テイクアウト

久しぶりに陽が戻って来た。今日は日曜日梅雨の晴れ間なのか、たまには外に出ようと街に出てみた。マスクはしたくないのだが、するしかない。暑い。前から一度口にしてみたいなと思っていたカレー屋さんに行ってみた。たまに食べに来る蕎麦屋の向こうにあって、店名が多少変わっているので興味があったのだ。営業してるのかな?と思いつつ歩いて行くとのぼり旗が出ているので、しめしめやっていると思い店に入ろうとすると手前を歩いていた若者二人がその先に店に入って行った。

お店の主人であろうと思わしき若者がマスクをつけて出て来てその二人組を中に入れた後、私に向かって”こちらにどうぞ!”と言って来たので、持ち帰りできるのか訊いてみると大丈夫とのこと、”少々お待ちください!暑いのでお店の中にどうぞ。”と言われ店の入り口にある椅子に座って暫(しばら)く待っていると、またやって来て”メニューひとつしかないんですよね。もうちょっと待ってもらっていいですか?”と苦笑いされ奥の方に消えていった。

手前のカウンターには中年夫婦がカレーを食べていて。鶏肉らしき肉がのっているカレーは美味そうに見えたのだが、旦那の方がカレーに咽(むせ)たのかどうなのかゴホ!ゴホ!咳(せき)が止まらない。よりによってこんなコロナの時期に咳しながらカレー喰うなよと内心思ってたりすると、隣の奥さんがそうした私の冷たい視線を察知したのか”大丈夫~?”と言って背中をさすっていたりなんかする内にまた店主がメニューを持ってやって来て”このカレー定食が一般的で、この定食にチキンをつけるのがおすすめです。”と見せられた。カレー定食が1200円でチキンが300円になっている。高い!!なと思ったのだが、以前このお店の前を通った時にカレー弁当1200円と出ていたので金額はおり込み済みで、このチキン300円を頼むかどうかが迷いどころだった。

せっかく店主がおすすめですと言ってるんだし、目の前で食べてる夫婦のカウンターに置いてある肉がのっているカレーも美味しそうなのでチキンも頼むことにした。出来上がりまでどれくらい時間がかかるの?と訊くと10分もかからないですと言われその場で待つことにした。

店の奥をのぞいてみると若者が結構いてテーブル席は埋まっている。壁に貼ってあるポスターをながめると「〇月〇日 DJ〇〇ライブ!」とか音楽ライブもやっているらしい、どうやら若者に支持される今風のカレー屋さんのようだ。出来上がったカレーが出て来る間に若いカップルが出て行き、更に男の子二人組が私の前を通って店の奥に入って行った。

暫(しばら)くして、持ち帰り用のビニール袋に入れたカレーを持ってくると店主は”2種類のカレーがあってこれをこの下にある弁当のご飯にお好みでかけてください。”と渡してくれた。受け取って帰ろうとしたのだが私の方がお金を払ってないことに気づくと、”そうでしたね!”と若い店主にまた苦笑いされてしまった。

このカレー屋を出て多少歩いた後、左に曲がった。真っすぐ行けば家で我が家に戻ってはやくこの出来立てほやほやのカレーを喰えばいいのにわざわざ道草してどこに行こうというのか?

左に曲がって商店街を駅に向かって上っていくとその途中にインドカレー屋があるのだ。そのインドカレー屋もテイクアウトをやっていて実はどちらのカレーを持ち帰ろうかと家を出る前は考えていたのであった。インドカレー屋の前を通るとやはり前にここを通った時の値段と一緒のサフランライス付き500円で売っていた。安い!!私が今持ってるカレーは3倍もする値段のカレーだ。果たしてこれでよかったのだろうか・・・?3倍も違う感動を家に帰ってこれから味わえるのだろうか?こっちのインドカレーでよかったんじゃないのか???

どうでもいいことで悩んでしまった梅雨の晴れ間の日曜日。明日月曜からはまた雨だと言う。扇風機を回しながら頑張ってこのブログを書いている。

音楽配信