真っ白な履歴書

実は今、ギターとピアノの弾き語りでしか人前でやったことのない曲をリズムを入れたバンドアレンジにしようと思って作業にかかっている。なぜ今までそれをしなかったかというとかつての苦い思い出を語らなければなるまい。

若い頃いくつか自分のオリジナル曲を演奏してくれるバンドもやったのだが、他人(ひと)が自分の思い描いたものをやってくれることはまず無くて、であれば譜面を渡せばいいと言うかもしれないが、そんな環境に置かれたことがまずないのである。

譜面を渡したことはないが、それに近いここのメロディーはこう吹いてくれとか、ここのベースラインはこうだとか具体的に言ったりもしたこともあるのだが、まず余りいい顔されない。(笑)

なんでオマエの言うこと聞かなきゃいけないの?オマエの曲を弾いてやってるんだよ!

と、こういう顔をされるのが常で、結局は各人の好きなように弾いてもらうことになってオリジナルの曲はぐちゃぐちゃになるのを何度も繰り返してしまうだけであった。

そうであれば一人でギターやピアノの弾き語りして、そこで自分の表現したいものの本質がすべて出せるのであればそれで十分との思いで、ギターとピアノの弾き語りの作品を録音したのである。

時がたって、現在なんの拍子かストリーミングサービスでこれらの曲を聴けることになっている。ストリーミングサービスというものがどのようなものかもわからない内に興味本位で登録してしまったのである。(笑)登録した後もの凄く後悔したのだが、よく考えなおして、そうかギターとピアノの弾き語りの曲をこのままストリーミングサービスで残して、バンドバージョンの完成形を作ってそれは有料にしてやれと思った次第なのである。あくまでギターとピアノの弾き語りバージョンは自分の音楽の入り口に置いておこうと考えたのだった。

ストリーミングサービスで私の音楽に更に興味を持ってくれた人がもっと聴きたいと思った場合に対価を払ってバンドバージョンを聴いてくれればいいと思ったのだ。

現状の数字ではそんなのバンドバージョン作ってもほとんど売れやしないという状態なのだが、いいのだ。

命がけで創って来た唄を無料(ただ)で聴かせてやるわけにはいかねぇ。

摩擦もなく楽しいだけの音楽を聴きたい人たちは(楽しくない音楽は聴きたくないのだが、、、自分の中に矛盾がある、、、)、スマホでお洒落にストリーミングサービス使って有名な流行ってる曲を聴いて、夏には音楽フェス行ってバーべキューやって、高層マンションに住んで、満員電車に乗って死んでいけばいい。

多少、過激な表現になってしまったが、、、(笑)なんとかこの売れない現状を変えていきたいのだが糸口が見つけられない、、、。

ギターとピアノの弾き語りバージョンの曲だけでも25曲以上あるんだから、それを全部一人でアレンジして、録音して、ミックス・マスタリングして、いろいろな手配して、、、完成するのはいつになるのだろうか、、、?

このブログ書かなきゃいけないし、井の頭公園に唄いにも行かなきゃいけない、、、

生きていないかもな、、、。

しかしまだ心の内には燃え盛っている炎がある。もう一度言う、自分の唄は商売には向いていないかもしれないし、みんなで楽しくワイワイやる音楽でも無いのかもしれない。勿論有名なものでもないし、肩書など何にもない。昔、面接官に自分の履歴書になんにも書いてないので笑われたことがあった。真っ白な履歴書。(笑)あっちにフラフラこっちにフラフラ溺れそうになりながらも死ぬ気で唄を創ってきた。あくまで自分は売れない、誰にも相手にされない現役!現役!の歌手、音楽家なのだ。定年した後、趣味で音楽をやっている人間と一緒にされたくない。このまま野垂れ死にするのだろうけど、

命がけで創って来た唄を無料(ただ)で聴かせてやるわけにはいかねぇんだよ!!

おしまい。(笑)音楽配信

メロディーが先か、言葉が先か

誰にも相手にされず、これまでに4つの作品をつくって来た。古い順に並べて「YUKIO」、「YUKIO PIANO」、「COCOLO」、「太陽」。前2つは最もシンプルにギターとピアノの弾き語り、あとの2つはリズムも入れて楽器演奏からミックス、マスタリングまですべて自分でやった複雑な一人バンド形態になっている。

対照的なのだが、それだけではなくて実はこの最初2つと後2つの作品群では決定的な違いが自分の中ではあったりする。

それは唄の創り方がメロディーが最初に閃(ひらめ)いたのか、言葉が最初にあったのかの違いである。メロディーが先か、言葉が先かで決定的に唄の本質が違ってくるのだ。

「YUKIO」、「YUKIO PIANO」の弾き語り作品の方は言葉が先にあって、「COCOLO」、「太陽」のバンド形態2つはメロディーが先になっている。

弾き語り2つは言葉がやはり最初に聴こえて来る。バンド形態の方は歌詞にも気をつかっているのだが、よく聴かないと何を唄っているのかよくわからない。メロディーが先にあって後から言葉を足したからだ。

なぜこのような違いがあるかと言うと自分でもわからない。ただ「cocolo」という曲のメロディーが閃(ひらめ)いて以来ずっと私の唄はメロディーが先にできて来て歌詞を後からつける形になっている。

弾き語り2つは日本語でしか唄えない、あるいは成立しない唄で、バンド形態2つは日本語で唄ってはいるが、別に日本語でなく英語で唄ってもおかしくないような気もする。

どちらが良いのかわからないが、これらすべての作品は私の中から流れ落ちてきたものなのですべてを引き受るしか説明がつかない。

誰も聴いてくれない自分の作品を分析しても仕方がなのだが、メロディーが先か、言葉が先かで自分の中ではここにもの凄い断層があるのだ。ライブではなるべく混ぜないように気を使ったりもするのだが、たくさん唄ったりしなければいけない場合など致し方なく混ぜたりしたりもする。

自分の気持ちの中では昔のように先に言葉が出てきてもらいたいと実は思っていて何とかならないかと考えるのだが、考えて唄ができるものでもなんでもなく今、現在もこのような状態なのである。しかしながら、私の想いとしては自分が普段使っている日本語という言葉のイントネーションがやはりその曲のメロディーに影響を及ぼすのが自然のような気がするのだ。

欧米の音楽ばかりを聴き過ぎたのかもしれない。確かに日本語で唄われた曲なんて大人になってほとんど聴いて来ていない。しかし実は自分は日本の民謡でしか踊れないということも知っている。

欧米の音楽ばかりが情報として入ってきて価値のあるものだと思われがちだが、中国の音楽も聴いてみたい。特に中国の結婚式でみなさんお酒を飲みながらどんな唄を唄っているのだろうか?10億人もいるのだから人それぞれ色々な唄を酔っぱらいながら唄っているのだろうと想像すると楽しくてしようがない。日本にさえ地方地方に様々な民謡があるのだから、中国行くともっと百花繚乱の民謡が聴けるような気がするのだ。

話がそれたが、私のこの4つの作品試しに聴いてみませんか?行きつく所はここなのです。(笑)音楽配信

銀座のクラブでピアノを弾いてみたの巻

自分はギターも弾くしピアノも弾く。昨日はギター弾き語りの路上ライブ挫折物語を語ってしまったが、今回はピアノ弾き語りでの挫折物語を紹介したい。つい思い出してしまった。(笑)

本来はギターを弾くよりピアノを弾く方が全然好きで、家に生ピアノがないだけである。ギターもそうなのだがピアノも基本楽器演奏を聴かせようとは思ってなくて、あくまでも唄の伴奏に使うもので唄の友だと思っている。厳密にいえばピアニストとは言えないのだと思う。

しかしながら前にピアノライブに飛び込みで来てくれたイタリア人の女性にバッタリ街であったりして声を掛けると、”ああ、あの時のピアニストの人・・・”とか言われたりすると、オレってピアニストに見られてるんだと思いまんざらでもない気分になったりもする。(笑)ピアニストとは自分の実像の上をいく言葉なのである。(笑)

そんな勘違いしそうになってしまう私ではあるが、10年くらい前に銀座のクラブにピアノを弾きに行った話を今回はしたい。当時ミクシィでノルマ無しライブのできる都内のお店というページをいつも見ていたところ、銀座のクラブが新装オープンするのでそこでピアニスト募集と出ていたのである。大胆にも応募してしまった。(笑)オーディションやるので何日に来いとか連絡がきたので行ってみた。

思ったより小さくて汚い店構えだった。銀座のクラブというともっと豪華で贅沢な感じだと思っていたのだが、まだオープンしてないので内装も工事中だった。そこにポツンとグランドピアノが置かれてあって、ピアニストだけではなくて芸人も募集していたのでそこに募集してきた若者が芸をやっていたりもした。

私の番が来てピアノを弾く前に”自分はオリジナルの曲しかできない。お客さんからリクエスト曲が来てもたぶん応えることができないのでそれでもいいですか?”と断わりの文句を入れてみた。この問題をクリアしなければオーディションを受けたって仕方がないのだ。”全然構わないですよ。”と言われ随分太っ腹のママさんだなと思いつつ鍵盤を触った。

もの凄い緊張してたので、「いとしの花子ちゃん」という左手のベースラインが動く曲をやろうと思ったのだが指が震えて左手が動かない。2度3度と間違えて、この人大丈夫かという空気が漂ったところでなんとか動き出し最後まで唄ってみた。

”・・・・。”ママさんはなんにも言ってこない、しばらく沈黙した後”アナタの一番自信を持ってる曲を弾いてみてよ。”と言って来たので、迷わず「仕事帰りの道すがら」という曲を唄ったところすんなりとなぜか合格してしまった。(笑)合格していいのかな?と疑心暗鬼にもなっていたのだが、”何日に来て頂戴。”というのでその日はおとなしく帰って、その何日の日にまたその銀座のクラブに行った。

オープン初日だったのかもしれない。もう遠い記憶なので忘れたのだが、そのママさんのタニマチみたいな男の人がいてリーハーサルだとかいって何か1曲弾いてくれと言われ、オリジナルしかできないですと断わりを入れて「愛してる」という曲をスタッフの全員の前で唄った。あいかわらず指が震えていた覚えがある。

そしてお店開けるから、お客さんと盛り上がった後にピアノを弾いてくれればいい連絡入れるのでそれまで外で待機していてくれと指示があったので、言われるままに外に出た。何にもすることがないので近くの喫茶店に入ってコーヒーを飲みながら連絡が来るのを待った。1時間経っても何の連絡もないので辛いなと思い始めた。1時間半になり、そうだなみんな酒を飲んでるんだからこんなのいつになるかわからないよな・・・と思い始め、あと30分待って連絡来なければ家に帰ろうと決心した。2時間経ってもやはり連絡が来ないので。家に帰って来た。(笑)

どうしたの?銀座にピアノ弾きに行ったんじゃないの?と家に帰って言われたのだが事情を簡単に説明して、疲れたので風呂に入った。体を洗ってお湯につかっている途中にどうやらやっと連絡が来たようで、風呂のガラス窓の向こうから”携帯電話が鳴っているわよ!!出ようか!?”と言われたのだが、”出るな!出なくていい!!”と浴槽の中で叫んでいた。

銀座のクラブとはそれっきりである。そのクラブがいまだに銀座にあるのかどうかもわからない。苦い思い出である。音楽配信

グールドの鼻唄

ピアニストのグールドについて私がどうのこうの言う資格はまったくないと思っているのだけど、単に1ファンとしてもう少し語りたい。

ほとんどどういう人なのか知らない。トシをとってからのあの背虫のような体形しかイメージになくて、ウエブで画像を検索してみると若い頃はずいぶん二枚目っぽい色男風な感じだ。

グールド演奏で最高に好きなところは、ピアノ演奏の後ろで必ずこの人鼻唄をうたっている。ウニャ、ウニャ。ウニャ、ウニャ。うねっている。ピアノを弾く前に唄っているのだよね。

上手い演奏家は世界中にいっぱいいる。私なんか足元にもおよばない。けどみんな演奏家なんだよな。音楽、特にピアノ演奏と数学は似ていると言う人が結構いるけれど、違うと思っている。音楽は理屈からは生まれない。

グールドはピアノ弾き語りシンガーなんだ。

ただ、そんじょそこらにいるピアノ弾き語りシンガーとは違う。バッハやベートーベンを弾きながらさりげなく唄っているけれど、これはそんな簡単にはできない。というか普通の常人には真似ることなどできっこない。その背景には半端じゃないピアノ運指のものすごい鍛錬が垣間見えて、そこにあるとてつもない厳しさが力のないウニャ、ウニャの鼻唄となって現れてくるところがなんだかとてもロマンチックなんだよな。

たぶん、私みたいななんの努力もしてこなかった人間がグールド音楽を語る資格なんかないのだろうけれど、1ファンとしてつい語ってしまった。グールドの鼻唄にはロマンを語るだけの価値はある。音楽配信