音楽の血

緊急事態宣言の1ヶ月の延長が決まった今年のGW、みなさんお家(うち)で何をなされてるのでしょうか?最近の報道を見てるとどうやらこの1、2ヶ月外出を控えればコロナも収束(しゅうそく)していくというわけではなさそうで、今後何年も付き合っていかなければならないことになりそうな論調に変わってきた。

ソーシャルディスタンス(社会的距離)を守って学校や会社に行く世界になって行くのだろうか?そんなこと言ってると集会なんてできないので、スポーツとかコンサートとか政治の街頭演説だってできないではないか?会社だって行く必要が無いのであればどんどん独立していく奴も出て来ると思う。誰もが想像できないような末恐ろしい世の中になって行くのかもしれない。

そんなことをぼんやり想像してみたが、、、考えたところで今現在、何か自分の行動が当面変わるわけでもなく自分は自分の音楽の道を行くだけである。今回は自分がこれまで聴いていいなと思ったり、影響を受けてきたミュージシャン(音楽家)のそのいいと感じた共通点について語ってみようと思う。音楽は主観だと思うのであくまで私の独断で語るものだ。

若い頃から色々な音楽を聴いて来た。ロックからブラックミュージックまで。歳と共にそれがジャズやラテン音楽になり、とうとう現代音楽に向かい、最近はもはやクラシック喫茶でバッハ、モーツァルトやベートーベンといった昔のドイツ音楽ばかり聴く生活になってしまった。原点回帰してるとも言える。(笑)

技巧的なものは全く別々のジャンルに当てはまるものでまちまちなのだが、自分の心の中ではこれらの音楽はすべて統一されているのである。それは音楽というのは最終的には血を感じさせないといけないということだ。

たぶん世の中には音楽を上手く奏(かな)でる人間は世界中にたくさんいると思う。しかし上手いだけや格好いいだけでは自分の心は動かない、、、そこにその人の血を感じさせないと駄目なのだ。血を感じさせると言おうか、その音楽の背後にどうしても血が漂って来てしまうと表現した方が正しいのかもしれない。

抽象的で曖昧な言い方ではなくて、ではその血と言うのは一体何かと言えば、具体的に言えばその人の歴史と地理でなければいけない。私にとっていい音楽とは、その人の親がどういう親であったり、地球上のどこら辺の街で育ったり、どのような社会環境であったりしたかをリアルに感じさせるものなのだ。

黒人のブルースにはその背後にあった奴隷制といった歴史を抜きには語れないし、アントニオ・カルロス・ジョビン(ボサノバの創始者)やピアソラ(アルゼンチンタンゴの神様)の音楽は私のような北半球で育った人間にしてみれば重力が逆になったようなリズムに感じられてしまい、地理的に南半球でしか生まれないような音楽に思えてしまう。そこに時空を超えて自分の知らない世界が広がっているような気がしてそうした音楽に夢中になってしまうのである。だから日本人がただ単に海の向こうのクラシックやジャズを演奏してみても、それは上手いのはよく分かるのだが、何を伝えたいのかどうもその意義がわからないのだ。

知り合いのご子息がお医者さんの卵らしく、まさかこの時期感染症の専門医になるのか?あるいは医者になったところでイタリアでは150人以上の医者が死んでますよ!と先日夜連絡をとる機会があり、酔っぱらった勢いで脅しのメールを送ったのだが、”外科医になります。”と素っ気ない返事が返ってきた。(笑)

このイタリア人医師が150人以上亡くなってしまった話とかを聞くと私の中では音楽の血を感じてしまうのだった。イタリアの人たちと言えばオペラを歌ったり、サッカーに熱狂したりなんかしてもの凄く感情的で情にもろいそんなイメージがあったりする。医療の現場でそんな情をはさむ余地などないのだろうが、ニュースに出て来るイタリアの医師は診療が終わった後に”医療崩壊が起きている。助けが必要だ。”とガサツにマスクを取り外して訴えていたりしたが、日本ではこんな適当なマスクの取り方などは多分ありえないだろう。

日本はしっかり情報が共有され管理されていて、医師も感染しているがイタリアほどの数でもない。しかし今日の新聞では東京ではコロナ陽性の可能性がある急患を受け入れる病院がなく患者は4時間以上たらい回しにされた事例が頻発していると書いてあった。感染症のことを知れば知るほどうかつに患者を診ると危険なのはもはや素人の自分でもわかる。自分がもし医師であるなら疑いのある患者を診たくないというのが誰もの本音だろう。

しかし、田舎にたった一人しかいないお医者さんが、夜中に門を叩かれ”ウチの爺(じい)さんが咳(せき)が止まらないんだ、苦しがっていて、コロナかもしれないがどうか診てやって下さい~!!”と涙目で懇願(こんがん)されたとすれば、そのお医者さんは門を開くのだろうか?しかもその爺さんというのはいつもピザが余ったらお裾(すそ)分けしてくれて世間話をしたよく知っているピッコロ爺さんだったならば・・・。

平時であれば躊躇(ちゅうちょ)なく誰でも診察に応じるだろう。しかし今回は感染する可能性はかなり高そうだ・・・、どうしよう?決断しなければいけない。アナタならどうしますか?自分であれば・・・自分であれば・・・多分できない気がする。しかし、

イタリア人の医師は診るはずである。医師である前に情が通った一人の人間であるからだ。それが今回語りたかった音楽の血でもある。音楽配信中

チェッカーボードの帰り道

チェッカーボードからの帰り道 JR中央線高架下

昨夜はチェッカーボード(阿佐ヶ谷のブルースライブバー)でライブだった。今回は4組の出演で1番目ということで夜7時30分から40分ほど唄ってきた。他の3組は有名な黒人ブルースやジャズのカバーをやっている人達で前に何度か一緒になったような気がするが、ほとんど会話もしないのでどうだったかは定かでない。

お客さんは相変わらずいない。忌野清志郎が自分の音楽を人気がとれないマイナーなブルース音楽と言っていたがその通りなのかもしれない。しかし清志郎が死んだ時、あれほど葬儀場の前にファンが列を成して悲しんだのも事実。ブルースはマイナーな音楽かもしれないが音楽の力(ちから)はすごいものだと未(いま)だに信じて唄ってる。

今回はいつもと違ってギターソロを入れてみることだった。大久保水族館というライブバーで演奏する時はカラオケをバックに唄って間奏にギターソロを入れているのだが、今回は間奏にカラオケが無いのでギターソロ1本でお客さんに聴いてもらうことになる。心配だったがやってみた。結果は、まぁ良くもあるし悪くもある。

バックにハーモニーが流れてないので、他人(ひと)が聴いてくれるかな?と心配したが録音したものを聴いてみると意外に普通に聴ける。ただチェッカーボードで演奏するようになって創った”アーモンド”というブルース調の曲の間奏がギターソロだけだと小節が数えられなくなって一体どこ弾いているのかわからなくなってしまうという前からの疑問点が解決されていない。ここをなんとかしないと。

今回の演奏メニューは1.アーモンド、2.タクシードライバーはAチューニング、3.ボクはモグラ、4.答え、5.間違ってない、6.太陽、というもので、動画も撮ったのだが照明の光が自分の後ろから出たり入ったりしてどうも気になって仕方がない、演奏も結構タイミングがずれていたりなんかしてよくない。”間違ってない”という曲は前回上手く唄えなくて今回あらためて唄ってみたのだが4回繰り返すところ5回繰り返してしまったりしている。色々(いろいろ)あるが、後日まとめてyoutubeにアップしてみようと思う。

ライブ=生きてる、ことに間違いなんてないと思っている。自分の行動には何か意味があるのだ。行動には無駄なものは無い。遠回りには遠回りの意味がある。明日を信じてまた唄うだけだ。ライブ聴きに来ませんか。

あなたに出会えることを夢みて。

音楽配信

カラオケ嫌い

来週の水曜日は阿佐ヶ谷チェッカーボードでライブだ。そろそろ準備しないといけない。何を準備するのかといえば単に曲順を考えるくらいなんだけれど。(笑)そんなこともないか?練習もしたりするからな。

他人のカバー曲をやるのは実は3曲ほどある。しかし全部ピアノの弾き語りなのでチェッカーボードではやらない。ここではすべてギター弾き語りなのだ。いや、そんなこともない?鍵盤を借りてやっている女の子もいた。

