先はどこにつながっているのだろう?といつもの私の好奇心が持ち上がって来てしまいまして、何年か前ギターをお茶の水の楽器屋さんに買いに行く時に、ではお茶の水まで大久保通りを通って1回自転車で行ってしまおうと決心して実行してしまった話を今回しようと思います。

郊外で自転車に乗るのが普通なんでしょうけど、都心のど真ん中に向けて自転車を走らせてしまいました!自動車運転手のみなさまご迷惑をおかけして申し訳ございません。ここからは都心の自転車散策記として気軽にお読み下さい。

まず環七を渡る。そこが大久保通りの出発点でググっと前に進む。以前、人通りが少ない信号があるので赤のところをそのまま渡ろうとして人を轢(ひ)きそうになったことがあって注意しながらその信号群を渡りそのうち中野五差路を追加、どんどん進むと山手通りにぶつかる。山手通りを渡るとそこから大久保水族館に通う内、何度も上ったけっこうキツイ坂道があってそこをクリアすると総武線のガード下があり大久保の街並みに入ってくる。そのうち山手線のガード下が見えてきていつもはそのガード下をくぐらず手前で右に曲がると大久保水族館なのですが、ここからが小さな冒険のはじまりでその日は真っすぐ直進した。

ガード下をくぐると本格的なアジアン風の大久保の街並みがあって、若い女の子たちが食べ物をもとめていろんなお店の前で列をつくって並んでいるので自転車で通りづらい、自転車を降り裏通りに入って写真をパチリ

大久保裏通り

再出発、女の子たちの行列を横目にさらに大久保通りを真っすぐ行けば、今度は確か広い明治通りにぶつかる。明治通りを横切り行くと先ほどの大久保手前の坂に比べてもかなりきつい坂が長々とあって参ってしまった。へとへとになって坂を上るとなんとそこは神楽坂(かぐらざか)上だった。記念にパチリ

神楽坂上

神楽坂を下って行くと、視界が開けてきて飯田橋のビル群があったので、パチリ

飯田橋のビル

お茶の水に行くにはこのまま真っすぐ行く方法と右方向に曲がって中央線の下をくぐって行く方法があったのですがこのまま直進、東京ドームをめざす。ドーム手前に小石川後楽園を見つけ入園してみようとしたのですが有料なのでやめる。パチリ

小石川後楽園

確か、中は良い庭園があるはずなのだけど今回はここが目的ではないので名残惜しく小石川を出発。漱石の小説「こころ」の舞台もここら辺だったような気がするなと思いながら、もう汗でグジョグジョなってたのですが風にも負けずさらに直進。とうとう東京ドーム到着。パチリ

東京ドーム

ついでに後楽園遊園地にも行っちゃうぞと、パチリ

後楽園遊園地のジェットコースター

お茶の水が見えてきたので。ここで右折、水道橋の中央線ガード下をくぐって三崎町を通って神保町交差点に出た、ここには昔ディスカウントストアのキムラヤがあったと思った。記念にパチリ

神保町交差点

お茶の水到着~!

久しぶりのハードな運動でお腹が空いちゃってとんかつ定食をおかわりして食べたと記憶しています。お腹を膨らませた後、お茶の水の楽器屋にギターを買いに行きましてめでたく購入。この時点で確か夕方の5時前ぐらいだったかと思います。急いで帰らなきゃ。電車で来ればよかったよと思いつつ、人の目につかないところに駐輪していたニコライ堂前で記念撮影。パチリ

ニコライ堂前

すげー白髪になってると思いながら帰途につく。出発だ。帰りは来た道を戻るのは面白くないので違う道を行くことにする。靖国通りを直進だ~。九段下の方から坂道になっていて眺めているだけだとそんな急ではないなと思っていたのですが、いざ上ると結構つらくて確か坂の途中左側に武道館が見えて、キヨシローのコンサートに来たなと思い出し、パチリ

左側が武道館だったような気が、、、

坂を上ると、とうとうそこが靖国神社。バンザーイ!安倍総理。靖国の御霊に祈ろう。いつのまに右翼になってしまったんじゃ~。記念にパチリ

靖国神社

更に新宿方面に直進、すると右側に防衛庁が、、、バンザーイ!天皇陛下か、、、なんとなく余りいいかんじがしないでも、、、パチリ、暗くなってきた~

防衛庁

もう疲れちゃったよ、車にひかれそう、と思いつつ自転車をこいでいくととうとう新宿歌舞伎町到着。こちらもパチリ。人の混雑がすごい

歌舞伎町前の靖国通り

更にすすむと新宿大ガード下。夕空に高層ビルが向こうに見えた。パチリ

新宿ガード下

この後、青梅街道に進み家に戻って来た。到着は確か夜7時前だったような気がする。小さな冒険のはずが、かなりの大冒険になってしまった。自転車から見る東京はやはりすごい大都会で、こんなところに自分が住んでるんだと再認識した次第です。1番印象に残ったのは電車とかに乗ってると気づかなかったのですが、東京の街あちこちに新しいステーキ屋がいっぱい出来ていたのがとても印象的でした。

日本人は魚を食べる人種ではなかったのか?それはもう遠い昔の話なのかもしれません。。。音楽配信