オーガニック・ミュージック

一昨日、昨日と続けてミックス・マスタリングについて語ってしまいました。かなり自分流ですが今までやったきた作業に後悔はありません。しかしあと一つだけやりたいことがあって、それはかつて完成させてきた作品をDA/ADコンバーター※を使ってアナログのイコライザーかなんかのオーディオボードを通してあらためて出力してみたいのです。

※DA-デジタル信号をアナログに AD-アナログ信号をデジタルにする機材 

参考書では大体市販されているマスタリングされた大手の音源はそうした過程を通って来ているらしく自分もやってみたいのですが、そうした機材なんかはプロ用のマスタリングスタジオに入っていてもの凄く高価なものらしく、手を出せる感じでもないし、例えそんな環境に置かれてもやり方が解らないような気がします。(笑)

ミックス・マスタリング作業での私の師匠、楽器屋の店員さんにもこのことを訊いたのですが、”自分もそこまでやったことがないのでわからないですよ・・・。”と失笑されてしまいました。(笑)

たぶん自分の音楽が売れれば、そうしたマスタリングができる機会に出会えるのでしょうけど、今のところ気配がありません。あの世まで取っておくか!と、思っている次第であります。(笑)

このように私の音楽はすべてが私一人の手作りとなっております。歌詞の作成、曲の作成、編成、打ち込み、楽器の手配、演奏、コーラス、唄うたい、完成したところでミックスダウン、マスタリングと長い時間をかけて完成されたもので、1ヶ月くらいでハイ!出来上がりました!といったものではございません。(笑)ひとつひとつが自分の血の結晶です。

今の世の中どの世界に行っても分業制になっています。研究開発は研究開発、製造は製造、営業は営業、宣伝は宣伝。しかもその中の部署は更に細分化されて、そこに人が配置され組織は動いて行きます。人は組織のパーツの一部です。その方が効率がいいから自然とそういう世の中になって来たのだと思います。最新の製品がニューモデルという名で毎年のように大量生産され消費されて行きます。

昔のイチゴはもっと酸っぱかった。赤ちゃん用のミルクをつけなければ食べられないようなものだったのに、今では口に頬張(ほおば)るととても甘くて食べやすい!スーパーで売っているトマトはみんな真っ赤で、味もずいぶん食べやすくなっている、、、前は捥(も)いだところが緑色になっていたものや形が多少いびつなものも並んでいたような気がする。。。いろいろな品種改良や害虫駆除(がいちゅうくじょ)の農薬でイチゴやトマトがすくすく育つようになったこともあるのだろうし、出荷前に見栄えの悪いものを人を配置して排除していったりもするのだろう。

すべてが分業化され効率を求められたり見栄えが肝心(かんじん)な時代に、1人だけで何十年もかけてオリジナル音楽を創る職人さんのような人間がいてもいいだろう!

この文章だけを読んでいると非効率だし、無駄な時間を使っていると現在の大概(たいがい)の人は思うのでしょうが、一度でいいから真剣に向き合って私の音楽を聴いてみてもらえないでしょうか?派手さも無く、単調で、音もそんなに良くはありませんが、一般に売られている大手の分業制で作られた音楽とは全然違うと思っています。ぜひ聴いて下さい。

最近はスーパーにもちょっと高いけれど誰が作ったか顔が見える無農薬のオーガニック(有機)野菜もいっぱい並んでいるのですから。

音楽配信中

YUKIOギターライブ・コレクション

緑のカーテンの結末

我が家では夏は日よけにゴーヤ、キュウリなどの緑のカーテンを毎年つくっていることを以前報告しました。今年はキュウリを中心に、ゴーヤ、ナス、トマトを植えて、ここ数年来の連作障害を乗り越え成長が著しく、実(み)が沢山なりそうで真夏に向けて楽しみだとこのブログで書いたのですが、晩夏の今、その結果を報告したいと思います。

結論から申しますと、今年もまたト、ホ、ホ、という結果になってしまいました。(笑)残念。最初は良かったのです。いつもキュウリやゴーヤを植えている場所にナスとブロッコリーを植えたところ、発育がよく大きく育ち、隣のトマトも実(み)が7月には2つなって今年はいけるんじゃないかと思っていた矢先、そのトマトが何者かにおしっこをかけられるという事件が発生しました。そしてそのトマトもある日もぎ取られて無くなっていたのです!

何という事だ!我が家のトマトにおしっこをかける奴がいるとは。しかも真昼間に!さらにはそのトマトが無くなっているではないか!事件は闇から闇に流れていったのです。こうなるとこのトマトに水を与えても仕方がありません。トマトに水を与えなくなりました。

次にキュウリがどんどん枯れていくのです!最初2本くらい食べたのですが、その後できたキュウリは何か曲がったりして歪(いびつ)な形をしたものばかりで色も薄く、よくよく見ると虫が実(み)や葉っぱにウジャウジャついているではありませんか!もはやこれまで、キュウリはお盆すぎには茎の天辺(てっぺん)まで枯れてしまいました。。

ゴーヤ1本だけが寂し気に屋根の上まで伸びています。しかしそのゴーヤも今年は実は実(み)が一つもなりませんで、毎年ゴーヤチャンプルーつくって食べていたのに、悲しい結果となってしまいました。

ブロッコリーも今年はじめて植えてみたのですが、どこが実(み)になっているのかよくわからなくて・・・(笑)、いまだに大きく育っているのですがもう収拾がつきません。(笑)

最後の頼みの綱がナスなのです。ナスが元気なのです。実(み)をこれまで3~4つ食べました。麻婆ナスをつくってもらいました~!(笑)しかも今現在、新しい実(み)がいくつもできているではないか!多少皮が硬かったりもするのですが、我が家で採れたものはなんでもオイシ~イ。枯葉に囲まれた我が家ですが、ナスが全部収穫されるまでもう少しこの枯葉のカーテンを続けようと思っています。やっぱり

秋ナスの季節だな。

音楽配信

わが家のトマト事件簿 

わが家の横で栽培している野菜がだんだん成長してきた。キュウリ、ゴーヤ、ナス、ブロッコリー、トマトを植えて育てていまして、今年は発育もよくとりあえずは夏の緑のカーテンぽくなってきました。

キュウリは早くも実(み)が2つほどなって、パンにはさんで食べてしまいました。自分のところでつくっている野菜って形は悪いのですが、とりたてだとやっぱり新鮮で美味しいです。あとあまり時間をおいて実(み)を大きくすると皮が硬くなったりして収穫するタイミングというものもあるような気がします。

ゴーヤも伸びて来ていて、なんとか今年は屋根まで届いてもらいたいものです。キュウリの方が成長が早いのですが枯れるのもあっという間で、その点ゴーヤは息が長く夏の終わりまで持ちます。

今年の栽培の特長は、連作障害を恐れいつもキュウリやゴーヤを植えていた場所にナスを入れてみたことでした。これが当たってナスも元気で実(み)がちらほらできています。もう食べ頃で今日あたり食べてもいいのかもしれません。どう料理するかと訊かれたのですが麻婆茄子(マーボーナス)にしてくれと言ったら嫌な顔をされてしまいました。いつもナスが上手く実らなくて秋口に皮の硬いものしかできなかったので誤魔化し半分、自分で麻婆茄子をつくったりしてたのですが、今年はそんなインスタントの調味料を使わなくてもいいのかもしれません。それほど何か美味しそうに見えたりします。

ナスの隣にはなぜかブロッコリーが生えてまして、まわりの葉っぱが結構虫に喰われていたりするのですけどなんだか元気そうです。どのように実(み)がなるのでしょうか?私にはわかりません。

そして最後に語りたかったのはトマトです。トマトなのです。これを語りたかったのです。事件がありました。トマトの事件があったのです。トマトだけは別のプランターに植えてあったのですが、とある朝、何者かがそのトマトにおしっこをかけているとお隣さんが駆け込んで来たのです!なんということだ!大切に育ててきた我が家のトマト2つにおしっこをかける奴がいるとは!?しかも明るくなった朝に。お隣さんは追いかけたらしいのですが残念ながら見逃したらしく、犯人は未だ見つかっていません。

犯人は何のためにトマトにおしっこをかけたのでしょうか?トマトに栄養が足りないと思い、自分の栄養分を分け与えようと思ったのかもしれません。しかし、そんな子供じみた真似(まね)を、、、。意味がわからん。

おしっこかけられたトマトがいよいよ色づいて、これはさすがに食べられないだろう、いや意外に美味しかったりするのかもしれない、捥(も)いで近所の交番に持って行って「このトマトおしっこかけられました!」と被害届を出してやろうかとも考えたりもして悩んでいた昨日夕方、気づくとなんと!!赤くなったトマトの実(み)2つが無くなっているのです。

誰かが持って行ってしまった!!!?

これで食べなくてすむと実はほっとしていたりなんかもして、事件は闇から闇に葬(ほうむ)り去(さ)られてしまう結末となったのです。

う~む。トマトを持って行ったのはおしっこをかけた犯人なのかもしれない、、、。犯人はトマトをどうしたのだろうか?まさか自分で食べてはいまい。しかし赤くなったトマトを家の中で犯人が幸福(しあわせ)そうにほおばっている笑顔をつい頭の中で想像してしまうのは私だけでしょうか。音楽配信

緑のカーテン 音楽配信やってます

今朝は曇りだった。多少雨もパラついて天気予報は一日曇りだったのに昼にかけて段々晴れてきた。どうも最近、予報が外れている気がしないでもない。日よけのために種(たね)をまいた朝顔は相変わらず芽が出てこない。変に1本だけ出た茎からは今夏最初の花が咲いてもう枯れている。梅雨が近いようだ。

実は我が家は日よけとして朝顔以外にも、キュウリとゴーヤを緑のカーテンとして毎年植えているのですが、こちらの方も連作障害を起こしていているのか年々発育が悪くなってきたので今年はその二つはもちろん、同じ場所にナス、トマトにブロッコリーまで植えてたりします。そして玄関前には梨(なし)の木が置いてあって隣には葡萄(ぶどう)、さらに2階のベランダには柿の木があったりなんかして・・・全部食い物じゃないか!(笑)と自分の卑(いや)しさが嫌なのですけど家の周りは野菜や果物(くだもの)で囲まれていたりするのです。

ビワとイチジクの苗も買ってきて、ついでに椎茸(シイタケ)を栽培する原木(げんぼく)まで置こうかなと妄想を膨らませた時期もあったのですが、伸ばしに伸ばした蔦(つた)が隣まで行こうとしたためクレームがつき家を緑(みどり)で覆いつくすことは諦(あきら)めました。(笑)

ところが今年はまったく芽がでない朝顔と違って、キュウリとゴーヤ、ナス、トマトは発育がいいのですよね。多少植える場所をずらしたのですが、それが良かったのかもしれない。しかしここで安心してはいけません。毎年ここからてんとう虫が葉っぱを馬鹿みたいに食べたり、うどんこ病になったりと予想だにしないことがいろいろ発生したりするのです。

1年目に植えたキュウリやゴーヤは、ジャックと豆の木のような感じで夏の終わりには屋根に届くまで伸びて、その緑のカーテンにできた実(み)を家で料理して食べると最高に幸せな気分になれたのですが、2年目、3年目となると段々と茎も伸びなくなり感動も無くなって来た近年です。今年はなんとか無事にこの野菜果物が育ってくれないかと願っています。

平成おじさんとして有名になった小渕元首相がバブル崩壊期にTVの前でカブを持って”カブ(株)上がれ~!カブ(株)上がれ~!””とパフォーマンスしていたように、我が家のキュウリとゴーヤも今年は屋根まで伸び上がって行ってもらいたいものです。

いや、令和のはじめに現実は難しいですけど自分の音楽もそうありたいです。音楽配信