音楽方程式 YUKIOの場合

今回の阿佐ヶ谷ミミズクがなぜ話題になったかといえば、やはり都会の真ん中に野生動物が突如出現したということであろう。人間、思いもしなかったことに関心がいくものだ。youtubeでもなんでも、他人と違うことをやって目立とうとする心理と一緒なのかもしれない。

顧みて自分の音楽である。西洋のハーモニーに合わせた唄もの、ギター弾き語り、ピアノ弾き語り、バンドサウンド、打ち込み、、、ウム、誰もがやっている。周りみんながやっている。。。当たり前の事。目立つはずがない。。。

電動チェーンで部屋を壊して滅茶苦茶にしたり、高層ビルの屋上から伸びたハシゴの上に立ってみたり、そんな動画のニュースも観たりもする。そうした動画はアクセス数もすごいのだと思うが、自分の音楽はやはり違う。

そういうのとは違うのだ。アクセス数が伸びなくてもいい。自分の表現なんだ。様式は同じなんだが、中身が違う。どう違うのだと言われれば、ウム、、、説明がつかない!だから駄目なのかもしれないが、いいのだ。別に他人の目を気にして生きてきたわけじゃない、自分が納得したものでなくては駄目なのだ。自分が納得してはじめて他人に提示できるんだ。誰も見向きもしなくてもいい、自分が納得しないと始まらないんだ。これが私の唄の方程式なのです。誰もこの文章読んではくれないかもしれないが、これが私の表現です。音楽配信中

アルバムアーティスト YUKIO

”アーティスト”という言葉が好きではない。いつ頃からだろうか使われ始めたのは?もう名前の知れた人であれば名刺に”アーティスト”と入れればなんとなく箔(ハク)がついた感じがしていいのだが、私みたいな無名の一般人はやはり”ミュージシャン”と云った方がわかり易い。

なぜ”アーティスト”の話を取り上げたかといえば、自分は1曲に自分の世界をすべて詰め込んで相手にアピールするようなタイプではなく、1曲1曲を組み合わせてつくったアルバムで自分の世界観を表現したいと思っているというか、そうなってしまうというか、そういう性分の人間なのだ。

”シングルアーティスト”という言葉はきいたことが無い。”アルバムアーティスト”はきいたことがある。やはり”アーティスト”は”アルバム”なのである。自分は”アーティスト”だとは思ってはいないが、”アルバム”を聴かせたいのだ。1曲だけを聴いてもらっても私の世界をわかってくれるとは思わない、You Tubeの最初の10秒を観てもらってもたぶん理解してくれないだろう。それがどんなに遠回りでいっぱい損をしてるのかもしれないが、自分という人間はこうなのである。自分のやりたい音楽はアルバムの中にあるのだ。

アルバム全体を通して聴いていただけないでしょうか。音楽配信中