2021 新年の抱負(ほうふ)

あけましておめでとうございます。

昨夜は久しぶりに、お酒を呑んだ後にブログを書いてしまい取りとめのない文章になってしまいました。お正月の寝起きに余りいい気がしなくて削除しようかとも思ったりもしたのですが、酔っている姿もこれまた自分ということで残そうと考え、あらためて本日、元旦お酒を飲む前、しらふの時にこのブログに向かおうと思いました。

前にも書いたと思いますが、自分はお酒が好きなのですがお酒を飲んだ酔っぱらった状態で音楽をやることはありません。なんだか酔いで誤魔化(ごまか)して、誰にも相手にされない自分の音楽の姿をさらけ出すのが嫌(いや)なのです。あくまで仕事であって真剣勝負なのです。お酒を飲みながら仕事をする奴(やつ)はどこにもいないでしょ。いや、飲み屋関係の人や夜のお勤めの人はお酒を飲むのも仕事なのでしょうけど・・・これまた失礼しました。

このブログは、そうした私の音楽を宣伝PRするものとして始めたもので、前に一度だけ酔っぱらって書いたことがあるのですが、今回二度目でやはり余りいい気がしない。生きるか死ぬかの瀬戸際(せとぎわ)に、酒を飲みながら右に行くか左に行くかの正確な判断はできないでしょ。

では、なんで今回酔っぱらった文章を残したかと言うと、自分の真(しん)の姿というものをなるべく包み隠さずさらけ出そうと思っているのであります。自分の音楽を理解してもらうには、もっと私自身の内面を知ってもらわないといけない、喜び、悲しみ、怒り、憎しみ、慈悲、償い、恋、失恋、死、恐れ、病、後悔・・・、なんでもいいのですが、誰もが生きている間(あいだ)経験するものでしょうけど、私の唄はそれを結構ストレートに唄い上げているものから複雑なものまで様々(さまざま)で、1曲だけを聴いて理解してもらえるとは思っていなくて、何十曲かある自分の作品をまとめて聴いていただきたいのです。今、流行りの格好のいい表現手段というのが一番わかりやすいのでしょうけど、その範疇(はんちゅう)に自分の音楽はとどまって行かないのです。格好悪いのも自分・・・。人生いろいろあるよ、と。

商売上も、1曲ダウンロードして100円前後、ストリーミングサービスで無料で聴いてもらって1円にならない程度。それでは儲けがなく、アルバムという作品を買って頂きたいのです。

昨夜、このブログを書いた後に久しぶりにユーチューブで再生回数が1とか2しかない自分の動画を見ました。とてもいいと思います。(笑)紅白歌合戦をちょっと見てましたが、紅白の歌より自分の唄の方が多少、難しいですけど、いいと思います。今更、この唄をここが駄目だから売れないんだ、変更しろと言われても、アイデアをつめにつめた作品なので変えようがありません。(笑)

音楽に問題があるとは思いません。この歳で音楽事務所から声がかかるとも思ってません。自分で営業も含めてすべてをやらなきゃいけないので言葉も包み隠さずストレートに話します。自分で切り開かなきゃ。道を。この手で。今までそうした来たのだから。

今年もよろしくお願いします。2021 元旦

音楽配信「YUKIO」

音楽配信「YUKIO PIANO」

音楽配信「cocolo」

音楽配信「太陽」

音楽配信「月」

来年もよろしく!

お久しぶりでございます!今日は大みそか。お酒を飲んでおります。明日はお正月!明日もお酒を呑むぞ~!

てなわけで、久しぶりにブログを書いてます。

今年一番、新鮮だったのは家族がテレビを見なくなったことでした。(笑)あれだけテレビ好きだった家族が、今年の後半からテレビを見ないのです!!一体、全体どういうこと?だ!なんだかユーチューブを見ているらしい。何がおもしろいのか良くわからないが、面白いらしい。

あれだけ好きだった紅白歌合戦も見ないようだ・・・。寂しいので、付き合って1時間半ほど見てしまった。(笑)嵐のどうやら一番最後の姿を目に焼き付けたいらしい。

どうでもいいのだが、今年もお疲れ様でした。来年もよろしく!

音楽配信「yukio」

音楽配信「yukio piano」

音楽配信「cocolo」

音楽配信「太陽」

音楽配信「月」

2拍3連のリズム「雨のハイウェイ」

自分は譜面が読めない。今までさんざん偉そうなこと書いて来ておきながら実は譜面が読めないのだ。(笑)ライブで譜面台をいつも立てて唄っているのだが、それは譜面を見ているわけではなくて歌詞が憶えられないからだ。格好つけてるわけではない。(笑)では、どうやって音楽を創って来たんだ~!?と言われるかもしれないが、譜面が読めなくても誰でも音楽は創れる。絶対音感が無くても音楽が聞こえて来れば唄える!こんなこと言ってるから誰にも相手にされないのかもしれない。(笑)音楽を教えられたことがないので譜面は読めないのだが、時間をかけて音譜をたどればなんとなくわかるのだ。それで十分だと思っている。音符がその人の音楽を表すのではない。

ただ、もし自分が細かい譜面が書けるのであれば、自分のオリジナル曲の譜面は意外に難しいものになるかもしれないと思っている。リズムに関しては特に。今回はそのリズムに焦点を当てた曲を紹介しようと思う。

「雨のハイウエイ」という曲でピアノの弾き語りの作品に入っている。他の曲に無い、この曲だけの特長というのは2拍3連のリズムで弾いているということだ。左手のベースを拍でカウントし、右手コードを3連符で叩いている。2と3の最小公倍数6を2拍で割ると1拍3連になり、よくブルースなどであるハネたリズムになるのだが単純でそんなに難しくない。しかし2拍3連となると左手2拍叩く間に右手に3連符を入れなくてはいけなくなる。4や8の偶数を2で割るのは簡単だが、3という奇数だと割り切れないのと一緒で難しいのだ。

自分のこの曲だけではなくて2拍3連の曲というのは他にもいろいろとあって、ネットで検索してみるとビートルズがやっていたり日本ではオフコースの小田さんのヒット曲もそうだという。しかしこうした曲とこの「雨のハイウエィ」という曲には決定的な違いがあって、ビートルズやオフコースの曲の2拍3連は部分的に使われているだけであるのに対して「雨のハイウェイ」は曲全編が2拍3連なのだ。曲のアタマ出しから最後まで・・・ずっと2拍3連が動いて行くだけで、こんな曲は日本ではなかなかお目にかかれないだろうと思っている。(笑)

簡単な動画をユーチューブに部分的に載せたりして意外に観てくれる人もいるのだが、2拍3連に興味を示してくれる人などほとんどいなくて、矢沢の永ちゃんにも同名の曲があるらしくどうやらそこからアクセスが流れて来るらしい。(笑)

現在バンドバージョンを創っていて打ち込みのリズムを挿入(そうにゅう)したのだが、この打ち込みは8ビートになっている。複雑なリズム展開に、乞うご期待!

ということで、自分の曲は譜面には書き表せはしないが結構リズムに関しては複雑になってると思っている。クラシック音楽の譜面のように隅から隅まですべて細かく決めてしまっても音楽はいろいろな解釈ができるような気がするのだが・・・。特にリズムに関しては。

音楽配信中 「雨のハイウェイ」-ピアノ弾き語り「YUKIO PIANO」12曲目です。気に入ったらいかがなものでしょうか?

小さな唄とコロナウィルス

コロナウィルスが猛威(もうい)をふるっている。下手(へた)におちおち外出してられない。そんな時に限って家のガスが壊れたりして風呂に入れず近所の銭湯(せんとう)に行くはめになったりする。銭湯なんか行くと湯船の中にコロナウィルスがウジャウジャいそうでほとんど人はいないだろうと思ってたのだが、ところがどっこい結構人がいるではないか!おじさん達が気持ち良さげにお湯につかっている・・・(笑)、隣で体を洗っているおじさん二人の世間話に耳を傾けると、”オレなんかもう抗体ができちゃってるからヘッチャラだよ~。”と、また呑気(のんき)なことを言っている。(笑)

最近は有名人までかかっちゃっているので、街のいたるところでウィルスを持っている人たちもいっぱいいるのだろうな、その中の一人でも銭湯で体を洗えばみんなうつるはずだ、集団感染!クラスターだ~!と怯(おび)えるのだが、なぜ故(ゆえ)か銭湯がクラスターになったというニュースは聞かない。なぜだろうか?

ウィルス伝染の仕組みはよくわからないが、昨日の銭湯は怯えながらも気持ち良かった。(笑)久しぶりに広い空間でお風呂に入ると開放された気分になる。ただ気分は良かったがウィルスがうつっているようであれば仕方がないわけで、肝心(かんじん)の体調は本日も悪くない。(笑)しかしこのウィルスの特徴は5日後くらいに発症するらしいので油断してはいけない。注意深く自分の体調を見守らなければな。

このように私は意外にちゃんと世間の風に合わせようとする人間でもある。周りがどうなろうと知ったことじゃない!と、そういう素ぶりを見せることも多々あるのだが、最低限の一般常識は持っているつもりだ。エヘン!

テレビで伝えられているニュースなどではライブハウス等で大声で歌って唾(つば)を吐き出すのはかなり危険とのことだったので、先日のギター弾き語りライブではお店に気を使ったつもりはないにしろ、いい機会だと思い意識的に声をかなり小さくして唄ってみた。たぶん声を小さくすれば映(は)えるのではなかろうかと自分では以前から思っている曲があったりして、今回それを試してみたのである。

子供の頃から年末の紅白歌合戦を見るたびに、周りにいる家族が”ウ~ム、この歌手は声が出てない・・・。歌唱力が落ちたな・・・。”と評論家のようなコメントを発するのだが、自分としては声量があることや喉(のど)のコブシを回すこと(当然声を大きく出すとコブシも自然と回って来る)が歌の上手い、下手の判断基準にはなっていなくて、なんでこんなこと言うのだろうとずっと不思議に思っていた。紅白歌合戦を見なくなったのもこうした経験が原因になっている気がしないでもない。

また若い頃はエネルギーが有り余っているので、周りがそうだったように自分も負けじと大きな声でがなり立てもした。しかし心の底ではどうも違うような気がずっとしていて、自分の身の丈(たけ)で唄うのが一番いいのだ。その日の体調や環境もあるし、無理に声を張り上げても仕方がない。最近はもうそう思うようになっていたのだが、井の頭公園で唄うようになってまたまた声が段々大きくなって来たりもしている。(笑)マイクもなく外で唄って誰も振り向いてくれなければ当然、声も大きくなるってものだ。(笑)

ただ井の頭公園では仕方が無いにしても他の屋内の音響があるところなんかでは、こんなに大きな声で唄わなくてもいいのにと内心思っている曲も何曲かあって、密閉空間では唾(つば)をなるべく出さないようにとのことなので、フルアコ弾き語りでライブバーではなるべく小さく唄ってみた次第なのである。

小さな声の「夜の海辺」

「夜の海辺」(アルバム”cocolo“8曲目)と「キミの笑顔」(アルバム”太陽”5曲目)という曲で、どちらもラテン調のリズムになっている。CDに入っているバンド形態の完成形アレンジでも曲調に合わせて自然とボーカルも小さめに入っているのだが、更に意識的に小さく唄ってみた。すると自分とすれば肩の力が抜けて想像した以上にいい感じになったのではないかと思ってしまった。(笑)

試しに撮った動画をニコニコ動画に上げてみたのだが、はじめて見ず知らずの人からコメントがついたりして嬉しかったので、調子にのってユーチューブにも上げたのだが、しかしながら誰も見てくれない。(笑)誰も見てくれないのは今にはじまったことじゃないので余り気にはならないのだが、自分としては結構この路線で唄ってみるのもいいかもしれないと思っている。

昨年亡くなったボサノバギターの名手ジョアン・ジルベルトの追悼(ついとう)記事のひとつに彼の功績は世界中の歌が大声一辺倒になっていくのに抗(あらが)って、小さな声でも十分魅力的に聴こえる楽曲を創ったことだと書いてあった。なるほど、

小さな声の唄があってもいい。音楽配信