ピアニスト、タイピストにあらず

梅雨(つゆ)が明けてから先ほど初めて雨がパラパラと落ちてきた。降ってきたという感じではなかったが、それでも幾分(いくぶん)涼しくなったような気がした。今はもう元に戻って太陽がガンガンと照りつけている。

先ほどまで朝から扇風機をかけて部屋でとある肉体労働していたらもう汗だくになってしまった。ようやく片付いて部屋にクーラーを入れて涼みながらこのブログ書いてる。疲れた。(笑)何書こう?

巷(ちまた)はお盆休みで昨日、一昨日の土曜、日曜日、街からは結構人が消えていて、みなさん帰省や夏の余暇をどこか遠くに行って楽しんでいるのでしょうが、私といったらここ何年かそうしたレジャーにはまったく無縁で、相変わらずこの中央線の狭いエリアの中をあっち行ったりこっち行ったり・・・なんとかしてくれ!こんな愚痴を垂れていても誰か助けてくれるわけでもなく、稼げない人間は節約するしかないのだ。寂しい~!

今年のお盆休みは1週間以上ある長いもので、大企業の人とかはそんなに休みを取れたりするのでしょうか?私の周りの人達はお盆休みというのではなく順番に夏休みを取っていくような感じが最近は多いような気がするのですが、世の中もどんどん変わって行くし、よくわからない!だんだん投げやりになってきた。(笑)

ペンが進まないよ~!ペンなんか使ってないじゃないか、キーボードの指が進まないだけだろうよ。わかったこのネタで行こう!

実は私、ピアノを弾くくせしてパソコンのキーボードではタイプライターを10本の指でカチカチ叩くような感じでは全然できなくて、基本右手と左手の中指1本ずつで交互に打っていくド素人(しろうと)人間なのだ。どうだ今時すごいだろう!馬鹿にしてくれ~!(笑)

ピアニスト、タイピストにあらず。

自分だけかもしれないが。あしからず。音楽配信

グールドの鼻唄

ピアニストのグールドについて私がどうのこうの言う資格はまったくないと思っているのだけど、単に1ファンとしてもう少し語りたい。

ほとんどどういう人なのか知らない。トシをとってからのあの背虫のような体形しかイメージになくて、ウエブで画像を検索してみると若い頃はずいぶん二枚目っぽい色男風な感じだ。

グールド演奏で最高に好きなところは、ピアノ演奏の後ろで必ずこの人鼻唄をうたっている。ウニャ、ウニャ。ウニャ、ウニャ。うねっている。ピアノを弾く前に唄っているのだよね。

上手い演奏家は世界中にいっぱいいる。私なんか足元にもおよばない。けどみんな演奏家なんだよな。音楽、特にピアノ演奏と数学は似ていると言う人が結構いるけれど、違うと思っている。音楽は理屈からは生まれない。

グールドはピアノ弾き語りシンガーなんだ。

ただ、そんじょそこらにいるピアノ弾き語りシンガーとは違う。バッハやベートーベンを弾きながらさりげなく唄っているけれど、これはそんな簡単にはできない。というか普通の常人には真似ることなどできっこない。その背景には半端じゃないピアノ運指のものすごい鍛錬が垣間見えて、そこにあるとてつもない厳しさが力のないウニャ、ウニャの鼻唄となって現れてくるところがなんだかとてもロマンチックなんだよな。

たぶん、私みたいななんの努力もしてこなかった人間がグールド音楽を語る資格なんかないのだろうけれど、1ファンとしてつい語ってしまった。グールドの鼻唄にはロマンを語るだけの価値はある。音楽配信

阿佐ヶ谷 喫茶店のグールド

毎週土曜夕方にコーヒーを飲みに行く名曲喫茶ヴィオロン。いつも行くと私と同じような常連客のような人が何人かいた。

入り口のすぐ右側のテーブルしか座らず、いつも調べものをしている感じの”先生”と呼ばれていた初老のおじいさんは最近はもう来ない。右スピーカーの前の席で前かがみに座ってスマホをみているおにいさんも最近見なくなった。大概のお客さんはスマホをいじくっているか本を読んでいるかである。以外に横文字の書物を読んでいる人も結構いたりする。

そんな中、最近めっきり来なくなったおじさんがいる。その人がお店にいるといつもグールド(クラシック音楽の有名なピアニスト)がかかるのだ。なんでそうなのかわからないのだが、たぶん最初にお店の人にグールドが好きだとかなんとか言ったんだと思うが、その人がリクエストした姿というのはあまり覚えがなくて、お店に入っていくとグールドがかかっていて、そうすると必ずスピーカーの前でその人が本を読んでいるのである。

最近、ヴィオロンに行くといつもバッハ、モーツァルト、ベートーベンの交響曲ばかりかかっていてどうも物足りない。なぜだろうと思ってふと考えたら、そうだ、グールドを聴いてない、グールドのピアノを聴きたいのに、なぜかからないんだろう?そうかあのグールドのおじさんが来なくなったから、かからないんだと思った次第である。

固いクールなピアノに必ず鼻唄が混じるグールドの演奏は、生っ粋のクラシック音楽ファンでもなんでもない私でも聴いたら一発でわかるほど個性的である。前にあるピアニストの人から聞いた話では、グールドの神髄はバッハの解釈にあるという。バッハの時代が余りに古すぎて、バッハ自身が当時どのように弾いていたか今となっては誰もわからず、しかも当時はピアノではなくハープシコードだったとのことで、そこにグールドが現代的なピアノ解釈をしたらしい。又聞きです。

グールドといえばバッハなのだが、意外にヴィオロンではベートーベンを弾いているグールドとかもかかったりして結構おもしろいなと思ったこともあったので、またグールドかけて欲しいのだが、、、あのグールドおじさんが来ないと駄目か?もう全然見かけないからな。阿佐ヶ谷駅のトイレでばったり会った時に挨拶でもしておけばよかった。

お店で、自分がグールドをリクエストすればいいだけの話なのだが

食事をしようセレナーデ

音楽配信中