音楽になりたい

動画を多少、知恵を使って編集するようになりました。前はライブ模様を安い音楽ビデオカメラで撮ってただアップするだけだったのですが、その動画に無料のイメージ動画をダウンロードして挟(はさ)むようにしてみました。しかし全然アクセスが伸びません。(笑)

大体、この安い音楽ビデオカメラが腹が立つ。音は良いのだが画面をズームにできないんです。こんなことありか!ズームにできないので三脚をボーカルマイク直前まで持ってきて撮影する始末。私を観てくれるお客さんにとってみれば邪魔で仕方がないのですが、基本お客さんがいないので勝手に三脚立てて唄ってます。

先日のライブではとうとう”何か三脚が入って来るお客さんの邪魔になりそう?”とかいろいろ言われてしまいました。ただ音は良いんです。音は。こんな感じで試行錯誤してやっております。

「音楽になりたい」というピアノ弾き語りのライブをユーチューブにアップしたのですけれど誰も見てくれないので、今回は自己解説したいと思います。難しい音楽用語が出てきますが、楽器をやっている方は多少参考程度に、やってない方は適当に飛ばしてください。基本、音楽は好きか嫌いかですから。

尖(とん)がった曲さんざん創ってますが、この「音楽になりたい」は私の唄ものの中で一番尖(とん)がり過ぎた曲となっております。この曲をやるとだいたい反応がない。(笑)なにか違う世界の音を聴いているような反応になっちゃって、さんざん私を悩ませて来た曲なのですが、無茶苦茶なことをやろうと思っているわけではなく、ちゃんと私の中では整理がついている曲なのです。それをお話したいと思います。

この曲の最大の特長はリズムで、アクセントが1拍3泊にあります。今のこの世のポピュラー音楽の大部分を占めると思われる2拍4拍のアフタービートではございません。前拍のリズムというのはレゲエもそうだと思いますが、レゲエとは微妙に違っています。なぜかというとこの曲をレゲエにしようと思ったこともあったのですが断念した経緯もありまして、テンションコードがたくさん入っているのでレゲエにはならないのです。もっと日本的な叙情性みたいなものがあります。

キーはEで、前奏EからAへ、そして次からわけのわからないコードが3つ出てきて唄へ、面倒臭いんでここは端折(はしょ)って、唄部分もEからAそしてわけのわからないコードがきます。このわけのわからないコードとは、ルートがD(レ)なのですけど、レ、ソ、シ、ミとなってまして1.4.7.9となります。1.4.7.9といったらなにかといいますと、4度で重なってるとも言えますし、Dsus4の5度を省略して9を入れたものとも考えられます。ここではベースがルートから5度に行ってるのでDsus4の5度省略なのだと思いました。なんでそう弾かないんだと言われれば、そう聞こえて来なかったんだとしかいいようがありません。

ドミナントのB7のsus4に行って、そこからなんと半音キーが上がってFになります。いきなりFに行くのではなくC#、D#、Fmaj7と行きます。Fmaj7とB♭maj7が繰り返されてAm7、D7と行ってそこから間奏Edimに行きまたまた半音上がってFdimに行ってキーEの唄に戻ります。無茶苦茶だな。(笑)

2回繰り返して、最後4和音Emaj7、Amaj7、Dsus4,F#sus4と行って最後なんとBaugに行って全音のスケールを使って終わってます。

呆れるくらい無茶苦茶なんですけど、私の頭の中では綺麗に整理がついていてなんでそんなに白い目で見られるのかがわかりません。

こんな曲もあるのですよ・・・。ちまたに流行っている音楽ばかりが音楽じゃないんですよ・・・。たまには違う唄を聴いてみませんか?なにか新しい発見があるかもしれませんよ・・・。最初の10秒くらいは聴いてみませんか・・・?

だんだん弱気になってきた。せっかく動画作ったのでお時間あれば見てください。自分としては世界のどこにもないいい曲だと思っております。本当はこの曲のバンドバージョンつくりたいのですが、生きてないかもね。(笑)音楽配信

”たまご”が割れて…

”たまご”という自分でつくったアコースティックギター弾き語りアルバムの最初に入っている曲があります。今回はこの唄の紹介をしたいと思います。

”たまご”・・・と言われても・・・みなさんは何を想像するでしょうか?卵焼き、目玉焼き、それとも生卵?何でもいいのですが、私がこの曲で唄いたかったことは”始まり”という意味合いのものでした。

このアルバムの始まり、そして私の唄の人生の始まりを高らかに宣言したかったのです。アルバムジャケットは鳥の巣の卵が光に照らされて今にも割れかかった状態の画像で”たまご”が割れ中身=音楽が流れ出て来る意味合いになっているのですが、私が説明しない限り誰も分かりませんよね!?(笑)

自分が作った紙ジャケットのオリジナルCDではCD盤は卵の殻(から)のデザインになっています。そう卵の中身は音楽なのです。

その1曲目が今回の”たまご”という曲で、実は私が若いまだ学生の10代の頃創った唄でして、その後歌詞を替えて完成したものです。当時ギターを弾き始めて間もないにもかかわらず結構いろいろ自分で試行錯誤(しこうさくご)しながら曲を創り始めていたのですが、ろくなものがありませんで(笑)唯一使えるなと思ったのがこの曲でした。

音楽的には間奏部分が私らしく、なぜか突然♭13が出てきます。なんでこんな音入れているのと言われても、なぜでしょうか?こう聞こえてくるのです。私の頭にはこう聞こえてくるので♭13は外せない音なのです。(笑)

♭13が何かわからない人は、別に♭13を知らなくても死ぬことはないだろうし今後生きることに不都合なことが起こることもないと思いますので無視しちゃって下さい。

そして歌詞は”たまご”をどう食べるかで悩んでいた子供の頃の気持ちを書いてみました。ラーメンや月見うどんに入っていた生卵や半熟卵を黄身(きみ)を崩さずどう食べればいいのか?固まっていない黄身(きみ)がスープに流れ出してしまう!スープに混ざってしまう!スープが台無しになるかと思えば意外にも黄身汁が混ざった方が濃厚になって美味しかったりして!そうかと思えば、麺を食べる前に卵を先に飲み干してみるとこれまた濃厚!美味しいとなったりする。あるいはおでんを食べる時に卵がツルりとすべって箸(はし)ではなかなかつかめず焦ってしまった記憶ないでしょうか?