ともあれ、チェッカーボードでやる時は私はギター弾き語りなのである。「cocolo」という何から何まで全部ひとりでやった作品をつくった時、ライブでは当然その曲を一人で再現できないので録音したカラオケをバックにして唄っていいかと訊いたのだが、ウチは生演奏一本ですと言われてしまい、そうであればと腹をくくってギター1本片手に、片手じゃないな、両手か?唄をうたっている。

いまどきカラオケ演奏は禁止という店は少ないと思うが、ブルースのお店ということもあってか生演奏しか駄目なようで、なかなか筋(スジ)が通っていて宜しい。

実はライブバーで自分のオリジナル曲を唄っているくせに、カラオケが苦手なのである。自分の曲のカラオケは仕方なく唄っているのだが、一人で自分で駅前のカラオケボックスとかに行って他人の歌をうたったりしたことがない。いや、カラオケボックスには行ったりするのだが、それは自分の曲を練習する時に音楽リハーサルスタジオ代わりに料金が安いので仕方なく使っていたりするものだ。

ところが意外に私みたいな使い方をする同業のオジサンみたいな人達がアコギを背中に背負ってカラオケボックスにいたりなんかする。このオジサン、カラオケ歌いに来てる割にはなんとなくミュージシャンぽい、同業なのかな?冴えない顔つき、オレと同じだな?と内心思いつつエレベーター前ですれ違ったりする。(笑)

このように私はカラオケが好きではない。誘われて渋々歌ったことは何度もあるが、他人(ひと)を自分からカラオケに誘ったことは一度もない。昔、なんで自分で曲を創って唄っているのにカラオケが好きじゃないの?と私のライブに来てくれたお客さんに訊かれたことがある。どう答えたか忘れてしまったが、今考えると自分が考える唄の在り方とカラオケの世界は根本的に違っているように思う。

まず自分の唄は手作りである。カラオケは自動演奏だ。そう、楽なのだ。楽して歌ってはいけない。唄の重みがわからない。気持ちよく唄うにはどれだけ綿密な計算が裏で働いていなければいけないのに、それを体感できないのは私にとっては唄でない。

次にカラオケだと点数がついてしまう。唄に点数などないと思っている。そんなにこだわらなくても・・・と確かそのお客さんにも言われたような気がするが、私から言わせるとなんで歌に点数をつけるのだろうと思ってしまう。

唄に上手い、下手はない、聞いてくれる人が上手いと思えば上手いし、下手だと思えば下手なのだ。点数をつける意味がわからない。唄はコミュニケーションの手段であり、学校の成績ではないはずなのに。カラオケの点数が高くでる人は自分が歌が上手いと思ってしまい、低い点数の人は歌が下手だと思い込まされる・・・。

そんなわけないじゃないか~!

唄は自由である。偏差値なんて本来ありはしない。音楽を勉強し競わせれば商売になるために点数は必要なのかもしれないが、世の中みんなそこで踊っているだけで自分が求めている唄はそこにはない。だから私は駄目なのかもしれないが・・・。

お酒を飲みながらカラオケで有名な曲をみんなと楽しく歌うよりも、なんだこの唄は?と白い目で見られ無視され続けられた方がいい。現実そうなのだが・・・。

だって自分は自分なんだもの。音楽配信

ボクはモグラ

”ボクはモグラ”ギターバージョン

GW中あまり音楽と関係のない話が続いたので、今回も自分のオリジナルソングの紹介をしたいと思います。今回は私の代名詞のように言われている「ボクはモグラ」という曲を取り上げます。

”YUKIO”と呼ばれずに”モグラさん”と言われるくらいに若い頃からもう何度も唄っている唄です。実は私の中ではもう飽きちゃってます。しかし、それだけ気に入ってくれるなら死ぬまで唄ちゃおうじゃないですか。この曲を避けてた時期もありますが、最近はウケを狙うために必ずやるようにしてます。だって他人(ひと)に喜んでもらってなんぼのものですもの。

「ボクはモグラ」を聴いたことのない人には最初にこの曲の特徴を伝えておかなければなりません。”モグラ、モグラ~”を死ぬほど連呼する唄で、数えたことはないのですが相当数繰り返してます。昔の円(まどか)広志の”飛んで、飛んで~”という唄と同じようなものです。真似(まね)をしたわけではないのですけど・・・そう聞こえて来たんですね頭の中に。

それだけ”モグラ”を繰り返すので、ライブでこの曲を聴いた人からは”モグラ”という言葉が頭にこびりついて離れなくなるとよく言われます。私の代表曲の一つといっていい唄なのですけど、今回この唄を紹介するにあたって歌詞の内容とか差しさわりのないことを述べてもいつも通りで面白くないので、今回なるべくわかりやすく音楽的にこの曲がどのようにつくってあるのかを説明したいと思います。

実はこの曲にはギターとピアノのバージョン二つあって、作品に入れているのはギターの方なのですね。そしてアレンジが微妙に違ってます。基本はどちらもブルース調です。(※ブルース調とはド、ミ、ソ、シ♭の上にミ♭が上をよぎるスケールだと思っています。ダイアトニック上、ピアノでいう白鍵だけの音だとスケール音の”ミ”とそうじゃない”ミ♭”がぶつかってしまい昔の古典クラシックではご法度(はっと)の音ですが現在では巷(ちまた)にいくらでもありふれている手法と私は解釈しています。)

ギターは間奏をハーモニカで吹いて、ピアノはそのままピアノでソロをとってます。一番印象的な”モグラ、モグラ~”を連呼する部分は和音でいうC7(ド、ミ、ソ、シ♭)でずっと和音が変わらないという私独特の癖なのですが、それよりも一番苦労したのが唄の最初の循環する和音の部分です。

ここからはそれなりに音楽を勉強してる人しかわからないと思いますが、わからなくていいんです。音楽はわかる、わからないかじゃなく、好きか、嫌いかだけなのですから。とりあえず解説すると、

C7→Am(ラ、ド、ミ)と来るのですが、次フォークソングであればメロディーとの関係でG7(ソ、シ、レ、ファ)と普通来るのでしょうけどD7(レ、ファ♯、ラ、ド)に行き、最後またc7に戻ります。C7→Am→D7→C7を4回くりかえして延々C7という大胆な展開。どうだ!こんな和音進行、どこにも見たことないだろう。馬鹿にしてください。私こんな曲しかつくれないんです。

そして最初の”ボクはモグラ~”とはじまるメロディー、特に”ボクは”のところの音が鍵盤上に無くてピアノバージョンをつくる時には工夫しました。どう工夫したかというと、ここのメロディーを唄おうとすると2つ旋律が出て来るのでどういうことなのだろうか?と私自身もわからなくて悩んだのですが、その2つを同時に鳴らしちゃいました。そうすると気持ちよく唄えるようになったのです。わけが分からないだろう~。

ギターバージョンの方がたぶんみなさん気に入ってくれてるようなのですが、ピアノの方がよりこの曲の特性を細かく表現していると思ってます。

楽器を勉強してる人しかわからなくて申し訳ないです。間奏部分は頭の循環コードと同じC7→Am→D7→C7なのですが、ギターバージョンのハーモニカではセカンドポジション(キーがCに対する4度上のF調整ハーモニカ)で吹いてただのブルース調になってます。しかしピアノだと実は最初のC7のところをミ♭を入れたCのブルーススケール、Am→D7のところはなんのスケールだろう?要はDのミクソリディアンスケール(レ、ミ、ファ♯、ソ、ラ、シ、ド)で、終わりのC7のところはCのリディアン7thスケール(ド、レ、ミ、ファ♯、ソ、ラ、シ♭)と使い分けています。

この曲の最後部分C7→D7→E7→F7→G7→C7(もう面倒くさいので解説しませんが、、、)もダイアトニック(白鍵だけ)進行とは関係なくわけがわからないですが、転調しています。調がブルーススケールのまま転調してるのです。

「ボクはモグラ」を唄う時の私の頭の中をはじめて暴露(ばくろ)してしまいました。まるでストリッパーになった気分。音楽に詳しい人はこれを読んで笑ってください、馬鹿にしてください。けど、いつかあなた方の考え方の方が古いと気づくでしょう。音楽に詳しくない人は何を言ってるのかわからないと思いますが、申し訳ございません!とりあえず「ボクはモグラ」を聴いてみてもらえないですか。理屈はどうだっていいんです。唄がイカしてるかどうかだけです。気に入ってもらえれば最高です。


「ボクはモグラ」おもしろい曲でもありますが、実は前衛的な曲でもあるので、ぜひ聴いてみませんか。よろしくお願いします。音楽配信

”ボクはモグラ”ピアノバージョン