ボクの音楽作品

これまで4つ音楽作品をつくって来たのですが、なかなか売れず悔しい思いをしてきました。普通はここまで相手にされないととっくの昔に音楽を止めているのでしょうけれど、なぜか自分の方が世の中の大半よりいい曲をつくっているという気持ちが心の奥底にマグマのように渦巻いていてどうしようもありません。笑ってください。(笑)

たぶんこのまま、どこぞの馬の骨として死んでいくのでしょうけど後悔だけはしたくありません。頭にある音を全部外にはきだして野垂れ死にするのであれば本望だと思ってます。

じつは5つめの作品がもう出来ていてはやく表に出したいのですが、曲以外もすべて自分一人でやっているので前に進みません。今回の作品は前4つの作品からこぼれ落ちた曲と多少齢(とし)をとってからの曲を混ぜたものになっていて、そんなに難しい感じにはなっていません。

前2つは自分では渾身の作品だと思っているのですが、大手CDチェーン店で置いてもらう事すらもできず、であれば別にCDにしなくて配信だけでもいいのではないかと思ったりもして、音楽配信といってもストリーミングだとほとんどお金にならないし・・・、ダウンロードだけにしようかそれとも今の時代やはりストリーミングサービスは無視できないから併用にしようか?とか悩んでます。

ホームページも自分でつくっているので、5つ目の作品のページをあたらしく制作して追加しないといけないのですが、このブログを書いたりユーチューブの動画を作ったりしたりなんかしてなかなかそれすらも思うように進んでいかない。

本当は唄をつくって唄ってたいだけなのに、ミックスやってマスタリングやってジャケットつくらなければいけないし、音楽配信の手配もしなければいけない、ホームページに新しいページをつくって、ブログ更新して、ユーチューブ動画編集して、購買に直結するランディングページをつくらないといけない。そのうちライブの日が近くなってきて多少ギター弾いたりして練習して・・・。

フェイスブックやツイッターにどうでもいいことつぶやかなければいけないし、インスタもそういえば随分投稿していない。本当はこんなことどうでもいいんだ・・・。

唄を唄ってたいだけ。ただ、それだけ。

それだけのためにがんばる!遅々として進んでいかないけど、ひとつひとつ目の前のものをこなすしかないんだ。音楽配信

こころを開いて 音楽の効用

昨日、荻窪のなんだっけ?温泉、、、昔はユートピアと言った都市型の集合巨大銭湯に行ってきた。いわゆる大江戸温泉みたいなやつ。行ったことないんだけど、、、。一度東京ドーム隣のスパガーラだっけか?一回行ってみたいと思ってるのだが、行ったことが無い。あと歌舞伎町にゴジラが屋根にのってるところにも一回でいいから行ってみたいと思っているのだが、行かないだろうな、、、。機会がない。

(後記:スイマセン、お酒を飲みながら書いたのでぶっきらぼうな言い方をしてしまいました。ユートピアとは現在の「なごみの湯」です。スパガーラは「ラクーア」のことです。不愛想な表現になり関係者の皆さまがお読みになれば気分悪くすると思います。軽率な表現でした。)

日本人に温泉嫌いな人はいないと思う。誰もが大好き温泉。久しぶりに行ったけどものすごい混んでて、サウナ入りました!水風呂気持ちいい。ゴールデンウィークに行くと誰もいないのに、中途半端に普通の日曜日に行くともう嫌になっちゃうくらいに人だかり。大みそかに行ったこともあったな、、、。その時は静かで誰もいなかったけど、露天風呂に浮いてたものは温泉の花だったのか他人(ひと)の垢(あか)だったのかいまだに謎だ。

風呂に入ると、気持ちがゆったりする。小さいことをネチネチ考えてたって仕方がない。こころを開かなきゃ。世間は狭く窮屈だけど、それは自分がそう思っているだけ。気持ちを大きく持たなきゃ。

インターネットもそんな気がする。ユーチューブもフェイスブックも他人(ひと)の数字を見て凄いな!なんでこんなフォローされるんだろう?とうらやましく思ったりするのだが、実はそういうの何もみてないんだよな、、、。中身は何も見てなくて数字だけ見てる。オレだけなのかな?

けどネットに流入する広告宣伝費がテレビの宣伝費をとうとう超えるらしいと本当かどうかわからないけど先日ちらっと聞いた。おもしろい時代になってきた。

表層数字だけを追ってはいけない。数字だけを追うと絶対しあわせになれないような気がする。こころを大きく持って、広げて、おおらかに。お風呂に入ってゆったりすればいいんだから。

何かが見えてくる。音楽配信