路上ライブの思い出

実は路上ライブを何度かやったことがある。一人でアコギを持って中央線荻窪駅北口の出たところでとバスロータリーから醤油ラーメンで有名な春木屋に行く手前の青梅街道沿いの金物屋の前で唄ったことがある。あとギターを弾く奴と二人で阿佐ヶ谷駅北口を出たアーケード商店街の入口の辺りでも唄ったりした。

初めて路上ライブをやったのは春木屋手前の金物屋の前で、いきなり駅前の人通りの多いところで唄う勇気がなく多少ずれたところで唄ったのだった。知り合いばかりがいる箱物の中で唄うのとは違って、まったく知らない通行人に唄いかけるのだからもの凄いエネルギーが必要で、緊張しまくった思い出がある。

しかしながら夜空に向かって唄うのは恐ろしく気持ちが良くて、自分の足が大地を踏みしめていることを実感したのだった。

当然何人かの通行人が目の前を行き来するだけだったのだが、若いお母さんに連れられた赤ちゃんが不思議そうな顔をして立ち止まり、私の真似をして”モグラ~、モグラ~、モグラ~!”と一緒に唄ってくれたのがその時の唯一の救いだった。しばらくしてそのお母さんが”行こう。”と言って手を引っ張って赤ちゃんは向こうへ行ってしまった。

後日夕方、次はもっと人通りのあるところで唄うぞと勇気を振り絞り荻窪駅北口出たバスロータリーでバスに並ぶ人たちでごった返している前で唄ったのだった。恥ずかしいもクソも無いど緊張で心臓バクバク状態、バスを待っている帰宅を急ぐサラリーマンやOLから女子高生まで、なんだこの人は?という怪訝な顔されるにも関わらず唄ってやった。どこからか来たおばさんがギターケースの上に500円玉1枚を置いて行ってくれた。

大きなオルゴールを回しながら物乞いをするその当時いつも荻窪駅北口にいた乞食の外国人がライバルとして現れ、”〇△×◇□!◇〇〇×△!”と何かクレームをつけてきた、どうやらここはオレの縄張りだと言いたいらしい。もう緊張しまくって疲れてしまっていたのでその夜はそのままスゴスゴと帰って来た。

1人で路上ライブをやったのはその2回だけで、あと1回はギターを弾く人間に誘われて阿佐ヶ谷駅北口のアーケード商店街前で二人でギターを弾きながら唄った。二人だと一人に比べて全然緊張感が違って、気軽な感じだった。失敗したのはその日実は阿佐ヶ谷ジャズフェスティバルの日で、二人が唄った場所は正規のジャズフェスティバルの出演場所で管楽器を持った人たちが途中からぞろぞろ現れて来て、なんでこのわけわからない二人がここで唄っているのだろうとクレームが来て、チェッ、それなら退けてやるわ!と退散してきたのだった。(笑)

その当時まだそんな阿佐ヶ谷ジャズフェスティバルに人が集まるものでもなかったので今となっては笑い話なのだが、今こんなことをやれば結構ヒンシュクをかっただろうなと思う。

このように私は路上ライブもやったりする人間なのだ。(笑)ただ、今住んでる街の駅前でもやってみようかなと思ったことは何度もあるのだがここ10年以上どうも思いとどまってしまった。理由はご近所さんに聴かれるとなんて応えればいいのか困ってしまうのである。やはり路上ライブは自分の住んでる街とは違う駅前でやるべきだ。顔が割れてしまうと、あそこのおじさん駅であんな変な唄うたってると近所の子供たちに言われしまいそうで怖い。そんなこと思うわりにこのブログでおおっぴろげに自分のこと書いて世界中に公開しているのだが・・・。

なんでこんなことを書いたかというと、実は吉祥寺の井の頭公園で唄うことになった。土曜日はピアノ室に練習にいったりする日があるので、それ以外の日か日曜日唄おうと思っている。上に書いたゲリラ的なライブにはならないのだが、久しぶりの屋外ライブだ。おいしい空気の中で気持ちよく唄いたい。またその時が来たらレポートしようと思う。乞うご期待。音楽配信

チェッカーボードの帰り道

チェッカーボードからの帰り道 JR中央線高架下

昨夜はチェッカーボード(阿佐ヶ谷のブルースライブバー)でライブだった。今回は4組の出演で1番目ということで夜7時30分から40分ほど唄ってきた。他の3組は有名な黒人ブルースやジャズのカバーをやっている人達で前に何度か一緒になったような気がするが、ほとんど会話もしないのでどうだったかは定かでない。

お客さんは相変わらずいない。忌野清志郎が自分の音楽を人気がとれないマイナーなブルース音楽と言っていたがその通りなのかもしれない。しかし清志郎が死んだ時、あれほど葬儀場の前にファンが列を成して悲しんだのも事実。ブルースはマイナーな音楽かもしれないが音楽の力(ちから)はすごいものだと未(いま)だに信じて唄ってる。

今回はいつもと違ってギターソロを入れてみることだった。大久保水族館というライブバーで演奏する時はカラオケをバックに唄って間奏にギターソロを入れているのだが、今回は間奏にカラオケが無いのでギターソロ1本でお客さんに聴いてもらうことになる。心配だったがやってみた。結果は、まぁ良くもあるし悪くもある。

バックにハーモニーが流れてないので、他人(ひと)が聴いてくれるかな?と心配したが録音したものを聴いてみると意外に普通に聴ける。ただチェッカーボードで演奏するようになって創った”アーモンド”というブルース調の曲の間奏がギターソロだけだと小節が数えられなくなって一体どこ弾いているのかわからなくなってしまうという前からの疑問点が解決されていない。ここをなんとかしないと。

今回の演奏メニューは1.アーモンド、2.タクシードライバーはAチューニング、3.ボクはモグラ、4.答え、5.間違ってない、6.太陽、というもので、動画も撮ったのだが照明の光が自分の後ろから出たり入ったりしてどうも気になって仕方がない、演奏も結構タイミングがずれていたりなんかしてよくない。”間違ってない”という曲は前回上手く唄えなくて今回あらためて唄ってみたのだが4回繰り返すところ5回繰り返してしまったりしている。色々(いろいろ)あるが、後日まとめてyoutubeにアップしてみようと思う。

ライブ=生きてる、ことに間違いなんてないと思っている。自分の行動には何か意味があるのだ。行動には無駄なものは無い。遠回りには遠回りの意味がある。明日を信じてまた唄うだけだ。ライブ聴きに来ませんか。

あなたに出会えることを夢みて。

音楽配信

YUKIO音楽ライブにいらっしゃいませんか!

先週水曜は阿佐ヶ谷チェッカーボードというブルースバーでライブやりました。その時の模様をお知らせしようと思います。

今回ははじめの方(ほう)でハーモニカを入れた曲を続けて、後半に今まで人前で唄ったことのない新曲を1曲もって来ました。相変わらずお客様いませんで、その日対バンになっている方(かた)二人だけだったのですが気にすることなく唄って来ました。対バンの人も基本お客様だと思っているのでCD売ってますというチラシを忘れず配(くば)るようにしています。

自分の音楽を聴いて良いと思ってくれない限り買ってくれないと思ってますので、チラシはライブの前に必ず配ります。唄ってる途中から来るお客様もいるのですが、その場合は見込みがないとみなし配りません。今回は一人だけでした。

曲目リストを上げると、1.天国キス、2.崖っぷち、3.ボクはモグラ、4.仕事帰りの道すがら、5.チュウ チュウ チュウ、6.間違ってない、7.ハイ という順番で唄ってます。

