明日に向かって唄え!

日当たり良好。窓から日差しが眩(まぶ)しいくらいに差し込んで来る。長袖(ながそで)を羽織(はお)っていたのだが脱いでしまい、半袖(はんそで)になっている。

このブログを書くのも久しぶりだ。井の頭公園で休みに唄いに出て以来、時間が取れなくなってしまった。まあ、人気ブロガーになりたいわけでもないのでいいか。今は久しぶりに羽を伸ばしてモニターに向かっている。

何を書くにも今回は井の頭公園での体験を語るしかないのだろうな。ほとんど最近は休みになると1日中、日が暮れそうになるまで唄ってくる。先週は高円寺フェスの路上ライブもあって連続で唄ったりして休み明けには多少声が枯れたが、今はもう戻っている。

50過ぎてる大人のやることじゃないな。と、思いつつもたぶんずっと続けて行くのかもしれない。若い頃、自分の親を見て50代なんてずいぶん分別があって大人の顔をして世の中を語っていたように思うのだが、自分を顧(かえり)みてなんだこの様(ざま)は!?と思ってしまうのであった。

鏡(かがみ)だけを見れば、髪を染めてないので、50代半ばのおじさんがそこにいる。ただ気持ちはなんだろうか、大人の世界に憧(あこが)れていた子供の時のままだ。傍(はた)から観ると白髪だらけのおじさんが公園でわけのわからない唄をうたっているだけで、何のために生きているのか分からないのかもしれないが、自分とすれば幸せなのである。やっぱり自分は唄をうたっていたい。それをかみしめてしまった。

SNSでライブ配信してやろうと思いスマホで撮るのだが、なぜだか5分も持たない内に終了になってしまうので、最近使っている安い専用の小さいカメラで撮って家に帰ってから録画された動画を見たりする。自分の唄のチェックをするためだ。

ギターをジャカジャカ弾くだけなのだが、ギターを弾くことに注意が行ってしまい唄がどうも疎(おろそ)かになっていることに気づいた。自分の唄はあくまでも唄が中心であって、楽器を鳴らして聴かせたいわけではないことを再認識してしまった。たくさん唄うので歌詞帳を載せるために譜面台を立てているのだがやっぱりできるだけ歌詞は覚えて唄った方がいいと思った。井の頭公園で唄っている間に歌詞を全部覚えたいといおうか、体に覚え込ませたい。それがなんとなく自分の幸せ感のような気がする。

今週の土曜も唄いに行く。明日がどうなるかわからない日々が続くが、唄っている時だけはすべてを忘れて唄に集中していたい。音楽配信

本屋とYUKIO音楽

本屋が好きだ。スマホやパソコンを眺(なが)めているより本や新聞を読んでいる方が正直落ち着く。そう思うのは私だけなのだろうか?もはや紙の時代では無くなったと随分前から言われて久しいがいよいよ危なくなって来ている気もする。気はするのだが電子書籍で小説を読みたいとは思わないし、電車の中でニュースや漫画をスマホで読んでる若者を見てるとどうもついて行けない気がして、これが齢(とし)をとったということなのかなとも思ったりもする。

このブログをつくったのもそうした焦りからやったもので、自分が気づかない内に時代が進んでいて、それを取り戻そうとウェブのやり方やインターネットの業界のことを勉強したのだが、結局それも大筋(おおすじ)は本屋で立ち読みしたものだった。

本の中ではわからない具体的にさらに細かいところはグーグルか何かで検索して解決するというやり方なのだ自分は。

本の方が目に優しい。

それに整理もされているので理解するのも早い。なんだか優しいのだ。ネット社会は情報が溢れていて疲れてしまう。一日検索なんかしたりしてパソコンやスマホを見ているとなにか光源を睨(にら)んでいるような気がして本当に息苦しくなる。

ネット業界の勉強をしようと、ネット通販で成功した読書好きの社長さんのメールマガジンをとってみた。ただその社長さんももはや読書は本ではなくてアマゾンのキンドルでするらしく、周りもそれが当たり前のような書き方をしていた。読書をアマゾンのキンドルでか・・・。キンドルが目に優しい設計になっていることは知ってはいるのだが・・・。

その社長さんあたらしい商売をいろいろ考えたり社長としての心構えとかマーケティング方法とかいろいろ手を変え品を変え毎日メールが送られて来て、よくぞ毎日これだけ内容を変えて送って来るなと感心する点も多々あったのだが、アマゾンでセドリをすると儲かるとかの話になってきてちょっと怪しいなと思い始めて、ついには読書の速読会をやっているので参加してみないかと勧誘されとうとうそのメールマガジンを解約してしまった。

その社長さんにとっては読書とは自分の役に立つ情報収集する場なのだ。情報を大量に仕入れるには、効率よく速読した方がお得であるという考え方にネット検索と同じ臭(にお)いを私は感じとってしまい解約したのだった。

情報を仕入れるための読書なんて要(い)らない。

自分にとって本を読むということは何と言おうか心を落ち着かせたいと言おうか・・・、新しい発見や感動が欲しいと言おうか・・・上手く言えないのだが・・・確かに言えることは情報が欲しくて本など読んだことがないということだ。そんな貧乏くさい読書法はご免なのである。

これは読書に限らず自分の音楽もそうで、情報を得て右から左に流すというものではなく、もっとなんと言おうか文化の匂いと言おうか・・・芸術の匂いと言おうか・・・まあ、そんな大げさなものでもないのだが、そんな感じなのである。

なんだ”そんな感じ”とは!?と突っ込まれそうだが上手く説明できないので今回はここまで。(笑)本屋無くならないで欲しいな。自分の仕事にも影響あるし・・・。音楽配信

井の頭公園唄い初め

昨日、吉祥寺の井の頭公園で唄い初めた。50歳も過ぎてとうとう公園デビューだ。(笑)やっぱり空気が美味しいと唄ってると気持ちがいい。そしてあらためて井の頭公園に来る人達がこんなにたくさんいることに驚いた。いろんな人間が散歩したりヨットに乗ったり絵を描いていたりして様々なことをやっていたが、その中で自分で創ったオリジナルの唄をうたう幸せを実感した。

当初の作戦としては唄いながら前にオリジナルのCDを並べ、スマホでライブ配信を考えていたのだが、肝心の自分のCDを持ってくるのを忘れてしまった。(笑)ライブ配信も10分くらいしか撮れてなくて、どのような弾き語り演奏だったか確認のしようも無くなってしまった。

1時間ずつ2回唄ったのだが、自分の今持ってる古いスマホでは2時間も使用できない。それで充電器を買おうと思って前日にお店の人に訊くともうこのスマホ対応の充電器は売ってないとのこと、もはやこれまでで諦(あきら)めた。(笑)

1回目に唄った時はフェイスブックで2回目はツイッターで配信してみたが、フェイスブックが上で述べたように10分弱でツイッターの方は唄う前何十秒ですでに動画が終了していた。(笑)

スマホを買い替えなければいけないのだろうが、もう少し粘りたい。なにかいい手立てはないものだろうか?

そのフェイスブックの10分ほどのライブ動画を家に帰ってあらためて見てみると、アコギの音がでかくて何を唄っているのかよくわからない感じになっていた。ライブバーで唄っているとボリュームを調整してくれるが、外だとなんにも聞こえないのだ。声を更に張り上げるしかないのだろうか?なんとも言えないところだが、とりあえず安い拡声器を買ってそれを使って試しに唄ってみようかなと思っている。

ただ電気道具を使わずに自然のままに唄った方がいいような気もする。昔から余りマイクとかで唄うのは好きではなかった。試行錯誤の段階だがこれからも継続的に井の頭公園で唄っていこうと思っている。なにせ自然の中で唄うのは気持ちがいい。次回は29日(日)。公園を散歩がてら聞きに来ないかい?お待ちしております。

アナタに出会えることを夢みて。

音楽配信

昭和のなおし方

ここ10日間ほどこのブログを更新していなかった。していなかったと言おうか、できなかったと言った方がいいかもしれない。ワードプレスというソフトウエアを使って更新しているのだが、アドレスの末尾にwpとついたり、ページの下にワードプレスと表示されるのでそれを消したりしたところ、いろいろな不都合が起こってしまい、その対応にものすごい時間がかかってしまったのだ。

別に表示されるままにしておけばよかったんじゃないのと言われれば、おっしゃる通り、それでも全然構わなかったのだが、ネット上にアップされてるサイトを見ていると誰もwpをつけていたりもしないので自分も消しました。

オリジナルの曲を主張する割には、周りの視線を気にする自分が恥ずかしい~!

だいたいもう少しこのブログを始める最初からwpを消しておけばよかったじゃないか。そうなのだがやり方がわからなかったのだ。どんどんページが溜まってから変更すると多大な不都合が生じる。もう嫌だ。

けどネットに関して全くわからなかった自分がよくここまで来たなと感心するところもまたあるのも事実。他人(ひと)に作ってもらったホームページがスマホ対応になっていないため、自分でなんとかしようとあれこれ試行錯誤し始めたのが最初だった。

どうにかこうにかスマホで見れるようにしたついでにこの日本語のブログと話せもしない英語、フランス語、スペイン語の各ブログまで開設してしまった。アクセスも何となく増えてきて、調子に乗り始めるとこの体(てい)たらく。私の人生そのものじゃないか。調子に乗っちゃいかん。調子に乗っちゃ、、、。

ただ未(いま)だに、ネットあるいはパソコンに関してはわからないことが多過ぎる。わかないことを解決しないまま、このまま進んでいいのだろうか?いずれまた同じ疑問点にぶつかるのだ。まあ、ぶつかったらぶつかった時にまた考えればいいよ。その時はその時だ。

パソコンがトラブった時も、結局自分でパソコンをバラバラにしてハードディスクをはずしてSSDを入れたりしたりしたこともあった。そのおかげで結構パソコンにも詳しくなった気がする。何事も痛い目に合わないと覚えやしないのだから自分は。

お恥ずかしい話だが、まだ奥行きのあるブラウン管TVが主流だった頃、我が家ではTVが映らなくなって故障した時などは、TVの横をドン!と叩けば直ったりして、調子が悪くなる度(たび)にTVの横を叩いて、とうとう映らなくなってしまい電気屋さんに修理に来てもらったところ、中を開くと機械そのものが下にくずれ落ちてしまっていて直しようが無い、こんな無残(むざん)に壊されたTVを見たのは初めてだと言われてしまったことがある。(笑)

パソコンにしてもワードプレスにしても?。昔のTVのようにドン!と叩けば直ってくれないかな?自分が生まれてこの方、世の中なにが変わったかと言えば何も変わってはいない。ただ変わったと言えるのはパソコンとか携帯やスマホを使うようになってインターネットで何でも調べられるようになったことだ。こんなもの昔は無かった。ただ契約もそうなのだが、操作も複雑でそれなりに勉強しないとなかなか使い勝手が良くならない。だからみんな下を向いてスマホと睨(にら)めっこしているのかもしれない。

今さら昔に戻れるわけでもないのだが、ちゃぶ台の前でTVを見ながら家族みんなで食事をしていた頃の方が人間は幸せだったのではないか?複雑なパソコンやスマホ、ネットプラグインの操作を時間をかけて目を悪くしてまで勉強し、一人の世界に没頭して実際なにかいいことがあるのだろうか?

今、見てるパソコンのモニターの横をドン!と叩くと、グーグルからなんでこんなエラーメッセージが来たりするのか?このブログのファイルがどこにバックアップされているのか?今の私のわからないことを瞬時になおしてくれたりすると助かるのだが。

単純な昭和なパソコンやスマホが欲しい…

音楽配信