YUKIO流ミックス・マスタリング法

緊急事態宣言が解除され世の中も徐々に経済活動を再開するようになって1週間以上経(た)ちます。街に出てみるとみんなマスクをして表情がわからない。こんな状況が何年も続くことになるのでしょうか?6月になり外は暑くて熱中症にかかりそうです。

前回ギター、ピアノ弾き語り曲にリズムトラックを入れ終わった直後にこのブログを書いてから随分時間が経過していますがこの間(かん)何をやっていたかというと、またまったく違う作業をしておりまして、2年前に録音してあった30曲の内まだ完成していなかった残りの13曲をまとめ上げるミックス・マスタリング作業をしていたのでした。ようやく自分の納得できる形に仕上がったのでこのブログに戻って来た次第であります。

今回はミックス・マスタリングを自分流にどのように仕上げるのかを初めて述べてみたいと思います。ミックス・マスタリングというのは何ぞや?と言えば要は録音された曲を他人(ひと)に聴かせるために唄やギターの音のバランスをとったり、エフェクターをかけたりして調整する作業です。音楽スタジオでガラス張りの中でバンドさんが演奏した音を外で機材に向かって難しそうな顔でツマミを回しているエンジニアさんをTVドラマか何かで見たことがあると思いますけど、そうした姿をイメージしていただければわかりやすいかもしれません。

本来(ほんらい)唄を創る作業とミックス・マスタリング作業というのは分担作業になっていて、アーティストとエンジニアといった別々の人間がやるのが世間の常識なのでしょうけど、私の場合友達やそうした知り合いがいないので自分一人ですべてやっています。(笑)

昔創ったギターとピアノの弾き語りでは音楽スタジオのエンジニアを雇って録音しているのですが、1人でバンド形態の音をすべてまとめ上げるようになってからは、エンジニアをまた別に雇うには結構なお金もかかることにもなり、であるならば自分でやるしかないと思い、始めたのでした。

始めたのは良かったのですが、、、ミックス・マスタリングの作業というのは唄を創るという作業とは全く別物の作業で、、、最初から悪戦苦闘となってしまいました。イコライザーとは何ぞや?コンプレッサーとは何ぞや?スレッショルドを下げてレシオの対比を3:1にするとか、、、音楽を創り上げるという苦渋の作業をくぐり抜けて来てようやく光が見えたと思ったら、、、次またこんなわけのわからないことを永遠と繰り返していかなければいけないのです。しかも音楽的な制作作業に関しては大体わかるのですが、ミックス・マスタリング作業というのは膨大な専門知識が必要でこれを独学でやるのは無理があると思いそうした専門学校にでも通おうかと思ったほどです。しかしそんな学校に通う時間もお金もありません。どうしたかと言えば、、、

新宿の大手の楽器屋さんのデジタル音楽コーナーに足繁く通うようになり、そこで知り合った店員さんに根掘り葉掘り自分の解(わか)らない疑問を訊いたのでした。(笑)デジタルコーナーには3人の店員さんがいてその内の一人と仲良くなってどのように音楽ファイルを書き出していくか最も基本的な作業だけをしつこく訊いたのです。(笑)その店員さんだけが親切で、他のこのデジタル音楽コーナーの責任者の人とかにも質問あびせたりもしたのですが、”そんなの専門学校に行って勉強すればいいじゃないか~!”と邪険に扱われたりもしました。(笑)このような苦難を経(へ)て、初めて自分一人だけですべてを創り出した作品「COCOLO」が完成したのです。

それ以降ミックス・マスタリングもすべて自分でやっているのですが、正直自分のこの技術は素人の毛の生えた程度のものだと思っています。巷(ちまた)に溢れている大手のプロのエンジニアがミックス・マスタリングした曲を注意深く聴いてみるとホント色々なテクニックが使ってあって呆れるほど自分の技術とは差があるなと思ってしまうのですが、ただ彼らに無くて自分にだけにある特別な能力があると思っています。

それは表現者である自分自身がミックス・マスタリングをやっているということです。唄の本質を一番良く解っているのは、唄を創った自分自身なのです。この唄をどのように仕上げるかと他人(ひと)に説明する必要は無いのです。高いお金を払いエンジニアを雇って聴き映えのいい今風の楽曲ができたとしても、自分の思い描いたものでなかったとすればそんなの意味がありません!自分が表現したかったものとはズレってしまっては元も子もないのです。

ミックス・マスタリングをする機材には様々な機能が付いていて、それを無制限に使えば原曲がどんなものかわからなくなるほどに形を変えることができます。自分にはそうした機能を扱える知識がありません。ですので自分がミックス・マスタリングで一番注意しているのはどんなに派手(はで)な感じになろうとも自分が解らないと思ったことはやらない、そして唄い手として技術的なものが稚拙(ちせつ)であったとしても自分の表現したいものがそこに出ているようであればそれで良し!それで後悔しないと心がけています。これが私のミックス・マスタリングの基本です。

ノウハウの話では無くて、またまた私らしく抽象的な話になってしまいました。(笑)新しい作品を完成することができたので、少しはこのブログ書くぞ~。音楽の方も聴いてね。気入ったらオリジナルアルバムいかがなものでしょうか~!?流通している大手の作品とは一味(ひとあじ)も二味(ふたあじ)も違いますよ~。アナタに出会えることを夢みて。

音楽配信

cocoloダイジェスト

徒然(つれづれ)なるままに

ご無沙汰しております。東京の緊急事態宣言は今月末で解除されるのでしょうか?この調子で行くと多分解除されるのだろうな。なんだか情報操作されてる気がしないでもないですがずっと家に閉じこもってばかりいても体によくなさそうなのでとりあえずは良かった、良かった。

さて、家でこのブログも書かずに何をやっていたかと言えば、昔つくったオリジナルのギター、ピアノ弾き語り曲にリズムトラックを作成していたのでした。その数27曲。ようやくすべての曲にリズムを入れ終えたばかりで、気が抜けたと言おうか、少し息抜きをしたいと言おうか、久しぶりにブログでも書くかと思いパソコンに向かった次第であります。この力のない文章、、、何を書こう?徒然(つれづれ)なるままに、、、話題がコロナ以外に何かあるかな?

・・・何も無さそうなので、今回はここで筆(ふで)をおこうと思います。ご機嫌よう。

音楽配信中です。聴いてみませんか?

太陽ダイジェスト

音楽の血

緊急事態宣言の1ヶ月の延長が決まった今年のGW、みなさんお家(うち)で何をなされてるのでしょうか?最近の報道を見てるとどうやらこの1、2ヶ月外出を控えればコロナも収束(しゅうそく)していくというわけではなさそうで、今後何年も付き合っていかなければならないことになりそうな論調に変わってきた。

ソーシャルディスタンス(社会的距離)を守って学校や会社に行く世界になって行くのだろうか?そんなこと言ってると集会なんてできないので、スポーツとかコンサートとか政治の街頭演説だってできないではないか?会社だって行く必要が無いのであればどんどん独立していく奴も出て来ると思う。誰もが想像できないような末恐ろしい世の中になって行くのかもしれない。

そんなことをぼんやり想像してみたが、、、考えたところで今現在、何か自分の行動が当面変わるわけでもなく自分は自分の音楽の道を行くだけである。今回は自分がこれまで聴いていいなと思ったり、影響を受けてきたミュージシャン(音楽家)のそのいいと感じた共通点について語ってみようと思う。音楽は主観だと思うのであくまで私の独断で語るものだ。

若い頃から色々な音楽を聴いて来た。ロックからブラックミュージックまで。歳と共にそれがジャズやラテン音楽になり、とうとう現代音楽に向かい、最近はもはやクラシック喫茶でバッハ、モーツァルトやベートーベンといった昔のドイツ音楽ばかり聴く生活になってしまった。原点回帰してるとも言える。(笑)

技巧的なものは全く別々のジャンルに当てはまるものでまちまちなのだが、自分の心の中ではこれらの音楽はすべて統一されているのである。それは音楽というのは最終的には血を感じさせないといけないということだ。

たぶん世の中には音楽を上手く奏(かな)でる人間は世界中にたくさんいると思う。しかし上手いだけや格好いいだけでは自分の心は動かない、、、そこにその人の血を感じさせないと駄目なのだ。血を感じさせると言おうか、その音楽の背後にどうしても血が漂って来てしまうと表現した方が正しいのかもしれない。

抽象的で曖昧な言い方ではなくて、ではその血と言うのは一体何かと言えば、具体的に言えばその人の歴史と地理でなければいけない。私にとっていい音楽とは、その人の親がどういう親であったり、地球上のどこら辺の街で育ったり、どのような社会環境であったりしたかをリアルに感じさせるものなのだ。

黒人のブルースにはその背後にあった奴隷制といった歴史を抜きには語れないし、アントニオ・カルロス・ジョビン(ボサノバの創始者)やピアソラ(アルゼンチンタンゴの神様)の音楽は私のような北半球で育った人間にしてみれば重力が逆になったようなリズムに感じられてしまい、地理的に南半球でしか生まれないような音楽に思えてしまう。そこに時空を超えて自分の知らない世界が広がっているような気がしてそうした音楽に夢中になってしまうのである。だから日本人がただ単に海の向こうのクラシックやジャズを演奏してみても、それは上手いのはよく分かるのだが、何を伝えたいのかどうもその意義がわからないのだ。

