悔いなきように

2枚組にしたいと考えている作品集の制作が、今、だんだん佳境(かきょう)をむかえ出している。家で考えた打ち込みのリズムを入れたノートパソコンをリュックの中に入れて背負い、そのパソコンにつなぐスピーカー2つを入れた箱を前カゴに入れて、自転車に乗ってピアノ室に行くのである。ピアノ室でそのノートパソコンとスピーカーをつなぎ、音を出して、その音に合わせる形で生ピアノを弾きながら唄うのであった。

結構大変なのだが、曲の構造を最終的に仕上げにかかる時にはどうしてもこの作業が必要になって来る。わざわざスピーカーまで持って行かなくても、パソコンから音を出せばいいではないかと思われるかもしれないが、パソコンだけだとボリュームを最高に上げても音が小さくて、生ピアノとの音量バランスがつり合わないので、わざわざこの作業をするために持ち運びできる小さいスピーカーを以前買ったのだった。

家には安い電子ピアノも置いてあって、家でそうした作業をすることもできるのだが、やはり生ピアノの音で確認しないと自分は駄目(だめ)なのである。電子ピアノで確認して行くと、どうしても頭でっかちになってしまうと言おうか、危ない。見落としがたくさん出て来てしまったことが何度もあって、電子ピアノで曲をまとめるということはやらない。

音楽はやはり頭で考えるよりも体で感じとるものだと、つくづく思うのだ。頭の中の設計図は大切なのだが、設計図よりももっと大切なのが感じとる力(ちから)と言おうか、閃(ひらめ)きと言おうか、うまく言えないが、音楽にはそう言う人間が人間であるべき原点があるような気がして、なぜ人は歌を歌うのだろう?という素朴な疑問に答えることができる奴(やつ)がいないように、自分にとっては、音楽とは理屈ではなくて説明不能な生きている内にこぼれ落ちる摩訶不思議(まかふしぎ)な現象なのである。

何をわけのわからない文章を書いているのだろう、オレは?爆笑

そう、自分の心の中に何年も沈み込んでいた得体の知れないものが徐々に形になり、そろそろ芽吹くかもしれないという段階に今は入って来ている状態になり、自分自身で何かこうウキウキしていると言おうか、これからこの曲たちがどのような形になって行き完成を見るのだろうか?予想を裏切る展開なんかもあったりして、一番大変な作業なのだが、一番楽しくもあって、これだから曲作りは止められない。

当初、この2枚組にしようと思っていた作品群は、自分の人生のおまけと言おうか、歳(とし)をとってからの作品群だったので、若い頃の自分の唄に比べてパワーが落ちると言おうか、冒険不足と言おうか、これまでの作品群でもうやりつくした感があって、今回の作品群は未完成のまま死んで行ってもいいかなと思っていたのだが、佳境に入るにつれ、心が燃え盛ってきて、もっと現実の中で他にやるべきことがあるにもかかわらず、それをやらずに、このこちらの作品群に向き合ってしまう自分の姿が、やはり自分は売れない歌手なのだろうなと思ってしまうのであった。しかも誰にも振り向いてもらえないと言う。笑

しかしながら、いいのである。これも自分の運命だと思い、そんなことよりもこの2枚組の作品の結末がどのようになるのか、それが知りたい。まだもう少し時間はかかるとは思うが、悔いの無いようにと思っている。

オリジナルソング。ダウンロード販売中。試聴も充実!聴いてみませんか!?気に入っていただけるようであれば、クレジットカード、paypal決済でお買い上げできます。よろしくお願いいたします!(セキュリティー強化!!ご安心ください。)

他サイトでも音楽配信やってます。アップルミュージック、ユーチューブミュージック、ラインミュージック等でも聴けます。作品を通して聴いていただくのが一番のお勧(すす)めです。CDも販売中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA