目を閉じれば

「目を閉じれば」という自分の曲がある。競い合い、偽り合いながら、仮の姿のように生きる現代社会の中で目を閉じればメロディーが聞こえて来て、再び目を開けるとそこには前と違って少しは真実の姿が見えてくるはずだ~!という、はかない希望をうたった唄だ。

目を閉じれば PR用

歌詞も難しいし、曲の構造の方もこれまた難しくなっていて、(笑)若い頃に思いついた唄なのだが自分自身でなかなか解決できず何十年かたってようやく完成した作品になっている。

昔、ライブバーの誰もが参加できるオープンマイクで唄った後に、女の子から”YUKIOさんの曲は聴いている人間が次にどう行くかを想像する形を常に裏切って進行していく。”と言われたことがある。また新宿3丁目のピアノバーで隣り合わせたピットインで弾いていると言っていたやたらと上手いオネエのピアニストから”そこの進行・・・普通はこう行くのよ・・・なんでそっちに行っちゃうの?”と尋ねられ、”仕方ないです、こう聞こえて来るのですよ。”と答えると、”・・・、アナタにとって自然なのよね!”と不思議がられたこともあった。

自分とすれば、この2つのコメントは批判ではなくて誉(ほ)め言葉だと思っている。確かに、世の中に出回っている曲を普通だと思って聴いている方(かた)からすると、私の音楽は常に進行が裏切っていくように感じられるのもわからないでもない。(笑)

そうした曲が多々あるのだが、「目を閉じれば」という曲もその中のひとつと言っていいだろう。ただし難解な曲はこの曲だけではなくて、今回なぜ敢えてこの曲を取り上げたかと言うと、実はこの曲単曲だけでは買えなくなっていてアルバム全体を買わなければ聴けなくなっているのだった。10分以上の長~い曲で、10分以内でなければ単曲として売れないという契約になっているのだ。(笑)

出来上がった後もミックス・マスタリングで自分の思い描いたイメージにならず、何度も音楽ファイルを書き出した非常に苦労した曲で自分の苦労を無駄にしたくない。(笑)こう思い、忘れそうになっていたところをつい思い出してしまった。

cocolo」という作品の中に入っていて、このアルバム「目を閉じれば」という曲だけではなく、他の曲も次々とアナタの想像を裏切っていく進行が目白押しになっている。(笑)私の中では一番尖(とが)った作品だ。

「目を閉じれば」はiTunesアマゾンでも部分的に試聴できるし、ユーチューブでは出来は悪いがライブバージョンも載せているので、ぜひ聴いてみてもらえないだろうか?そしてもしお気に召していただけるようであればアルバム全体をお買い上げいただければ幸せなのだが。。。かしこ

音楽配信

目を閉じれば ライブ

アルバムアーティスト YUKIO

”アーティスト”という言葉が好きではない。いつ頃からだろうか使われ始めたのは?もう名前の知れた人であれば名刺に”アーティスト”と入れればなんとなく箔(ハク)がついた感じがしていいのだが、私みたいな無名の一般人はやはり”ミュージシャン”と云った方がわかり易い。

なぜ”アーティスト”の話を取り上げたかといえば、自分は1曲に自分の世界をすべて詰め込んで相手にアピールするようなタイプではなく、1曲1曲を組み合わせてつくったアルバムで自分の世界観を表現したいと思っているというか、そうなってしまうというか、そういう性分の人間なのだ。

”シングルアーティスト”という言葉はきいたことが無い。”アルバムアーティスト”はきいたことがある。やはり”アーティスト”は”アルバム”なのである。自分は”アーティスト”だとは思ってはいないが、”アルバム”を聴かせたいのだ。1曲だけを聴いてもらっても私の世界をわかってくれるとは思わない、You Tubeの最初の10秒を観てもらってもたぶん理解してくれないだろう。それがどんなに遠回りでいっぱい損をしてるのかもしれないが、自分という人間はこうなのである。自分のやりたい音楽はアルバムの中にあるのだ。

アルバム全体を通して聴いていただけないでしょうか。音楽配信中