自転車に乗って

今日は暑い。暑い割には扇風機をかけている。歳(とし)をとった証拠か。熱中症にかかりそうだ。ようやくこのブログを書く時間が出て来た。このブログを書くのは楽しいのだが、優先順位は低い。(笑)なぜかというと儲(もう)からないからだ。(笑)

さて、本日は何を書こう?書くあてもないのに書いているというのも変な感じだが、なんだか多少は仕事のプレッシャーから解放されて、ウキウキ気分なのである。なんたって明日は休みなのだから。ただ残念なことに明日土曜日は、いつも行くピアノ室の予約も入って無く、夕方通っていたクラシック音楽をかけてくれる喫茶店も店員にコロナ感染者が出て閉店中だし、なにも予定が無いのだよな。タイ人の奥さん、コロナかかっちゃったのかな?

昨日は次にリリースしようとしている作品の内容に多少触れたのだが、今日は現在制作中の作品について語ってみることにしよう。今、思いついた。(笑)現在制作中の作品は2枚組にしようと思っている。この街に引越してからもう10年以上になるが、ここに来てから思いついた曲をまとめ上げたものだ。上に挙げたクラシック喫茶の行き帰りの散歩道で思いついた唄、武満徹さんから影響を受けた現代音楽風の曲、東日本大震災で自分たちがどうなってしまうのか?天変地異(てんぺんちい)を感じた唄、ソウルに旅行に行った思い出の曲、ピアノ室に通う自転車をこぎながらふとメロディーが思いついた自転車ソング、クラシック音楽に影響を受けたリズムが白っぽい曲などが1枚目に入る予定で、2枚目がモード奏法”ソーホワット”からインスピレーションを受けたインスト曲からはじまり、ジャズっぽい3拍子曲、中央線風フォークソング、毎月出演していたブルースクラブで何度か演奏したオリジナルブルース2曲、間奏がフリーになる曲に、だんだんフリー演奏になっていくフラメンコ、最後はどフリーという構成予定だ。

言葉にすると何だかわけがわからなそうな曲がいっぱい入ってそうだが、その通り。わけがわからない曲がたくさん入っているのだ。(笑)だって、そういう風に頭の中に聞こえて来たのだもん!(笑)若い頃のように、ただコードに合わせて唄を唄うという感じ方では、歳(とし)をとると、もう物足りない。ドミソに合わせて唄を唄うなんて、もうそういう事は若者に任せておけばいいのだ。(笑)

この2枚組、基本となる打ち込みは1枚目はすべて終わっていて、現在は2枚目のジャズ風3拍子のところで難しくなって止まっている。(笑)この曲をなんとかクリアしないといけないのだが、やることがいっぱいあって時間がない。まあ、この作品の完成を見ずに自分の人生が終わって行ってもいいかなとも思ってたりもする。

今制作中のこの作品の中で、今回1枚目に入る予定の自転車ソングについて語ってみることにしよう。曲名は「自転車に乗って」というもので、ユーチューブにもピアノ室での練習風景を2つばかりアップしていたりもする。余りに下手なので言い訳できないのだが・・・、なぜこの動画をアップしたかと言うと魂胆(こんたん)があって、自分はSNSを一応は登録してあるのだが、ほとんど見ることも無くて、使っていないのだが、なんとかこのSNSを上手く自分の音楽のPRに利用できないかと考えていて、フェイスブックがなぜ面白くなく読まないかと言ったら、アップしている人たちが思いつきで上げているだけで、コンセプトがないのだ、ある程度ちゃんとマーケティングしてフェイスブックの登録者に訴えればそれなりの反応があるのではなかろうかという想いがあって、自分のフェイスブックで友達になっている人たちは基本、自転車関係の取引先か音楽関係の人たちなので、共通の自転車をタイトルにした曲をアップすればみなさん興味を持ってもらえるかもと思ったのだった。

ただ完成された曲を1度だけアップしても、誰も振り向いてもくれないと思うので、この「自転車に乗って」という曲の制作段階からのすべての過程を順次アップしていこうと考えたのだ。そしてただ過程をみせるだけではなくて、みんなで盛り上がれる切り口が欲しいと考え、この曲のカラオケバージョンを作り、ニコニコ動画の配信プログラムで配信して、カラオケでこの曲を気に入ってくれた誰かに歌ってもらおうというストーリーを立てたのだった。(笑)

