白髪アイドルへの道 カスタマー・ジャーニー・マップ作成

白髪アイドルになる記事をしばらく書いてませんでしたが、その道を諦(あきら)めたわけではございませんで、ただ色々なことをやらなければいけなかったのでなかなか前に進めなかったのです。

これまでの話を整理すると、自分の音楽をいかに売り込んでいくかをマーケティングの方法で分析を始めてみようという第1話「音楽マーケティングYUKIOの場合」、白髪アイドルを思いつき、そうなるためのまず市場分析をした第2話「白髪アイドルになってみた YUKIOの場合 3C分析」、次に白髪アイドルYUKIOのファンになって音楽を買ってくれる仮想人物=ペルソナを作成した第3話「白髪アイドルになってみた YUKIOの場合 ペルソナ作成編」、まで話は進んでいました。※マーケティングと検索すれば関連の記事が読めます。

そして、 29才 女性 職業 翻訳家 音楽好き 邦楽というよりはどちらかといえば洋楽好き 東京在住 たまに着物を着て和装して外にでかける趣味がある バツイチ 子なし 最近白髪が多少でてきて気になりはじめ、髪を染めようか染めまいか悩んでいるペルソナが出来上がり、名前をルナと名付けました。

ペルソナ、ルナを表で手書きしたもの

前回だとこの次の段階で ウェブ上でのまず最初の成約に持っていくためのページ 、いわゆるランディングページの作成を予定していたのですが、その先にそのランディングページにルナが誘われていく具体的な行程を考え出さないと繋(つな)がっていかないので、その工程、いわゆるカスタマー・ジャーニー・マップを作ることにしました。

ペルソナ作成ではツイッター上でつぶやきながら考えたのですが、カスタマー・ジャーニー・マップは文字だけを羅列して想像すると、様々なパターンが考えられるため整理がつかなくなるので、思い切って表に手書きしてみました。その方が可視化されてよくわかるのです。その表を今回、掻(か)い摘(つま)んで説明しようと思います。※参考にしたのは”はじめてのカスタマージャーニーマップ ワークショップ”という本です。

まず顧客行動を洗い出すというところから始めました。ルナの行動を洗い出すのです。音楽好きのルナはSNS(インスタ、ツイッター)無料音楽サイト(spotify)などで常に新しい音楽をチェックしている。気に入った音楽を調べ、気に入るとダウンロードかCDで購入。友達にも知らせたりします。次にその行動をステージ分けして、出会い、リサーチ、購入、ゴールとしました。

ルナの行動とそのステージ分けの表

参考にした本の指示通り、ルナとの接点がどこにあるのか、そしてルナが各ステージでどのような感情起伏があるのかを分析。

ステージ別ルナとの接点、ルナの感情起伏

そして最後にそうしたルナの感情や行動に対する自分なりの対応策を考えてみました。

ルナの行動に対する対応策

こうして、ようやくルナが白髪アイドルYUKIOのファンになって音楽を買ってくれるカスタマージャーニーマップが完成しました。一番肝心なのはこの計画に期限を区切ることです。ここでは半年としました。ではどの段階をはじまりとするかなのですが、すべての下準備が揃ってからの半年ということにしました。まだ準備が整ってないのです。整い次第始めようと思います。乞うご期待。音楽配信

白髪アイドルになってみた YUKIOの場合-ペルソナ作成編

先月このブログで書いた”白髪アイドル”になってみたで自分の立ち位置を3C分析したのだが(白髪アイドルになってみた YUKIOの場合 3C分析参照)、次にファンになって自分の音楽を買ってくれるというペルソナの作成を時間をかけてツイッター上で独白するかたちで考えた。それを今回整理してみようと思う。

まず白髪アイドルのコンセプトは、日本はどんどん老人ばかりになっていく環境の下で人は白髪と共に年をとっていくけれどそれは悪いことではない、ありのままの自然の姿で一緒に老いていこう!ただ、それは気持ちが老けるということではなくて、心はいつもアイドルを追いかけてた若い頃と同じでいいのさ!どうだい?ベイビー、一緒にボクの唄を聴きながら踊らないかい!?(笑)というものである。

これに共感して私の音楽のファンになって買ってくれるペルソナが以下だ。まずアイドルということなので異性、私が男性なので女性ということにして、年齢を音楽を一番よく聴く年代、20代にしぼった。ポピュラー音楽を唄うのだから歳をいくらとろうと性的な対象にならなければならない。

ただ白髪アイドルなので、ある程度白髪に共感してくれて、年をとることへの恐怖心など気持ちを共有できる年代でなければいけない。だから20代後半、もっと具体的にするために29才ということにした。29才くらいであれば結構白髪が出てきたりもして自分がいつまでも若くないと自覚しはじめる時期だ。元アナウンサーで白髪染してない近藤サトさんも気になりだしたのは20代後半だと新聞に書いてあった。

次に私の音楽特性を考えた。子供の頃からほとんど邦楽を聴くこともせず、洋楽ばかり聴いて育ったせいか日本のヒット曲もよく知らない自分がつくった曲は、歌詞は日本語だが、構成は向こうに近い。だからこのペルソナは趣味はもちろん音楽好きなのだが、特に洋楽好きという設定にした。

ライブに来て応援してもらわないといけないので、当然私がやっているライブバーの近くの東京在住ということにして、職業を翻訳家にした。翻訳家なんて今までに出会ったこともないのだが、今回のペルソナ設定の理屈には合うのだ。普通の会社勤めのOLが”嵐”ではなく、無名の私の曲の方を選んで買ってくれるとは思えない。

何の翻訳家かわからないので、なんでもよかったのだが一番多いであろう英語の翻訳家にして、翻訳家で音楽好きであれば日本語の唄を聴くよりもよほど向こうの唄を聴いているであろうと思うのが当然である。彼女は私の曲を通して洋楽の臭いを感じたのだ、設定上は。

ただ、実際は私と同じように生粋の日本人で、翻訳家という外国かぶれの商売をしながらも心のどこかに日本人の誇りがあって、趣味を着物を着て和装してたまに出かけるという設定にした。私の曲の中どこかに”自分らしくあれ”というメッセージを感じてくれるにはこうした趣味がなければいけない。

そして一度結婚したが駄目になり、バチイチ、子なしという像にした。自分の唄の歌詞を考えると、結構挫折したような内容のものとかもあったりするので、やはり一度くらい人生挫折してくれてないと私の曲に共感を持ってくれないだろうし、子なしというのは、子供がいるとやはり音楽を聴いてる時間も現実ないのではなかろうか?と思った次第である。

重要なのは彼女(ペルソナ)の内面で、こんな無名の〝白髪アイドル〝とほざくオッサンの唄をわざわざ買ってくれるにはよほど性格がすわってないといけない。私なりに簡素にまとめると、彼女は翻訳家という誰にでもなれない職業に就き成功をおさめているのだが、肩書にこだわることもなく面白いものは、面白いと素直に感じられる心の広い寛容な精神の持ち主であって、しかも買ってくれるということは現実的な行動力も持ち合わせているということだ。

こうした寛容な精神や現実的な行動力がついたのは、やはり一度離婚した辛い経験があるからで、バツイチに設定しているのはこうした理由からでもある。

まとめてみよう。白髪アイドルyukioの音楽をファンになって買ってくれるペルソナ。29才 女性 職業 翻訳家 音楽好き 邦楽というよりはどちらかといえば洋楽好き 東京在住 たまに着物を着て和装して外にでかける趣味がある バツイチ 子なし 最近白髪が多少でてきて気になりはじめ、髪を染めようか染めまいか悩んでいる。こんな感じか。名前どうしようかな?月子?古いな。今風にルナにしておくか。しかし、  

こんな女いるか~!???(笑)

いようが、いなかろうがいいのだ。この娘(ペルソナ)に向けてオレは営業していくぞ~!ルナ待ってろよ~!会いに行くからな~!さあ、ペルソナをつくった次は何だ!?

本屋で立ち読みしたマーケティング本ではLPをつくれとある。LP?こんな音楽ダウンロードやストリーミングのご時世にアナログレコードのLPをつくってどうするんだ!と、お思いになっている方もいらしゃると思いますが、LPとはランディングページの略語で、ランディングページとはウェブ上でのまず最初の成約に持っていくためのページのようで、私のサイトで考えればtunecoreのページからiTunesやamazonのダウンロードページに飛んでいくので、このtunecoreのページの前にひとつそのLP(ランディングページ)とやらのページをつくってfacebookかなんかのSNS上で広告を打ってみたらどうかと考えるようになった。

つくり方はまだ手探り状態なのだが、チャレンジしてみようと思っている。逐一、報告するので、乞うご期待。

音楽配信

白髪アイドルになってみた YUKIOの場合 3C分析

自分の音楽に当てはめる形でマーケティングの本を本屋でずっと立ち読みしていて、

ふと思いついたのがおかしな話だが”白髪アイドル”だ。

私の発想としてはどうしてもいつもこんな感じになってしまう。(笑)

