阿佐ヶ谷 喫茶店

音楽とコーヒー ヴィオロン

ここ何年か、もう結構時間が経つが、土曜日の夕方は必ずといっていいほどこの画像の喫茶店でコーヒーを飲んでいる。毎週といっていい。自分でも呆れるくらい通っている。東京阿佐ヶ谷のヴィオロンという喫茶店である。昔で云う名曲喫茶でクラッシック音楽をかけていて、よく雑誌とかで取り上げられているので知っている方も多いと思う。

ピアノを練習してる頃は毎日のように夕方通っていた。なんで通うことになったかと云えば、この画像にあるように音響システムが抜群にいいことだ。家には置けないスピーカーから出てくる音に癒されるのである。それまでクラッシックをほとんど聴いたことのなかった私はバッハ、モーツァルト、ベートーベンからラフマニノフ、グールドまで色々ここで聴いて来た。かかっている曲は古典のクラッシックが多いと思う。勿論リクエストもできるのだが、したことがない。出される音楽を流されるままに聴いているだけだ。昔、一度だけマスターからお好きな曲かけますよと言われ、ドビュッシーをかけてもらった思い出がある。

特にいいなと思われるのは、店名のヴィオロンと名がつくようにヴァイオリンの音がものすごく響く。ヴァイオリンだけでなく弦楽器のものが全体によく響くように思うが、特にやはりヴァイオリンが凄い。音楽はやはり音の波で出来ているのだなと認識してしまう。

このお店昼はクラッシック喫茶なのだが、夜はライブをやっている。実は私、何度かやらせていただいたことがあって、上の画像の右側にアップライトピアノが置いてあり、そこでピアノの弾き語りをしたのであった。調律師を呼んでないらしく一つか二つ、鍵盤の音がずれてたように思ったが、イタリア人の女性が飛び込みで入ってきて聴いてくれたりして楽しかった思い出だ。

ライブをやらなくなって以降もここに通っている。実はお気に入りの席も決まっていて、それは入り口から入ってすぐのスピーカーから真正面の上のテーブル席だ。スピーカーがでかいので、前の方だと音が大き過ぎるのだ。ほとんど前の席には座らないのだが、たまに座ると地震で頭の上に掛けてあった額縁が落ちてきて、頭から血を流したこともあった。私とヴィオロンの歴史は古い。(笑)

このように年中、毎週土曜日夕方ヴィオロンでクラッシック音楽を聴いているのだが、今回はじめてスマホでお店の画像を撮ってみた。有名なお店なので結構、画像を撮っていくお客さんは沢山いる。私の場合毎週通っているので撮ったことなどなかったのだが、このブログを書き始めて一度載せてみようかと思い立って、昨日撮った画像です。たぶん、来週も行くのかな?

ピアノ弾き語り“YUKIO PIANO”音楽配信中です.

もぐらテーマ曲

前回youtube動画と音楽の関係性について簡単に書き込みましたが、実はyoutubeでの反応とライブでの反応が極端に違う曲があります。

「ボクはモグラ」という曲で、”もぐら~、もぐら~、もぐら~、・・・”と連呼する唄でして、ライブでやると結構ウケたりもして、YUKIOと云えばモグラ、モグラといえばYUKIOという感じで、私の代名詞のような曲なのですが、youtubeでの反応はほとんど無いに等しい感じなのです。

この”もぐら~、もぐら~、もぐら~、・・・”と連呼する部分が延々と続くので、ここが頭から離れないらしく、ライブでは”YUKIO”と呼ばず”もぐらさん”と呼ばれることもあったりするくらいなのですが、このくだりが音楽的にワンコードで進んで行くため、変に聴こえたりするのでしょう?冷静にパソコンやスマホで聴くとなんだかどこかオカシイ?といった感じで敬遠されるのかもしれません。

私自身、これまで何度も演奏してきて飽きてしまっていることもあって、最近はこの曲を余りやることもなかったのですが、このブログをきっかけに自分自身の音楽活動をできるだけ客観的にみるようにしていると、やはり私の強みとして毎回唄った方がいいと思い今回取り上げました。

この「ボクはモグラ」ですが、ギターとピアノバージョンが2つ存在してまして、「YUKIO」というアコギアルバムに入っているのはブルース調のハーモニカを入れたギターバージョンの方で、ピアノバージョンの方はまだライブでしかやっていません。ピアノの方はアレンジがかなり凝っていて音楽的に難しくなっています。ここでは音楽的な話は省略しますが、ギター、ピアノバージョンの動画をそれぞれ上と下に載せておきますので、音楽をそれなりにやられてる方には、この2つのバージョンを聴き比べていただいても楽しいかと思います。そしてもし気に入っていただければ買っていただけないでしょうか?ストレートな物言いしかできませんがよろしくお願いいたします。音楽配信してます。

動画と音楽②

中2日とか3日とか動画の配信頻度も多少変えたりして、どのペースが一番反応がいいのかと試したりもしているが、基本的なアクセス数が少ないので分析するほどのものにもなっていない。