そんなこんなで子供の頃はどうでもいいことで悩んだりするのです。しかしこうした疑問がすべての私の人生のはじまりのような気がして、音楽人生のはじまりにこの唄を1曲目に持って来ました。

さあ、はじめよう力抜いて 思うまま気軽に はじめよう頑張らず なすがまま気楽に

こうリラックスしないとやはりおでんの卵はつかめないのですよ。何をするにしても肩の力を抜いて。

世の中どうなろうっと知ったことじゃないよ 流行りを追うのも疲れる青空みていたい 誰にも邪魔されず眺(なが)めていたい

世の中、色メガネで見たってしかたがない、自分が屈折(くっせつ)するだけ。

人生というのは自分で決めていくものだと思っています。決められないのはこの世に生まれ出て来ることと死ぬこと。この最初と最後だけは自分で決められない。

”たまご”が割れて自分の音楽人生始まってます。悔いだけはないように。音楽配信

お酒と音楽のルール YUKIOの場合

お酒をやめたいと思っているのだが、なかなかやめられない。前はずっとビールを飲んでいた。最近は焼酎(しょうちゅう)だ。ビールだとプリン体で関節が壊れるみたいで齢とともになんとなくそんな気がしてきて、プリン体ゼロのビールに替えてみたがお腹の調子が悪くなるので、焼酎にしている。

一時期、週末しか飲まないようにしていた。しかしいつの間にかまた毎晩、晩酌するようになってしまった。アル中だとは思ってなくて、健康診断の前とかは2週間くらいプッツリとお酒をやめられるからだ。

やめようと思えばいつでもやめられると思っているのが間違いなのかもしれない。現実にやめられてないので言い訳にしかならない。なんとかしたい・・・。しかし心の底からそう思ってないような気がする。(笑)

そんな意志薄弱(いしはくじゃく)の私だが、お酒のルールでひとつだけこだわっていることがあって、それはお酒を飲んで音楽は絶対にやらないと心に決めている。

お酒を飲みながらライブをやる人達って結構いる。しかし自分はやらない。演奏が上手くないので酔っぱらうと指が動かなくなるということもあるが、酔いで自分を誤魔化した状態で唄をうたうのがなんだか嫌(いや)だ。

自分で苦労して創った唄は、自分で責任を持って唄いたい。仕事場でお酒を飲むようなものである。だから私はお酒を飲んでは唄わない。いくら儲からなくてもネ。(笑)音楽配信

音楽は携帯で聴くものなのか

世の中すべてデジタル一辺倒になっていくのか?と思えば、そうとも一概(いちがい)には言えないような気がする。音楽の世界も、もはやダウンロードではなくストリーミングの時代であるが、なぜか昔のレコードが復活しているらしい。

ストリーミングサービスを使っている人はやはりiPhoneとかのスマホか、あるいは独自の携帯プレーヤーで音楽を聴いているのだと思うが、昔は携帯で音楽が聴けるようになるなんて思いもしなかった。ソニーのウオークマンが出てからこうなったようだ。今や音楽はいろんな場所で好き勝手に聴くことができるわけだ。

自分を考えると昔から携帯プレーヤーで音楽を聴くのは余り好きではなかった。何かやってるとそちらに集中できないし、音楽の方に集中するとグッと疲れてしまう。テレビを観ながら勉強すると集中できないし、かといってテレビを切って勉強に集中しようとすると耳元で家庭教師がクドクド説教してくる感じであろうか。ともあれ自分で買って持ってはいたが、積極的に携帯プレーヤーを使った思い出は余りない。

自分で音楽を始めて、今では作詞、作曲、うた、演奏は勿論、録音、ミックス、マスタリングまですべて自分でやるようになってしまった。前回の作品ではとうとうジャケットデザインまでこなすようになった。

すべてが最初は手探りで状態で悪戦苦闘の繰り返しといった感じなのだが、気が付いたことは曲を創って唄う作業と録音、ミックス、マスタリング作業というのは全く別物であるということだ。

ストリーミングサービスを含めてデジタル音源全盛のこの時代は、音楽を創る人も創るだけでは無くて、デジタルミックス、マスタリングの知識も自分で持ってないといけない気がする。

これが良いことなのか悪いことなのかはわからない。音楽は単純にwave(音波)だと思っているのだが、時代はデジタルでこのwaveをしっちゃかめっちゃかにして複雑怪奇な巨人に仕立て上げてしまう。ただ人はこの時代に合わせるしかないのだ。

ミックス、マスタリングの作業というのは、どんな環境でもその音楽を聴けるように調整するものでもあるのだが、私の場合、ヘッドホンで聴くのが疲れてしまい余り好きではないので最後に1回だけ聴いて、まあ変じゃないのでOKにしておくかといった感じで、携帯プレーヤーで私の音楽を聴いてくれることを余り想定していない。

それじゃいけないのだろうが、できれば安いCDラジカセ(古いな)かコンポステレオの前なんかで聴いていただきたい。その方が頭が自然体で聴こえる。

意外に私の音楽と外で鳴いているスズメのさえずりはハーモニーを醸しだしていたりもする。

音楽配信