音楽の雑味

さて、昨日は自己流のミックス・マスタリング術を語ってみたが、今回はもう少し具体的に踏み込んだ話をしてみよう。ミックス・マスタリングもたぶん歌と同じで人それぞれやり方が違っていると思う。正解なんてないのだが、、、どうしても他の作品と比べようとしてしまったりする。

レファレンス・トラックと言ってミックス・マスタリングをやっていると自分自身何をやっているのかわからなくなることがしょっちゅうあって、他の人が作った模範にすべきトラック(曲)を決めてそれを模倣するのだ。私の場合、音圧(曲の音の大きさ)加減がどれくらいあればいいのか最初全然わからなかったので今まで買って来たCDの中のできるだけ新しいトラックを参考にしたり(それでも20年以上前の曲だったりするのだが、、、)、楽器屋の店員さんからアドバイスを受けて参照したいCDを買ってみたりもした。ただし音圧加減のレベルを知りたかっただけで、そのレファレンストラックの全体の曲の雰囲気とかを真似したいとは思わなかった。曲の構造が余りにも違い過ぎてなんだか参考にできないのである。模倣したい曲がないのだ。(笑)最近は割り切って音圧のサジ加減を調整するためだけでレファレンストラックを聴いていたりなんかする。

次に、いまだにいつも悩むのがトラックにクオンタイズをかけるのか?かけないのか?という話だ。クオンタイズとは何かと言うと、録音された生演奏データのバラツキのタイミングを揃(そろ)える機能(当然、人間の生演奏では本当に寸分の狂いも無くタイミングを合わせることなどできないの)で、最近の流行歌などはもはやすべてにクオンタイズ加工されている気がするのだが、自分はなんだか好きになれないのである。

cocolo」という作品を創った時、実は鍵盤の音をすべてピッタリ頭を揃えたのだが余りに無機質で、次に入れたギター演奏と唄はすべて何の加工もしないようにした。そうすることによって上手くバランスもとれたと思っている。生演奏できない打ち込みをしたドラム、ベーストラックではヒューマナイズドというわざとタイミングを人間ぽくずらす機能も結構使っていたりして、やはり自分の中では理想はクオンタイズをかけずに何の加工もしないのが一番自然でいいような気がするのだ。

それで次の「太陽」という作品はリズム以外はすべて生演奏そのままを使ったのだった。ただ何となく生演奏だらけだと情緒的で、最近の世間の音楽がそんな風になっていないので何だか時代に乗り遅れているような気がしないでもないのである。

最近のクオンタイズされた音源はとても無機質で、スマホなどから密閉されたヘッドホンを使って音楽を楽しむ人が増えたせいか、クリアな感じの音質が好まれるのかもしれない。。。雑音は一切入れないようにすることがミックス・マスタリングの基本であるとどの教科書にも書いてあるのだが、この点も自分は馴染めない。(笑)耳をよく澄ますと、鍵盤は間違った音を指で押さない限り楽曲とは関係のない音は出てこないのだが、ギターなどは弾く前にフレットに触るだけでも色々な音が小さ~く出ていて、様々な雑音が鳴っているのである。この雑音が生演奏の魅力の正体だと思っていて、雑音を取り除いた音楽なんて雑音が入り混じった現実生活を送っている人間にとってありえないので、最初は耳触りがいいのかもしれないが段々飽きて来るのではなかろうかと思っていたりもする。譜面を追って演奏しても実は譜面だけの音しか出ていないわけではなく、人の耳が認識できないだけで本当に雑多の音が鳴っているのである。

それで「太陽」という作品の中では、表現はもっと自由だ~!!そうした雑音も含まれた音楽もあっていいと考えたので、ギターを弾いていない時のシールドの”ジーッ”という音も敢えて入れたのだった。鍵盤上で多少隣の間違えた音が小さく出ていたりしても、「cocolo」ではすべてそうした音はカットしたのだが、「太陽」では敢えてそうした雑音も入れた。その雑音も含めて自分の頭の中では曲のイメージが完成されていて、雑音を見逃したわけではないのだ。雑音を一切いれないという考え方にそれが正解であるとどうも賛同できないのである。(笑)いろいろな録音の仕方があっていいじゃないか!音楽はもっと自由だ!人間はもっと自由だ!と。。。この点については自分だけじゃなく他の人の意見も訊いてみたい気がする。

時代に遅れちゃいけないと現代版のクリアな音ばかり聴いている時に、昔、録音された曲をたまに聴くと音は悪いのだがなんだかホッとすると言おうか心が温まると言おうかそんな気分になったことはないでしょうか?レコードやテープが流行っているのもそんな感覚があるからなんだと思うのですが、、、。

雑味があるからこそ音楽は楽しいのです。(笑)

音楽配信

太陽ダイジェスト

YUKIO音楽の時代

自分でオリジナルの唄を唄っている割には、他人(ひと)の音楽を買わなくなってもう何年も経つように思います。CDチェーン店が自分の音楽CDを置いてくれないので腹が立ってそれ以来CDを買っていません。(笑)自分で販売しているくせにダウンロードで買ったことも無く、ストリーミングサービスは無料のspotifyだけたまに聴いてたりします。

何を聴いたら面白いのかよくわからないので、ワールドトップ50というのをたまに聴く程度です。今、世界で最も売れている50曲がたぶん聴けるのでしょうけど、当然その中に私の知っている曲などは無くチンプンカンプン、流行に取り残されたおじさんが”今の若い者は・・・”などと若者を苦々(にがにが)しく思っている感覚に近いのかもしれません。

大手CDチェーン店には置いてもらえませんでしたが、近所のアナログレコード屋さんでは自分のCD置いてくれていて、そのアナログレコード屋さんとたまに世間話をしたりするのですが、アナログレコード最近復活傾向にあるけれど、どういった曲のレコードが売れてたりするのか尋ねてみると、傾向なんかなんでもいいんです要は流行(はや)りですよと言われてしまいました。(笑)曲の内容などはどうでもいい。お洒落(しゃれ)感覚で今の若者は音楽を愉(たの)しんでいるだけだと言いたかったのだと思います。

思えば私の若い頃もそうだった。それが歳を重ねるうちに生きるためのいろいろな知恵がついて来たりなんかして、、、それと共に聴く音楽も遍歴して来ました。最初はロック、それから黒人音楽になり、だんだん唄ものを聴かなくなりジャズに移り、今はクラシック音楽です。ほとんど一貫性が無いのですが、自分の中ではその時、その時の良いと思ったものだけを聴いて来ただけなのです。当然自分の創る音楽も、こうして今まで聴いて来た音楽の影響から切って切り離せないものでもあります。オリジナルの曲といっても何もない0(ゼロ)から創り出すことなんてありえないのですから。

spotifyのワールドトップ50を聴いていると、ほとんどが打ち込みの音楽になっています。その時代、その時代の傾向があって最近の流行りはその打ち込みに乗せてメロディーなのかラップなのかよくわからない中間くらいの感じで創られている風です。ちょっと前まではヒップホップがどこに行ってもかかってましたが、今はもう一つのジャンルとして成立してしまったので若者が飛びついて来ないのかもしれません。あとエフェクターなどのプラグインの使い方も相当複雑になっている感じで随分金かかってるなと感心したりもします。

ただその時代が過ぎてしまえば、流行った分古臭く感じてしまうのも事実。いつその時代が終わるのかは誰もわからないのですが常にアンテナを張ってないと取り残されてしまう。気づいた時にはあとの祭り。これは音楽だけではなくて世の中一般すべてそう。そんな面倒くさい時代を追うよりも、自分で時代を創ればいいんじゃん!?

おっしゃる通り!しかし自分で時代を切り拓くつもりでやってきましたが、ご覧の通りこの様(ざま)です。トホホなのですけどまだ諦(あきら)めちゃいませんよ!息が続く限りやってやります。ザマ~ミロ。だって、

女の子にモテたいために男の子はギターを弾き始めるのだもの。

誰かがそんなこと言ってたな・・・。音楽配信

YUKIO真っ向(まっこう)音楽勝負

実はここ何年も音楽を買っていません。音楽そのものに興味はあるのですが、誰かの曲をダウンロードしたいという気にならないしCDも欲しいとは思うのですが、自分のCDを置いてくれるように大手のレコードチェーン店に営業をかけたことがあって全然取り合ってくれなくて腹が立って、それ以来二度とこのレコードチェーン店で買ってやるかと思ってしまって買ってないのです。(笑)

CDにこだわりは無いのですが、アナログレコードを聴くステレオを持っているわけでもなく結局CDになっちゃうのですよね。無料のspotifyとかストリーミングサービスを聴くこともたまにあるのですが、どうも本格的に音楽と対峙(たいじ)しようとするとやっぱり馴染めない。

街中で最近は無線のイヤホンをつけた若者をたくさん見かけますが、彼らはやはり音楽ストリーミングサービスで自分の好きな音楽を聴いているのでしょうか?APPLEやLINEの月額千円くらいの定額性のものであれば無料のspotifyに比べて音質もいいのでしょうけどどうもその気になれない。

そうすると昔買って何度も聴いた音楽ばかりをまた聴くことになっちゃって新鮮味がないと言おうか、どうも自分の音楽的な成長が止まってしまったような気がして不安になってたりもします。

正直、気に入った音楽はやっぱり欲しいのです。ストリーミングサービスといった形の無いものでは、スポーツなんかしてその間のBGMとして流しているのであれば事(こと)足りるのでしょうけど、私なんかのように音楽にのめり込んでいく人間にとっては数千曲なんでも聴けるのが便利なのでしょうがどうも物足りない。

好きになった彼女を自分のものにしたいのと同じで、好きになった作品はジャケットやデザインも含めて自分の元に置いておきたいというのが人間の本来あるべき姿のような気がして、少なくとも自分はそうなのでどうも定額制のストリーミングサービスは気が引けるのです。

車とかバイクでもいいのですが、興味がそんなに無ければ実用的に早く目的地に着くだけの手段でしかないのでシェアサービスで十分ですが、そうじゃなくてやっぱり何百万もするけれど所有したい思うわけで、音楽も気に入ったものは所有したくなるのが常ってものです。

自分の音楽作品4つをネット上で売っていて、ギターとピアノの弾き語り2つはストリーミングでも聴けるようになっているのですが、アレンジもこだわった全部一人で演奏したバンド形態の2つの作品はダウンロードして聴くしかできないようにしてあります。

自分の中では渾身(こんしん)の作品で、ほとんど買ってくれる人はいないのですがそれでいいと思っています。ストリーミングで聴いてもらおうとは思わない。ストリーミングサービスの何百万曲の中のひとつということじゃなく、やっぱり自分と言う人間を選んでもらいたいのです。自分の作品と対峙(たいじ)してもらいたいのです。そんなジョギングしながらお洒落にイヤホンつけて聴ける音楽じゃないのです。気に入ってもらえれば買ってもらいたいのです。

ダウンロード金額が1500円とか2000円になってますが、そんなの形だけで1万でも100億円でもいいと思っています。ネット上でこういう”買ってくれ、買ってくれ”という営業トークって一番嫌われるのでしょうけどいいのです。

音楽だけで勝負!それで散っていくのであれば、それはそれで仕方ないのです。音楽配信