知り合いのご子息がお医者さんの卵らしく、まさかこの時期感染症の専門医になるのか?あるいは医者になったところでイタリアでは150人以上の医者が死んでますよ!と先日夜連絡をとる機会があり、酔っぱらった勢いで脅しのメールを送ったのだが、”外科医になります。”と素っ気ない返事が返ってきた。(笑)

このイタリア人医師が150人以上亡くなってしまった話とかを聞くと私の中では音楽の血を感じてしまうのだった。イタリアの人たちと言えばオペラを歌ったり、サッカーに熱狂したりなんかしてもの凄く感情的で情にもろいそんなイメージがあったりする。医療の現場でそんな情をはさむ余地などないのだろうが、ニュースに出て来るイタリアの医師は診療が終わった後に”医療崩壊が起きている。助けが必要だ。”とガサツにマスクを取り外して訴えていたりしたが、日本ではこんな適当なマスクの取り方などは多分ありえないだろう。

日本はしっかり情報が共有され管理されていて、医師も感染しているがイタリアほどの数でもない。しかし今日の新聞では東京ではコロナ陽性の可能性がある急患を受け入れる病院がなく患者は4時間以上たらい回しにされた事例が頻発していると書いてあった。感染症のことを知れば知るほどうかつに患者を診ると危険なのはもはや素人の自分でもわかる。自分がもし医師であるなら疑いのある患者を診たくないというのが誰もの本音だろう。

しかし、田舎にたった一人しかいないお医者さんが、夜中に門を叩かれ”ウチの爺(じい)さんが咳(せき)が止まらないんだ、苦しがっていて、コロナかもしれないがどうか診てやって下さい~!!”と涙目で懇願(こんがん)されたとすれば、そのお医者さんは門を開くのだろうか?しかもその爺さんというのはいつもピザが余ったらお裾(すそ)分けしてくれて世間話をしたよく知っているピッコロ爺さんだったならば・・・。

平時であれば躊躇(ちゅうちょ)なく誰でも診察に応じるだろう。しかし今回は感染する可能性はかなり高そうだ・・・、どうしよう?決断しなければいけない。アナタならどうしますか?自分であれば・・・自分であれば・・・多分できない気がする。しかし、

イタリア人の医師は診るはずである。医師である前に情が通った一人の人間であるからだ。それが今回語りたかった音楽の血でもある。音楽配信中

緊急事態宣言下での司馬さんの言葉

緊急事態宣言真っただ中の都下なのだが、街に出てみると意外にたくさん人が出ていると言おうか・・・商店街の中には肉を求めて行列ができていたりなんかして普段と変わらない光景が繰り広げられていた。これで大丈夫なのかな?と思うのだが、来週あたり位からは今日都知事が指定職種に休業要請するようなので店を閉めたりするところもかなり出て来るのだろう。

今朝のトップニュースは世界恐慌以来の景気の落ち込みということだった。これから世の中どうなって行くのだろう?心配しても始まらないが、現実生活に本当に影響が出て来るのはこれからなんだろうな。

こんな時は本を読むに限る!と言いたいところだが、最近はほとんどお酒ばかり飲んでいて読みかけの文庫本に挟(はさ)まれた栞(しおり)の位置はずっと同じままだ。お正月もそうなのだが、大体自分は家にお酒があればある分だけ飲もうとしてしまう。外出自粛ということなので、食料は家族に任せ、なぜか自分はビールなのだがお酒のまとめ買いだけをしてくる。(笑)しかし結局は数日の内に飲み干してしまってかえって平時より格段に飲む量が増えてしまった。(笑)

これでは如何(いかん)!と思い、ここ数日は多少知恵を絞ってビールをグラスに注(そそ)がずに、缶のまま口をつけるようにしたところ飲む本数が減った。グラスに注ぐと泡が出てしまいその分苦(にが)みが消えてゴクゴクと風呂上りに飲む量が増えてしまうのだが、缶のままだと苦みがまだグッと凝縮されていて余り一口で飲む量が進まないのだ。この禁酒方法ビール好きの人には参考にして頂きたい。(笑)

せっかく本の話になったので久しぶりに自分の読書体験をお話したいと思う。今回は時代小説を色々読んだ楽しい思い出を語りたい。昔は駅の売店の新聞棚の上によく文庫本の棚が吊るされていて、そこによく置いてあったのは”赤川次郎”とか”松本清張”、”向田邦子”といった有名な作家さんたちの本だと大概(たいがい)決っていた。

自分は子供の頃はこういう大家といわれそうな作家の本を嫌っていて、”村上春樹”とか”吉本ばなな”とか当時新進気鋭の作家の小説をこれがお洒落なんだといわんばかりの感じで読んでいたものだった。(笑)「文豪」という言葉そのものが余り好きでなく、そうした臭いを漂わせていた有名な作家の小説を意味なく嫌っていた。

それを覆(くつがえ)したのが司馬さんだった。司馬遼太郎(しばりょうたろう)。私が語らずともみなさんの方がよく知っているかもしれないが一応説明すると、幕末から戦後までの右肩上がりの時代だった小説を多数書いてきた昭和の大作家で、NHKの大河ドラマでも何度も取り上げられ、代表作に「竜馬がゆく」とか「坂の上の雲」とかあったりする。

お正月に家族の田舎に行くと何もすることがなく、近くの海を眺めに行くか部屋に籠(こも)って本を読まざるをえない状況になるので、東京駅の売店で田舎で司馬さんの本を試しに読んでみるかと買ったのが司馬さんの文章との出会いの始まりだった。

子供の頃のイメージとすれば上で述べたように、文豪の人たちの中の一人という感じが強かったのだが、読みだすと止まらなくなってしまった。特に「竜馬がゆく」は新聞の連載小説だったらしく長編なのだが、中だるみもなく終わりまで一気に読めた。坂本龍馬にほとんど興味がなかったのだが、この小説のおかげで幕末から明治維新にかけて起こった歴史上の事件や人物になんだかとても詳しくなってしまい(笑)、10年くらい前に大河ドラマでやった「龍馬伝」を見ながら隣で無理やりこのドラマを見ることに付き合わされた家族に、”武市半平太は人を殺める指令をいっぱい出していたから、最後は切腹させられたのだよ~。”とか”お竜(龍馬の妻)はここで風呂上りに素っ裸になって龍馬に幕府の取り締まりが来たのを知らせたのだ~!”と有名な寺田屋事件とかを実は司馬さんからの受け売りの言葉なのに、まるで歴史家のようにもの知り顔で解説したのだった。(笑)

司馬さんが坂本龍馬を有名にした張本人で、この小説がないと坂本龍馬は未だに歴史の闇に消されていたと言っても過言ではないのだと思う。自分の子供の頃は歴史の教科書に坂本龍馬の名前は無かったか、西郷隆盛のように太字で記されず細字だったような気がする。今じゃ聞く所によると堂々と教科書に載っているらしい。

このように司馬さんは他の人とはちょっと違った歴史のとらえ方をする。この人はただの昭和の文豪ではないと最初に思ったのは、小説ではなく司馬さんが日本全国を旅歩いてその地方地方の歴史を紐(ひも)解く「街道をゆく」というエッセイの中で、”日本人は弥生時代にお米を大量生産するという稲作システムを開発した。そのおかげで楽をすることを覚えてしまった。”と書いていたことだった。この文章を読んだとき我ながらハッとした。楽することを覚えてしまったと言われても・・・しかし、、、確かにそれ以前は日本人は個々の狩猟生活を送っていたはずで、私がそれまで常識と思っていた私も含めて日本人は先祖代々脈々と和を持って良しとする農耕民族であるという先入観をひっくり返されてしまったのだった。米を周りのみんなと協調して真面目につくり、神様に感謝して美味しく食べようという一般の日本人が誰もが思っている自分たちの日本人観をこの人、元々信じちゃいないんだ。。。

日本人は農耕民族じゃないのかよ~!子供の頃からそう教えられて来たじゃないか~。日本人の主食は米じゃないのかよ~!食卓の上にごはんがないと駄目だろ~。白いごはんと一緒にオカズを食べるのが一番美味いだろうよ~!それが日本人じゃないのか~。ごはんは日本人の心のふるさとだろう~!ところが司馬さんはそんな日本人の大半が思っている声を”お前らそんな甘いこと云ってるから駄目なんだ。”と一蹴してみせたのだ。

俺たちは農耕民族じゃない!

こう思ってしまい一遍(いっぺん)に司馬さんが好きになってしまったのである。(笑)

サッカーのワールドカップ日本代表が世界で戦う時、”個でなくチームの和”をいつの代表監督も強調するのだが違っていると思う。試合を決めるのは絶対にゴール決めてやる!という強靭な精神を持ったマラドーナのような個なのだ。日本の特長はそんな気の合った友達同士のぬるい団体性になんか無く、”武士は食わねど高楊枝(たかようじ)”という格言があるように、いくら腹が減ってもその素振りすら見せずにやせ我慢する侍(さむらい)精神であるはずなのに。(笑)

今、日本いや世界が戦後最大の危機に直面してるという。何年か前にどこかの新聞の書評で司馬さんが今の時代生きていたらどんな事を言っただろうか?と書いてあったが、世間が混沌(こんとん)としている今こそそんな司馬さんの歴史観を聞いてみたい。なんて言うのだろうな?

世界は楽することに慣れきってしまっていた。

と言ったりしてネ。(笑)音楽配信中 聴いてみませんか!?

世界はひとつ