自分のホームページの変更に3月は時間をとられてしまったが、一区切りつけたので、最近はまた自分の音楽の制作の方に戻ってきた。年末から正月明けにかけて録音した、かつてのギター、ピアノ弾き語りでしか唄ってなかった作品の完成形の今は※2ミックスをしている。

※2ミックス・・・パート毎(ごと)の多数のトラック(マルチトラック音源)をL+Rのステレオ2チャンネルにミックスダウンすること。

30曲近くあって大変なのだが、若い頃からずっと頭の奥底でうごめいてきた得体の知れないものの最終形を目の当たりにしていると言うか、何年もかけて表現できなかったものを歳をとった今ようやく現実世界に形として残せるようになったと言おうか・・・、時間を超えた不思議な感覚がある。

二十歳(ハタチ)そこそこで曲を創った若かりし自分の姿がそこにあって、歌詞なども若いな・・・とも思うのだが、他人にどう思われようと今さら全然気にしない今の自分もいて、この曲たちを唄うために自分はこの世に生まれて来たと思っている。(笑)

今回の録音ではじめて高級録音マイクをレンタルして使ってみたのだが、その影響がミックスをしている今になってようやくわかって来た。前は音楽ソフトに入っているイコライザーやコンプレッサーなど音を装飾するエフェクター系プラグインを色々駆使してわかりもしない感じで使っていたと言おうか、使わざるを得なかったと言おうか、現在の流行歌のすべてがそうしたプラグインの重ねがけで出来上がっていると思うのだが、高級録音マイクで録った音源は、余りプラグインを必要としない。

と言うか、何のためにエフェクターがあるかと言うと、音の不足分を補(おぎな)うために使用するのが本来の目的であり、音そのものが良いと思えば別にエフェクターを使う必要がないのだ。そう思ってしまい、特に唄にかけるエフェクターなどは今回ほとんど使っていない。

プラグイン(エフェクター)を使わないと、音が細くなって古臭い感じになるのだが、もういい。(笑)時代に合わせるつもりももう無い。(笑)だってエフェクトを何もかけない素(す)の唄が一番気持ちよく聞こえるのだもの!

こんな感じになってしまい、今ミックスしている作品は音の質感が今までとはちょっと違って薄い感じになると思う。

正月明けにバックコーラスを入れた時もそうだった。幾重(いくえ)にも重ねて録ってみたのだが、よくよく聞いてみると必要が無い。ハモリがあると派手に聞こえるのだが、形があるだけで意味がない。必要があるところだけにした。

録音された自分の声をはじめて聞いた時を思い出して欲しい。”何!?この変な声?”と誰もが思う。けどそれが一番かけがえのない大切な自分の声なのだ。人生にすれて、自分の声が美声だと思っている歌手やミュージシャンもたくさんいる。しかし私とすれば声にいい声、悪い声など違いなど絶対に無いと思っている。そんなの世間が後から色々な理屈をつけて洗脳した、魅力的な声とはこう言うものだと決めつけた声でしかないはずだ。

この

”何!?この変な声?”

と思った自分の声を最大限に自分らしく相手に聞かせるために、最初リズムを作り、ベースを入れ、礎(いしずえ)を築いた後、鍵盤やギターをその上に乗せて、時間をかけて創り込んで行く。ただし必要ない音はいらない。

できるだけシンプルに。わかりやすく。聞く側に立って。

これが私の音楽制作における信条である。

自分の正直な心の叫びを声に乗せるのだ。

そうすると、”何!?この変な声?”も、魔法がかかったように”何だかいい感じ!?”に聞こえて来たりもするのだ。(笑)

音楽配信中!!

