荒野(こうや)

窓から暖かい日差しが差し込む休日午後、お昼にカレーを食べたあとコタツでウトウトしてしまった。何をすることもなくパソコンに向かっている。先日、井の頭公園の事務局からメールが来ていた。井の頭公園での路上パフォーマンスを来年度に繰り越すかどうか返事をくれとのことで、一応繰り越しますと送っておいた。

コロナ・パンデミックも日本では多少おさまって来たので、巷(ちまた)ではライブパフォーマンスをはじめエンタメ業界も徐々に前のように動き始めている感じが肌触りでわかる。

井の頭公園の路上パフォーマンスも先月から再開されて、常連の大道芸の人達なんかはもう毎週のようにやっているみたいなのだが、なにせ自分は歌唄いなので声と共に内臓から菌を吐き出すのでまだ自重(じちょう)気味である。今、大声で公園で唄うとどこからか石が飛んで来そうで怖い。(笑)それで来年度に繰り越すことを決めたのだ。

コロナ前まで、毎月定期的にやっていたライブもまだ再開していない。街を歩くと結構ギターケースを背負って歩くおにいさん、おねえさん達を見かけたりもするのだが、まだ自分とすればそんな気になれない。フェイスシールドまでして唄いたくない。(笑)やるからには何か、以前とは違う動機が必要な気がする。

前は儲かりもしないのに、ただ単に希望的観測の上で唄ってばかりいた。考えたつもりでいたが、周りの人たちと同じように流されて自己満足で唄っていただけだ。どうせ客がいないというあきらめの感じが心のどこかにあって、それをずっと変えようとしてきた。しかし方法が見つからない。一番、簡単なのは流行(はや)りに乗ることなのだけれど、流行っているということはそれだけ人もそこに集まるので自然と競争率が高くなり、私のような何の経歴をもっていない人間は真っ先にはじき飛ばされてしまう。

自分が今後進むべき道はどこなのか?道と言ったって、そもそも道なんてどこにもないじゃないか!誰か先人が通ったであろう轍(わだち)すらないだろう!と思ってしまうのである。そう思うとなんだか心が荒(すさ)むと言おうか、見ている周りの風景が荒野(こうや)に感じられたりもするのだが、もともと荒野の中を誰に何を言われようと一人で進んで来たじゃないか!という思いもあって、チクショー、なにかいいアイデアがないかと考えるのだが、現実はいいアイデアなんて一向(いっこう)に無いのである。(笑)

現実はひとつ、ひとつの地味(じみ)な作業の積み重ねしかないのだろう。誰かが自分を見定めてくれるなんてことは無いのである。他人(ひと)を振り向かせる力(ちから)が欲しい。その力(ちから)とは、やはり自分にとっては不思議と音楽なのだ。

毎月1曲ずつ、spotifyなどでストリーミング音楽配信してみようかと考えていたりもしたのだが、やめた。(笑)自分の音楽は、ちょっと気にくわなければ、ポンと曲を飛ばして次の曲に行ってしまえる、そんな今風のストリーミングサービスには合わない。やはり最初、”なんじゃこれは!?”というような感覚なり、違和感を感じたりして、徐々にその曲なり、そのミュージシャンを好きになって行くという聴き方をしてきた自分の音楽には合わないのだ。流行っているって言うだけで、我慢して合わせる必要はないと思ってしまった。自分が納得しない音楽はやらない!という理屈とおなじ理屈だ。(笑)自分が納得しないと思うことは、行動も起こさない!そういうことである。

時代遅れで結構!目の前には荒野(こうや)が広がっているぞ~!!嵐が襲ってくるのか、野獣に喰われそうになるのか、わからないが、後ろを振り向いても荒野だったのだからいい。

今日も荒野に立ち尽くす自分なのである。

オリジナルソング「道」

音楽配信やっております。気に入ったらダウンロードいかがなものでしょう?作品を通して聴いていただくのが一番のお勧(すす)めです。CD販売もしています。

「ひまわり」音楽配信はじめました。

ミニアルバム「青森」の音楽配信、YUKIOストアでのオリジナルCD販売と、立て続けに行動を最近起こしたのですが、実はあともう一つあって、「ひまわり」というシングル曲の音楽配信も別に始めました。今回はこちらの話をさせていただければと思います。

「青森」に入っている5曲はダウンロードでしか全編聴けなくなっているのですが、「ひまわり」の方はストリーミングでも聴けるようになっています。ですのでスポティファイアップルミュージックラインミュージック、あるいはレコチョクでも、みなさんのお気に入りのストリーミングサイト上で聴けますので、ぜひ聴いてみませんか!?もちろん無料ですよ。ダウンロードもできます。

「ひまわり」をなぜ、「青森」とは別にストリーミング配信したかの理由をまず語らなければなりません。別にそんな大した理由もありませんが(笑)、配信を依頼しているtunecoreさんからなぜだかアルバム、シングル、動画を1年間配信無料サービスというメールが来たので、急いでアップしただけなのでした。(笑)

「青森」という作品はもう2,3年前に出来上がっていて、いずれは音楽配信したいと考えていたので、今回ちょうどいいや!と思いアルバム配信を決め、動画も1本無料ということだったので、「青森」はダウンロードだけなので、どうせ誰も聴いてくれないだろうと考え、1曲くらい全編聴いてもらうのもいいかと思い、急ぎ「青森」1曲目の「船」という曲の動画を制作しアップしたのでした。

そしてシングルの方はどうしようかと、いろいろと思いめぐらしたのですが、実は「青森」の次の作品、10何曲あるのですが、そちらももう出来上がっていて、いずれはCDを作って、ダウンロードだけの音楽配信を考えていたのですが、今回思い切ってその中の1曲をストリーミング配信してみようと決断したのでした。それが「ひまわり」という曲なのです。次の作品の1曲目に入っている唄です。

ダウンロードだけの強気の考えをなぜ撤回したかというと、簡単で、みなさん誰もダウンロードしてくれない、前回のようにオリジナルCDを買ってください!と、いくら強気な発言をしても、誰もそんなこと、耳をかしてはくれないのですよね。(笑)であるならば現実を直視しなければならないと思い、苦渋(くじゅう)の決断だったのですが、考えを改めたのでした。ただし、誰にも相手にされなくても自分の主張は最後まで通したいという気持ちは今も変わりはありませんし、事を重ねるごとに、あきらめずに、しつこくアピールしていきたいとは思っています。応援してください!できればアルバムで買ってね。(笑)

ミニアルバム「青森」はダウンロードのみ、「ひまわり」はストリーミングでも聴けるようにして、どういう数字が出て来るのか見てみようと思ったのでした。もはや音楽というものがストリーミングのサブスクリプション(定額)サービスにとって代わられるものなのか?どうなって行くのかはわかりませんが、ダウンロードのようにまとめて曲をアップするよりも、ストリーミングが主流となるのならば、ある程度頻繁(ひんぱん)に新しい曲をアップして、自分のアーティストページを更新していく方法の方が聴いてもらえる可能性が高いような気もするので、今回を機に毎月新しい曲をアップするというのも一つの手なのかなとも考えていたりなんかもします。

ただ、そんな毎月新しい曲をアップして無料で聴いてもらっても、長くは続かないだろうし、音楽配信業者がこうした考え方を煽(あお)っているだけのような気がしないでもありません。次に予定していた10数曲の作品を、1曲目から順番に、月ごとにアップして行って、1年間だけストリーミングで聴いてもらって、終了した後にCDを作ってもいいかな?とも思ったりもするのですが、それでも配信が終わるのは2年後くらいになるし、はたしてそれで合計でどれくらいの人が聴いてくれるのかも想像がつかないのです。それなりの配信料もかかったりするので、対価に見合ったものになるのだろうか?まあ、CDを制作するのに比べればかなり安価なのですが・・・。悩みどころなのでした。

ただ、言えることは、

今のままでは何も変わらない

ということです。

同じことばかりをやっていても仕方がない、、、発想を変えなきゃ、、、このブログを書いていく内に、なんだか、やってみようかなという気持ちも芽生えてきました。残りの自分の人生の時間を考えたら、やるしかない。

自分の心情ばかりを語ってしまいましたが、この「ひまわり」という唄の内容も語っておかなければなりません。この唄は前の家に引っ越して来た矢先に思いついた唄で、音楽構造的には前に創った私の作品に比べればすごく単純でわかりやすいです。ですので登録ジャンルをJ-popにしました。はたしてこの曲がJ-popかどうなのかはわかりませんが。(笑)ちなみに「青森」の方は演歌で登録してあります。(笑)

この曲を思いついた時に、何か”はじまり”の雰囲気を感じて、いずれ完成した場合は作品の1曲目にしたいとずっと無意識中で思って来ました。現実は上記の通り、まだ他人(ひと)の目には触れてませんが、私の次の作品の1曲目に落ち着いたので不思議な縁(えん)を感じたりします。

そして、井の頭公園で唄っていた時、家族がたまたま近くで聴いていて、「その曲はじめて聴いたけど、いいんじゃないの!」と言ってくれた曲でもあって、歌詞の内容は、生きることは辛いことばかりなのだけど、わずかな希望の灯さえあれば何とかなる、背中を丸めないで、日に向かって咲くひまわりのように背筋を伸ばして堂々と生きよう!という人生の応援歌になっています。コロナ禍前の、井の頭公園祭りでステージに上がって唄った歌でもあるのであります。(笑)

「ひまわり」ぜひ、聴いてみませんか! 音楽配信中です。

2021 新年の抱負(ほうふ)

あけましておめでとうございます。

昨夜は久しぶりに、お酒を呑んだ後にブログを書いてしまい取りとめのない文章になってしまいました。お正月の寝起きに余りいい気がしなくて削除しようかとも思ったりもしたのですが、酔っている姿もこれまた自分ということで残そうと考え、あらためて本日、元旦お酒を飲む前、しらふの時にこのブログに向かおうと思いました。

前にも書いたと思いますが、自分はお酒が好きなのですがお酒を飲んだ酔っぱらった状態で音楽をやることはありません。なんだか酔いで誤魔化(ごまか)して、誰にも相手にされない自分の音楽の姿をさらけ出すのが嫌(いや)なのです。あくまで仕事であって真剣勝負なのです。お酒を飲みながら仕事をする奴(やつ)はどこにもいないでしょ。いや、飲み屋関係の人や夜のお勤めの人はお酒を飲むのも仕事なのでしょうけど・・・これまた失礼しました。

このブログは、そうした私の音楽を宣伝PRするものとして始めたもので、前に一度だけ酔っぱらって書いたことがあるのですが、今回二度目でやはり余りいい気がしない。生きるか死ぬかの瀬戸際(せとぎわ)に、酒を飲みながら右に行くか左に行くかの正確な判断はできないでしょ。

では、なんで今回酔っぱらった文章を残したかと言うと、自分の真(しん)の姿というものをなるべく包み隠さずさらけ出そうと思っているのであります。自分の音楽を理解してもらうには、もっと私自身の内面を知ってもらわないといけない、喜び、悲しみ、怒り、憎しみ、慈悲、償い、恋、失恋、死、恐れ、病、後悔・・・、なんでもいいのですが、誰もが生きている間(あいだ)経験するものでしょうけど、私の唄はそれを結構ストレートに唄い上げているものから複雑なものまで様々(さまざま)で、1曲だけを聴いて理解してもらえるとは思っていなくて、何十曲かある自分の作品をまとめて聴いていただきたいのです。今、流行りの格好のいい表現手段というのが一番わかりやすいのでしょうけど、その範疇(はんちゅう)に自分の音楽はとどまって行かないのです。格好悪いのも自分・・・。人生いろいろあるよ、と。

商売上も、1曲ダウンロードして100円前後、ストリーミングサービスで無料で聴いてもらって1円にならない程度。それでは儲けがなく、アルバムという作品を買って頂きたいのです。

昨夜、このブログを書いた後に久しぶりにユーチューブで再生回数が1とか2しかない自分の動画を見ました。とてもいいと思います。(笑)紅白歌合戦をちょっと見てましたが、紅白の歌より自分の唄の方が多少、難しいですけど、いいと思います。今更、この唄をここが駄目だから売れないんだ、変更しろと言われても、アイデアをつめにつめた作品なので変えようがありません。(笑)

音楽に問題があるとは思いません。この歳で音楽事務所から声がかかるとも思ってません。自分で営業も含めてすべてをやらなきゃいけないので言葉も包み隠さずストレートに話します。自分で切り開かなきゃ。道を。この手で。今までそうした来たのだから。

今年もよろしくお願いします。2021 元旦

音楽配信「YUKIO」

音楽配信「YUKIO PIANO」

音楽配信「cocolo」

音楽配信「太陽」

音楽配信「月」