2拍3連のリズム「雨のハイウェイ」

自分は譜面が読めない。今までさんざん偉そうなこと書いて来ておきながら実は譜面が読めないのだ。(笑)ライブで譜面台をいつも立てて唄っているのだが、それは譜面を見ているわけではなくて歌詞が憶えられないからだ。格好つけてるわけではない。(笑)では、どうやって音楽を創って来たんだ~!?と言われるかもしれないが、譜面が読めなくても誰でも音楽は創れる。絶対音感が無くても音楽が聞こえて来れば唄える!こんなこと言ってるから誰にも相手にされないのかもしれない。(笑)音楽を教えられたことがないので譜面は読めないのだが、時間をかけて音譜をたどればなんとなくわかるのだ。それで十分だと思っている。音符がその人の音楽を表すのではない。

ただ、もし自分が細かい譜面が書けるのであれば、自分のオリジナル曲の譜面は意外に難しいものになるかもしれないと思っている。リズムに関しては特に。今回はそのリズムに焦点を当てた曲を紹介しようと思う。

「雨のハイウエイ」という曲でピアノの弾き語りの作品に入っている。他の曲に無い、この曲だけの特長というのは2拍3連のリズムで弾いているということだ。左手のベースを拍でカウントし、右手コードを3連符で叩いている。2と3の最小公倍数6を2拍で割ると1拍3連になり、よくブルースなどであるハネたリズムになるのだが単純でそんなに難しくない。しかし2拍3連となると左手2拍叩く間に右手に3連符を入れなくてはいけなくなる。4や8の偶数を2で割るのは簡単だが、3という奇数だと割り切れないのと一緒で難しいのだ。

自分のこの曲だけではなくて2拍3連の曲というのは他にもいろいろとあって、ネットで検索してみるとビートルズがやっていたり日本ではオフコースの小田さんのヒット曲もそうだという。しかしこうした曲とこの「雨のハイウエィ」という曲には決定的な違いがあって、ビートルズやオフコースの曲の2拍3連は部分的に使われているだけであるのに対して「雨のハイウェイ」は曲全編が2拍3連なのだ。曲のアタマ出しから最後まで・・・ずっと2拍3連が動いて行くだけで、こんな曲は日本ではなかなかお目にかかれないだろうと思っている。(笑)

簡単な動画をユーチューブに部分的に載せたりして意外に観てくれる人もいるのだが、2拍3連に興味を示してくれる人などほとんどいなくて、矢沢の永ちゃんにも同名の曲があるらしくどうやらそこからアクセスが流れて来るらしい。(笑)

現在バンドバージョンを創っていて打ち込みのリズムを挿入(そうにゅう)したのだが、この打ち込みは8ビートになっている。複雑なリズム展開に、乞うご期待!

ということで、自分の曲は譜面には書き表せはしないが結構リズムに関しては複雑になってると思っている。クラシック音楽の譜面のように隅から隅まですべて細かく決めてしまっても音楽はいろいろな解釈ができるような気がするのだが・・・。特にリズムに関しては。

音楽配信中 「雨のハイウェイ」-ピアノ弾き語り「YUKIO PIANO」12曲目です。気に入ったらいかがなものでしょうか?

ラーメン屋さんのB.G.M

ラーメンブームといわれここ久しいが、もはやラーメンは日本食なのかもしれない。昔はよくさびれた中華屋さんで食べたような気がするが、いまや東京で50m歩くとどこかのラーメン屋さんにぶつかるほどの勢いだ。

多種多様なお店が乱立して、ラーメンどころかつけ麺屋さんまでここ最近登場してきてブームなんてものじゃないほどの盛り上がり方である。

そんな最近のラーメン屋さんと昔ながらのお店の違いは、店舗がお洒落になっていたりとかいろいろあると思うのだが、音楽をやっている私としては一番気になるところがB.G.Mである。私が好き勝手に分析したところ(笑)

最近のラーメン屋さんのB.G.Mはジャズかビートルズなのだ。

昔は、B.G.Mをかけていないか、かけていても演歌だったような気がする。ラーメンがまだお酒を飲んで酔っ払った後のシメで平らげるものだったのが、ラーメンそのものが外食の主食として家族やデートで楽しめるものに変わったからなのだろうか?

私もそうした今どきのラーメン屋さんにはよく入るのだが、ほとんどがジャズがかかっているかビートルズがかかっている。たぶんジャズやビートルズをかけると売り上げが違ってくるとかそんなデータがあるのではないのかとかんぐったりもしてしまう。

最初に気付いたのは、まだ東京の西荻窪に住んでいた20年前ほどのことで、そのお店ではビートルズがガンガンにかかっていて、店主の好みなのかな?めずらしいなと思っていたところ、駅前の他のお店でもビートルズがかかったいた。なんでローリングストーンズやレッドツェッペリンじゃないんだろう?

そのお店は”ひごもんず”というラーメン屋さんで、とんこつラーメンのかなり有名なお店みたいで、そのお店の名前のカップラーメンが出てたくらいである。

そして内装がお洒落なお店ほどジャズがかかっている。ジャズはやっぱりお洒落な音楽なのかな?

ラーメン屋B.G.M-ビートルズ、ジャズ理論を確かめるべく、ネットでそうした記事がないかと検索したところ、残念ながらそんなこと思っている人はどこにもいなかった。(笑)ただ、ラーメン屋でかかるジャズを4ビートのスイングジャズとモダンジャズに分けて分析している人がいて笑ってしまった。

じつは私のオリジナル曲の中にこうした最近のラーメン屋での不思議に思ってきたことを表現した1曲がある。曲名はそのまま「ひごもんずとビートルズ」。歌詞は

飲んだ帰り ひごもんず♪ なんでかかる ビートルズ♪

しかなく、しかもワンコードで進んでいくという(笑)アバンギャルドな曲だ。ぜひ一度聴いてみてはいかが?

音楽配信