阿佐ヶ谷 喫茶店

音楽とコーヒー ヴィオロン

ここ何年か、もう結構時間が経つが、土曜日の夕方は必ずといっていいほどこの画像の喫茶店でコーヒーを飲んでいる。毎週といっていい。自分でも呆れるくらい通っている。東京阿佐ヶ谷のヴィオロンという喫茶店である。昔で云う名曲喫茶でクラッシック音楽をかけていて、よく雑誌とかで取り上げられているので知っている方も多いと思う。

ピアノを練習してる頃は毎日のように夕方通っていた。なんで通うことになったかと云えば、この画像にあるように音響システムが抜群にいいことだ。家には置けないスピーカーから出てくる音に癒されるのである。それまでクラッシックをほとんど聴いたことのなかった私はバッハ、モーツァルト、ベートーベンからラフマニノフ、グールドまで色々ここで聴いて来た。かかっている曲は古典のクラッシックが多いと思う。勿論リクエストもできるのだが、したことがない。出される音楽を流されるままに聴いているだけだ。昔、一度だけマスターからお好きな曲かけますよと言われ、ドビュッシーをかけてもらった思い出がある。

特にいいなと思われるのは、店名のヴィオロンと名がつくようにヴァイオリンの音がものすごく響く。ヴァイオリンだけでなく弦楽器のものが全体によく響くように思うが、特にやはりヴァイオリンが凄い。音楽はやはり音の波で出来ているのだなと認識してしまう。

このお店昼はクラッシック喫茶なのだが、夜はライブをやっている。実は私、何度かやらせていただいたことがあって、上の画像の右側にアップライトピアノが置いてあり、そこでピアノの弾き語りをしたのであった。調律師を呼んでないらしく一つか二つ、鍵盤の音がずれてたように思ったが、イタリア人の女性が飛び込みで入ってきて聴いてくれたりして楽しかった思い出だ。

ライブをやらなくなって以降もここに通っている。実はお気に入りの席も決まっていて、それは入り口から入ってすぐのスピーカーから真正面の上のテーブル席だ。スピーカーがでかいので、前の方だと音が大き過ぎるのだ。ほとんど前の席には座らないのだが、たまに座ると地震で頭の上に掛けてあった額縁が落ちてきて、頭から血を流したこともあった。私とヴィオロンの歴史は古い。(笑)

このように年中、毎週土曜日夕方ヴィオロンでクラッシック音楽を聴いているのだが、今回はじめてスマホでお店の画像を撮ってみた。有名なお店なので結構、画像を撮っていくお客さんは沢山いる。私の場合毎週通っているので撮ったことなどなかったのだが、このブログを書き始めて一度載せてみようかと思い立って、昨日撮った画像です。たぶん、来週も行くのかな?

ピアノ弾き語り“YUKIO PIANO”音楽配信中です.

ピアノ

このブログをはじめるにあたり、まずこの画像を選びました。ピアノ弾き語りをやっています。ギターとピアノ両方弾くのですが、どちらかと云うとピアノを弾く方が好きで、何か落ち着くのです。ただ生(なま)ピアノじゃないと駄目で、デジタルピアノとかでは唄をうたいたいとは余り思いません。

家には安価なデジタルピアノしか無いので、手っ取り早くギターを手に取ることの方が多いのですが、本当はピアノを弾いていたいというのが私の本性です。

なんで家に生(なま)ピアノを置かないのかと云えば、単に経済的な事情で家にピアノを置けるようなスペースが無いのと防音装置をつけられないだけです(笑)。お金を稼いで生ピアノを置けるような大きな家に住みたいと今でも思っていますが、なかなか現実は上手く回ってはくれないのですよね。ですので自分のオリジナルの唄をもっと聴いてもらいたいと思いこのブログを立ち上げました。

一人暮らしをしていた若い頃、学校の食堂のおばちゃんから娘さんが弾かなくなったアップライトピアノを譲り受け、家に置いたのがピアノとの出会いの始まりでした。12音階を順番に弾いてツーファイブで終わる練習をしていたように記憶しています。隣の部屋の人、たぶんうるさいと思っただろうな。そこの住居から道路拡張のため強制立ち退きさせられて生(なま)ピアノを手放して以来、生(なま)ピアノは私の手元には無いのです。あの時は悲しかった。

家に生(なま)ピアノが無いので、その代わりと云ってはなんですが、公民館のピアノ室を借りて、月に何度か練習に行ったりなんかします。練習ではなくて、、、頭にある自分の唄をまとめる作業ですね。この時間が一番楽しい、誰にも邪魔されず、干渉されず、自分の時間に没頭できる貴重な時間です。

このようにして私とピアノの関係はあります。最初の投稿なので私の音楽の一番核心部分を語ろうと思いました。今後もできるだけこのブログ続けていこうと思いますので、宜しくお願い致します。