荒野(こうや)

窓から暖かい日差しが差し込む休日午後、お昼にカレーを食べたあとコタツでウトウトしてしまった。何をすることもなくパソコンに向かっている。先日、井の頭公園の事務局からメールが来ていた。井の頭公園での路上パフォーマンスを来年度に繰り越すかどうか返事をくれとのことで、一応繰り越しますと送っておいた。

コロナ・パンデミックも日本では多少おさまって来たので、巷(ちまた)ではライブパフォーマンスをはじめエンタメ業界も徐々に前のように動き始めている感じが肌触りでわかる。

井の頭公園の路上パフォーマンスも先月から再開されて、常連の大道芸の人達なんかはもう毎週のようにやっているみたいなのだが、なにせ自分は歌唄いなので声と共に内臓から菌を吐き出すのでまだ自重(じちょう)気味である。今、大声で公園で唄うとどこからか石が飛んで来そうで怖い。(笑)それで来年度に繰り越すことを決めたのだ。

コロナ前まで、毎月定期的にやっていたライブもまだ再開していない。街を歩くと結構ギターケースを背負って歩くおにいさん、おねえさん達を見かけたりもするのだが、まだ自分とすればそんな気になれない。フェイスシールドまでして唄いたくない。(笑)やるからには何か、以前とは違う動機が必要な気がする。

前は儲かりもしないのに、ただ単に希望的観測の上で唄ってばかりいた。考えたつもりでいたが、周りの人たちと同じように流されて自己満足で唄っていただけだ。どうせ客がいないというあきらめの感じが心のどこかにあって、それをずっと変えようとしてきた。しかし方法が見つからない。一番、簡単なのは流行(はや)りに乗ることなのだけれど、流行っているということはそれだけ人もそこに集まるので自然と競争率が高くなり、私のような何の経歴をもっていない人間は真っ先にはじき飛ばされてしまう。

自分が今後進むべき道はどこなのか?道と言ったって、そもそも道なんてどこにもないじゃないか!誰か先人が通ったであろう轍(わだち)すらないだろう!と思ってしまうのである。そう思うとなんだか心が荒(すさ)むと言おうか、見ている周りの風景が荒野(こうや)に感じられたりもするのだが、もともと荒野の中を誰に何を言われようと一人で進んで来たじゃないか!という思いもあって、チクショー、なにかいいアイデアがないかと考えるのだが、現実はいいアイデアなんて一向(いっこう)に無いのである。(笑)

現実はひとつ、ひとつの地味(じみ)な作業の積み重ねしかないのだろう。誰かが自分を見定めてくれるなんてことは無いのである。他人(ひと)を振り向かせる力(ちから)が欲しい。その力(ちから)とは、やはり自分にとっては不思議と音楽なのだ。

毎月1曲ずつ、spotifyなどでストリーミング音楽配信してみようかと考えていたりもしたのだが、やめた。(笑)自分の音楽は、ちょっと気にくわなければ、ポンと曲を飛ばして次の曲に行ってしまえる、そんな今風のストリーミングサービスには合わない。やはり最初、”なんじゃこれは!?”というような感覚なり、違和感を感じたりして、徐々にその曲なり、そのミュージシャンを好きになって行くという聴き方をしてきた自分の音楽には合わないのだ。流行っているって言うだけで、我慢して合わせる必要はないと思ってしまった。自分が納得しない音楽はやらない!という理屈とおなじ理屈だ。(笑)自分が納得しないと思うことは、行動も起こさない!そういうことである。

時代遅れで結構!目の前には荒野(こうや)が広がっているぞ~!!嵐が襲ってくるのか、野獣に喰われそうになるのか、わからないが、後ろを振り向いても荒野だったのだからいい。

今日も荒野に立ち尽くす自分なのである。

オリジナルソング「道」

音楽配信やっております。気に入ったらダウンロードいかがなものでしょう?作品を通して聴いていただくのが一番のお勧(すす)めです。CD販売もしています。