キミは#11thを聞けるか!?-ブラボー運命曲-

ローリングストーンズというバンドにキースリチャードというギタリストがいる。もはやこの時代、ローリングストーンズを知らないという人もたくさんいると思うので、簡単に説明すると、50年前ビートルズと人気を2分したライバルバンドで、ビートルズは人気絶頂の中、あっと言う間に解散したのに対して、ローリングストーンズはいまだに現役で走り続ける世界のトップバンドに君臨している。メンバーはみんな80歳ちかいのだろうが、ボーカルのミックジャガーなんかは、新しい奥さんとの間に子供をもうけたというニュースも流れたりして、夜の生活も盛んのようで、衰えを知らないバンドなのだ。(笑)

このストーンズの何百もある曲を、ミックと共に創ってきたのがキースリチャードなのである。私も小さい頃からビートルズというよりも、黒人音楽のノリに近いローリングストーンズの曲の方を好んで聴いていたりして、キースは子供の頃から憧(あこが)れの存在だ。ただ、バンド初期から中期の頃の曲をよく聴いたのだが、それ以降あまり聴かなくなってしまった。なんだかワンパターンだからだ。

このワンパターンの黒いロックンロールが良いんじゃないか!と、巷(ちまた)にたくさんいるストーンズ・ファンに怒られてしまいそうだが、やはりストーンズの音楽を愉(たの)しむには、ヒット曲をまとめたベスト盤を聴くのが、私にとっては一番よろしい。(笑)

そんなストーンズに対してというか、キースリチャードに対して前からずっと疑問に思っていたことがある。上の感想と同じなのだが、なんでこんなワンパターンの曲ばかりをやるのだろうか?と。何十年も同じことをやって来て、自分たちは飽きないのかな?と思ったりもして、ミックジャガーの方はストーンズで出来ないことを、ソロの方で発散しているみたいだが、キースの方はソロの方でも一貫してシンプルなブルースやレゲエに影響を受けた曲をやり続けている。ブルースマンと呼ばれる人達は、みんなそうなのかもしれないが・・・。

ただ、もう50年間も世界のトップを走り続けて来たギタリストである。ローリングストーンズがツアーを組めば、世界でどれくらいのお金が動くのか想像すらできない、ものすごいプレッシャーの中で生きて来た人なので、頭が悪いはずがない!もっと今風の派手な曲をやってもいいのに!と、思うのだが、やらない。(笑)add9thなんかいれて、もっと洒落た曲でもやればいいのに!キースくらいの才能であればいくらでも創れるだろうと思うのだが、あいかわらず、黒いロックンロール。(笑)

私が思うに、まず第一に、今まで自分たちの音楽を愛し続けてくれたファンに向けてキースは演奏するのだ。ファンの期待を裏切ってはいけない!ファンに応(こた)えないといけない。それがプロの演奏家たる務めだ!!と。

そして音楽的には、ここからが今回の本題なのだが、キースは自分が100%理解できる音楽しか手を出さないのだ。80%~90%わかっていても、曖昧(あいまい)な部分が少しでも頭にあれば、それはやらない。add9thを加えたコードで、いくらでも曲を創れるのだろうが、完ぺきにその曲を自分の肉体化することができない限りはやらないのだ。自分が100%できると思ったことしかやらないのである。そこが、ローリングストーンズがもう何十年間も世界の現役のトップバンドでい続けられる理由なのだと思う。偉(えら)そうに私の勝手な憶測(おくそく)で述べてしまった。(笑)

そう、ローリングストーンズの曲にはテンションが存在しないのだ。たぶんキースはテンションのことはそれなりにわかっているはずだが、100%確信が持てない限りは、そんな曲は要(い)らないのだ。プロ中のプロの演奏家なのである。

なんでこんなことを語ったかというと、前回テンションコードの話をしたので、今回、もう少しこのテンションについて掘り下げて行こうと思ったのであった。

コードにテンションをつけると、つけないとでは、音楽の世界がまるっきり違ってきて、亡くなってしまった、日本のカリスマ・ロックンローラー、忌野清志郎(いまわのきよしろう)も、売れない若い頃は9thやディミニッシュなんかを使った曲を創っていたのだが、さっぱり売れなくて、テンションを使うのは止(や)めてしまったと自伝で語っていた。それほど、テンション1つを入れることによって、曲の中の構造が複雑に動くようになって来るのだ。

自分はテンションのことをわかっているというつもりは更々(さらさら)無いのだが、いままで創った曲にはテンションコードがついた曲がざらにある。なんでそんな難しいコードをつけるのかと問われても、そう聞こえて来たから仕方がないじゃないか~!と言うほかなく、意識的に曲を難しくしようという気もないのである。できれば簡潔に!と言おうか、できる限り簡潔に!にしようと思って、余計な贅肉(ぜいにく)を削(けず)りに、削って、この様(ざま)である。(笑)テンションには苦労を散々(さんざん)かけられてきた。(笑)

そんな私が語る、前回に続いてのテンション話にお付き合い願いたい。(笑)前回は「銀座モード」というオリジナルソングを紹介したが、今回は「ブラボー運命曲」というピアノ弾き語り作品「YUKIO PIANO」7曲目に入っている唄だ。

「銀座モード」の回では、9th,11th,13thという音を含むテンションコードを紹介したのだが、実はテンションの種類はまだ他にもあって、この9th,11th,13thに♭(フラット)や♯(シャープ)をつけた♭9th,#9th,#11th,♭13thという別のテンション音がある。こうしたテンション音をオルタードテンションと言って、オルタードテンションばかりを使ったオルタードスケールなんてものまで音楽理論上では存在する。また、ややこしくなってきたな~。(笑)

自分の曲の中には、このオルタードテンションを使った曲もあったりするのだが、さすがにオルタードスケールを使う曲は無い。(笑)ジャズの中にはあるのだろうけど、一度、オルタードスケールを使った歌ものにお目にかかってみたいとは思っている。(笑)

今回紹介する「ブラボー運命曲」は、このオルタードテンション#11thを使った曲なのである。と言おうか、#11thを使わないと唄が成立しないと言ってしまった方がいいかもしれない。

他人(ひと)のウエブから無断で取って来てしまったが、上の図がキーがC(ハ長調)でのテンション早見表である。この表を拝借した”ベースの初心者”さんのウエブとてもわかり易いのでみなさんも見て下さいね!!ベース弾きたい方はぜひ!こちらになります。https://bass-beginner.com/index.html


この曲のヒントになったのは、Pファンクと言われている独特のファンクのリズムをもったパーラメントというバンドの曲で、もう曲名を忘れてしまったが、当時どっぷりとハマっていてよく聴いたのだった。ベースラインが独特で、「ブラボー運命曲」の方でも、確か同じベースラインを使っている。

ただ私の「ブラボー運命曲」の方ではそのベースライン(3音しか無いのだが)と唄がユニゾン、要は、唄とベースが同じメロディーになっていて、このままでは余りに奇妙で曲としては成立しないのだが、この#11thが奇跡を起こすのである。(笑)

当時、ピアノで弾いて、間違った音を出してしまったと思い、この#11thの音を弾かないようにしていたのだが、この音を省略すると完全に曲が崩壊してしまうのである。(9、13)thコード上での、ユニゾンの唄とベースが気持ち悪い。(笑)

何年もこの唄を封印(ふういん)してきたのだが、心を澄(す)ますと、やはりこの#11thの音を入れることにより、ベースラインも自然に動くようになることに気づき、なんとかこの曲を完成させることができたのであった。本当に、この曲を完成させるまで、何度溺(おぼ)れそうになったことか!!(笑)他の曲もそうだけどな・・・。(笑)

#11thは不協ではない!!

こう気づいてしまったのであった。(笑)

#11thの音は上の早見表を見てもらえばわかるように、そのコードのルートから3全音で、トライトーンの音でもある。”トライトーン”を検索してみるとウイキペディアでは”悪魔の音”であり、不協和音の中でも最も響きの悪い不快なものとされ、積極的に使われるようになったのはバロック期以降と書いてある。また♭(フラット)5thの音でもあり、黒人ブルースを演奏するブルーノートスケールでもこの音は外せない音でもある。

そういえば、ローリングストーンズの代表曲で”悪魔を憐れむ歌”というヒット曲があった。キースリチャードはこの曲で♭(フラット)5thの音を鳴らしているのだろうか?自分は耳が悪いのでよくわからない。(笑)

けど、自分はこのブログを最後まで読んでくれているキミに向かって自信をもって問(と)うことができる、

キミは#11thを聞けるか!?

と。(笑)

ブラボー運命曲」-“YUKIO PIANO”7曲目。音楽配信中です。ぜひ気に入ったらお買い上げいかがなものでしょうか?

「ブラボー運命曲」ダイジェスト

”藤の花”だった理由(わけ)

自分の創った曲に上下関係はない。あの曲が良くてあの曲が良くないなんて思わないのだが、心の中ではこの曲を創れたおかげで自分は救われただとかこの曲が創りたかったんだと思った記念碑的な作品がいくつかある。この曲を生みだしたことで今までの自分が変われたと思ったりして他の曲とはちょっと思い入れが違う唄だ。

どの曲だと具体的に曲名を上げたりはしないが、自分の中では他人に聞かせればいつか絶対にわかってくれると思っていたりなんかもする。絶対にだ。(笑)ところがユーチューブでアップしてみると一向にアクセス数が伸びない。それどころかこうした曲に限って誰も見てくれなかったりする。数字がずっと0(ゼロ)のままなのだ。(笑)

こんな経験もしているので、つい自分という存在はこの世からほとほとズレた存在なのだといじけてしまうのであった。自分はこの世には合わない・・・もう嫌だと・・・。(笑)いじけるだけじゃ何も問題は解決しないので、ここから何かを学ぼうと具体的にこの曲たちの何が世間一般の価値観とは違うのだろうかと自分なりに客観的に分析もするのである。

音楽的にはたぶん”テンション”が入っていたりするからだろうと思っている。”テンション”とはまた難しい音楽用語が出てきた。要はドミソ以外の不協和音のことを言うのだが自分ではこれは不協だとは思っていない。唄うのに必要な音なのだ。

日本の流行歌のヒット曲にテンションが入った曲というのはあるのだろうか?日本の曲を余り聴いて来なかったのでよくわからないが、ほとんど印象に無い。プロの作家の先生くらいであればテンションは当然知ってるはずで、なんで使わないのだろうか?それはたぶん売れないからなのだと思う。難し過ぎて誰も聴いてくれない→自分の作った音楽が売れない→収入が無くなる→生活に困る、こうした悪循環にはまりたくないのだと想像できる。では、なんで自分はそんなことわかっているのにテンションが入った曲を創ってしまうのか?それは

そう聞こえて来るから仕方がないんだ~!

と、言うしかない。(笑)自分の作ってきた曲のたぶん半分以上はテンションが入っていたりする。救いようがないじゃないか!(笑)そこで脳ミソのない馬鹿は馬鹿なりに考えた。唄をつくる創作活動で制限はできないが、プロモーション活動ではそうした曲は前面に出さず、もっとシンプルな曲でまずアピールすればいいじゃないかと思ってしまった次第である。”藤の花”という曲を今回シングルカットと言おうか作品”月”の中で唯一ストリーミングでも聴けるようにした理由はそこにある。

唄の進行はテンションなど出て来ず、いたってシンプルな構成になっているリズムを打ち込んだダンスナンバーとなっている。ユーチューブの動画では踊っているが、本当は体全体を撮りたかった・・・。しかし背景の無地(むじ)の白い生地(きじ)が小さくて撮影すると生活感が漂う家の余計な物が見えてしまい上半身だけになってしまった。次、撮影する時は広角レンズというものを買ってきて撮ってみたい気もするが、しかしそんなレンズを買う余裕がまだあるのだろうか?どうでもいいことをまた話してしまった・・・。

動画は置いておいて、音楽の話に戻ろう。今回の”月”という作品は今という時代を意識している作品にしたつもりである。この”藤の花”という曲以外にもいくつかそういう曲がある。打ち込み系の曲でキック(ドラムのキック)を中心としていて、プロのトラックメーカー※なる人たちはたぶん命がけでそのキックの音に磨きをかけるのだ。私もそこまで突き詰めたいと思ったりもしたのだが、そんなことやっていると時間がどれだけあっても足りなくなるので止(や)めた。(笑)今、現在の音楽事情というのは純粋な音楽とはまた別のテクノロジーの発展の隆盛というか、音楽とは関係のないところで動いている気がする。

※トラックメーカー 近年のテクノロジーの発展によって、一人で歌のバックトラック(日本語で言うカラオケ)をデジタルで請け負い作成するプロデューサーみたいな人。詳しくはウィキペディアで。

曲はたぶん20世紀にあったものと、現在21世紀に生まれたものとはほとんど変わりがないと思っている。進化しているのはテクノロジーで、これは音楽だけの話ではないのかもしれない(笑)。今回の作品は私なりのそうした今風(いまふう)目線でまとめ上げたのだ。

音楽に限らず、時代は常(つね)に刻一刻(こくいっこく)と動いている。現在流行(はや)っているものはいずれかは必ず廃(すた)れ始める。それが今、生きているということだ。天才だとか本物だと云われるものはそうした時空を超えたものなのかもしれない。

自分が本物だとは言わないが、そうした今という時代を今回”月”という作品で表現しようと努めてみたつもりだ。とりあえずは、まず”藤の花”を聴いてみないか?いい曲だよ!騙(だま)されたと思って・・・(笑)。(ストリーミング配信は終了しました。作品「月」の中に入っているのでそちらで聴いてください。4曲目です。音楽配信

youtube”藤の花”きいてね!