YUKIO音楽ライブにいらっしゃいませんか!

先週水曜は阿佐ヶ谷チェッカーボードというブルースバーでライブやりました。その時の模様をお知らせしようと思います。

今回ははじめの方(ほう)でハーモニカを入れた曲を続けて、後半に今まで人前で唄ったことのない新曲を1曲もって来ました。相変わらずお客様いませんで、その日対バンになっている方(かた)二人だけだったのですが気にすることなく唄って来ました。対バンの人も基本お客様だと思っているのでCD売ってますというチラシを忘れず配(くば)るようにしています。

自分の音楽を聴いて良いと思ってくれない限り買ってくれないと思ってますので、チラシはライブの前に必ず配ります。唄ってる途中から来るお客様もいるのですが、その場合は見込みがないとみなし配りません。今回は一人だけでした。

曲目リストを上げると、1.天国キス、2.崖っぷち、3.ボクはモグラ、4.仕事帰りの道すがら、5.チュウ チュウ チュウ、6.間違ってない、7.ハイ という順番で唄ってます。

アコギの弾き語りで唄ってますので、ユーチューブに似た動画がある曲はリンクを貼っておきました。興味湧いてくるようであればご覧になっていただければ嬉しいです。

4曲目の「仕事帰りの道すがら」という曲は私の 代表曲の一つだと思っていて、いつもピアノ弾き語りで唄うのですが、最近はギターでも唄うようになりました。

そして6曲目の「間違ってない」という曲が今回メインのはじめて人前で唄った曲で、かなり構成がむずかしい曲になっていまして、ちゃんとできるのかな?と心配してたのですが案の定ボロボロの出来になってしまいました。トホホといった感じだったのですが、後日録画した動画を見返したところ、そんな悪くない、伝えたいニュアンスは伝わっているのではないかなとも思った次第です。

ただこの曲は難しいコードを使っているので、アコギでは弦が硬く指が疲れちゃって動かなくなったので、次回は弦が柔らかいエレキギターで再度チャレンジしてみたいと思ってます。

今回のライブも、こうして恙(つつが)なく平穏無事にいつもとなんの変わりもなく終わってしまったのですが、音楽の中身はものすごく濃いものをやってると思っております。ユーチューブの動画を見てもし気に入っていただければライブ観に来ませんか?口は余り上手じゃないですけど、このブログをネタにお話しでもしてみませんか。料金は音楽チャージ500円と飲み代です。

いつかお会いできることを楽しみに、来月もがんばります。音楽配信

都心自転車大散策-ギター購入編-

今週末は大久保水族館でライブだ。最初に忘れないうちに告知しておこう。6/14(金)夜8時よりオリジナルソング数曲演奏します。聴きに来ませんか?楽しいですよ。料金は1500円。内500円は私のミュージックチャージとしてyukio本人にお支払いください。ご理解の上ご来場ください。

大久保水族館は名前の通り東京大久保にあるライブバーです。毎月ギター弾き語りをして歩いて通っている近所の阿佐ヶ谷のチェッカーボードと違って、電車で通ってます。ピアノで弾き語りしていた頃は荷物も背負わなくていいので自転車で通っていたりもしました。実は大久保通りのはじまりが近所にあってその道を真っすぐ行けば大久保なのです。

大久保通りを何度も自転車で行き来(き)するうち、この道路の先はどこにつながっているのだろう?といつもの私の好奇心が持ち上がって来てしまいまして、何年か前ギターをお茶の水の楽器屋さんに買いに行く時に、ではお茶の水まで大久保通りを通って1回自転車で行ってしまおうと決心して実行してしまった話を今回しようと思います。

郊外で自転車に乗るのが普通なんでしょうけど、都心のど真ん中に向けて自転車を走らせてしまいました!自動車運転手のみなさまご迷惑をおかけして申し訳ございません。ここからは都心の自転車散策記として気軽にお読み下さい。

まず環七を渡る。そこが大久保通りの出発点でググっと前に進む。以前、人通りが少ない信号があるので赤のところをそのまま渡ろうとして人を轢(ひ)きそうになったことがあって注意しながらその信号群を渡りそのうち中野五差路を追加、どんどん進むと山手通りにぶつかる。山手通りを渡るとそこから大久保水族館に通う内、何度も上ったけっこうキツイ坂道があってそこをクリアすると総武線のガード下があり大久保の街並みに入ってくる。そのうち山手線のガード下が見えてきていつもはそのガード下をくぐらず手前で右に曲がると大久保水族館なのですが、ここからが小さな冒険のはじまりでその日は真っすぐ直進した。

ガード下をくぐると本格的なアジアン風の大久保の街並みがあって、若い女の子たちが食べ物をもとめていろんなお店の前で列をつくって並んでいるので自転車で通りづらい、自転車を降り裏通りに入って写真をパチリ

大久保裏通り

再出発、女の子たちの行列を横目にさらに大久保通りを真っすぐ行けば、今度は確か広い明治通りにぶつかる。明治通りを横切り行くと先ほどの大久保手前の坂に比べてもかなりきつい坂が長々とあって参ってしまった。へとへとになって坂を上るとなんとそこは神楽坂(かぐらざか)上だった。記念にパチリ

神楽坂上

神楽坂を下って行くと、視界が開けてきて飯田橋のビル群があったので、パチリ

飯田橋のビル

お茶の水に行くにはこのまま真っすぐ行く方法と右方向に曲がって中央線の下をくぐって行く方法があったのですがこのまま直進、東京ドームをめざす。ドーム手前に小石川後楽園を見つけ入園してみようとしたのですが有料なのでやめる。パチリ

小石川後楽園

確か、中は良い庭園があるはずなのだけど今回はここが目的ではないので名残惜しく小石川を出発。漱石の小説「こころ」の舞台もここら辺だったような気がするなと思いながら、もう汗でグジョグジョなってたのですが風にも負けずさらに直進。とうとう東京ドーム到着。パチリ

東京ドーム

ついでに後楽園遊園地にも行っちゃうぞと、パチリ

後楽園遊園地のジェットコースター

お茶の水が見えてきたので。ここで右折、水道橋の中央線ガード下をくぐって三崎町を通って神保町交差点に出た、ここには昔ディスカウントストアのキムラヤがあったと思った。記念にパチリ

神保町交差点

お茶の水到着~!

久しぶりのハードな運動でお腹が空いちゃってとんかつ定食をおかわりして食べたと記憶しています。お腹を膨らませた後、お茶の水の楽器屋にギターを買いに行きましてめでたく購入。この時点で確か夕方の5時前ぐらいだったかと思います。急いで帰らなきゃ。電車で来ればよかったよと思いつつ、人の目につかないところに駐輪していたニコライ堂前で記念撮影。パチリ

ニコライ堂前

すげー白髪になってると思いながら帰途につく。出発だ。帰りは来た道を戻るのは面白くないので違う道を行くことにする。靖国通りを直進だ~。九段下の方から坂道になっていて眺めているだけだとそんな急ではないなと思っていたのですが、いざ上ると結構つらくて確か坂の途中左側に武道館が見えて、キヨシローのコンサートに来たなと思い出し、パチリ

左側が武道館だったような気が、、、

坂を上ると、とうとうそこが靖国神社。バンザーイ!安倍総理。靖国の御霊に祈ろう。いつのまに右翼になってしまったんじゃ~。記念にパチリ

靖国神社

更に新宿方面に直進、すると右側に防衛庁が、、、バンザーイ!天皇陛下か、、、なんとなく余りいいかんじがしないでも、、、パチリ、暗くなってきた~

防衛庁

もう疲れちゃったよ、車にひかれそう、と思いつつ自転車をこいでいくととうとう新宿歌舞伎町到着。こちらもパチリ。人の混雑がすごい

歌舞伎町前の靖国通り

更にすすむと新宿大ガード下。夕空に高層ビルが向こうに見えた。パチリ

新宿ガード下

この後、青梅街道に進み家に戻って来た。到着は確か夜7時前だったような気がする。小さな冒険のはずが、かなりの大冒険になってしまった。自転車から見る東京はやはりすごい大都会で、こんなところに自分が住んでるんだと再認識した次第です。1番印象に残ったのは電車とかに乗ってると気づかなかったのですが、東京の街あちこちに新しいステーキ屋がいっぱい出来ていたのがとても印象的でした。

日本人は魚を食べる人種ではなかったのか?それはもう遠い昔の話なのかもしれません。。。音楽配信

夜の散歩道 桃園緑道

夜の桃園緑道

5月も今日で終わりだ。もう半袖(そで)でいいくらい暑い。湿気もだんだん上がってきた。もうしばらくすると梅雨が来る。どうも自分は音楽ライブをやる時は結構雨男(あめおとこ)のような気がする。なんだかんだ言って先日のライブの夜も雨が多少降っていた。天気予報だと晴れるはずだったのにチェッカーボード(ライブバー)に行くのに歩いて行くのに差しさわりがないほどに小雨が降っていた。

このように私は月1回定期的にやっている音楽ライブに実は歩いて通っている。電車で1駅なのだが何せ散歩好きなので何十分間かかけて歩いて行くことにしていて、途中、通る道が桃園緑道(ももぞのりょくどう)と言われる散歩道だ。

