チャーシューメンのすすりかた

正直に話そう。我が家には肉を喰えない家族がいる。喰えないのか喰わないのかよく分からないがギョーザ以外の肉は一切口にしないのだ。私自身は基本好き嫌いまったく無し、出されたものはなんでも口にする。

こんな家族なので、家で食べる分には各々(おのおの)好きな料理を食べるので問題ないのだが、外食するとちょっと困った問題が多々発生する。特にラーメン屋に行った時に。

どんな問題が発生するかというと、ラーメンに乗せてあるチャーシューを食べないので私の丼(どんぶり)にそのチャーシューを食べてと渡されてしまうのだ。最近のラーメン屋さんは大概(たいがい)今は2枚ぐらい入っていて、その2枚を私の丼(どんぶり)に追加すると計4枚チャーシューが乗ることになる。麺が隠れてチャーシューメンになってしまうのだ。

チャーシューメンを頼んだつもりはないのだけど、家族でラーメン屋に行くといつもチャーシューメンになってしまう・・・。どういうことだ?自分自身でチャーシューメンを頼んだことは今までこの生涯の中で一度か二度しかないはずなのに、家族で行くと常にチャーシューメンを食すことになる。

そんなチャーシューが食べたくないなら、こちらに渡さず自分の丼(どんぶり)に残しておけとアドバイスを送った時期もあったのだが、もう最近は面倒臭いので渡されるままにチャーシューメンにしてズルズル、ラーメンをすすっている。

ラーメン屋のテーブル席なんかでは店主の目が余り届かないので、どうせ肉喰わないんだろ、食べてやる寄こせと言って勝手にチャーシューを箸(はし)でつまんでこちらの丼(どんぶり)に移すのだが、カウンターだけのお店でそれをやると結構お店の人から怪訝(けげん)な顔をされてしまう。

このオレの芸術作品を勝手に無茶苦茶にしやがって!美味しくないなら食べなくてもいいんだゾ!とは言われたことはないにしても、そんな気配をヒシヒシと背中に感じながらチャーシューメンをすすることになるのだ。

店主がこだわった、丼(どんぶり)の中にある小ワールドの完成された芸術作品を私も鑑賞したい!しかし家族で行くと鑑賞どころでは無くなってしまう・・・。注文するまでは期待に胸膨らませるのだが、いざ丼(どんぶり)が出てきてしまえば、もはや評論家になる前にチャーシューという現実がラーメンの上に横たわっているのだ。

チャーシューメンをすするということは私にとっては家族の味なのである。

音楽配信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA