三・三・七拍子

チャッ、チャッ、チャッ、それ!チャッ、チャッ、チャッ、それ!チャッ、チャッ、チャッ、チャッ、チャッ、チャッ、チャッ、それ!チャッ、チャッ、チャッ、それ!チャッ、チャッ、チャッ、それ!チャッ、チャッ、チャッ、チャッ、チャッ、チャッ、チャッ、もう一丁!チャッ、チャッ、チャッ、それ!チャッ、チャッ、チャッ、それ!チャッ、チャッ、チャッ、チャッ、チャッ、チャッ、チャッ、もう一回!チャッ、チャッ、チャッ、それ!チャッ、チャッ、チャッ・・・

キリが無いので書くのを止めるが、これは何を書いているかといえば、三・三・七拍子を言葉で表現したものだ。三・三・七拍子、、、それ!

チャッ、チャッ、チャッ、それ!チャッ、チャッ、チャッ、それ!チャッ、チャッ、チャッ、チャッ、チャッ、チャッ、チャッ、それ!チャッ、チャッ、チャッ、それ!チャッ、チャッ、チャッ、それ!チャッ、チャッ、チャッ、チャッ、チャッ、チャッ、チャッ、もう一丁!チャッ、チャッ、チャッ、それ!チャッ、チャッ、チャッ、それ!チャッ、チャッ、チャッ、チャッ、チャッ、チャッ、チャッ、もっとはやく!チャッ、チャッ、チャッ、それ!チャッ、チャッ、チャッ、それ!チャッ、チャッ、チャッ、チャッ、・・・

もう、キリが無いよ~。笑 それ!

チャッ、チャッ、チャッ、ゆっくり!チャッ、チャッ、チャッ、ゆっくり!チャッ、チャッ、チャッ、チャッ、チャッ、チャッ、チャッ、もっとゆっくり!チャッ、チャッ、チャッ、それ!チャッ、チャッ、チャッ、気持ちをあわせて!チャッ、チャッ、チャッ、チャッ、チャッ、チャッ、チャッ、もういっちょう!チャッ、チャッ、チャッ、それ!チャッ、チャッ、チャッ、それ!チャッ、チャッ、チャッ、チャッ、チャッ、チャッ、チャッ、はやく!チャッ、チャッ、チャッ、それ!チャッ、チャッ、チャッ、それ!チャッ、チャッ、チャッ、チャッ、・・・

いい加減にしてくれ~!と、今回はもう書かないが、三・三・七拍子は日本人の魂をゆさぶるリズムである。運動会のクライマックスで応援団長が拍子をとり、クラス代表のリレー選手を応援する時が一番盛り上がるのに、中学校の音楽の授業で三・三・七拍子のリズムを習うことは無い。ツン!とすましたクラシック音楽を聴かされた思い出があるだけだ。笑 なんで三・三・七拍子を教えられずに、運動会でやらない4拍子だとか、3拍子を教えられるんだろう?と、子供心にふと思ったことがある。

なぜこんなことを書いたかと言うと、先日、晩飯の家族との会話の中で、

三・三・七拍子の曲ってなんで無いのだろう?

と、素朴な質問を受けてしまったからだ。笑 家族は真剣に訊いて来る。そうだよな、、、三・三・七拍子の曲なんて聞いたこと無いしな・・・、と思い、上記の子供の頃のことを思い出したのだった。

それで、あらためて三・三・七拍子をリズムという概念から考えてみると、何のことはない、ただの4拍子だ。笑 ”ただの4拍子じゃないかよ~”と答えてみるのだが、家族にとってはあまりぴんと来るものはなく、”ほら、チャッ、チャッ、チャ、の後のソレ!だとかホレ!だとか、応援団長が合いの手を入れるじゃないか、その合いの手が、音が入らない休符と考えればいいんだよ!”と言うのだが、どうも理解していない。面倒くさいので、その晩、もう説明はやめてしまったのだが、はたして自分の考えが、正しいことは正しいのだが、頭がもう、西洋音楽という概念に歳と共に凝り固まってきてしまっているような気がして、家族の発想の方が自由に思えて、うらやましかった。

唄の発想は理屈ではない。そんなことはわかっているはずだが、歳をとるにしたがって、脳ミソの細胞が減ってくるのか、世の中のことがすべて見えてくるような錯覚にとらわれがちだ。そうしたオジサンたちをたくさん見て来たのに、気づいた自分の姿はこうだ。

日本人は奇数のリズムが好きだなんて、、、俳句の五七五や短歌の五七五七七だって、よく考えれば、西洋音楽の理屈から言えばただの4拍子じゃないかと達観する老(ふ)けた自分がいる。

仕事帰りの道すがら

オリジナルソング。ダウンロード販売中。試聴できます。

他サイトでも音楽配信やってます。アップルミュージック、ユーチューブミュージック、ラインミュージック等でも聴けます。作品を通して聴いていただくのが一番のお勧(すす)めです。CDも販売。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA