もぐらテーマ曲

前回youtube動画と音楽の関係性について簡単に書き込みましたが、実はyoutubeでの反応とライブでの反応が極端に違う曲があります。

「ボクはモグラ」という曲で、”もぐら~、もぐら~、もぐら~、・・・”と連呼する唄でして、ライブでやると結構ウケたりもして、YUKIOと云えばモグラ、モグラといえばYUKIOという感じで、私の代名詞のような曲なのですが、youtubeでの反応はほとんど無いに等しい感じなのです。

この”もぐら~、もぐら~、もぐら~、・・・”と連呼する部分が延々と続くので、ここが頭から離れないらしく、ライブでは”YUKIO”と呼ばず”もぐらさん”と呼ばれることもあったりするくらいなのですが、このくだりが音楽的にワンコードで進んで行くため、変に聴こえたりするのでしょう?冷静にパソコンやスマホで聴くとなんだかどこかオカシイ?といった感じで敬遠されるのかもしれません。

私自身、これまで何度も演奏してきて飽きてしまっていることもあって、最近はこの曲を余りやることもなかったのですが、このブログをきっかけに自分自身の音楽活動をできるだけ客観的にみるようにしていると、やはり私の強みとして毎回唄った方がいいと思い今回取り上げました。

この「ボクはモグラ」ですが、ギターとピアノバージョンが2つ存在してまして、「YUKIO」というアコギアルバムに入っているのはブルース調のハーモニカを入れたギターバージョンの方で、ピアノバージョンの方はまだライブでしかやっていません。ピアノの方はアレンジがかなり凝っていて音楽的に難しくなっています。ここでは音楽的な話は省略しますが、ギター、ピアノバージョンの動画をそれぞれ上と下に載せておきますので、音楽をそれなりにやられてる方には、この2つのバージョンを聴き比べていただいても楽しいかと思います。そしてもし気に入っていただければ買っていただけないでしょうか?ストレートな物言いしかできませんがよろしくお願いいたします。音楽配信してます。

動画と音楽②

中2日とか3日とか動画の配信頻度も多少変えたりして、どのペースが一番反応がいいのかと試したりもしているが、基本的なアクセス数が少ないので分析するほどのものにもなっていない。

ただ前は古いスマホで撮った動画をアップしていたのだが、私の場合あくまでも音楽勝負だと思うのでミュージシャン用の安価なビデオカメラを買った。zoom Q2Nという小さいカメラで、音はかなりいい。しかしズームアップできないのでそこが困ったところだ。上記動画のように中古の古い三脚を買って、それに取り付けてピアノの前に置いて撮ったりするのだが、結構お客さんから見ると邪魔になったりする。もっとアップを撮れるビデオカメラが欲しいのだが、そうすると別途音楽用のマイクも買わなければならなくなるので、暫くはこれで我慢しようと思っている。

スマホカメラから音楽用のビデオカメラに替えたことによって多少はアクセスの数が違ってきた。やっぱり動画といっても、音は音、音楽は音楽なんだ。動画をいくら着飾っても、音楽が面白くなければどうしようもないわけで、音が多少違うだけでも数字が違ってくるものなのかもしれない。アクセス数が少ないのでまだ何とも言えないのだが。

動画にも少し知恵を凝らそうと思って、字幕をつけようと思っている。前も多少やったことがあってものすごく手間暇かかるものなのだが、今回は辛抱強くやってみようかなと思っている。唄の内容がよりわかった方がいいものね。音楽配信中

動画と音楽①

今の若者はみんなyoutubeを見ているらしい。もはやそういう時代でyoutubeを営業の道具として使うというのは当たり前のことになっている。私も始めた。

しかしなかなか上手くいかない。と言うかそこまで真剣に動画を突き詰める時間が無い。基本、ライブでの演奏を古いスマホでとって曲ごとに分割してyoutubeにアップしているが、静止画像を入れて自分の曲の簡単なプロモーション用として1分ほどの動画をアップしたりもした。

imovieという動画編集ソフトで簡単にタイトルを動画のアタマに入れて、ハイ終わりという感じになってしまう。動画のアクセスを増やすにはサムネイルにも工夫を凝らした方がいいとのことで曲名を最初に入れたりするのだが、imovieでテキストを入れると後ろの画像に沈みこんでしまってなんだかはっきりしなくなってくる。仕方なくそのままアップしたりするのだが、海外の音楽動画などは動画の中にタイトルがついてないものも沢山あるように思う。だから先日より上記の動画のようにタイトルを付けずにアップしてみた。(続く)

音楽配信について⑤YUKIOの場合

ここまでクドクドと私の場合の音楽配信例というか、音楽配信についての私の感想を述べて来ましたが、最後に自分が今後どう行動すればよいのか、これを機に整理してみようと思う。まずもっとターゲットをはっきりさせることだ。自分の曲を聴いてもらえる可能性がある人物像をもっとはっきりと想像してみよう。

