ラウンドミッドナイト

久しぶりに音楽をたっぷり聴く時間ができたので、お酒を飲みながら聴いている。肴(さかな)はカツオだ。ニュースで今年は千葉のカツオが大漁とのことで、近くのスーパーで買ってきてしまった。一切れ目だけが美味しくて、だんだん飽きて来る。そうか野菜を混ぜてないので、カツオの味だけだと生臭く感じるのだと思い、玉ねぎを切るのが面倒くさいので、キャベツを切って一緒に食べたところ、どうも違う?今夜は玉ねぎを切って残りのカツオを食べてみよう。

さて、何を聴いているのかと言えば隠すことも無い、「ラウンドミッドナイト」をまず最初にかけるのであった。「ラウンドミッドナイト」という曲を知らない人はたくさんいると思うので、簡単に説明すると、セロニアス・モンクと言うピアニストが作ったジャズのスタンダード曲だ。自分はこのモンクのピアノ演奏より、マイルス・デイビスがジョン・コルトレーンとやっている「ラウンドミッドナイト」を若い頃、最初に聴いて、”かっこいい~!”としびれたのであった。

実は今、この「ラウンドミッドナイト」をピアノで弾けるようになりたいと練習している。まだ始めたばかりなのだが、どうしても次の部分につなげることができずに困っていて、それで確認のために最初にモンクのピアノソロのテイクを聴き、次にマイルスの「ラウンドミッドナイト」を酒をチビチビやりながら聴くのであった。

久しぶりに聴く「ラウンドミッドナイト」は、あいもかわらず”かっこいい~!”と思うのと同時に、”ひぇ~、なんだこりゃ!?これどういう風に弾いてるの?むずかしい~!”と感じたりして、「なんだ、ただ譜面のコピーをするのだから難しいことないだろう?」と思われるかもしれないが、「ラウンドミッドナイト」という曲を聴いてもらえばわかると思うが、そういうただコピーするという曲ではなくて、どうとでも解釈できる曲でもあって、弾いている人の個性が出るのである。

10年ほど前にパソコンが壊れて、自分の音楽制作が滞った時に、コンビニでネットで見つけた「ラウンドミッドナイト」の譜面をプリントアウトして、練習していた時期があったのだが、もうすっかり忘れていて、あらためて今チャレンジしているのであった。

10年前もそうだったのだが、今回も譜面通りには弾かない。(笑)自分が頭に描いたイメージ通りに弾きたいのだ。モンクやマイルスとは違う、自分なりの「ラウンドミッドナイト」を弾きたいのだ。それで、久しぶりに一人で音楽をたっぷり聴く時間ができたのを機に、まずお手本としてモンクとマイルスの「ラウンドミッドナイト」をかけるのであった。

どちらの「ラウンドミッドナイト」も格好良くて、こんな風にさらさら弾けないのだが、モンクのピアノソロでも”ウーム、どうもよくわからんな・・・。”といった具合に悩んでいるのかな?と思ってしまう部分もあったりして、自分がどうにもつなげることができないと感じているところと共通項があるのかな?と思ったりもするのであった。ただ、この疑問点をクリアしない限り「ラウンドミッドナイト」は弾けないのだ。

そしてほろ酔い気分で、家の安い電子ピアノのふたを開け、誰にも聴かれないようにボリュームを落として、自分なりの「ラウンドミッドナイト」を鍵盤でなぞるのである。(笑)謎が謎を呼ぶ。”こう行っちゃうんだけど、あとが続かないしな・・・、けど、これじゃ、つまんないし・・・。いや、こうじゃまずいだろう・・・わかった、こうだ・・・。”そうこうしてる内に、寂しい大人一人だけの音楽三昧(ざんまい)の

夜は更(ふ)けていくのであった。

オリジナルソング。ダウンロード販売中。試聴も充実!聴いてみませんか!?気に入っていただけるようであれば、クレジットカード、paypal決済でお買い上げできます。よろしくお願いいたします!

他サイトでも音楽配信やってます。アップルミュージック、ユーチューブミュージック、ラインミュージック等でも聴けます。作品を通して聴いていただくのが一番のお勧(すす)めです。CDも販売中。

追悼チック・コリア

本日もいい天気。お昼に眼医者に行ってきました。かなりものもらいが治って来てるのですが完治まであともう少し、目薬が切れる頃に来てくれと言われました。中野から歩いて帰ってきて疲れちゃったので、コタツで横になってみかんを食べたのですが、やることが無くなり、自分の頭の中になんだかこのブログを書かなければいけないなんて、強迫観念(きょうはくかんねん)のようなものまであってりして、、、とうとう今、パソコンに向かったのでした。誰かに言われたわけでもなし、書きたくなければ書かなきゃいいのにね。(笑)

このブログにしろ、ユーチューブ、インスタ、ツイッターのSNSにしろ、なんだかネット上で始めた自分のページを常に更新していくことが辛(つら)い。(笑)こんなことに時間をとられて一体なにが楽しいのだ?前からずっとこんな風に思っていたりして・・・、やはり何をやるにしても継続(けいぞく)させるということは一番重要なことだと思うのですが、人間それがなかなかできない。(笑)大切なことは、経験上楽しくないと続かないということです。

楽しもうと思って、無理してがんばっても続かない。(笑)楽しいからこそ続けられる。私の考え方は基本こうなっていて、根性で何とかしろ!とか体育会系の先輩の人とかに子供の頃何度も言われたりしたことがあるのですが、どうしてもなじめず、こういう人生になってしまったのでした。(笑)

気晴らしに、今回も音楽をかけながらこのブログを書いておりますが、何を聴いてるかって?それはヒ・ミ・ツ・・・なんて言う気はさらさら無くて、(笑)珍しく本日はハービー・ハンコックの”処女航海”を久しぶりに聴いているのでした。先週もビル・エヴァンスを聴いていたしな。ジャズピアノを続けてるな、、、こうなったらチック・コリアかけよう!

かけちゃいました。チック・コリアも先日亡くなってしまって、なんとお悔(く)やみの言葉をかけていいのかわかりませんが、まぁ、会ったことも、話したこともない私からお悔やみなんていらないよ!と天国のチック・コリアから言われてしまいそうですが、残念なことであります。

ちなみに、 ビル・エヴァンス 、 ハービー・ハンコック 、 チック・コリア と3人のジャズピアニストのCDをなんで持っているかと申しますと、みんなマイルス・デイビスのバンドでピアノを弾いていた人達ばかりで、それで格好いいピアノ弾くな~!と思い、その人たち名義の代表的な作品を買ったのでした。

買ったのは良かったのですが、じつはこの3人の人達のジャズピアノ作品、私が想像していたものとはちょっと違っていて、すべてジャズファンにとっては歴史的名盤と言われているものばかりなのですが、私とすれば買った当時、期待外れ的な感じがしたのでした。

歴史的名盤を侮辱(ぶじょく)する気か!と、多くのジャズファンからお𠮟(しか)りを受けてしまいそうですが、私としてはマイルス・デイビスの作品の中での3人のピアノ演奏が好きで、その延長線上のものを期待して買ったのですが、けっこう違っていて、、、そこに戸惑ってしまったのでした。

マイルス・デイビスがいかにこの人達をうまく使っていたか今さらながら畏敬(いけい)の念(ねん)を覚えるのであります。

話がジャズピアノになってしまいましたが、なにも書くことがなかったので、本日はこれで良しとしよう。(笑)

チックさん、あの世でお幸せに!

なんかいいお悔やみの言葉が、思い浮かべられない。。。もう少し適切な言葉があるような気がしますが、

「リターン・ツー・フォーエバー」の最後の曲が終わったということでしょうか。

音楽配信やっております。気に入ったらダウンロードいかがなものでしょう?作品を通して聴いていただくのが一番のお勧(すす)めです。CD販売もしています。