ダーリン、キスして。擬音語の使い方

ラーメンのことを立て続けに2度書いちゃいましたが、今回はラーメンじゃなく麺を食べる唄をつくっているのでそちらを紹介したいと思います。

唄のタイトルはCHU!CHU!CHU!(チュ!チュ!チュ!)

私の曲の中では、この曲だけ主人公が女性の設定になっています。主人公の女性がダーリンにチューをせがむ形で唄がはじまります。”ダーリン、キスしてチュ、チュ、チュ、願いを込めてチュ、チュ、チュ、・・・”次からアタマから韻(いん)をふむ感じで、”ラーメン食べたいチュル、チュル、チュル、ソーメン食べたいチュル、チュル、チュル・・・”と麺類が登場して来ます。

この能天気な韻(いん)の踏み方!

なかなかイイ感じじゃないですか。(笑)やっぱり麺はすすらないといけないですよね。この後の歌詞が”夏が終わるまで飽きさせないで~♪”となっていて、暑い時期、人の筋力も疲れて、のど越しのいい麺類を食べるのは夏の季節が一番。

食事の時に音を立てちゃいけない欧米人には、夏に麺類を”ずるー、ずるー、ずるー”と音を立ててほおばる日本人の幸せ感はわかりはしないってもんだ。てやんでぃ!

さらに2コーラス目には”お蕎麦を食べたいチュル、チュル、チュル、おうどん食べたいチュル、チュル、チュル・・・”とたたみかけるように擬音語の大連発。どんなもんでぃ!目の青い外人さんには早く布団をたたんでお国に帰ってもらいな。

本当は、ラーメンは”チュル、チュル、チュル”でいいんだけど、ソーメンなんかは”ツル、ツル、ツル”とか、お蕎麦なんかは”ズル、ズル、ズル”の方がいいと思っている。しかし、いかんせん唄なのだから韻(いん)踏まないといけない、韻(いん)を。

その方がおもしろいのだもの~♪

けど、この唄で一番いいたかったのは、この主人公の女性がダーリンに向けて”アナタは決して一人じゃない!”と唄っているところなのです。

自分も含めて(笑)、一人で孤独だと思っている人がこの唄を聴いて少しでも笑ってくれればこの唄をつくったかいがあったというものです。

つらいことも、楽しいことも、唄いたい。キスして。

音楽配信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA