小さな冒険

今、仕事用として使っているパソコン、※ウインドウズ 10の※データバックアップしようと取り組み、回復ドライブというものを作っている最中で時間がかかりそうなので、久しぶりにこのブログに向かってしまった。

※ウインドウズ マイクロソフト社が製造するパソコン

バックアップ: backup)とは、コンピュータシステムで主にデータやシステムの状態を複製し、問題発生時の復旧(リストア)に備えることを意味する。

まるごとデータをバックアップしようと試(こころ)みるのは実は今回が初めてで、この中古のパソコンを買った当初、何度かトライしたのだが、よくわからないので、重要なデータだけを外付けの※ハードディスクに入れてそのままほったらかしにしてあったりして、すっかり忘れてしまっていたのだが、音楽作成用として使っている※マックのノートパソコンの方が何度も壊れて、その度(たび)にバックアップの重要性を痛感し、昨年末にも、とうとうそのマックパソコンが完全にイカレてしまい、途方に暮れたのだが、バックアップをとっていたおかげで、現在は肝心の音楽データも失わず、快適に作業が出来ることになったので、この際(さい)、こちらのウインドウズパソコンの方もしっかりすべてのデータをバックアップする方法を学んでおきたいと今回の行為におよんだのであった。

※ハードディスク 家電量販店の店員さんからはハードディスクとはパソコンの心臓部のようなものと言われた。作成したデータの収容部

※マック アップル社が製造するパソコン

まだ回復ドライブ作成は半分くらいだ。。。

このブログでバックアップの仕方を詳細に述べても全然面白くないし、そんなこと期待されてもいないと思うので、今回はデジタル素人(しろうと)の私がいかにこのIT革命化の世の中のもとで、デジタル機器を使いこなし、悪戦苦闘して来たかの歴史を語ろうと思う。(笑)

パソコンを最初に買ったのは、※ウインドウズ98 SE(セカンドエディション)というやつで、まだITバブルと言われた2000年ちょっと前くらいだったと思う。デスクトップパソコンが20万とか30万する時代に、ソフトバンクの子会社が”サルでもできるインターネット”という触れ込みで、月1980円か?2980円?くらいで24回分割払いで家族の反対を押し切って買ってみたのだった。(笑)

※ウインドウズは過去約20年ほどさかのぼって、おおおまかに、98→XP→ビスタ→7→8→10 とOSのバージョンアップが、されて来ている。詳しくはウィキペディア

その安い、何の機能も付いてないパソコンを実は自分は10何年間使い続けて来て、今、使っている中古のウインドウズパソコンを中野のジャンク屋で買って来たのは数年前なのである。(笑)※OSがウインドウズ7だったのだがサポート期間が終了するというのでウインドウズ10にアップグレードしたのは昨年だ。(笑)

※OS オペレーティングシステム: Operating System、略称:OS、オーエス)とは、コンピュータのオペレーション(操作・運用・運転)を司るシステムソフトウェアである。

これとは別にノートパソコンを※ウインドウズとマックの2つ持っていて、ウインドウズの方は業務用、マックの方は音楽制作用として分けて使っていたりする。

※パソコンのOSにはウインドウズマックリナックス 3つある。

ウインドウズのノートパソコンの方を買ったのは2000年代中頃で、OSはビスタであった。結構、料金は高かった。家電量販店に騙(だま)されたと思っている。(笑)今から思えば全然容量だとかが小さいのだ。それ故(ゆえ)にあっという間に動作が遅くなってしまった。ここまではパソコン素人の一般の人が誰でも経験することだと思う。

悔しかったので、料金の元(もと)をとろうと、ああでもない、こうでもないと自分でネット検索をして調べていく内に原因は※メモリ不足だと思い、アマゾンでこのパソコンにあう、もはや世間に出回っていない内部メモリを探し出し、パソコンを一部分分解して取り付けてみると案の上、多少動作が速くなった。

※メモリ 家電量販店の店員さんからはメモリとは台所で料理をするまな板のようなものと言われた。

しかしOSがビスタだというのが致命的に古い!ということが段々わかったきた。(笑)世間はみんなウインドウズ10を使っているという。

OSは自分でアップグレードするものなのか!!

はじめて知った。(笑)しかしながらビスタは古過ぎてアップグレードするには専用の何万かするインストール用DVDを買わないといけない。悔しいのでヤフオクの香港の業者から海賊版DVDを激安で買って、悪戦苦闘の末、ウインドウズ7にアップグレードすることに成功した。(笑)成功したのはつかの間(ま)、今度はパソコン内部のハードディスクが完全に壊れてしまって、もう駄目かと思い、あきらめ半分、自分でハードディスク代わりに単体部品の※SSDを家電量販店から買ってきて、パソコンを分解して中にはめ込むとなぜだか上手く生き返って来て、九死に一生を得(え)たのであった。(笑)

※SSD 一般にハードディスクよりSSDのほうがパソコンの処理能力が断然速くなる

更に、1年前にウインドウズ7のサポートも終了すると言うので、ウインドウズ10にアップグレードしなければいけなくなったのだが、このノートパソコンが古すぎて、相談に行ったジャンク屋からは有料アップグレードするか、買い替えた方がいいと言われたのに、諦(あきらめ)ず、試しにウインドウズ10にアップグレードする方法はネット接続でできるのでやってみるとなぜだか上手くいってしまって、なんだ無料でできるじゃないか!と、なり、今でも月1回仕事の関係上このノートパソコンを使わせてもらっている。動作は多少まだ遅いが・・・(笑)

マックのノートパソコンの方は買って10年くらいするもので、音楽制作用として買ったものだ。当初は快適だったのだが、その内、動作が段々遅くなり、「COCOLO」という作品を創り上げて、最終段階のミックス・マスタリング作業をしている時に、とうとう動かなくなり(笑)、マックに詳しい知人を頼って行ったのだが、結局※ハードディスクが壊れているということが判明してしまい、バックアップもとって無かったことから、どうしよう・・・、と絶望の淵(ふち)をさまよい、あきらめかけたところ、その知人が機転を利(き)かせ、別のパソコンと共有接続して、「COCOLO」の音楽データだけを1日がかりで別のパソコンから取り出してくれたのであった。(笑)その時は、何年もかけて創り上げた自分の努力がすべて台無しになったような気分で、データをとり終えた時には本当に、またまた

九死に一生を得た!!

ような気分になったのである。(笑)その時の苦い経験が基(もと)となり、バックアップを忘れない内に必ずとるということと、もはや時代はADSLやWIFIの時代では無いと感じ、光ファイバーを家に繋(つな)いだのであった。

ただその時も、故障したハードディスクを取り換えるには、自分でそのマックパソコンを分解する勇気はなく、修理業者に頼んでなおしたのであるが、今回、昨年末、それ以来2度目の内部ハードディスクが完全にイカレてしまい、また、また、また、また、途方に暮れてしまって(笑)、前に修理してくれたその近所の業者に行ってみたのだが、コロナ禍で閉まっているし、もう10年くらい使っているので、最新のOSが入っているおニューのパソコンを買おうとも思ったりもしたのだが、いや、もう自分でやるしかない!それで駄目なら諦(あきら)めよう!と、思い切って自分で分解したのであった。(笑)

当日。まずウインドウズパソコンを分解した時に頼った、新宿のビックカメラに行ってみた。広い敷地の隅(すみ)っこに誰も寄らないような自作パソコンのコーナーがあり、そこの店員さんから前回はウインドウズパソコンの内臓ハードディスクを取り換えるには、大きさの違うモノがあって、板(いた)を挟まなければいけない場合もあるとアドバイスも受け、上手く成功したのだが、今回行って訊(き)いてみると、ここはウインドウズ機器ばかりで自分もウインドウズのことならわかるがマックに関してはわからないと言われてしまった。。。

ウ~ム、これまでか~!?

と、あきらめムードが漂って来た瞬間、「マック専用店なら秋葉原に”秋葉館”という店があるから、そっちに行ってみれば。」とアドバイスを受けたのだった。そうか!自分もそう思ってたんだ!検索で調べてみると、よく出て来るところなので、このあと寄ってみようと、ちょうど思っていたところであった。

この店員さん、やっぱりできる店員さんだ、またパソコンで何かあった時、この人を頼ろう・・・

と、内心思ってしまって(笑)、感謝の言葉を述べてビックカメラを立ち去った。そして急ぎ中央線から総武線に乗り換えて秋葉原に到着、小汚(きたな)いマンションの4階か5階の”秋葉館”に行ってみると、客は誰もいなかった。倉庫のようになっている・・・。ビックカメラの自作パソコンコーナーと同じように内臓メモリの型番表みたいなものが壁にかかっていて、ながめても素人の私には何もわからない・・・。

店員さんが一人だけカウンターにいて、思い切って「マックのノートパソコンおかしくなって、どうやら内臓のハードディスクが壊れているみたいで、代わりの内臓ディスクを探してるのですが?」と訊いてみた。何年発売のものだ?とか、いろいろ詳細を訊かれ、シドロモドロになってしまい、先方も

チッ、このど素人(しろうと)が!なんにもわからないのにウチに来るんじゃねぇ~!

といったような態度で、白い目で見て来るのだが、検索で調べ入念に書いて来たメモを渡すと、ようやく私の今の状況がわかってきたのか、親切に「この年のやつなら、このハードディスクが合いますよ」とか言ってきてくれるようになった。(笑)ただ、故障の原因が本当にハードディスクにあるかはわからない、可能性は高いだろうけど、パソコン内部を開けてみないことにはなんとも言えないと脅(おど)されてしまい、何でしたら当店がそのパソコンを引き受けて修理もいたしますけど、と提案もされたのだが、

もうここまで来たら自分でやるわい!

と、はねつけ(笑)、こうなったらダメもとで全部取り換えてやろうと思い、ハードディスクの代わりに、大容量の高速SSDを、ついでにメモリまで同時に換えてやろうと、ウインドウズのノードパソコンが壊れた時以上の大英断を下したのであった。(笑)

ハードディスクとメモリの同時交換!!思っただけでも立ちくらみしてしまいそうな感じがしたのだが、店員さんには弱気の姿勢を見せないように装(よそお)い、冷静に、これで自分でなおして駄目なら、また連絡します、と言ってSSDとメモリを買ってその店を立ち去ったのであった。

家に帰って、その後の展開も想像だにしない起伏(きふく)のあるものになったのだが、もう面倒くさいので書かない。(笑)とりあえずは我が家のマック・ノートパソコンは復活し、本日朝もサクサク動くのであった。よかった。よかった。

自分としてはパソコンが壊れるたびに、ハラハラ、ドキドキ、冒険するような気分になり、その障害を乗り越えると、気づけばいろいろなデジタルの知識が身についていたりなんかして、コロナ禍でどこにも行けないと嘆いている人は結構多いと思うのだが、身近なところで新しい発見なり、今まで経験したことのないような新鮮な体験とかも、旅行に行かずとも自分で工夫さえすればどこにいようとできるのではないかと、今回の件で思うようになってしまった。子供の頃にもどったような、夏の南の島の無人島に行ったかのような秋葉原への

小さな冒険だった。音楽配信中~♪

夜の散歩道 桃園緑道

夜の桃園緑道

5月も今日で終わりだ。もう半袖(そで)でいいくらい暑い。湿気もだんだん上がってきた。もうしばらくすると梅雨が来る。どうも自分は音楽ライブをやる時は結構雨男(あめおとこ)のような気がする。なんだかんだ言って先日のライブの夜も雨が多少降っていた。天気予報だと晴れるはずだったのにチェッカーボード(ライブバー)に行くのに歩いて行くのに差しさわりがないほどに小雨が降っていた。

このように私は月1回定期的にやっている音楽ライブに実は歩いて通っている。電車で1駅なのだが何せ散歩好きなので何十分間かかけて歩いて行くことにしていて、途中、通る道が桃園緑道(ももぞのりょくどう)と言われる散歩道だ。

緑道ということで道の左右にはいろいろな植物が植えてある。春には桜、夏はヒマワリ、秋はコスモス、そして冬はなんだろう?シクラメンが咲いてたり、まあ、そんな感じで日本であまり見ない木花もあったりして雑多な自然が感じられる散歩道となっている。

一番最初にこの桃園緑道を歩いた時に、この道の先がどこにつながっているのだろうかと思い終点まで行ってみようと歩いた先が、昔、中央線から眺めていた阿佐ヶ谷のケヤキプールのところだった。チェッカーボードはこのプールのもう少し阿佐ヶ谷寄りにある。

西の終点が阿佐ヶ谷ケヤキプールだったので、今度は東の終点を知りたいと思いある日曜日の早朝いつもと違う逆方向に向かって歩いてみた。環七の歩道橋を渡ってしばらく行くと八百屋さんみたいなお店があり、更に行くと道の舗装が変わって赤レンガになっている。そこからは中野区の管轄になっている。

更に歩くが道は一向に終わりがなく、これ以上歩くと家に戻れなくなるなと思い、道を外れて中野駅に出てブロードウエイ手前のマックでハンバーガーの朝食セットを食べて帰ってきた覚えがある。

その後、地図で調べると桃園緑道の東の終点はなんと渋谷にまで行ってるらしいのだが行ったことがない。いつかその終点まで歩きたいとは思っている。

このように私にとってこの緑道を歩くことは小さな冒険になっていて、散歩することで小さな発見をすることが楽しみなのである。先に地図で調べてから散歩のコースを決めることはまずない。チェッカーボードもこんな私の人生の散歩道の途中のひとつの道草でもあるのかもしれない。

上の画像は先日ライブに行く途中に夜の桃園緑道を撮ったものである。真っ暗に写っているが実際はこんなに暗くはない。しかし夜は人通りも少なく結構怖い感じだ。女の人一人では夜はたぶん歩けない道だが昼は様々な人が犬の散歩などしたりして行き交わっている。画像のもう少し先の左側には今、ちょうど季節なのかアジサイの花々が咲いていた。

あめあめ ふれふれ かあさんが
じゃのめで おむかい うれしいな
ピッチピッチ チャップチャップ
ランランラン  音楽配信