メロディーが先か、言葉が先か

誰にも相手にされず、これまでに4つの作品をつくって来た。古い順に並べて「YUKIO」、「YUKIO PIANO」、「COCOLO」、「太陽」。前2つは最もシンプルにギターとピアノの弾き語り、あとの2つはリズムも入れて楽器演奏からミックス、マスタリングまですべて自分でやった複雑な一人バンド形態になっている。

対照的なのだが、それだけではなくて実はこの最初2つと後2つの作品群では決定的な違いが自分の中ではあったりする。

それは唄の創り方がメロディーが最初に閃(ひらめ)いたのか、言葉が最初にあったのかの違いである。メロディーが先か、言葉が先かで決定的に唄の本質が違ってくるのだ。

「YUKIO」、「YUKIO PIANO」の弾き語り作品の方は言葉が先にあって、「COCOLO」、「太陽」のバンド形態2つはメロディーが先になっている。

弾き語り2つは言葉がやはり最初に聴こえて来る。バンド形態の方は歌詞にも気をつかっているのだが、よく聴かないと何を唄っているのかよくわからない。メロディーが先にあって後から言葉を足したからだ。

なぜこのような違いがあるかと言うと自分でもわからない。ただ「cocolo」という曲のメロディーが閃(ひらめ)いて以来ずっと私の唄はメロディーが先にできて来て歌詞を後からつける形になっている。

弾き語り2つは日本語でしか唄えない、あるいは成立しない唄で、バンド形態2つは日本語で唄ってはいるが、別に日本語でなく英語で唄ってもおかしくないような気もする。

どちらが良いのかわからないが、これらすべての作品は私の中から流れ落ちてきたものなのですべてを引き受るしか説明がつかない。

誰も聴いてくれない自分の作品を分析しても仕方がなのだが、メロディーが先か、言葉が先かで自分の中ではここにもの凄い断層があるのだ。ライブではなるべく交ぜないように気を使ったりもするのだが、たくさん唄ったりしなければいけない場合など致し方なく交ぜたりしたりもする。

自分の気持ちの中では昔のように先に言葉が出てきてもらいたいと実は思っていて何とかならないかと考えるのだが、考えて唄ができるものでもなんでもなく今、現在もこのような状態なのである。しかしながら、私の想いとしては自分が普段使っている日本語という言葉のイントネーションがやはりその曲のメロディーに影響を及ぼすのが自然のような気がするのだ。

欧米の音楽ばかりを聴き過ぎたのかもしれない。確かに日本語で唄われた曲なんて大人になってほとんど聴いて来ていない。しかし実は自分は日本の民謡でしか踊れないということも知っている。

欧米の音楽ばかりが情報として入ってきて価値のあるものだと思われがちだが、中国の音楽も聴いてみたい。特に中国の結婚式でみなさんお酒を飲みながらどんな唄を唄っているのだろうか?10億人もいるのだから人それぞれ色々な唄を酔っぱらいながら唄っているのだろうと想像すると楽しくてしようがない。日本にさえ地方地方に様々な民謡があるのだから、中国行くともっと百花繚乱の民謡が聴けるような気がするのだ。

話がそれたが、私のこの4つの作品試しに聴いてみませんか?行きつく所はここなのです。(笑)音楽配信

台風が過ぎて

昨日の夜にかけて台風があっという間に行ってしまった。玄関の屋根下が壊れていた。また猛烈に暑くなって来た。今週末は月1回やっている大久保水族館でのライブだ。何やろう?練習しないといけない。

今年になって「cocolo」と「太陽」という自分でつくったアルバムから曲を選んで、交互に毎月カラオケをバックに演奏する形をとっている。それ以前は鍵盤の弾き語りをやっていた。

本当は唄だけに専念したいのだがなんだかライブっぽくならないので、あえてギターのパートの音をはずしたカラオケをつくって、ギターを弾きながら唄う形をとっている。

お店の料金以外に自分で音楽チャージをとろうとして以来、ほとんどお客さんが来なくなった。ただ元々そんなファンがいたわけでもないので気にするほどのものでもない。友達がいなくなっただけだと思っている。(笑)

行ってあげたり来てくれたりの友達が欲しい訳ではなく、自分の音楽に価値を見出してくれるファンが欲しいのだ。そのファン一人を見つけ出すことが本当に大変なのである。

そこを誤魔化してライブをやってもしようがない。音楽は人それぞれ千差万別、いろいろあっていいし、そうあるべきだ。上手い奴もいれば下手な奴もいる。ただ自分が選んだ道は自分の曲で稼げるかどうかだ。まったく稼げてないけど、ここから逃げちゃいけない。どんなに白い目でみられようと言うべきことは言わないといけない。

もう齢(とし)なんだし時間がない。やるべきことをやらなくちゃ。音楽配信

ピアニスト、タイピストにあらず

梅雨(つゆ)が明けてから先ほど初めて雨がパラパラと落ちてきた。降ってきたという感じではなかったが、それでも幾分(いくぶん)涼しくなったような気がした。今はもう元に戻って太陽がガンガンと照りつけている。

先ほどまで朝から扇風機をかけて部屋でとある肉体労働していたらもう汗だくになってしまった。ようやく片付いて部屋にクーラーを入れて涼みながらこのブログ書いてる。疲れた。(笑)何書こう?

巷(ちまた)はお盆休みで昨日、一昨日の土曜、日曜日、街からは結構人が消えていて、みなさん帰省や夏の余暇をどこか遠くに行って楽しんでいるのでしょうが、私といったらここ何年かそうしたレジャーにはまったく無縁で、相変わらずこの中央線の狭いエリアの中をあっち行ったりこっち行ったり・・・なんとかしてくれ!こんな愚痴を垂れていても誰か助けてくれるわけでもなく、稼げない人間は節約するしかないのだ。寂しい~!

今年のお盆休みは1週間以上ある長いもので、大企業の人とかはそんなに休みを取れたりするのでしょうか?私の周りの人達はお盆休みというのではなく順番に夏休みを取っていくような感じが最近は多いような気がするのですが、世の中もどんどん変わって行くし、よくわからない!だんだん投げやりになってきた。(笑)

ペンが進まないよ~!ペンなんか使ってないじゃないか、キーボードの指が進まないだけだろうよ。わかったこのネタで行こう!

実は私、ピアノを弾くくせしてパソコンのキーボードではタイプライターを10本の指でカチカチ叩くような感じでは全然できなくて、基本右手と左手の中指1本ずつで交互に打っていくド素人(しろうと)人間なのだ。どうだ今時すごいだろう!馬鹿にしてくれ~!(笑)

ピアニスト、タイピストにあらず。

自分だけかもしれないが。あしからず。音楽配信

歪(ひず)み系ギタリスト

自分の曲で「太陽」という唄があります。4つ目の作品のタイトルにもしてまして私にとっては非常に重要な曲です。歌詞の内容は8月今の季節の炎天下の太陽の下、”逃げ出すことはできないんだ~!ボクはキミの言うこと従うよ~!一人が嫌なら手をつなげ~!孤独が嫌なら手をつなげ~!”と独白し、(笑)”太陽は昇っていく~すべてを照らし~”と熱唱、(笑)最後、”灼熱の地獄をくぐり抜け、燃えろ~!燃えろ~!燃えろ~!”とシャウトするもので、(笑)とても熱いものとなっております。

太陽も暑いし、気持ちも熱いというダブルの熱でこんな熱い曲はないんじゃないかと自画自賛(じがじさん)なんかしたりはしませんが、(笑)とてもホットな曲です。

この夏の太陽の暑さを表現するために、”燃えろ~!燃えろ~!”とシャウトしたあと延々(えんえん)と歪(ひず)み系エフェクターを使ったギターソロが続くことになってます。(笑)

今時(いまどき)ギターを歪(ひず)ませてどうするんだ?時代はクリーントーンだと言ってるのに馬鹿かお前は?と言われてしまいそうですが、いいんです。歪(ひず)みが頭に聞こえてくるのです。時代なんて関係ないんです。歪(ひず)ませたいんです。

この歪(ひず)みを出すために録音した作品では音楽制作ソフトに入っているプラグインを使っているのですが、ライブで演奏するにはパソコンを持って行ってそれをギターのエフェクター代わりにするわけにもいかず、仕方がないので歪(ひず)み系のエフェクターを一つ買うことにしました。その時のお話をしたいと思います。

中野の〇I〇I(丸井)の隣の小さいビルの5階か6階に実は歪(ひず)み系専門のエフェクター屋さんがありまして、そこで今回上の画像のエフェクターを買ったのでした。お店の名前もそのまま「ヒズミ屋」。さすがに東京じゃないとこんな専門店お目にかかれはしないだろうと発見した時は思わず笑ってしまいました。

「ヒズミ屋」さんに入店すると、専門店だけあって所狭しと棚にエフェクターが飾ってあり、ざっとみたところ200~300くらい置いてあるのではなかろうかといった感じで、これすべて試し弾きするのも大変だと思い最初に価格帯を1.5万~3万のものに絞(しぼ)って、ギターを借りて弾いてみました。

それでも50台くらいありまして、50台の中から1台をなかなか選べないだろうと思い、2台ずつ弾き比べ感触の良かった方を残すというトーナメント方式の勝ち抜き戦にして順次試し弾きしていきました。女の子の店員さんも大変だったろうな。(笑)

汗をかきつつ何時間くらい試し弾きしたでしょうか?最後3つ残りまして、どれにしようか迷ったのですが、結局今回のエフェクターにしたのです。ブルーファズという商品らしく、あまり有名なものでもないみたいで、音楽ソフトのプラグインではディストーションを使っていてディストーションを買いに来たはずなのに、なぜか?どういうわけか?ファズになってしまった。

ファズといえばジミ・ヘンドリクッスなのでしょうけど、、、そのジミヘンが使っていたという有名なファズも弾かせてもらったのですが余りにクセが強くてこれは駄目だと思い辞退しました。気づくと外はもう暗くなってて急いで家に帰って夕食をとった思い出があります。

何時間もかけて選んだかいもあって、今も「太陽」を演奏する時は必ずこのエフェクターを使って延々(えんえん)ギターソロをとってます。

私は歪(ひず)み系ギタリストなのです。(笑)

いつもライブの最後に弾きまくるのですが、この「太陽」のイントロがかかり出すと、”ディープパープル~。”とか”パープルだ、パープルだ~、”とかチャチャを入れられたりします。これは馬鹿にされているのでしょうか?それとも誉(ほ)め言葉なのでしょうか?

気にせず今月もライブやります。8/9(金)夜8時より大久保水族館 料金1500円(本来お店の料金は1ドリンク付き1000円です。500円はYUKIO音楽チャージ料金として私本人にお渡しください。ご理解の上ご来店ください。)

ただ今回はこの曲やりません。次回やります。やりませんがおもしろい曲たくさんやってますよ!お待ち申し上げております。音楽配信