蕎麦(そば)打ち

台風がこれから来るという。蒸し暑い。二日続けて外で手打ち蕎麦(そば)を食べてしまった。高価だが美味い。食べたあとにガラス越しに蕎麦打ちの実演をやっていたので蕎麦湯を飲みながら20分ばかり眺めて来た。

テレビで見たことはあるのだが実際まじまじと見るのは初めてで、蕎麦打ちというかすでに蕎麦は打ってあってその(かたまり)を伸ばすところからの作業だった。

両手でぐにょぐにょ伸ばしはじめて、それから木の棒をつかって白い粉をまきながら広げていき、最後包丁で千切りしていく過程だった。作業していたのはそのお店の店主ではなくたぶんお弟子さんだと思われる若い男の子で、私にじっと見られているにも関わらず気にすることなく黙々と蕎麦を切っていた。この千切りにした蕎麦を先ほど私が食べたのだなと思うと不思議にこのお弟子さんにも愛着が湧いてくる。

食べてるだけだとそのありがたみがわからないが、その過程を見せられることによっていかに蕎麦を切るだけでも時間をかけて細心の注意を払っているのかわかったりするので、こうした実演はすごく良いことのような気がする。蕎麦屋だけでなく違う分野でのお店さんでも最近はその制作過程をお客さんに見てもらうところが増えているように思う。

この若い男の子はいつからこの蕎麦屋に入って蕎麦打ちを始めたのだろう?蕎麦職人になろうと思ったのは何歳の時なのか?周りはみんなスポーツ選手になりたいとか芸人になりたいとかがほとんどだと思うのに、どうして蕎麦職人だったのか?

彼の所作を見ながらぼんやりと想像してみた。若い子特有の飾りっ気が余り無さそうで所作がとても綺麗だったからだ。実際はこの蕎麦屋の息子さんなのかもしれない。あるいは別の蕎麦屋さんのお子さんでこのお店に修行で丁稚(でっち)に来ているのかもしれない。

台風前の日曜日午後、冷房もかけずに扇風機だけでこのブログを書いている。まだ早いが風呂に入ってビールでも飲もう。

音楽配信

小さな音

先日久しぶりに音楽にどっぷり浸(ひた)る時間がありました。暑いので日曜日の夕方明るい内(うち)からたこ焼きをつまみにビールをチビリチビリ飲みながら好きな音楽をかけたのでした。

思えば素面(しらふ)で家の中で音楽を聴いたことなどもう何十年も無いような気がする・・・。自分で演奏する時は絶対に酒を飲んではやらないと決めていますが、聴く方となると全然駄目(だめ)でもはや酒を飲みながらでしか音楽を聴こうとしないのかもしれません。(笑)

こうなるとロックとか歌ものを聴くということもなくやっぱりジャズになってしまうのですよね。自分は唄ものをやってるくせして聴くのは唄ものでははないというこのジレンマ。実は唄ものではない曲も何曲かはあるのですが、いつかはお披露目できたらなと思っております。

ここ何年かは明るい内からかけるジャズって決まってまして、いつもマイルスデイビスの「マイルストーン」というアルバムをかけて酒を飲み始めるのです。4曲目のこの「マイルストーン」という曲から6曲目のセロニアスモンクの「ストレート・ノーチェイサー」という曲がかかってる内に外が暗くなってきて、小さめの灯りをつけて6曲目が終わると違うアルバムをかけ始めさらにディープな自分だけの世界にのめり込んで行くのであります。(笑)

さて、今回取り上げたいと思ったのはこの「マイルストーン」というアルバムではございませんで、同じマイルスでも「カインド・オブ・ブルー」に入っている「ソーホワット」という曲です。マイルスデイビスと言えばもう誰もが知っているジャズ界の帝王、有名なトランぺッターで、今さら私が何を語ろうが彼の名前に傷がつくものでもありませんで、そんな私も例にもれず若い頃はロックしか聴かないのに、なぜかマイルスデイビスの音楽だけはテープを持っていたのでした。その理由がこの「ソーホワット」という曲で、はじめて友達の家で聴かせてもらった時以来もう大好きになってしまった曲なのです。

「ソーホワット」といえばモードジャズの代表曲で歴史上最も有名なジャズのスタンダード曲10曲の内に入るくらいだと思いますので、私が下手な曲解説をしても笑われるだけなのでしません。意味がない。ここでわかってもいやしないモード奏法をうんちゃらかんちゃらと語ったら更に面白いのかもしれませんが、私そんな馬鹿じゃありません。(笑)

この曲の何を語りたかったといえば、酒を飲みながら久しぶりに聴いて、ボリュームをしぼって聴くともの凄く響くというのに気づいたと言いましょうか、最初に友達の家で聴いた時から薄々(うすうす)そう思ってたと言いましょうか、「ソーホワット」は音が小さければ小さいほどカッコいい!部屋の片隅、真っ暗な暗闇の先から聴こえて来る、小さな、小さな音の「ソーホワット」が一番素敵だということを再発見してしまったことです。

音が大きくある必要はあるのだろうか?今の世の中なんでも大きな音で表現しようとしますが、はたしてそれが正解なのでしょうか?マイルスデイビスと並んで私が大好きな武満徹さんも自分の曲を演奏してくれるオーケストラに向けて”もっと小さく、もっと小さく。”とよく言っていたと何かの解説で読んだことがあります。

マイルスと武満さんの音楽の共通点は音を小さくすればするほど魅力的になるような気がして、先日は「ソーホワット」のあとに武満さんの代表曲「ノーベンバーステップス」を限りなく小さな音で聴いてみました。

至高の究極。

なんじゃそれは?オマエは”美味(おい)しんぼ”か!古いな。(笑)

このようにして50代親父(おやじ)のささやかな日曜夜は過ぎて行ったのであります。翌朝、血圧が高かったのは言うまでもありません。音楽配信

雨の日曜日

今も外は雨が降っている。窓の外はどんよりとした暗い雲、雨の日曜日だ。

「雨のハイウエイ」という自分の曲がある。Youtubeにもちょこっと上げてて自分では随分難しい曲だと思っているのだが、意外にアクセスがあったりする。どうも調べたりすると矢沢の”エイちゃん”にも同じタイトルの曲があるみたいで、そこから流れて来るらしい。

最初は「雨のハイウエイ」という曲名じゃなくて「雨の日曜日」という唄にしようと思っていた。それくらい雨の日曜日というのは私の中で好きなのだ。特に午前中。まだ頭がぼやけて今日は休みだというリラックス感も伴って、しかも雨なんかが降っているとヤッターという感じになり心が開放された気分になる。

今日もそうした開放的な気分の中、TVで東京マラソンをつけっぱなしにしながらパソコンに向かって仕事をした。今が仕事を終わった時間を利用してこのブログを書いている。

これから午後の時間どう使おう?どうせ毎度同じなのだが、雨が降っているとなんだか気だるい、雨の日曜日。音楽配信