ただ前は古いスマホで撮った動画をアップしていたのだが、私の場合あくまでも音楽勝負だと思うのでミュージシャン用の安価なビデオカメラを買った。zoom Q2Nという小さいカメラで、音はかなりいい。しかしズームアップできないのでそこが困ったところだ。上記動画のように中古の古い三脚を買って、それに取り付けてピアノの前に置いて撮ったりするのだが、結構お客さんから見ると邪魔になったりする。もっとアップを撮れるビデオカメラが欲しいのだが、そうすると別途音楽用のマイクも買わなければならなくなるので、暫くはこれで我慢しようと思っている。

スマホカメラから音楽用のビデオカメラに替えたことによって多少はアクセスの数が違ってきた。やっぱり動画といっても、音は音、音楽は音楽なんだ。動画をいくら着飾っても、音楽が面白くなければどうしようもないわけで、音が多少違うだけでも数字が違ってくるものなのかもしれない。アクセス数が少ないのでまだ何とも言えないのだが。

動画にも少し知恵を凝らそうと思って、字幕をつけようと思っている。前も多少やったことがあってものすごく手間暇かかるものなのだが、今回は辛抱強くやってみようかなと思っている。唄の内容がよりわかった方がいいものね。音楽配信中

動画と音楽①

今の若者はみんなyoutubeを見ているらしい。もはやそういう時代でyoutubeを営業の道具として使うというのは当たり前のことになっている。私も始めた。

しかしなかなか上手くいかない。と言うかそこまで真剣に動画を突き詰める時間が無い。基本、ライブでの演奏を古いスマホでとって曲ごとに分割してyoutubeにアップしているが、静止画像を入れて自分の曲の簡単なプロモーション用として1分ほどの動画をアップしたりもした。

imovieという動画編集ソフトで簡単にタイトルを動画のアタマに入れて、ハイ終わりという感じになってしまう。動画のアクセスを増やすにはサムネイルにも工夫を凝らした方がいいとのことで曲名を最初に入れたりするのだが、imovieでテキストを入れると後ろの画像に沈みこんでしまってなんだかはっきりしなくなってくる。仕方なくそのままアップしたりするのだが、海外の音楽動画などは動画の中にタイトルがついてないものも沢山あるように思う。だから先日より上記の動画のようにタイトルを付けずにアップしてみた。(続く)

音楽配信について⑤YUKIOの場合

ここまでクドクドと私の場合の音楽配信例というか、音楽配信についての私の感想を述べて来ましたが、最後に自分が今後どう行動すればよいのか、これを機に整理してみようと思う。まずもっとターゲットをはっきりさせることだ。自分の曲を聴いてもらえる可能性がある人物像をもっとはっきりと想像してみよう。

いまの流行りの音楽とは違っている、、、基本、自分の曲はジャズ、ブルース、ファンク等の黒人音楽に影響受けているので、まずはそうした音楽を好む層、、、年代は、自分が白髪だらけになってもそのままジャケットに使ってしまったりするのでそうした年代50代以上、、、性別はジャズだブルースを聴いているのはほとんど男性だ、、、。

ジャズ、ブルース、ファンク好きの50代以上の男性。これじゃちょっとアバウトすぎるかもしれないが、とりあえず馬鹿な私のアタマで想像してみるとこうした層だ。結構もういい年齢でお金も持ってそうだ。ただ私と一緒で音楽配信などあまり興味が無さそう。しかしspotifyで1回聴いてくれて1円にもならない事を考えれば、気に入ってくれればもっとドーンとお金を払ってくれそうだ。実際そういう人もいたのだが、こういう層はやはりライブで知り合いになる可能性が高い。まず月2回やっているライブで配っているアンケートフライヤーがずっと同じ内容で変えてないので、毎回変えてみることにしてみよう。

次に音楽配信を聴く主流はこちらもアバウトだがほとんど若者だ、こうした層に向けてはよくわかってないので、前回述べた成功事例をまずは真似ることだ。AmPm(アムパム)さんと斉藤さんの成功事例を真似る。

インタビューを読むとAmPm(アムパム)さんは1曲ごとの配信しているようで、その方が聴いてくれる方にとっては定期的で期待感も高まると述べている。ただ私は1曲で自分の世界観を表せるとは思ってはいないので、次つくっているアルバムの中から昔のシングルカットのような1曲を選んでそれをspotifyで別に配信してみようと思う。youtubeの動画もAmPm(アムパム)さんのようにもう少し気合いを入れてつくってみるべし。昔でいうプロモーションビデオのようなものを。

そして斉藤さんのようにもう一度、駄目だと思うが有名プレイリスターに曲を送ってみて、ついでにplaylistpushに試しにお金を払ってプロモーションを頼んでみるのも手だ。

あまりにザックリとしたものだが、今回のまとめだ。ここからいろんな失敗がでてきたりして、もう少し具体的な対処の仕方も出てくると思うが、それは次回。このブログを借りて現時点での自分の音楽営業脳を整理してみた。(おしまい)音楽配信