テイクアウト

久しぶりに陽が戻って来た。今日は日曜日梅雨の晴れ間なのか、たまには外に出ようと街に出てみた。マスクはしたくないのだが、するしかない。暑い。前から一度口にしてみたいなと思っていたカレー屋さんに行ってみた。たまに食べに来る蕎麦屋の向こうにあって、店名が多少変わっているので興味があったのだ。営業してるのかな?と思いつつ歩いて行くとのぼり旗が出ているので、しめしめやっていると思い店に入ろうとすると手前を歩いていた若者二人がその先に店に入って行った。

お店の主人であろうと思わしき若者がマスクをつけて出て来てその二人組を中に入れた後、私に向かって”こちらにどうぞ!”と言って来たので、持ち帰りできるのか訊いてみると大丈夫とのこと、”少々お待ちください!暑いのでお店の中にどうぞ。”と言われ店の入り口にある椅子に座って暫(しばら)く待っていると、またやって来て”メニューひとつしかないんですよね。もうちょっと待ってもらっていいですか?”と苦笑いされ奥の方に消えていった。

手前のカウンターには中年夫婦がカレーを食べていて。鶏肉らしき肉がのっているカレーは美味そうに見えたのだが、旦那の方がカレーに咽(むせ)たのかどうなのかゴホ!ゴホ!咳(せき)が止まらない。よりによってこんなコロナの時期に咳しながらカレー喰うなよと内心思ってたりすると、隣の奥さんがそうした私の冷たい視線を察知したのか”大丈夫~?”と言って背中をさすっていたりなんかする内にまた店主がメニューを持ってやって来て”このカレー定食が一般的で、この定食にチキンをつけるのがおすすめです。”と見せられた。カレー定食が1200円でチキンが300円になっている。高い!!なと思ったのだが、以前このお店の前を通った時にカレー弁当1200円と出ていたので金額はおり込み済みで、このチキン300円を頼むかどうかが迷いどころだった。

せっかく店主がおすすめですと言ってるんだし、目の前で食べてる夫婦のカウンターに置いてある肉がのっているカレーも美味しそうなのでチキンも頼むことにした。出来上がりまでどれくらい時間がかかるの?と訊くと10分もかからないですと言われその場で待つことにした。

店の奥をのぞいてみると若者が結構いてテーブル席は埋まっている。壁に貼ってあるポスターをながめると「〇月〇日 DJ〇〇ライブ!」とか音楽ライブもやっているらしい、どうやら若者に支持される今風のカレー屋さんのようだ。出来上がったカレーが出て来る間に若いカップルが出て行き、更に男の子二人組が私の前を通って店の奥に入って行った。

暫(しばら)くして、持ち帰り用のビニール袋に入れたカレーを持ってくると店主は”2種類のカレーがあってこれをこの下にある弁当のご飯にお好みでかけてください。”と渡してくれた。受け取って帰ろうとしたのだが私の方がお金を払ってないことに気づくと、”そうでしたね!”と若い店主にまた苦笑いされてしまった。

このカレー屋を出て多少歩いた後、左に曲がった。真っすぐ行けば家で我が家に戻ってはやくこの出来立てほやほやのカレーを喰えばいいのにわざわざ道草してどこに行こうというのか?

左に曲がって商店街を駅に向かって上っていくとその途中にインドカレー屋があるのだ。そのインドカレー屋もテイクアウトをやっていて実はどちらのカレーを持ち帰ろうかと家を出る前は考えていたのであった。インドカレー屋の前を通るとやはり前にここを通った時の値段と一緒のサフランライス付き500円で売っていた。安い!!私が今持ってるカレーは3倍もする値段のカレーだ。果たしてこれでよかったのだろうか・・・?3倍も違う感動を家に帰ってこれから味わえるのだろうか?こっちのインドカレーでよかったんじゃないのか???

どうでもいいことで悩んでしまった梅雨の晴れ間の日曜日。明日月曜からはまた雨だと言う。扇風機を回しながら頑張ってこのブログを書いている。

音楽配信

夜の散歩道 桃園緑道

夜の桃園緑道

5月も今日で終わりだ。もう半袖(そで)でいいくらい暑い。湿気もだんだん上がってきた。もうしばらくすると梅雨が来る。どうも自分は音楽ライブをやる時は結構雨男(あめおとこ)のような気がする。なんだかんだ言って先日のライブの夜も雨が多少降っていた。天気予報だと晴れるはずだったのにチェッカーボード(ライブバー)に行くのに歩いて行くのに差しさわりがないほどに小雨が降っていた。

このように私は月1回定期的にやっている音楽ライブに実は歩いて通っている。電車で1駅なのだが何せ散歩好きなので何十分間かかけて歩いて行くことにしていて、途中、通る道が桃園緑道(ももぞのりょくどう)と言われる散歩道だ。

緑道ということで道の左右にはいろいろな植物が植えてある。春には桜、夏はヒマワリ、秋はコスモス、そして冬はなんだろう?シクラメンが咲いてたり、まあ、そんな感じで日本であまり見ない木花もあったりして雑多な自然が感じられる散歩道となっている。

一番最初にこの桃園緑道を歩いた時に、この道の先がどこにつながっているのだろうかと思い終点まで行ってみようと歩いた先が、昔、中央線から眺めていた阿佐ヶ谷のケヤキプールのところだった。チェッカーボードはこのプールのもう少し阿佐ヶ谷寄りにある。

西の終点が阿佐ヶ谷ケヤキプールだったので、今度は東の終点を知りたいと思いある日曜日の早朝いつもと違う逆方向に向かって歩いてみた。環七の歩道橋を渡ってしばらく行くと八百屋さんみたいなお店があり、更に行くと道の舗装が変わって赤レンガになっている。そこからは中野区の管轄になっている。

更に歩くが道は一向に終わりがなく、これ以上歩くと家に戻れなくなるなと思い、道を外れて中野駅に出てブロードウエイ手前のマックでハンバーガーの朝食セットを食べて帰ってきた覚えがある。

その後、地図で調べると桃園緑道の東の終点はなんと渋谷にまで行ってるらしいのだが行ったことがない。いつかその終点まで歩きたいとは思っている。

このように私にとってこの緑道を歩くことは小さな冒険になっていて、散歩することで小さな発見をすることが楽しみなのである。先に地図で調べてから散歩のコースを決めることはまずない。チェッカーボードもこんな私の人生の散歩道の途中のひとつの道草でもあるのかもしれない。

上の画像は先日ライブに行く途中に夜の桃園緑道を撮ったものである。真っ暗に写っているが実際はこんなに暗くはない。しかし夜は人通りも少なく結構怖い感じだ。女の人一人では夜はたぶん歩けない道だが昼は様々な人が犬の散歩などしたりして行き交わっている。画像のもう少し先の左側には今、ちょうど季節なのかアジサイの花々が咲いていた。

あめあめ ふれふれ かあさんが
じゃのめで おむかい うれしいな
ピッチピッチ チャップチャップ
ランランラン  音楽配信