雨の音

今朝も雨だ。梅雨(つゆ)の時期、気づけば雨が降っている。今年は雨の日が多いような気がする。

雨の音にじっと耳を澄ませたことがあるだろうか?私は結構夜中に目が覚めた時トイレの中で雨が降っていると寝ぼけた頭にその音が聞こえて来たりする。ポツリ、、、ポツリ、パタン、ドンドン、、タン、、、

と、よく聞けばそれは小粒の水が様々な場所に落ちて散っていく打楽器の音なのだ。そして場所によってもその音は微妙に違っていて、トタン屋根に落ちるとパタン、パタンと高くはっきりした音、アスファルトの道路に落ちるとピシャ、ピシャ小さな音のように、聞き分けようとすると際限がない。

ただ解るのは、そうした雨の音というのは不規則で一定のリズムでは落ちてこない。ポツリ、、、そのあとワン、ツー、スリー、フォーのカウントをとろうとしても無駄で、どこか違うところでパタン、、、とか、ピタンとか、ピチャとか、予想だにできないところで音が鳴っていて、頭で計算のしようがない。

不規則な音なのに、雨の音を聞いているととても気持ちが落ち着く。なぜだろう?やはり雨粒が落ちる間(ま)を聞いているのかもしれない。ポツリ、、、とポツリ、、、の間(ま)の静けさを。

車や電車、飛行機まで何でもいいのだが、今の時代において人が使う道具が出す音というのは故障してない限りすべて規則正しい音を出している気がする。規則があるからこそ人間は安心してその道具を使うのだろうが、私自身はそうした音が余り好きではない。公園で鳥の鳴き声や海のさざ波の音を聞いていた方がいい。

唄もそうで、齢と共にだんだん規則が決まっている音楽に興味が無くなってきてしまった。かと言って不規則な唄なんて誰も聴いてくれないだろうしな。

雨が少し止んできた。雨の静けさの中で黙考する時間。不規則な雨音はよく聞くとやはりドラムだ。ピッチも決まっていない不規則なリズム。なぜか心が落ち着く。2019.梅雨。音楽配信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA