選挙 ミュージシャンの投票の仕方

昨日は統一地方選挙だった。ここ2週間ほど街のあちこちで選挙演説がありなんだか騒がしかったが、今日からようやく静けさが戻ってきた感じだ。

こう書くとまるで自分が政治に興味がなく投票にも行かないようにみえるが、実は毎回行ってたりもする。ミュージシャンは政治に興味ないというのが相場だが、私は行く。ミュージシャン仲間がいないはずだ。(笑)

歌手YUKIOの投票行動を今回はじめてお披露目しよう。興味ないって?そう言わずに聞いて頂戴(ちょうだい)、見て頂戴(ちょうだい)。

はじめて他人に公(おおやけ)にするが、私の投票原理はただひとつ。弱い方に投票するということだ。選挙予測がTVや新聞で出てると思うが、ほとんど負けが決定してる方に投票する。なぜか?

音楽を創造する者として体制側に立ってはいけない。音楽をパクったり、真似たりする者は体制側に必然的に立つ。だって楽だもの。

真実は常に弱者にある。創造主は常に弱者にいる。

こういう考えで最近は投票している。ほとんど立候補者の政策などは吟味せずに投票所に行ったりして、名前さえわからないこともあるのだがいいのだ。投票する権利があるのだもの。そんな票は、死に票だと言われそうだが、かまわない。

選挙に行かずに、評論家になるよりはまだマシだと思っている。音楽配信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA