ピカソの音

ピカソは無茶苦茶な絵を描いているわけじゃないでしょうが、なぜだかオークションでもの凄い金額でその絵が落札されたりします。最近はニュースで名前は思い出せませんが海外の正体不明の絵描きさんの落書きが突然日本にあったりしてこれが本物か偽物かで話題になっていました。

この落書きが本物であればみなさん喜んで保存するのでしょうけど、偽物であった場合は誰がこんなところにいたずらの落書きをするんだ!ということですぐに消されることになるはずです。本物であれば何億の価値があり、偽物であればごみ箱行き・・・。オリジナルの音楽を創っていると自負する私としてはこういうニュースを聞くと恐ろしいといいましょうか切ないといいましょうか、何とも言えない気持ちになります。

絵でも音楽でもいいのですが、作品の価値とは一体何なんでしょうか?それは鑑賞した人が基本、自分自身でいいと思って買ったり集めたりするものではないかと私は思ってたりします。有名であれば素晴らしい、無名だと価値が無いと言われているようで、私なんか世の中からとうの昔に抹殺(まっさつ)されそうで怖い。(笑)

有名であることはその作品の質をある程度保証してくれるのかもしれませんが、作品を見ずに有名ということだけで評価をする、特に歳をとってからは私も含めて人間はそうなりがちのような気がします。既存の価値観で物事を評価するからです。

しかし評価される側の、当のピカソや名前を忘れた海外の正体不明の落書きアーティスト本人はそうした既存の価値観を壊したいがために絵を描いて来たのではないでしょうか?私にはそんな気がします。本物はいずれわかるものという言葉で締めくくる頭の良さげな人は大勢いますが、そうしたこと言う人たちは外から責任のない好きなことを言える経済や芸術の評論家や学校の先生たちなのだと思います。

ピカソの名前を知らせずに、ピカソの個展を開くと一体何人集まるというのでしょうか?レッドツェッペリンがツェッペリンをまったく知らない人たちばかりいる街で街頭ライブをやっても人はたぶん集まって来ないでしょう。しかしピカソも正体不明の落書きアーティストもたぶんその0(ゼロ)の地点から這い上がって来ているはずです。

0(ゼロ)の地点から這い上がる権利は誰にでもある。

無名のお前が何にもわかっちゃいないくせに好き勝手ほざくなと、後ろ指差されるのでしょうけど、世の中そういう風に動いていると私は思ってます。音楽配信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA