真っ白な履歴書

実は今、ギターとピアノの弾き語りでしか人前でやったことのない曲をリズムを入れたバンドアレンジにしようと思って作業にかかっている。なぜ今までそれをしなかったかというとかつての苦い思い出を語らなければなるまい。

若い頃いくつか自分のオリジナル曲を演奏してくれるバンドもやったのだが、他人(ひと)が自分の思い描いたものをやってくれることはまず無くて、であれば譜面を渡せばいいと言うかもしれないが、そんな環境に置かれたことがまずないのである。

譜面を渡したことはないが、それに近いここのメロディーはこう吹いてくれとか、ここのベースラインはこうだとか具体的に言ったりもしたこともあるのだが、まず余りいい顔されない。(笑)

なんでオマエの言うこと聞かなきゃいけないの?オマエの曲を弾いてやってるんだよ!

と、こういう顔をされるのが常で、結局は各人の好きなように弾いてもらうことになってオリジナルの曲はぐちゃぐちゃになるのを何度も繰り返してしまうだけであった。

そうであれば一人でギターやピアノの弾き語りして、そこで自分の表現したいものの本質がすべて出せるのであればそれで十分との思いで、ギターとピアノの弾き語りの作品を録音したのである。

時がたって、現在なんの拍子かストリーミングサービスでこれらの曲を聴けることになっている。ストリーミングサービスというものがどのようなものかもわからない内に興味本位で登録してしまったのである。(笑)登録した後もの凄く後悔したのだが、よく考えなおして、そうかギターとピアノの弾き語りの曲をこのままストリーミングサービスで残して、バンドバージョンの完成形を作ってそれは有料にしてやれと思った次第なのである。あくまでギターとピアノの弾き語りバージョンは自分の音楽の入り口に置いておこうと考えたのだった。

ストリーミングサービスで私の音楽に更に興味を持ってくれた人がもっと聴きたいと思った場合に対価を払ってバンドバージョンを聴いてくれればいいと思ったのだ。

現状の数字ではそんなのバンドバージョン作ってもほとんど売れやしないという状態なのだが、いいのだ。

命がけで創って来た唄を無料(ただ)で聴かせてやるわけにはいかねぇ。

摩擦もなく楽しいだけの音楽を聴きたい人たちは(楽しくない音楽は聴きたくないのだが、、、自分の中に矛盾がある、、、)、スマホでお洒落にストリーミングサービス使って有名な流行ってる曲を聴いて、夏には音楽フェス行ってバーべキューやって、高層マンションに住んで、満員電車に乗って死んでいけばいい。

多少、過激な表現になってしまったが、、、(笑)なんとかこの売れない現状を変えていきたいのだが糸口が見つけられない、、、。

ギターとピアノの弾き語りバージョンの曲だけでも25曲以上あるんだから、それを全部一人でアレンジして、録音して、ミックス・マスタリングして、いろいろな手配して、、、完成するのはいつになるのだろうか、、、?

このブログ書かなきゃいけないし、井の頭公園に唄いにも行かなきゃいけない、、、

生きていないかもな、、、。

しかしまだ心の内には燃え盛っている炎がある。もう一度言う、自分の唄は商売には向いていないかもしれないし、みんなで楽しくワイワイやる音楽でも無いのかもしれない。勿論有名なものでもないし、肩書など何にもない。昔、面接官に自分の履歴書になんにも書いてないので笑われたことがあった。真っ白な履歴書。(笑)あっちにフラフラこっちにフラフラ溺れそうになりながらも死ぬ気で唄を創ってきた。あくまで自分は売れない、誰にも相手にされない現役!現役!の歌手、音楽家なのだ。定年した後、趣味で音楽をやっている人間と一緒にされたくない。このまま野垂れ死にするのだろうけど、

命がけで創って来た唄を無料(ただ)で聴かせてやるわけにはいかねぇんだよ!!

おしまい。(笑)音楽配信

ギター弾き語りやっております

基本、自分の作曲姿勢はピアノ弾き語りだと思っているのですが、何せ自分の家にピアノが無い。いや、あるのですが電子ピアノで生ピアノがありません。生ピアノでないとどうも気持ちがノッテこないというか、弾こうという気に余りなれない。

そうすると自然と手にするのはギターの方になって参りまして、ギターを弾きながら最近はライブをやっております。

私はピアノやギターのテクニックで他人を魅了したいと思ったことは一度もない人間で、当然そうした練習をしたことはほとんどないので他人から”ピアノ上手!”とか”ギター上手いですね!”とか言われたことはかつて一度もなかったように思われます。いや、何度かあったような気もしますが、どこか誤解されてるような感じでした。

ギターに関しますと、基本アルペジオができないんですよね。(笑)特にピックを使ってアルペジオの練習をするとこんがらがっちゃって、もう嫌(いや)になっちゃいます。ですので最近はピックを使わずに指でギターを直接弾いてたりもしてます。

最近は歪み系のエフェクターを使ったりしてエレキギターを弾くことも多いのですが、ギターの方も基本アコースティックです。要は唄が中心で唄の伴奏であればいいので、それであればアコースティックギターが一番響くのです。唄が気持ちよく唄えればそれでいいのです。

では、私が思う上手いギターとはどういうものなのか?上手く魅せず(実際上手くないのだが、)地味に、唄に隠れて、そしてなんだか憶えているといった感じでしょうか?何言ってるかわかんないな。(笑)

実際の人物に例えるとローリングストーンズの若い頃のキース・リチャードといったところでしょうかね?けど実際、東京ドームに来た齢をとった本物のキースを観たけれどかなり上手かったな。やっぱり私は最近の上手い御大ストーンズよりも若かりし頃の下手なストーンズがいい。

音楽上手いばかりじゃ面白くない。下手な方がいいってこともあるさ!

銀座モード フルアコバージョン

音楽配信