白髪アイドルになってみた YUKIOの場合 3C分析

自分の音楽に当てはめる形でマーケティングの本を本屋でずっと立ち読みしていて、

ふと思いついたのがおかしな話だが”白髪アイドル”だ。

私の発想としてはどうしてもいつもこんな感じになってしまう。(笑)

解説していくと、とりあえず”アイドル”というのは日本には昔から存在していて潜在需要は必ずあるはずだ。要は音楽は芸能活動なのだから、自分も売れない芸能人なのである。(ターゲットニーズの確定)

そこでそういうアイドルを求めている人たちにどう自分の音楽を聴いてもらえるようにするのか?まずは市場分析である。マーケティング本では3C分析をしろとあった。

3Cとは「Customer(市場・顧客)、Competitor(競合)、Company(自社)」である。

まず市場を分析してみよう、本にはマクロ市場とミクロ市場に分けて分析方法が書いてあった。

マクロ市場とは世間の広い市場のこと、要は新聞の見出しに出てくるほどの事柄なので、現在、日本はどんどん年寄りばかりの長寿国になっているので、髪の毛を染めているけれど本当はみんな白髪なのだから、これは十分”白髪アイドル”を認めるだけの素地はある。

ミクロ市場は小さいところ、いわゆるここでは芸能界か、アイドルは昔は10代の若い歌手をたとえた言葉だったと思うが、今はジャニーズ系アイドルだって千差万別いろいろな人間がいる。「嵐」だってもう40前後だと思う。地方にはいろいろな街おこしアイドルがいて多様性の時代だ。”白髪アイドル”を名のっても全然おかしくない。

次はCompetitor(競合)だ、”白髪アイドル”に競合などいない。誰も名のってないのだから。試しに”白髪アイドル”と検索してみたら。誰もいない。一番上の記事は”ジャニーズでも白髪を告白、アイドルの正しい年の重ね方とは?”とあった。

最後にCompany(自社)、ここでは自分である。自分は白髪だらけでもはやどうしようもない。白髪から逃れられないと思っているので”白髪アイドル”になる覚悟が若い人間より全然高い。”白髪アイドル”はトシをとった方が有利だ。

こんな風に3C分析をしてみたが、いかがだったでしょうか?

マーケティング本では次は強いペルソナ(そのサービス・商品の典型的な ユーザー像のこと。ここでは私の音楽を聴いて買ってくれるファン像)をつくれとある。なかなかCD売れずに困ってるのに、そんなもの想像できるか!と思ってしまうのだが、我慢してもう少し勉強してみよう。ペルソナ作りはもう少し待て。(続く)音楽配信

spotify  オリジナルソング聴いてみませんか!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA