音楽になりたい

動画を多少、知恵を使って編集するようになりました。前はライブ模様を安い音楽ビデオカメラで撮ってただアップするだけだったのですが、その動画に無料のイメージ動画をダウンロードして挟(はさ)むようにしてみました。しかし全然アクセスが伸びません。(笑)

大体、この安い音楽ビデオカメラが腹が立つ。音は良いのだが画面をズームにできないんです。こんなことありか!ズームにできないので三脚をボーカルマイク直前まで持ってきて撮影する始末。私を観てくれるお客さんにとってみれば邪魔で仕方がないのですが、基本お客さんがいないので勝手に三脚立てて唄ってます。

先日のライブではとうとう”何か三脚が入って来るお客さんの邪魔になりそう?”とかいろいろ言われてしまいました。ただ音は良いんです。音は。こんな感じで試行錯誤してやっております。

「音楽になりたい」というピアノ弾き語りのライブをユーチューブにアップしたのですけれど誰も見てくれないので、今回は自己解説したいと思います。難しい音楽用語が出てきますが、楽器をやっている方は多少参考程度に、やってない方は適当に飛ばしてください。基本、音楽は好きか嫌いかですから。

尖(とん)がった曲さんざん創ってますが、この「音楽になりたい」は私の唄ものの中で一番尖(とん)がり過ぎた曲となっております。この曲をやるとだいたい反応がない。(笑)なにか違う世界の音を聴いているような反応になっちゃって、さんざん私を悩ませて来た曲なのですが、無茶苦茶なことをやろうと思っているわけではなく、ちゃんと私の中では整理がついている曲なのです。それをお話したいと思います。

この曲の最大の特長はリズムで、アクセントが1拍3泊にあります。今のこの世のポピュラー音楽の大部分を占めると思われる2拍4拍のアフタービートではございません。前拍のリズムというのはレゲエもそうだと思いますが、レゲエとは微妙に違っています。なぜかというとこの曲をレゲエにしようと思ったこともあったのですが断念した経緯もありまして、テンションコードがたくさん入っているのでレゲエにはならないのです。もっと日本的な叙情性みたいなものがあります。

キーはEで、前奏EからAへ、そして次からわけのわからないコードが3つ出てきて唄へ、面倒臭いんでここは端折(はしょ)って、唄部分もEからAそしてわけのわからないコードがきます。このわけのわからないコードとは、ルートがD(レ)なのですけど、レ、ソ、シ、ミとなってまして1.4.7.9となります。1.4.7.9といったらなにかといいますと、4度で重なってるとも言えますし、Dsus4の5度を省略して9を入れたものとも考えられます。ここではベースがルートから5度に行ってるのでDsus4の5度省略なのだと思いました。なんでそう弾かないんだと言われれば、そう聞こえて来なかったんだとしかいいようがありません。

ドミナントのB7のsus4に行って、そこからなんと半音キーが上がってFになります。いきなりFに行くのではなくC#、D#、Fmaj7と行きます。Fmaj7とB♭maj7が繰り返されてAm7、D7と行ってそこから間奏Edimに行きまたまた半音上がってFdimに行ってキーEの唄に戻ります。無茶苦茶だな。(笑)

2回繰り返して、最後4和音Emaj7、Amaj7、Dsus4,F#sus4と行って最後なんとBaugに行って全音のスケールを使って終わってます。

呆れるくらい無茶苦茶なんですけど、私の頭の中では綺麗に整理がついていてなんでそんなに白い目で見られるのかがわかりません。

こんな曲もあるのですよ・・・。ちまたに流行っている音楽ばかりが音楽じゃないんですよ・・・。たまには違う唄を聴いてみませんか?なにか新しい発見があるかもしれませんよ・・・。最初の10秒くらいは聴いてみませんか・・・?

だんだん弱気になってきた。せっかく動画作ったのでお時間あれば見てください。自分としては世界のどこにもないいい曲だと思っております。本当はこの曲のバンドバージョンつくりたいのですが、生きてないかもね。(笑)音楽配信

こころを開いて 音楽の効用

昨日、荻窪のなんだっけ?温泉、、、昔はユートピアと言った都市型の集合巨大銭湯に行ってきた。いわゆる大江戸温泉みたいなやつ。行ったことないんだけど、、、。一度東京ドーム隣のスパガーラだっけか?一回行ってみたいと思ってるのだが、行ったことが無い。あと歌舞伎町にゴジラが屋根にのってるところにも一回でいいから行ってみたいと思っているのだが、行かないだろうな、、、。機会がない。

(後記:スイマセン、お酒を飲みながら書いたのでぶっきらぼうな言い方をしてしまいました。ユートピアとは現在の「なごみの湯」です。スパガーラは「ラクーア」のことです。不愛想な表現になり関係者の皆さまがお読みになれば気分悪くすると思います。軽率な表現でした。)

日本人に温泉嫌いな人はいないと思う。誰もが大好き温泉。久しぶりに行ったけどものすごい混んでて、サウナ入りました!水風呂気持ちいい。ゴールデンウィークに行くと誰もいないのに、中途半端に普通の日曜日に行くともう嫌になっちゃうくらいに人だかり。大みそかに行ったこともあったな、、、。その時は静かで誰もいなかったけど、露天風呂に浮いてたものは温泉の花だったのか他人(ひと)の垢(あか)だったのかいまだに謎だ。

風呂に入ると、気持ちがゆったりする。小さいことをネチネチ考えてたって仕方がない。こころを開かなきゃ。世間は狭く窮屈だけど、それは自分がそう思っているだけ。気持ちを大きく持たなきゃ。

インターネットもそんな気がする。ユーチューブもフェイスブックも他人(ひと)の数字を見て凄いな!なんでこんなフォローされるんだろう?とうらやましく思ったりするのだが、実はそういうの何もみてないんだよな、、、。中身は何も見てなくて数字だけ見てる。オレだけなのかな?

けどネットに流入する広告宣伝費がテレビの宣伝費をとうとう超えるらしいと本当かどうかわからないけど先日ちらっと聞いた。おもしろい時代になってきた。

表層数字だけを追ってはいけない。数字だけを追うと絶対しあわせになれないような気がする。こころを大きく持って、広げて、おおらかに。お風呂に入ってゆったりすればいいんだから。

何かが見えてくる。音楽配信

YUKIO音楽ライブにいらっしゃいませんか!

先週水曜は阿佐ヶ谷チェッカーボードというブルースバーでライブやりました。その時の模様をお知らせしようと思います。

今回ははじめの方(ほう)でハーモニカを入れた曲を続けて、後半に今まで人前で唄ったことのない新曲を1曲もって来ました。相変わらずお客様いませんで、その日対バンになっている方(かた)二人だけだったのですが気にすることなく唄って来ました。対バンの人も基本お客様だと思っているのでCD売ってますというチラシを忘れず配(くば)るようにしています。

自分の音楽を聴いて良いと思ってくれない限り買ってくれないと思ってますので、チラシはライブの前に必ず配ります。唄ってる途中から来るお客様もいるのですが、その場合は見込みがないとみなし配りません。今回は一人だけでした。

曲目リストを上げると、1.天国キス、2.崖っぷち、3.ボクはモグラ、4.仕事帰りの道すがら、5.チュウ チュウ チュウ、6.間違ってない、7.ハイ という順番で唄ってます。

アコギの弾き語りで唄ってますので、ユーチューブに似た動画がある曲はリンクを貼っておきました。興味湧いてくるようであればご覧になっていただければ嬉しいです。

4曲目の「仕事帰りの道すがら」という曲は私の 代表曲の一つだと思っていて、いつもピアノ弾き語りで唄うのですが、最近はギターでも唄うようになりました。

そして6曲目の「間違ってない」という曲が今回メインのはじめて人前で唄った曲で、かなり構成がむずかしい曲になっていまして、ちゃんとできるのかな?と心配してたのですが案の定ボロボロの出来になってしまいました。トホホといった感じだったのですが、後日録画した動画を見返したところ、そんな悪くない、伝えたいニュアンスは伝わっているのではないかなとも思った次第です。

ただこの曲は難しいコードを使っているので、アコギでは弦が硬く指が疲れちゃって動かなくなったので、次回は弦が柔らかいエレキギターで再度チャレンジしてみたいと思ってます。

今回のライブも、こうして恙(つつが)なく平穏無事にいつもとなんの変わりもなく終わってしまったのですが、音楽の中身はものすごく濃いものをやってると思っております。ユーチューブの動画を見てもし気に入っていただければライブ観に来ませんか?口は余り上手じゃないですけど、このブログをネタにお話しでもしてみませんか。料金は音楽チャージ500円と飲み代です。

いつかお会いできることを楽しみに、来月もがんばります。音楽配信

わが家のトマト事件簿 

わが家の横で栽培している野菜がだんだん成長してきた。キュウリ、ゴーヤ、ナス、ブロッコリー、トマトを植えて育てていまして、今年は発育もよくとりあえずは夏の緑のカーテンぽくなってきました。

キュウリは早くも実(み)が2つほどなって、パンにはさんで食べてしまいました。自分のところでつくっている野菜って形は悪いのですが、とりたてだとやっぱり新鮮で美味しいです。あとあまり時間をおいて実(み)を大きくすると皮が硬くなったりして収穫するタイミングというものもあるような気がします。

ゴーヤも伸びて来ていて、なんとか今年は屋根まで届いてもらいたいものです。キュウリの方が成長が早いのですが枯れるのもあっという間で、その点ゴーヤは息が長く夏の終わりまで持ちます。

今年の栽培の特長は、連作障害を恐れいつもキュウリやゴーヤを植えていた場所にナスを入れてみたことでした。これが当たってナスも元気で実(み)がちらほらできています。もう食べ頃で今日あたり食べてもいいのかもしれません。どう料理するかと訊かれたのですが麻婆茄子(マーボーナス)にしてくれと言ったら嫌な顔をされてしまいました。いつもナスが上手く実らなくて秋口に皮の硬いものしかできなかったので誤魔化し半分、自分で麻婆茄子をつくったりしてたのですが、今年はそんなインスタントの調味料を使わなくてもいいのかもしれません。それほど何か美味しそうに見えたりします。

ナスの隣にはなぜかブロッコリーが生えてまして、まわりの葉っぱが結構虫に喰われていたりするのですけどなんだか元気そうです。どのように実(み)がなるのでしょうか?私にはわかりません。

そして最後に語りたかったのはトマトです。トマトなのです。これを語りたかったのです。事件がありました。トマトの事件があったのです。トマトだけは別のプランターに植えてあったのですが、とある朝、何者かがそのトマトにおしっこをかけているとお隣さんが駆け込んで来たのです!なんということだ!大切に育ててきた我が家のトマト2つにおしっこをかける奴がいるとは!?しかも明るくなった朝に。お隣さんは追いかけたらしいのですが残念ながら見逃したらしく、犯人は未だ見つかっていません。

犯人は何のためにトマトにおしっこをかけたのでしょうか?トマトに栄養が足りないと思い、自分の栄養分を分け与えようと思ったのかもしれません。しかし、そんな子供じみた真似(まね)を、、、。意味がわからん。

おしっこかけられたトマトがいよいよ色づいて、これはさすがに食べられないだろう、いや意外に美味しかったりするのかもしれない、捥(も)いで近所の交番に持って行って「このトマトおしっこかけられました!」と被害届を出してやろうかとも考えたりもして悩んでいた昨日夕方、気づくとなんと!!赤くなったトマトの実(み)2つが無くなっているのです。

誰かが持って行ってしまった!!!?

これで食べなくてすむと実はほっとしていたりなんかもして、事件は闇から闇に葬(ほうむ)り去(さ)られてしまう結末となったのです。

う~む。トマトを持って行ったのはおしっこをかけた犯人なのかもしれない、、、。犯人はトマトをどうしたのだろうか?まさか自分で食べてはいまい。しかし赤くなったトマトを家の中で犯人が幸福(しあわせ)そうにほおばっている笑顔をつい頭の中で想像してしまうのは私だけでしょうか。音楽配信