緑道ということで道の左右にはいろいろな植物が植えてある。春には桜、夏はヒマワリ、秋はコスモス、そして冬はなんだろう?シクラメンが咲いてたり、まあ、そんな感じで日本であまり見ない木花もあったりして雑多な自然が感じられる散歩道となっている。

一番最初にこの桃園緑道を歩いた時に、この道の先がどこにつながっているのだろうかと思い終点まで行ってみようと歩いた先が、昔、中央線から眺めていた阿佐ヶ谷のケヤキプールのところだった。チェッカーボードはこのプールのもう少し阿佐ヶ谷寄りにある。

西の終点が阿佐ヶ谷ケヤキプールだったので、今度は東の終点を知りたいと思いある日曜日の早朝いつもと違う逆方向に向かって歩いてみた。環七の歩道橋を渡ってしばらく行くと八百屋さんみたいなお店があり、更に行くと道の舗装が変わって赤レンガになっている。そこからは中野区の管轄になっている。

更に歩くが道は一向に終わりがなく、これ以上歩くと家に戻れなくなるなと思い、道を外れて中野駅に出てブロードウエイ手前のマックでハンバーガーの朝食セットを食べて帰ってきた覚えがある。

その後、地図で調べると桃園緑道の東の終点はなんと渋谷にまで行ってるらしいのだが行ったことがない。いつかその終点まで歩きたいとは思っている。

このように私にとってこの緑道を歩くことは小さな冒険になっていて、散歩することで小さな発見をすることが楽しみなのである。先に地図で調べてから散歩のコースを決めることはまずない。チェッカーボードもこんな私の人生の散歩道の途中のひとつの道草でもあるのかもしれない。

上の画像は先日ライブに行く途中に夜の桃園緑道を撮ったものである。真っ暗に写っているが実際はこんなに暗くはない。しかし夜は人通りも少なく結構怖い感じだ。女の人一人では夜はたぶん歩けない道だが昼は様々な人が犬の散歩などしたりして行き交わっている。画像のもう少し先の左側には今、ちょうど季節なのかアジサイの花々が咲いていた。

あめあめ ふれふれ かあさんが
じゃのめで おむかい うれしいな
ピッチピッチ チャップチャップ
ランランラン  音楽配信

歌詞は見ながら唄うものなのか?私の場合

今夜は阿佐ヶ谷チェッカーボードでライブだ。お近くでお時間ある人観に来ませんか?今回はライブで唄をうたう時に歌詞を見ながらうたうかどうかのお話をしたいと思います。

私は歌詞カードというものは無いのですが、歌詞を書き込んだノートを持っています。なぜかいつも使っているのは”CUMPUS”と表紙に描かれたキャンパスノートで、それを譜面台に載せて見ながら最近は唄ってます。

本当はそんな譜面台を立てて唄いたくないのですが、歌詞を覚えてない曲があったりなんかして仕方がなくやっています。本来、目を下に向けずに真っすぐ見つめて唄うのが一番見栄えもいいのでしょうが、なんとかならないものでしょうかね。最近、アメリカの大統領なんかがカンペを透き通った譜面台のようなものに載せてスピーチしているのを見かけたりしますが、ああいうのがあれば助かるのに。

そんな愚痴(ぐち)を言ってるより先に歌詞を覚えろという話なのですが、その通り!他人(ひと)のつくった歌詞ならまだしも自分がつくっている訳なので覚えるしかないのでしょうけど、すぐ覚えられる歌詞といくら暗記しようとしてもできない歌詞があるのですよ。シンプルな歌詞はやはりすぐ覚えられますが、いろいろ言葉を変えたりして飽きないように考えてある歌詞はなかなか覚えられない。

曲が何百もあるローリングストーンズのミックジャガーも英語でうたっているから気づかないだけで、たぶん結構歌詞間違えたりして誤魔化しながらうたっている気がする。

前に対バンで一緒になったラッパーさんにも歌詞カードを見ずにをよくそれだけうたえるね?全部覚えてるの?と訊いたことがあって、やっぱり彼も間違えたりもすると言っていた。

歌詞を見ずに唄うぞと決心したこともあったが長続きしなかった。といのも私が敬愛するスライストーン(ファンク音楽の有名な人)がライブで歌詞帳を見ながら唄っているのをユーチューブかなんかで観て、なんだオレと変わらないじゃないかと思ってしまってそれ以降無理に歌詞を頭につめこむのは止めにしてしまった。

よし!今夜は歌詞帳を持たずに行くぞ。1曲だけうる覚えの怪しげな曲があるけれど。大丈夫だ。やはりライブの見栄えも大事にしなきゃ。動画の時代だからね。音楽配信