1曲目

前回も書いたのだが、今、かつてギター、ピアノ弾き語りで唄って来た曲をドラムやベースなども入れた完成形を制作している。ギター弾き語り「YUKIO」に入っている15曲の内の14曲と、ピアノ弾き語り「YUKIO PIANO」に入っている13曲、それと今までバンド形態で制作してきた作品の中からもれた2曲の合わせて計29曲を完成させようというのだ。結構大変である。

ギター弾き語りの残りの1曲は、もう完成されていて、まだ公(おおやけ)にしていないが、次の作品の中にバンド形態として入っている。今回の29曲を完成させれば、私の青春時代から45歳過ぎの老年手前までに創ってきた唄たちを全部完成させたということになる。この作業が済(す)めば、もうほとんどこの世に生まれて来てやり残してしまったと後悔しそうなものも無くなるような気がして、肩の荷(に)も降りそうだ。(笑)

さて、この29曲をどうまとめるか?前からずっと考えていた。自分とすれば1曲1曲を無料(ただ)でネット上でストリーミングで聴いてもらうという気はサラサラ無く、やはり作品としてまとめたい、が、しかし、29曲を詰(つ)め込んでしまうと、最初から最後まで聴くには3時間近くかかってしまう。今までの私の5作品も結構長くて、1時間を超える作品ばかりで、直近の「月」という作品が一番短くて、それでも50分強ある。(笑)

3枚組の大作(たいさく)を作って驚かせる手もあるのだが、そういうことができるのは何をやってもついてくるファンがたくさんいる人であればいいのだろうが、私のようなファンもいない歌手がそんなことやっても誰も聴いてくれないので、1作品45分前後の3作品に分けることにした。45分くらいであれば昔のLPレコードやカセットテープみたいで丁度(ちょうど)いい気がするのだ。ただ適当に29曲を3作品に振り分けるのでは面白くないと言おうか、やはり一つ一つの作品にはコンセプト(共通の概念)を持たせた方がいいと思い、ちゃんと最初から最後まで曲がスムーズに流れるように、曲順を先週はああでもない、こうでもないと決めていたのだった。

今までの作品は、「月」以外は、基本唄が思い浮かんだ順で並べてあって、ギター弾き語り作品も、ピアノ弾き語り作品も古い順に並べてあるので、今回すべてを一旦(いったん)分け隔てなく混ぜ合わせて、あらためて3つに仕分けしてみたのだった。

そこで気づいたのは1曲目の大切さということだ。まず最初の1曲目を、聴いてる人が面白いと思ってもらわない限りは、それ以降は聴いてもらえないことになる。5曲目や6曲目にいい曲が入っていると主張しても、1曲目を気に入ってもらえなければ、意味がなくなってしまう・・・。

子供の頃に、どんな有名歌手もアルバム1曲目は自分の1番売れそうな曲を持って来て、あとは結構(けっこう)手抜きの曲が並んでいると聞いたことがある。(笑)そう思うと、今まで自分の5作品の1曲目をどの曲にして来たか振り返ってみた。ただ単に古い順ということもあるのだが、1曲目にしたという理由はそれなりにあったような気がする。

ギター弾き語り「YUKIO」1曲目は”たまご”という唄だ。昔、学生時代に創った曲で、他にもいろいろ作ったのだがろくでもないものばかりで、唯一(ゆいいつ)これはいけるかな?と思った曲だ。創った当初は”気まぐれ風子”という曲名だったのだが、歌詞が気にくわず、”気まぐれタンゴ”という歌詞にして若い頃は唄ったりもしたのだが、やはり気にくわず、とうとう最後”たまご”という歌詞にして落ち着いた。(笑)なぜ、こんなに右往左往(うおうさおう)したかと言うと、間奏部分がどうにもはっきりしないと言うか解決できなくて、悩んでしまったのであった。

ピアノ弾き語り「YUKIO PAINO」の方の1曲目は”音楽になりたい”という唄で、こちらははじめてピアノで創った曲だ。この曲も間奏部分がわからず、何十年も悩み続けてようやくわかって「YUKIO PIANO」の最初に入れたのであった。間奏はディミニッシュをそのまま豪快(ごうかい)に入れている。(笑)どんなもんでぃ!笑うなら笑ってくれい!(笑)知り合いのピアニストの人とかにも、この曲を聴いてもらって、相談もしたのだが、散々、吉祥寺の呑(の)み屋で馬鹿にされ、けなされたのだが、高田渡がかつて通っていたという赤ちょうちんのママさんだけは、”いいじゃない!”と言ってくれた。(笑)そのママさんも癌(がん)で亡くなったという。寂しい限りだ。この曲はディミニッシュだけではなくて色々な仕掛(しか)けがあって、複雑で、前にこのブログでも多少自己解説したのだが、今回はもう面倒くさいのでここまでにしておく。(笑)

バンド形態「COCOLO」の最初の曲は、この作品のタイトル名にもなっている”COCOLO”という曲だ。この曲は今まで自分で創って来た曲の中で一番優(すぐ)れた曲だと自身では思っている。とりとめのないメロディーが最初ちょこっとあって、あとは延々ピアノソロのようなものが続いていくだけで終わっていく。わけのわからないピアノソロ・・・、適当に弾きやがって!下手(へた)くそ!と、まあ、普通はそう思われるのでしょうが、ところがどっこい!適当にこの曲を弾いているわけではないのだ。実は曲のアタマからフェードアウトしていく最後まで、ちゃんとした規則にのっとって演奏してるのであって、気まぐれにフリーで演奏しているわけではない!と、このことだけは言っておきたい。誰もわかってくれないが。(笑)

次のバンド形態作品「太陽」1曲目は”結露(けつろ)”という、こちらは唄のないインストの曲でこの作品は始まっている。打ち込みのキックを強調しようと、低音を出すプラグインを使っていたりする。音楽的には、ひとつのアルペジオ風のメロディーが流れていて、繰り返されるごとに、それが徐々に変化していく形になっている。短い曲だ。ディスクユニオンにCDを置いてくれないかと交渉したのだが、担当の人から、ウチとはこうした曲は傾向が違いますからとかなんとか言われて、適当にあしらわれたのだが、ではディスクユニオンの傾向というのはどんなものなのだよ!?と言いがかりもつけたくなると言おうか、どうせロックだとかポップなものしか聴いてないんだろう!と腹わたが煮えくりかえってしまった記憶もある。(笑)

1年前に作った「月」という作品1曲目は”熱帯夜”という曲で、これも古い唄で、昔は”熱体夜”という曲名にしていたのだが、演奏するたびに、漢字が違う!!”体”じゃなくて”帯”だ”帯”!!と言われ続け、わざとそうしてるんだ!と主張するのだが、馬鹿(ばか)扱いされてしまい、とうとう今回自分の方が折(お)れてしまって”熱帯夜”という漢字で正式につくったのだった。(笑)音楽的には、こちらも難しい唄でリズムが無いと言おうか、リズムの代わりに水流の音を後ろに使っている。

このように今まで創って来た作品の1曲目を、なんだかおもしろおかしく振り返ってしまったが、(笑)私の場合、1曲目をあえて万人(ばんにん)受けするような曲をはずしているような気がしないでもない。と言おうか、万人(ばんにん)受けするような唄がそもそもないと言ってしまえばそれまでなのだが、(笑)もう少し音楽的に単純な曲を1曲目に持ってきてもよかった気もする。しかし、例えそうしたところで結果がなにか違ったと言おうか、ディスクユニオンの担当者が「この曲いいね!ウチで置いてあげるよ。」と言ってくれたとも思えないのである。まあいいか。(笑)

さて、今回の3作品の1曲目を何にするかと言うと・・・、それはまだ内緒なのであった。(笑)

音楽配信中

真っ白な履歴書

実は今、ギターとピアノの弾き語りでしか人前でやったことのない曲をリズムを入れたバンドアレンジにしようと思って作業にかかっている。なぜ今までそれをしなかったかというとかつての苦い思い出を語らなければなるまい。

若い頃いくつか自分のオリジナル曲を演奏してくれるバンドもやったのだが、他人(ひと)が自分の思い描いたものをやってくれることはまず無くて、であれば譜面を渡せばいいと言うかもしれないが、そんな環境に置かれたことがまずないのである。

譜面を渡したことはないが、それに近いここのメロディーはこう吹いてくれとか、ここのベースラインはこうだとか具体的に言ったりもしたこともあるのだが、まず余りいい顔されない。(笑)

なんでオマエの言うこと聞かなきゃいけないの?オマエの曲を弾いてやってるんだよ!

と、こういう顔をされるのが常で、結局は各人の好きなように弾いてもらうことになってオリジナルの曲はぐちゃぐちゃになるのを何度も繰り返してしまうだけであった。

そうであれば一人でギターやピアノの弾き語りして、そこで自分の表現したいものの本質がすべて出せるのであればそれで十分との思いで、ギターとピアノの弾き語りの作品を録音したのである。

時がたって、現在なんの拍子かストリーミングサービスでこれらの曲を聴けることになっている。ストリーミングサービスというものがどのようなものかもわからない内に興味本位で登録してしまったのである。(笑)登録した後もの凄く後悔したのだが、よく考えなおして、そうかギターとピアノの弾き語りの曲をこのままストリーミングサービスで残して、バンドバージョンの完成形を作ってそれは有料にしてやれと思った次第なのである。あくまでギターとピアノの弾き語りバージョンは自分の音楽の入り口に置いておこうと考えたのだった。

ストリーミングサービスで私の音楽に更に興味を持ってくれた人がもっと聴きたいと思った場合に対価を払ってバンドバージョンを聴いてくれればいいと思ったのだ。

現状の数字ではそんなのバンドバージョン作ってもほとんど売れやしないという状態なのだが、いいのだ。

命がけで創って来た唄を無料(ただ)で聴かせてやるわけにはいかねぇ。

摩擦もなく楽しいだけの音楽を聴きたい人たちは(楽しくない音楽は聴きたくないのだが、、、自分の中に矛盾がある、、、)、スマホでお洒落にストリーミングサービス使って有名な流行ってる曲を聴いて、夏には音楽フェス行ってバーべキューやって、高層マンションに住んで、満員電車に乗って死んでいけばいい。

多少、過激な表現になってしまったが、、、(笑)なんとかこの売れない現状を変えていきたいのだが糸口が見つけられない、、、。

ギターとピアノの弾き語りバージョンの曲だけでも25曲以上あるんだから、それを全部一人でアレンジして、録音して、ミックス・マスタリングして、いろいろな手配して、、、完成するのはいつになるのだろうか、、、?

このブログ書かなきゃいけないし、井の頭公園に唄いにも行かなきゃいけない、、、

生きていないかもな、、、。

しかしまだ心の内には燃え盛っている炎がある。もう一度言う、自分の唄は商売には向いていないかもしれないし、みんなで楽しくワイワイやる音楽でも無いのかもしれない。勿論有名なものでもないし、肩書など何にもない。昔、面接官に自分の履歴書になんにも書いてないので笑われたことがあった。真っ白な履歴書。(笑)あっちにフラフラこっちにフラフラ溺れそうになりながらも死ぬ気で唄を創ってきた。あくまで自分は売れない、誰にも相手にされない現役!現役!の歌手、音楽家なのだ。定年した後、趣味で音楽をやっている人間と一緒にされたくない。このまま野垂れ死にするのだろうけど、

命がけで創って来た唄を無料(ただ)で聴かせてやるわけにはいかねぇんだよ!!

おしまい。(笑)音楽配信

メロディーが先か、言葉が先か

誰にも相手にされず、これまでに4つの作品をつくって来た。古い順に並べて「YUKIO」、「YUKIO PIANO」、「COCOLO」、「太陽」。前2つは最もシンプルにギターとピアノの弾き語り、あとの2つはリズムも入れて楽器演奏からミックス、マスタリングまですべて自分でやった複雑な一人バンド形態になっている。

対照的なのだが、それだけではなくて実はこの最初2つと後2つの作品群では決定的な違いが自分の中ではあったりする。

それは唄の創り方がメロディーが最初に閃(ひらめ)いたのか、言葉が最初にあったのかの違いである。メロディーが先か、言葉が先かで決定的に唄の本質が違ってくるのだ。

「YUKIO」、「YUKIO PIANO」の弾き語り作品の方は言葉が先にあって、「COCOLO」、「太陽」のバンド形態2つはメロディーが先になっている。

弾き語り2つは言葉がやはり最初に聴こえて来る。バンド形態の方は歌詞にも気をつかっているのだが、よく聴かないと何を唄っているのかよくわからない。メロディーが先にあって後から言葉を足したからだ。

なぜこのような違いがあるかと言うと自分でもわからない。ただ「cocolo」という曲のメロディーが閃(ひらめ)いて以来ずっと私の唄はメロディーが先にできて来て歌詞を後からつける形になっている。

弾き語り2つは日本語でしか唄えない、あるいは成立しない唄で、バンド形態2つは日本語で唄ってはいるが、別に日本語でなく英語で唄ってもおかしくないような気もする。

どちらが良いのかわからないが、これらすべての作品は私の中から流れ落ちてきたものなのですべてを引き受るしか説明がつかない。

誰も聴いてくれない自分の作品を分析しても仕方がなのだが、メロディーが先か、言葉が先かで自分の中ではここにもの凄い断層があるのだ。ライブではなるべく混ぜないように気を使ったりもするのだが、たくさん唄ったりしなければいけない場合など致し方なく混ぜたりしたりもする。

自分の気持ちの中では昔のように先に言葉が出てきてもらいたいと実は思っていて何とかならないかと考えるのだが、考えて唄ができるものでもなんでもなく今、現在もこのような状態なのである。しかしながら、私の想いとしては自分が普段使っている日本語という言葉のイントネーションがやはりその曲のメロディーに影響を及ぼすのが自然のような気がするのだ。

欧米の音楽ばかりを聴き過ぎたのかもしれない。確かに日本語で唄われた曲なんて大人になってほとんど聴いて来ていない。しかし実は自分は日本の民謡でしか踊れないということも知っている。

欧米の音楽ばかりが情報として入ってきて価値のあるものだと思われがちだが、中国の音楽も聴いてみたい。特に中国の結婚式でみなさんお酒を飲みながらどんな唄を唄っているのだろうか?10億人もいるのだから人それぞれ色々な唄を酔っぱらいながら唄っているのだろうと想像すると楽しくてしようがない。日本にさえ地方地方に様々な民謡があるのだから、中国行くともっと百花繚乱の民謡が聴けるような気がするのだ。

話がそれたが、私のこの4つの作品試しに聴いてみませんか?行きつく所はここなのです。(笑)音楽配信