アコギの弾き語りで唄ってますので、ユーチューブに似た動画がある曲はリンクを貼っておきました。興味湧いてくるようであればご覧になっていただければ嬉しいです。

4曲目の「仕事帰りの道すがら」という曲は私の 代表曲の一つだと思っていて、いつもピアノ弾き語りで唄うのですが、最近はギターでも唄うようになりました。

そして6曲目の「間違ってない」という曲が今回メインのはじめて人前で唄った曲で、かなり構成がむずかしい曲になっていまして、ちゃんとできるのかな?と心配してたのですが案の定ボロボロの出来になってしまいました。トホホといった感じだったのですが、後日録画した動画を見返したところ、そんな悪くない、伝えたいニュアンスは伝わっているのではないかなとも思った次第です。

ただこの曲は難しいコードを使っているので、アコギでは弦が硬く指が疲れちゃって動かなくなったので、次回は弦が柔らかいエレキギターで再度チャレンジしてみたいと思ってます。

今回のライブも、こうして恙(つつが)なく平穏無事にいつもとなんの変わりもなく終わってしまったのですが、音楽の中身はものすごく濃いものをやってると思っております。ユーチューブの動画を見てもし気に入っていただければライブ観に来ませんか?口は余り上手じゃないですけど、このブログをネタにお話しでもしてみませんか。料金は音楽チャージ500円と飲み代です。

いつかお会いできることを楽しみに、来月もがんばります。音楽配信

高円寺ルネッサンス

東京阿佐ヶ谷のヴィオロンというクラシック喫茶に毎週土曜夕方通っていることは前にも述べましたが、実はもう1軒、隣街(となりまち)の高円寺にもクラシック音楽を聴かせる喫茶店があって、そこには大体、日曜日午後昼下がりに行くことが多い。

ルネッサンスの看板

その名もルネッサンス。ヴィオロンよりも先に知ったのはこちらのお店で、最初に入った時はこんなお店があったのかと驚いたものでした。ヴィオロンとも知り合いのようで、後で知ったのですが中野で「クラシック」という名の喫茶店だったのがオーナーの美作さんという方が亡くなられ、それで音響機材をそのまま移す形で高円寺に引っ越して来たらしく、その美作さんという方は画家でもあり、美作さんの描いた絵がヴィオロンにもルネッサンスにも所せましと飾られていて、ヴィオロンのマスターも元々は「クラシック」のお客さんだったと何かに書いてあったかと思います。

ヴィオロンは店内禁煙なのですが、ルネッサンスは喫煙可で中で結構タバコをスパスパ吸っている人がいっぱいいて空気が残念ながら悪くて、それでヴィオロンのようにいつも行かないだけで、禁煙であればたぶん毎週行ってます。愛煙家でクラシック音楽好きな方は一度行ってみるといいかもしれません。

肝心な音はヴィオロンとは微妙に違っていまして、ヴィオロンの方は大がかりな音響システムで高、中、低音バランスがよく取れているのですが、ルネッサンスの方は基本左、右のスピーカーだけで鳴らしていて(最近はスピーカーの数がなんだか増えてるような気がするが)、その音波が低い天井(てんじょう)づたいに圧縮されて横に流れてくるような感じで、ルネッサンスの音を聴いてはじめて音楽というのは音の波で形成されているのだと感じたほどなんともいえない味わいがあります。

ルネッサンス店内 一番奥、絵の下にスピーカーが置いてある

流している音楽の方もヴィオロンとは多少違っていて、ヴィオロンはバッハ、モーツァルト、ベートーベンの古典クラシックを中心にレコードをかけていますが、ルネッサンスの方は結構危ないクラシックと言おうか、ドビュッシーから現代音楽まであまり型にはまってないようなものも多くかかってます。

働いている女の子が二人いて、かけている音楽を聴いていると片方は古典王道クラシック、もう片方が現代音楽好きの趣向があるような気がします。実は1回だけこのお店でリクエストしたことがあって、その時はストラヴィンスキーの「春の祭典」をかけてもらいました。

クラシック音楽好きの人にとってみればルネッサンスももうみんな知ってるんでしょうけど、知らない方は一度行ってみるといいですよ。音だけとればルネッサンスの音にはヴィオロンと違う響きがあります。音楽配信