いまの流行りの音楽とは違っている、、、基本、自分の曲はジャズ、ブルース、ファンク等の黒人音楽に影響受けているので、まずはそうした音楽を好む層、、、年代は、自分が白髪だらけになってもそのままジャケットに使ってしまったりするのでそうした年代50代以上、、、性別はジャズだブルースを聴いているのはほとんど男性だ、、、。

ジャズ、ブルース、ファンク好きの50代以上の男性。これじゃちょっとアバウトすぎるかもしれないが、とりあえず馬鹿な私のアタマで想像してみるとこうした層だ。結構もういい年齢でお金も持ってそうだ。ただ私と一緒で音楽配信などあまり興味が無さそう。しかしspotifyで1回聴いてくれて1円にもならない事を考えれば、気に入ってくれればもっとドーンとお金を払ってくれそうだ。実際そういう人もいたのだが、こういう層はやはりライブで知り合いになる可能性が高い。まず月2回やっているライブで配っているアンケートフライヤーがずっと同じ内容で変えてないので、毎回変えてみることにしてみよう。

次に音楽配信を聴く主流はこちらもアバウトだがほとんど若者だ、こうした層に向けてはよくわかってないので、前回述べた成功事例をまずは真似ることだ。AmPm(アムパム)さんと斉藤さんの成功事例を真似る。

インタビューを読むとAmPm(アムパム)さんは1曲ごとの配信しているようで、その方が聴いてくれる方にとっては定期的で期待感も高まると述べている。ただ私は1曲で自分の世界観を表せるとは思ってはいないので、次つくっているアルバムの中から昔のシングルカットのような1曲を選んでそれをspotifyで別に配信してみようと思う。youtubeの動画もAmPm(アムパム)さんのようにもう少し気合いを入れてつくってみるべし。昔でいうプロモーションビデオのようなものを。

そして斉藤さんのようにもう一度、駄目だと思うが有名プレイリスターに曲を送ってみて、ついでにplaylistpushに試しにお金を払ってプロモーションを頼んでみるのも手だ。

あまりにザックリとしたものだが、今回のまとめだ。ここからいろんな失敗がでてきたりして、もう少し具体的な対処の仕方も出てくると思うが、それは次回。このブログを借りて現時点での自分の音楽営業脳を整理してみた。(おしまい)音楽配信

音楽配信について④YUKIOの場合

音楽配信についてメディアの記事に関して不思議だなと思うことをもう少し述べよう。

インターネットの普及につれて有名人で無くても誰もが音楽配信できる時代になり、iTunesなりspotifyなり何万曲、何百万曲という登録曲数をまずPRして、メディアもそれを取り上げているが、一人の人間が自分の人生で音楽を聴く時間なんて限られているわけで、当然それだけの曲をすべて聴けるはずはなく、その何万曲の中から自分の好きな曲を選んで聴くことになる。選択肢の幅が広がったといえば広がったのだが、聴かれている曲はほとんど芸能人とか有名歌手といった名前の知れたほんの一握りの人達だけが聴かれてるだけなのではないかと思ってしまう。残りの90%以上の私のような一般の人達が作った曲などは、その音楽配信業者のストックしている曲数を増やすためだけの、所謂、私達のサイトだとこんなに沢山の曲が聴けますよというアピールの道具でしかないのではと思ってしまう。

私たちは利用されている。実際、多分そうなのだろうけど、そうした芸能人や有名人達も最初は私達と同じ名も知らない一般人で、そこから這い上がって行っただけなのだろうから自分も知恵を凝らさないといけない。

前回プレイリストの章でも述べたspotifyでも検索すると一般人での成功事例が多少あるようで、AmPm(アムパム)さん達という二人組と斉藤さんという人がspotifyのバイラルチャートという(たぶんそこに入ればそれなりの人数が聴いてくれるであろうプレイリスト)ところにチャートインしてそれなりに儲かったのではなかろうかと思われるが(言葉が悪いけど・・・)、彼らのインタビュー記事を読んでいるとやっぱり考えている。AmPm(アムパム)さん達はいい曲が売れるとは限らない、ITを駆使、マーケティングを研究、さらにはプログラミングもspotifyのプログラマーが登録しているGit Hubまでそのプログラミングを観に行ったというから、相当研究している。斉藤さんも海外の有名プレイリスターに自分の曲を売り込んで成功して、有料の広告宣伝もしたらしい。ただ二つとも自分の素生を明らかにしてなかったが、斉藤さんは博報堂(日本の大手広告代理店)の音楽制作の人みたいで、AmPm(アムパム)さん達はfecebookを見るとエイベックスかなんかの名前が出てきたので、たぶんそうした音楽関連業者に近いところで働いている人達だとなんとなく想像できる。こうなると素直に一般の人とは言いきれない。音楽業界の内部事情に精通した、流行に敏感なアタマのいい人たちが先に手を打ったとも考えられる。

では私達、コネもアタマも何もない一般人の音楽家たち、歌手たちはどうこの音楽配信に対応して行けばいいのか?・・・・・・答えなど無いな。考えるしかない。(続く)音楽配信中