ユーチューブの動画2つは、その最初のピアノ弾き語り素案で、一つ目は歌詞がただ単にメロディーに言葉を埋め込んだだけのひどいもので、二つ目は先日歌詞を完成させたバージョンになっている。どちらもフェイスブックで共有もしていたりもするのだが、ほとんど反応は無い。(笑)

そして、歌詞が完成したので、先日来フェイスブック上でこの「自転車に乗って」の制作過程を順次アップして行った。リズムの打ち込みなど音楽ソフトのロジックの画面をスクリーンショットで撮って、まずアップして、途中経過の音源.mp3をサウンドクラウドという海外の無料の有名なプラットフォームにアップしてその画面をフェイスブックに共有するようにした。このサウンドクラウドにアップしたのが良くなかったのか?誰も知らないのか、スマホでリンクが飛んでいかないのか?よくわからないがほとんど誰も聴いてくれた痕跡(こんせき)が無い。(笑)そりゃ、そうだよな、”いいね”を押すこともない人間に、”いいね”は送らないものな。

このような感じで、とりあえずは唄以外の伴奏部分はすべて出来上がったのだった。この2枚組の作品の他の曲の制作があるので、ここで止まっているのだが、いずれはまた制作過程あるいはカラオケ配信する過程をフェイスブック上で上げていこうと企んでいる。次はサウンドクラウドではなくてユーチューブにその音源を上げていった方がいいのかもしれないとは考えている。サウンドクラウドにアップした途中音源はすべて聴いてくれる見込みがないと思い削除してしまった。(笑)

ただ、切り口としてはこのアイディアは面白いと思っているので、もう少し上手くやれないかと次の思案をしている最中なのである。誰も”いいね”を押してくれないと書いたが、実は一人だけ名前だけは知っているが、ほとんど話したことがない人が”いいね”をしてくれていた。これが、今回の”自転車に乗って”のマーケティングが間違ってないことの証左(しょうさ)に思われ、まだもう少し続けてみようという唯一の救いなのだ。

「自転車に乗って」歌詞完成バージョン

オリジナルソング。ダウンロード販売中。試聴も充実!聴いてみませんか!?気に入っていただけるようであれば、クレジットカード、paypal決済でお買い上げできます。よろしくお願いいたします!

他サイトでも音楽配信やってます。アップルミュージック、ユーチューブミュージック、ラインミュージック等でも聴けます。作品を通して聴いていただくのが一番のお勧(すす)めです。CDも販売中。

明日に向かって唄え!

日当たり良好。窓から日差しが眩(まぶ)しいくらいに差し込んで来る。長袖(ながそで)を羽織(はお)っていたのだが脱いでしまい、半袖(はんそで)になっている。

このブログを書くのも久しぶりだ。井の頭公園で休みに唄いに出て以来、時間が取れなくなってしまった。まあ、人気ブロガーになりたいわけでもないのでいいか。今は久しぶりに羽を伸ばしてモニターに向かっている。

何を書くにも今回は井の頭公園での体験を語るしかないのだろうな。ほとんど最近は休みになると1日中、日が暮れそうになるまで唄ってくる。先週は高円寺フェスの路上ライブもあって連続で唄ったりして休み明けには多少声が枯れたが、今はもう戻っている。

50過ぎてる大人のやることじゃないな。と、思いつつもたぶんずっと続けて行くのかもしれない。若い頃、自分の親を見て50代なんてずいぶん分別があって大人の顔をして世の中を語っていたように思うのだが、自分を顧(かえり)みてなんだこの様(ざま)は!?と思ってしまうのであった。

鏡(かがみ)だけを見れば、髪を染めてないので、50代半ばのおじさんがそこにいる。ただ気持ちはなんだろうか、大人の世界に憧(あこが)れていた子供の時のままだ。傍(はた)から観ると白髪だらけのおじさんが公園でわけのわからない唄をうたっているだけで、何のために生きているのかわからないのかもしれないが、自分とすれば幸せなのである。やっぱり自分は唄をうたっていたい。それをかみしめてしまった。

SNSでライブ配信してやろうと思いスマホで撮るのだが、なぜだか5分も持たない内に終了になってしまうので、最近使っている安い専用の小さいカメラで撮って家に帰ってから録画された動画を見たりする。自分の唄のチェックをするためだ。

ギターをジャカジャカ弾くだけなのだが、ギターを弾くことに注意が行ってしまい唄がどうも疎(おろそ)かになっていることに気づいた。自分の唄はあくまでも唄が中心であって、楽器を鳴らして聴かせたいわけではないことを再認識してしまった。たくさん唄うので歌詞帳を載せるために譜面台を立てているのだがやっぱりできるだけ歌詞は覚えて唄った方がいいと思った。井の頭公園で唄っている間に歌詞を全部覚えたいといおうか、体に覚え込ませたい。それがなんとなく自分の幸せ感のような気がする。

