YUKIO音楽のお正月

新年あけましておめでとうございます!と言ってる割にはお正月からもう1週間もたっておりますがみなさんお正月休みをいかが過ごしましたでしょうか?私はと言えば箱根駅伝を観るわけでもなく自分の音楽に結構没頭しておりました。

というのは、1年前のお正月休み期間中にその前に録音してあったオリジナルの曲をとりあえず形だけまとめ上げる作業をしておりまして、その数30曲(笑)なんとか仕上げたのですが、ミックス、マスタリングで一番肝心で難しい音圧上げを時間が無くてやってなかったのです。当初は30曲もあるのでミニアルバム一つと2枚組のCDを作ってやろうと企んでたのですが結局3つに分けることにして、最初10曲入りのアルバムの音圧上げを昨年春から夏にかけて空いてる時間にやって完成したのですが、その後このブログを書いたりだとかユーチューブの動画をアップしたりだとか色々やらなければいけないことが沢山出てきたので、残りの20曲はそのままほったらかしになっている状態でした。そこで今回、今年のお正月休みを利用して5曲入りのミニアルバムの音圧アップに取り組んだのでした。

もうすっかり曲すらも忘れているような状態でして大変だったのですが、なんとかまとめ上がったのではないかと思っております。。。が、しかし最終的にまだ決断しているわけではありません。(笑)

この30曲、結構な数ですが、実は若い頃、没にしてきたものと歳をとってから作ろうとしたものがごちゃ混ぜになっておりまして、それをどう他人(ひと)に聴かせる作品として分けるのか昨年の正月には一人で散々悩みました。

今までの4つの作品は時系列に沿って出来上がっているのです。最初のギター弾き語り「YUKIO」1曲目に入っている”たまご”という唄は私の10代の時に創った曲で、4つ目の作品「太陽」最後に入っている”隣の人”という唄は私の20代後半に思いついた曲となってます。基本その”たまご”から”隣の人”まで私のこの世に生きてきた時間が順次流れているのです。ですのでこの4つの作品に入っている曲は当時の自分の中では合格した作品で、今回ミックス・マスタリングしようとしている曲はそこから没にしてしまっていた唄ばかりなのです。なぜ没にした作品をまた取り上げようとしたのでしょうか?それは歳をとると共に

人生に意味のないものなんて無い

と思うようになったからです。駄目なものなんてない!人がそれぞれ違うように、作品もそれぞれ個性があるのです。あの曲が良くて、あの曲が良くないなんてことはないのです。勿論、曲の制作に関しては全力を尽くすということが前提ですよ。

4つ目の作品最後の曲”隣の人”を思いついた時に、果たしてこの曲を頭から外に出す時期がはたして来るのだろうか?と記憶しているのですが、30年後に出来てたんですね、本当に!現実は溺れそうなほど辛くて厳しいんですけど、何か念じていれば気づいた時にそれが現実になっていたりもします、音楽だけの話ではなくて不思議と。

話がまとまらなさそうなので、今回は私のお正月の挨拶とさせていただきます。私の音楽、気に入ったら買ってね。相も変わらず単刀直入な言い方しかできないお人ね♡。

今年もよろしく!(笑)

音楽配信

音楽は携帯で聴くものなのか

世の中すべてデジタル一辺倒になっていくのか?と思えば、そうとも一概(いちがい)には言えないような気がする。音楽の世界も、もはやダウンロードではなくストリーミングの時代であるが、なぜか昔のレコードが復活しているらしい。

ストリーミングサービスを使っている人はやはりiPhoneとかのスマホか、あるいは独自の携帯プレーヤーで音楽を聴いているのだと思うが、昔は携帯で音楽が聴けるようになるなんて思いもしなかった。ソニーのウオークマンが出てからこうなったようだ。今や音楽はいろんな場所で好き勝手に聴くことができるわけだ。

自分を考えると昔から携帯プレーヤーで音楽を聴くのは余り好きではなかった。何かやってるとそちらに集中できないし、音楽の方に集中するとグッと疲れてしまう。テレビを観ながら勉強すると集中できないし、かといってテレビを切って勉強に集中しようとすると耳元で家庭教師がクドクド説教してくる感じであろうか。ともあれ自分で買って持ってはいたが、積極的に携帯プレーヤーを使った思い出は余りない。

自分で音楽を始めて、今では作詞、作曲、うた、演奏は勿論、録音、ミックス、マスタリングまですべて自分でやるようになってしまった。前回の作品ではとうとうジャケットデザインまでこなすようになった。

すべてが最初は手探りで状態で悪戦苦闘の繰り返しといった感じなのだが、気が付いたことは曲を創って唄う作業と録音、ミックス、マスタリング作業というのは全く別物であるということだ。

ストリーミングサービスを含めてデジタル音源全盛のこの時代は、音楽を創る人も創るだけでは無くて、デジタルミックス、マスタリングの知識も自分で持ってないといけない気がする。

これが良いことなのか悪いことなのかはわからない。音楽は単純にwave(音波)だと思っているのだが、時代はデジタルでこのwaveをしっちゃかめっちゃかにして複雑怪奇な巨人に仕立て上げてしまう。ただ人はこの時代に合わせるしかないのだ。

ミックス、マスタリングの作業というのは、どんな環境でもその音楽を聴けるように調整するものでもあるのだが、私の場合、ヘッドホンで聴くのが疲れてしまい余り好きではないので最後に1回だけ聴いて、まあ変じゃないのでOKにしておくかといった感じで、携帯プレーヤーで私の音楽を聴いてくれることを余り想定していない。

それじゃいけないのだろうが、できれば安いCDラジカセ(古いな)かコンポステレオの前なんかで聴いていただきたい。その方が頭が自然体で聴こえる。

意外に私の音楽と外で鳴いているスズメのさえずりはハーモニーを醸しだしていたりもする。

音楽配信