解説していくと、とりあえず”アイドル”というのは日本には昔から存在していて潜在需要は必ずあるはずだ。要は音楽は芸能活動なのだから、自分も売れない芸能人なのである。(ターゲットニーズの確定)

そこでそういうアイドルを求めている人たちにどう自分の音楽を聴いてもらえるようにするのか?まずは市場分析である。マーケティング本では3C分析をしろとあった。

3Cとは「Customer(市場・顧客)、Competitor(競合)、Company(自社)」である。

まず市場を分析してみよう、本にはマクロ市場とミクロ市場に分けて分析方法が書いてあった。

マクロ市場とは世間の広い市場のこと、要は新聞の見出しに出てくるほどの事柄なので、現在、日本はどんどん年寄りばかりの長寿国になっているので、髪の毛を染めているけれど本当はみんな白髪なのだから、これは十分”白髪アイドル”を認めるだけの素地はある。

ミクロ市場は小さいところ、いわゆるここでは芸能界か、アイドルは昔は10代の若い歌手をたとえた言葉だったと思うが、今はジャニーズ系アイドルだって千差万別いろいろな人間がいる。「嵐」だってもう40前後だと思う。地方にはいろいろな街おこしアイドルがいて多様性の時代だ。”白髪アイドル”を名のっても全然おかしくない。

次はCompetitor(競合)だ、”白髪アイドル”に競合などいない。誰も名のってないのだから。試しに”白髪アイドル”と検索してみたら。誰もいない。一番上の記事は”ジャニーズでも白髪を告白、アイドルの正しい年の重ね方とは?”とあった。

最後にCompany(自社)、ここでは自分である。自分は白髪だらけでもはやどうしようもない。白髪から逃れられないと思っているので”白髪アイドル”になる覚悟が若い人間より全然高い。”白髪アイドル”はトシをとった方が有利だ。

こんな風に3C分析をしてみたが、いかがだったでしょうか?

マーケティング本では次は強いペルソナ(そのサービス・商品の典型的な ユーザー像のこと。ここでは私の音楽を聴いて買ってくれるファン像)をつくれとある。なかなかCD売れずに困ってるのに、そんなもの想像できるか!と思ってしまうのだが、我慢してもう少し勉強してみよう。ペルソナ作りはもう少し待て。(続く)音楽配信

spotify  オリジナルソング聴いてみませんか!?

音楽マーケティング YUKIOの場合

期末の春休みになり来月アタマには新元号が発表されるとのことだが、お正月休みに自分の音楽サイトを右も左もわからず、恰好だけとりつくろう形でとりあえずリニューアルしてから最近はマーケティング研究をするようになった。

自分の音楽をいかに売り込むか?その具体的な方法論を探したいのである。

私の心の中で、昔から自分の夢という形でなにかぼんやりしたものが、だんだんいいトシになり現実としてとらえられはじめようとしている。最近は阿佐ヶ谷の本屋でウエブマーケティングの本をしょっちゅう立ち読みしている。

ただ、そうしたマーケティング本が示すサンプル事例のほとんどが美容関係だったり通販の大量生産、大量消費のような、いままでもあった商品を他社と格付けをし違いを見つけていかに売っていくかのマーケティング方法を述べていて、私のような世界でたったひとつしかないと自負しているオリジナルの音楽を売ろうという考え方ではなかなか当てはめにくくてどのようにしようかと日々悩んでしまうのだ。

そう!ここがいけないところなのかも知れない。自分は特別な存在じゃないんだ。

マーケティング本の中には多少、音楽関係のことについて触れていたりする記事もあったりもする。売れているミュージシャンというのはシングルで周りの欲求を満たしてあげてアルバムで自分たちのやりたいことをやっている、売れないミュージシャンは自分のやりたいことばかりを主張するから駄目で、そんなこと関係なく周りの要求に応えることが大事だと書いてあった。もっともな話である。ただ昔から言われていることでもある。

自分に当てはめてみると、確かに”世界でたったひとつしかないオリジナル音楽”というのは自分の主張なだけであって、他人からみればそんなことどうでもいいことだ。客観性に欠けている。

もっと客観的な事実に基づいて行動しないと!

そこで自分自身をモデルにしてマーケティングの手法で分析してみようと最近はこころみているのである。(続く) 音楽配信