今週の土曜も唄いに行く。明日がどうなるかわからない日々が続くが、唄っている時だけはすべてを忘れて唄に集中していたい。音楽配信

パンク少年だった頃

もうロックを聴かなくなって久しいが実は音楽を聴き始めた若い頃はパンク音楽が大好きだった。タイヤのパンク音ではなくてパンク音楽だ。(笑)今の時代、知らない人もいそうなので簡単に説明しておくと、大人の社会に反逆しようと髪の毛を逆立てボロ衣をまといエレキギターで3コードをかき鳴らすイギリス発祥の若者の音楽だ。

代表的なところで海外ではセックスピストルズやクラッシュ、ジャムといったバンドがあって、日本でもアナーキーというバンドがあったりした。アナーキーのヒット曲で”シティサーファー”というものがあって、”シティサーファー”と歌っているところがよく聴きとれず”チーチーパーパー”と真似たものだった。

生まれてはじめてコンサートに行ったのもパンクバンドのスターリンというバンドだった。(笑)オールスタンディングで髪の毛を逆立てたパンクス達がステージ前で飛び跳ね、ボーカルで歌を歌っている遠藤ミチロウになぜだか唾(つば)を吐きかけ、しまいには後ろで喧嘩(けんか)がはじまっていた。(笑)今となってみれば笑ってしまうが若い頃はこれがロックだと思い、少し大人になったと思えた瞬間だった。(笑)

自分の音楽の始まりも学園祭でパンクバンド風に唄をうたったことだった。当時まだ作曲することに興味がなく作詞だけだったのだが「パンクの詩(うた)」という唄をみなさんの前で披露したのである。歌詞は”パン屋がロックをやるよりも~、米屋がロックをやるよりも~、パンクがロックをやるのが最高だ!”というたわいのないもので、この安直な韻(いん)の踏み方は今でも結構気に入っている。(笑)

反逆の証(あかし)として髪の毛をデップで固めて逆立て、髪染めの知識もなかったので金色のポスターカラーを塗りたくってステージに立って熱唱したのだった。熱唱したのか、がなり立てただけだったのか今となってはわからないが、(笑)あの時の興奮が自分の音楽のすべての始まりのような気がする。

時がたち遠藤ミチロウさんもスターリンを解散して何十年も地道にライブハウスで歌ってこられたが、先日新聞か何かで癌でしばらく休養するとか出ていた。今となってはあのパンクムーブメントは一体何だったのかと不思議に思ったりもする。

最近の風潮として余り世の中を否定するような表現が無くなったような気がする。表に出ないだけなのかもしれないが、肯定的な表現ばかりじゃ息がつまってしかたがない。何を本心を隠して格好のいいことばかりを言ってるんだと思ってしまうのは私だけだろうか?たぶんSNSで除け者(のけもの)扱いをされまいとみなさん気を使っているのだろうと容易に想像できるのだが、テレビのコメンテーターでもあるまいしもっと自由に言いたいこと言おうぜと私が言っても今さらどうしようもない。

若者よ立ち上がれ~と言ったところで立ち上がるはずもなく、今風の流行りとすればもっとお洒落にフェスに行ってキャンプを張ることなのだろうな。(笑)

実は近所にパンクスがモヒカンだとか髪のセットに通う床屋がある。パンクスだけではなく一般の人もカットしてくれるので、料金も安いし2度ほど行ったことがあるのだ。女の社長さんで一人で切り盛りしているらしくパンクスに交じって普通にカットしてもらった。(笑)

カットしながら話しかけられて自分もオリジナルの音楽をやっていると言ったら、どんな音楽なの?と根掘り葉掘り訊かれて曖昧に応えていると、”なんだかボサノバやってる感じがする・・・。”とか言われてしまって、”まぁそんな曲も無きにしも非(あら)ずかな・・・。”とかまたお茶を濁すと、それっきり会話が弾まなくなり気まずい思いをして帰って来た。

余り楽しくなかったのでもう何年もその床屋さんには行かなかったのだが、先日もう私のことを忘れてしまっているだろうと思い久しぶりに行ってみた。しかし会話は一切なし、無言だった。これで初めて気づいたのだ、

パンクスはボサノバが嫌いだってことを・・・。音楽配信