YUKIO音楽のお正月

先ほど、初詣(はつもうで)に行ってきました。家族が大好きなテレビの駅伝(えきでん)が終わったので、誘ったら、遅い!だとか、なんだ!とか、いちゃもんをつけられて、いや、そんなこと言われる筋合(すじあい)はないよ!と内心(ないしん)、腹が煮えくり返ったのですが、お正月なので思いなおし、自分が大人(おとな)になればいいんだと思い、

ポヨヨヨヨ~ン。

と、間抜けな反応を返し続けると、ようやく機嫌(きげん)もおさまったみたいで、仲良く近所の神社にお参りに行ってきました。(笑)なんだか今年は大人(おとな)になれそうだぞ~!と、思っていたところ、家に戻ってから今度は、今年来た年賀状が無い!どこにやったんだ!と罵(ののし)られ、いや、そんなこと自分に言われても答えようがないよと返すのですが、ああでもない、こうでもない、と蔑(さげす)まれ、いよいよアッタマに来た~!!と思ったのですが、いやお正月なので、喧嘩(けんか)するのはやめよう、自分が大人になればいいだけの話じゃないか、大人になれば・・・と、内心(ないしん)言い返し、やり込めたい、思いを封じ込め、言い聞かせ、再び、

ポヨヨヨヨ~ン。

と、自分でも訳のわからない反応を返して、その場をやり過ごして、今、このブログに向かい始めたのでした。(笑)いやー。我ながら大人(おとな)になったもんだな。大人に。60歳前にして、今さら大人もクソもないんだけどな。(笑)どんなもんでぇい!こちとら、江戸っ子※よ!

※正確には、歌手YUKIOは若い頃から富山(とやま)生まれの富山育ち。まるっきり江戸っ子の血が流れているわけではありませんので、あしからず。

てな、具合に今年もはじまったのですが、あけましておめでとうございます。みなさんいかがお正月を過ごされましたでしょうか?

私はといえば、正月3ヶ日(さんがにち)、刺身(さしみ)を肴(さかな)に朝からあびるようにお酒を飲み、昨年創った自分の作品群をチェックしたのでした。ギターとピアノの弾き語りをしてきた若い頃の唄をバンド化にしたフルバージョンのもので、

”これ、いいな~!”とか、”これかっこういい~!!”

とか、ぶつぶつ独り言(ひとりごと)を言いながら、悦(えつ)に入っていたのであります。(笑)馬鹿丸出しだ~。(笑)

30曲ちかくあって、3作品に分(わ)けたのですが、まだ音楽配信することもなく、あるいはCDにすることもなく、自分自身で聴いているだけなのですが、思えばこのコロナ騒動が始まる前は、井の頭公園やライブバーで定期的に唄ってライブばかりやっていて、時間が無く、たぶん自分が死ぬ前に、このギターとピアノ弾き語り作品の完成形を創り上げることは無理だろうと思っていたはずが、まさか自分のこの耳で完成形を生きている間(あいだ)に聴けることになろうとは、2年前には思いもしなかったのであります。コロナ禍で世の中、みんな暗いニュースばかりを流していますが、自分とすればコロナ様、様、で、コロナのおかげで部屋に閉じこもり、集中して、楽曲を組み上げることだできたのでした。

忌野清志郎(いまわのきよしろう)の曲にもあるように、ニュースはなんで悪いことばかり伝えるのでしょうか?見方(みかた)によっては、コロナは人類にとって悪いことばかりじゃ無いのかもしれません。フェアートレードという言葉がある通り、お金を持って力のある方が正義をかざして、取り引きしても、弱い方にとってみればそれは全然、正義でもなんでもないものでしかありません。

見方(みかた)を変えなきゃ。

今まで、自分が当たりまえだと思っていたことも、全然当たりまえではない。10年前のオマエの姿を見てみろ!その頃考えていたオマエの考え方は今となってみればほとんど通用しなくなっているじゃないか!

と、思うのであります。

思うばかりで、、、今後どうすればいいのか?見当(けんとう)もつかず、この1年たぶんいろいろなことが身にふりかかってくるだろうなというぼやけた姿(すがた)が見えるだけで、お酒を飲みながら戦々恐々(せんせんきょうきょう)としている自分がいるのでした。

はたして今年は自分にとってどんな年になるのでしょうか?あるいは、みなさんにとってもどのような年になっていくのでしょうか?

目に見えるものだけを追いかけていてもいけませんぜ、旦那(だんな)。

こう、どこからか言われているような気がするのでした。(笑)自分にとっても、みなさんにとっても、今年が良い年でありますように。

「海」

音楽配信やっております。気に入ったらダウンロードいかがなものでしょう?作品を通して聴いていただくのが一番のお勧(すす)めです。CD販売もしています。