YUKIO PIANO ダイジェスト

一期一会(いちごいちえ)

ご無沙汰しております。ここ1ヶ月以上このブログを更新してませんでした。余りに久しぶりなのでログインする管理画面に到達するために、やり方を忘れてしまい午前中の時間すべてを使ってしまいました。(笑)仕事もせず何をやっているんだ!と思い切り叱(しか)られそうですが今日は日曜日、休日なのです。休みの朝からブログでもたまには書くかと思いいつもと違うパソコンに向かうとログインできないのです!朝飯も抜きなんとか管理画面に到達できないかと悪戦苦闘したのですが、結局いつも使っているパソコンからログインする羽目(はめ)になってしまいました。疑問は解決したのですが、あいかわらず自分のアタマの間抜けさに愛想が尽きた次第。今更、変われるものでもなく今日も空は青くて広いぞ~!(笑)

ということで最近何をやっていたかと言うと、昔つくったギターとピアノで弾き語って来た曲のバンド化作業のいよいよ最終段階唄入れをやっていたのでした。自分でつくったバンドカラオケ演奏にメインのボーカルを近くの音楽スタジオに行って録音していたのであります。(笑)一番肝心な部分なので神経を使わなければいけない時期なのですが、世間一般の仕事が世の中がコロナで止まっていた時期から徐々に胎動がはじまっている感じで忙しくなって来たりもして音楽だけに集中するというのはなかなか難しい環境だったのですがなんとか録り終えました。しかしこれで安心というわけではなく必ず何処かにおかしなところが出て来たりもするので、もう暫(しばら)くは自分の音楽を冷酷に眺めてみようと思います。

さて毎回録音時にはその時ごとに自分なりのチャレンジをしているのですが、今回の目玉はマイクを替えてみることでした。今までは師匠の楽器屋の店員さんから宅録するにはこれで十分と勧(すす)められたマイクを使っていたのですが、いつまでも生きているわけではない今回がたぶん最後だと思い、思い切って高価なマイクを使ってみたのでした。そのマイクとはノイマンというドイツメーカーのもので昔からどこのレコーディングスタジオにも常備されている最もスタンダードなものらしく、価格が30~50万くらいする高価なもので、欲しいけど買えないと諦(あきら)めかけていたのですが、検索してみるとレンタルで貸してくれるところもあって、しかもその業者前にフェンダーのジャズベースを借りたところでもあり、3社ほど料金の相見(あいみつ)をとったのですが、そこが一番安かったので思い切って借りてみたのでした。

ノイマン U-87 Ai スタジオでこんな感じでセッティングしました。

いざ使ってみると、なんてことはない普通のマイクでポップガードもつけてうたっているのですが結構ポップ音(唄とは別の雑音)も入ったりして違いがよくわからなかったのですが、ミックスやマスタリングして行く内にこれが段々違いが出て来るのだろうなと思っています。

ポップガードも付けましたが、、、

唄い方に関しては今回なるべくワンテイクで録るようにしました。昔、飲み屋で美空ひばりにはテイクワンしかなく、テイクツー、テイクスリーはあり得ないと聞かされたことがあり、美空ひばりほどでないにしろ自分もそれほどの覚悟で唄をうたってみたいと思ったのでした。

思ったのは良かったのですが、自分の使っているロジックプロという音楽ソフトは曲を再生している途中によく止まってしまうので有名なソフトなのですが、今回も例にもれず、この瞬間は二度と戻らない!悔いのないように!と集中して唄っている途中でオケが止まってしまうのです。(笑)ウ~ッ。この心のダメージから回復するのもままならず、テイクツー、テイクスリーを録ったりするのでした。(笑)現実はそんな格好良くはいかない。

ただ短期間で何十曲も録ったので、喉(のど)が多少枯れてたりもしたのですがそれはそれで運命だと思いなるべくワンテイクで録るようにしました。人生は一期一会(いちごいちえ)。その瞬間、その瞬間を大切に。間違いなんて無いのだから。

こんな感じで手作り感満載で唄ってます。(笑)

次はこれから、この20数曲をもう一度チェックしなおしてOKであれば最後ハモりを入れなければいけない曲を見分けて、必要な曲にはハモりを入れようと思ってます。これがまた難しいんだ。

さてこのブログを書き終えたら散歩に行こう!天気も良いし。

音楽配信中です。聴いて気に入ったらお買い上げいかがなものでしょうか?