YUKIOストアはじめました

ギターとピアノ弾き語りで唄って来た曲のバンド化と言おうか完成形が、実は先日できあがった。全部で29曲ある。若い頃からずっと頭の奥でうごめいていた得体のしれないものが、とうとう目の前に現れたのだ。この唄たちが他人(ひと)に認められようが、認められまいが、唄を創った私にしてみれば、もう余り関係が無いと言おうか、この世に生まれて来た自分の心の叫びを自身で聞けたのだ。とりあえず肩の荷がおりた。もういつ死んでもいい。やるべきことはやった。

こんな感じで次の展開を今、いろいろ模索している。

それで手始めに、今まで創って来たアルバム作品をストリーミングやダウンロードといった音楽配信ではなくて、手元に持っているオリジナルCDをネット販売することにした。baseというネットショップ開設サイトのアカウントだけを以前から持っていたのだが、もう曲のミックスやマスタリングをしばらくはしなくてもいいので、その時間を利用して簡単にYUKIOストアというネットショップを作ってみた。

画像をクリックするとページに飛んで行けます。

こちらがYUKIOストアになっていて、過去の5つの作品「YUKIO」、「YUKIO PIANO」、「COCOLO」、「太陽」、「月」が買えることになっている。まあ、どうせ誰も買ってくれないだろうとは思っているのだが(笑)、あきらめちゃいけない。あきらめからは何もはじまらない。あきらめるとすべてが終わってしまう。

昔、ライブハウスかバーで一緒になった共演者の人に、”この人、自分の曲をいい曲だと自分で言ってるよ!普通そんなこと自身で言うかね!?”と、からかわれた事があるが、何を言ってるんだぁ!?

自分でいい曲だと信じない限りは、誰が信じてくれるんだ!!

そんな冷めたこと言ってるから、コピーだとか、どうしようもない曲しか創れないんじゃないか~!と思ってしまったことがある。(笑)ちなみにこの人は、ネットで特定されるようなことを余り書きたくはないのだが、世渡り上手な感じで、自分のライブに有名人や映画監督を呼んで、その名前のもとでたくさんお客さんを入れていた。(笑)たぶん、もの凄く自分のことを謙遜(けんそん)して、そうした有名人に取り入ったのだろうが、自分とすれば、そんなの関係ない!あくまで音楽勝負だ!と、この歳になって、いまだに、青くさいことを言っている。(笑)

あるいは、CDを売りに行った別の人には、”YUKIOさん、ずいぶん自分の作品を褒(ほ)めるね、もしかして自分好きっ子ちゃんなの?”と、からかわれたりもした。

バカヤロ〜!営業するとはそういう事だ。自信があるから営業に来てるんだ〜!

と、内心思いつつ、しっかり頭を垂れ下げて買ってもらったりもした。(笑)ちなみにこちらの人もCD何枚も続けて買ってもらったのだが、直近の「月」という作品を営業時に断られてしまった。断り文句が、自分は音楽に対してはうるさくて、気に入ったものしか買わないという。それは誰もがそうなのだと思うのだが、私が思うに買ってくれなかった原因は、前の作品を買ってくれた時に送料か消費税だったかを振込時に入ってなかったので、あらためて入れてもらったという経緯があって、それが気に食わなかったのだろうなと思っている。

こんな感じで今までの私の作品に対する熱い想いを今回は語ろうと思うのだ。

自分は、スマホは古いアイフォンを持っていて確かアイフォン7だったと思う。中古で買ったやつで、その前はアイフォン4 sをもう何年も使っていた。もはや5Gの時代、興味がそんなに無いと言ってしまえばそれまでなのだが、完全に時代遅れである。(笑)しかし、最低限世の中の動きはチェックするようにはしていて、自分の曲をスマホで聴いたりもする。すると、アイフォン 7で聴くとどうもおかしく聴こえるのだ。スマホだとL(左)+R(右)のステレオだけでなくて、上と下もある感じの4方面から音が出ている感じがして、マスタリング時、モニター用のスピーカーの前で、自分がこれでいい、これで他人様にも聴かせられると判断した完成形の音とは違うように聴こえるのだ。まだ4sの方が、多少は違っていたのだが、L+Rのステレオ感覚に近い感じになっていて、私が思い描いた音に近い音が出ていたような気がする。

このアイフォン7、上にも書いたように中古で買ったものだったので、スピーカーがどこか壊れているのかな?と思ってもいたのだが、他の人のアイフォン で自分の曲を聴けるわけでもなく、いまだに、このアイフォンが壊れているのか?それともアイフォン そのものが最新のものに変わるうちに音の出力の仕組みを変えたのかは、確認できないのであった。

ただ、アップルミュージックから先日メールが来ていて、アイフォンでバランスよく聴こえるようにするプラグインを作ったので、それを最新のLogic pro(私が使用しているアップルの音楽ソフト)で使ってみてくださいとのことだった。しかし残念なことに、私がLogicを入れているノートパソコンが古くて、最新のLogicにアップデートできないのでこちらの方も確認のしようが無いのであった。(笑)

スマホはアイフォン だけでなく、グーグルのアンドロイドもある。アンドロイドスマホの音がどういうものなのかもわからない。なにせ一人でやっているので、確かめようがないのだ。もう少し友達がいればな〜と思うのだが、、、。

しかし、アップルやグーグルを当(あ)てにしても仕方がない。子供の頃にはGAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)なんてなくて、生きて来れたんだから、これからも生きていける!(笑)いっその事、スマホを外で鳴らす場合はモノラルにすればいいじゃないか!とも思ったりもする。(笑)

なぜ、こうしたスマホの音源の話をしたのかと言えば、ストリーミングやダウンロードの音楽配信で私の曲を聴いてもらった場合に、私がマスタリングして、これを聴いてもらいたいと思った最終形の音とは違っているのではないのだろうか?と心配するのであった。確認のしようがないのだ。

私が持っているアイフォン 7で「夜の海辺」を聴くと、フルアコで弾いている間奏のソロが全然聴こえなくなっていたりして、この音のバランスで他人(ひと)に聴いてもらいたいとは思わないのだが、確認のしようがない。

スマホだけでなく、パソコンからスピーカーにつなぐ人や、専門オーディオで聴く人など、今の時代、人それぞれ聴く環境が違っていて、どれで聴いてくれなんて、こちらから言える立場ではないのだが、私とすれば、スマホではなくてL+Rのステレオの前(スピーカー2つと自分がちょうど三角形になる感じ)で聴いていただくのが一番自分が聴いてもらいたい音の状態に近いのではなかろうかと思っている。

そうした環境で、精魂込めて何年間(いや、曲の思いつきから数えれば何十年)もかけて創ったのが私のオリジナルCDなのだ。ストリーミングやダウンロードで、からかい半分、おもしろ半分で1、2曲聴いてもらっても、自分のこれまで命がけで人生をかけて創って来た音楽の世界をわかってもらえるはずはなく、前も書いたと思うのだが、やはり作品全体を通して聴いてもらいたいというのが自分の希望なのである。

音質についても、もう少し述べたい。自分が最終形としているのが、CD規格のサンプルレート44100Hz、16bit、wavファイルにして最後アイチューンズに曲を並べて、それで納得がいくものが出来上がれば完成したということにしている。最近は24bit以上のハイレゾ音質なんてものまであるのだが、一番音質の劣る16bitで調整するのだ。16bitで調整しておけば、あとでいくらでも24bitで調整できるからだ。

このように曲の思いつきから、マスタリングの最後まで、一人ですべてを何十年もかけて創って来た。しかもジャケットデザインも8割がた自分でやっていたりなんかして、、、本当、自分もしつこいな。(笑)

この作品(CD)制作を何かの作業に例えようとするならば、窯元(かまもと)に近いのかもしれない。何百もの皿や瓶(びん)を丹精(たんせい)こめて自分のこの手で土を練り上げ、固めて、焼き終わった後は、気にくわないものは一つずつすべて壊していく、そして残ったものだけを自分の作品にする。気の遠くなるような時間と労力がかかっていたりするのだが、ただ時間をかけただけでは何の意味もないとも思っている。要は作品の質なのだ。過程に酔っては駄目だ。過程に自分がどれだけ努力してきたのかを語る他人(ひと)は死ぬほどいるのだが、、、というか日本の世の中みんなそんな感じになっていて、ついて行けないのだが、

前にテレビの散策番組で、浅草かどこかの江戸の彫り物店が紹介されていて、ある商品が100万円以上するのでレポーターが料金高い!どうしてこの商品だけこんなに高いのか?と尋ねたところ、店主が言うには、この商品はお手製で1年以上かかって製作されて出来上がって来ているからだと説明していた。

1年かけたものが100万円、、、、?

時間さえかければいいのか?と思ってしまった。自分とすれば、そんな1年どころか何十年もかけて創ったCDを1500円や2000円で売っていたりする。こんな安いものはないのに・・・、それでも高いと言われ、誰も聴いてくれない。この店主、甘いんじゃないかと思ってしまった。過程なんて、お客様にとってみればどうでもいいんだ!!お客様にとって一番大切なことは、それを必要としているかどうかだ!自己満足で料金をつけるんじゃない!!と思ってしまったのであった。(笑)スイマセン、、、

こんな誰も言ってはいけないことを言ってしまった自分ではあるが、(笑)自分のオリジナルCDを売るストアを作ったのである。(笑)馬鹿にしてくれ!笑ってくれ!無視してくれ!(笑)ただ音楽はそこら辺で聴けるものとはちょっと違うよ!気に入らなければ、それはお前さん、人生の肩書という音楽だけを聴いているんじゃないのかい!?(笑)どんどん過激になって行く。(笑)このままじゃ収拾(しゅうしゅう)がつかなくなるのでもう止めようと思う。ただこれだけは言いたい。作品を通して聴いて下さい。そんな1、2曲聴いてコイツの音楽は良いとか悪いとか、無料(ただ)なら聴いてあげるとか、評論家みたいに貧乏くさいこと言うのは、いずれそれはアナタの身に降りかかってくることでもあると思うからだ。

本当にお金のない人が自分の音楽を気に入ってくれて、聞きたいと言ってくれるなら、いくらでも無料(ただ)で、どこに行っても唄う!ただ今の時代、お金も十分あるのに、なんだかいろんな条件をつけてくる人がほとんどだ。音楽が良い悪いかの以前に、ものの良し悪しが何か別の次元、、、お金で語られているようなそんな気がしてたまらないのであった。(笑)

オリジナルソング。YUKIOストアはじめました。

聴いてください。YUKIOストア

音楽配信もやっています

ミニアルバム「青森」音楽配信はじめました

「青森」という5曲入りのミニアルバムを音楽配信はじめました。自分の中では今までとはちょっと違う作品になっていて、そこらへんの経緯を今回語ろうかなと思います。

”青森”とは、いわゆる日本の本州の北端にある青森県のことで、故(ゆえ)あってか、そこのとある街の人達にお世話になっていたりして、その街の海辺や山辺で体験した思い出が今回の5つのメロディーの基(もと)になっています。

いままでの自分の作品は、基本、黒人音楽から(特にリズムが)影響を受けたものになっていて、特に根本(こんぽん)はレコードやCDは持ってないのですが、黒人の教会音楽ゴスペルのような歌を創りたいと、若い頃はずっと思っていました。自分の目標とする歌手は今も変わってないのですが、黒人の教会ゴスペル歌手から出発したサム・クックやマービン・ゲイなのです。

Jポップ隆盛(もう古いのか・・・。今はKポップなの?おじさんにはよくわからないが)の今の時代、サム・クックやマービン・ゲイと言われてもピンと来る人はほとんどいないのでしょうが、二人はすばらしいゴスペル歌手でもありR&B歌手でもあって、白状しますが、私は常日頃いつも歌う時は彼らのように歌いたいと思って歌って来たのでした。

ゴスペルの本質はやはり心の救済(きゅうさい)なのだと思います。教会で理不尽な死に方(死は生に対して常に理不尽です)をした家族や友人を弔(とむら)うために歌う歌で、行き場のない残された人たちの心の悲しみをゴスペルは歌によって救済していこうとするのですが、その力強さが圧倒的で、歌の根本はこういうものだとずっと思って来たのでした。

ただ私は日本人で黒人では無いのです。国内で陰湿などうでもいいようないじめや差別を受けたりもしますが、Black lives matterのような本当に凄惨な差別を経験したこともないし、それを望みもしない、また、黒人のようにドスの効いた重低音の太い声を持っているわけでもなく、いくらシャウトしてもサム・クックやマービン・ゲイのようには歌えないのです。だから、自分らしく歌うこと、これだけを肝(きも)に銘じて、誰にも相手にされないのですが(笑)、歌って来ました。

真似(まね)、そしてコピーからは何もはじまらない。

今もそう思ってます。

そんな私の唄心(うたごころ)に青森にたまに行くことにより転機が訪れました。ここではなぜそんなに青森に通うのか理由は語りませんが、観光で行っているわけではなく、まあ半分はまだお客様的な立場ではあるのですが、決して物見遊山(ものみゆさん)的なものではなく、お気軽な旅行では絶対に味わえないような体験を何度もさせてもらったと言おうか、そうした経験を重ねて行く内に今回の「青森」の5つのメロディーが生まれたのでした。

帰りの新幹線の中で、思い浮かんだメロディーを忘れてはいけないと必死に頭の中で、繰り返し、繰り返し、なんとか自宅に辿り着いたりして、結構、東京から青森は遠いです。(笑)

そんな「青森」に通った体験の内の一番の思い出が、ある方(かた)の葬式に出たのですが、その葬式、、、お寺の境内(けいだい)の中であった葬式なのですが、見たことのないお婆(ばあ)さんが三人座っていて、この人たち誰なんだろう?と思っていたところ、お坊さんのお経(きょう)が終わったところで、三人が一人ずつ順番に唄をうたい始めるのです。見たことのない鈴(すず)を手にもって、聞いたことのないメロディーを。

そのメロディーとは不思議なメロディーで、ただ何となく懐(なつ)かしくもあり・・・、なんとも言えないと言おうか・・・、ただ言えるのは、そんな現代の学校の音楽の授業で教えられるようなものとはまったく違うもので、民謡と言えば民謡なのでしょうが、余りに私にとっては美しく、儚(はかな)いメロディーで、何かまるで夢の中にいるような気分になってしまったのでした。

この光景どこかで見たことがある、どこだっただろう?と、そのうっとりしたメロディーを聞きながら思い浮かんだのが、そう、上記ゴスペルの光景なのでした。

このお婆(ばあ)さん、彼女たち三人は、この亡くなった人を弔(とむら)うために唄っていることに気づき、ただ、そのメロディーはゴスペルでは無い、この地方独特のもので、それはそうだ、この場で彼女たちがゴスペルを歌い出したら、とんでもない場違いになるだろうし、わかったことはゴスペルも彼女三人たちのメロディーも形式は違うのですが、死者への弔いと共に残された者(もの)たちへの心の救済なのです。

なんだゴスペルも、青森のこの地方にたぶん代々伝わる死者への送り唄も同じものなんだ、自分は日本人なのであって、わざわざ外国の様式を真似(まね)する必要もないではないか!と気づかされてしまったのでした。

日本には、身近にこんなに素晴らしい文化やメロディーがあるじゃないか!現代の東京に住んでいると、情報ばかりが頭の上を飛び回り、時代に乗り遅れまいと、一斉(いっせい)に人々は同じ方向を見ようするのですが、息がつまってしまう・・・、と言おうか、自分もそうで、音楽を情報でしか聞いていない、勉強の道具のように知らない内になってしまっていて、音楽の本質は形式では無い、心なのだとあらためてこの体験を通して感じたのでした。

こうした体験を基に「青森」の5曲はできています。

青森に行く途中、新幹線の中でいつもJR東日本が編集した前の座席の背もたれに入っているフリーペーパーを読んで行くのですが、巻頭に見開き2ページ分の短いエッセーが載っていて、有名な作家の人たちが執筆しているのですが、その内の一人が横綱の朝青龍(あさしょうりゅう)に引退を迫った脚本家の内館牧子(うちだてまきこ)さんで、昔、内館さんがそのエッセーの中で書いていた内容が、妙に私から見た青森で出会った人たちを言い当てているような気がして感心してしまった記憶があります。

それは、大間(おおま)の子供たちの将来なりたい、あこがれの職業は、サッカー選手やプロ野球選手、今で言うユーチューバーやお笑い芸人、あるいは会社の社長さんでは無く、父親のような漁師になりたいということでした。憧れの人が漁師である自分の父親なのです。

父親のように腕のいい漁師になりたい!

東京の子供たちからすれば考えられないことなのでしょうが、大間(おおま)と言えば下北半島の先端、本州最北端の漁師町で、お正月の築地いや、今は豊洲か、マグロの初競(せ)りでは毎年、最高値で競り落とされるマグロは大間で釣り上げられたもので、テレビでも大間の一本釣り漁師のドキュメンタリーをいつもお正月やっていたりもします。

テレビで観る大間の1本釣り漁師の人たちの冬の津軽海峡の海での余りに過酷なマグロとの格闘や、一攫千金(いっかくせんきん)を狙うギャンブル性、大物マグロを捕獲して帰港した後、街中に繰り出して豪遊するのかと思いきや、家でスーパーで買って来た安い折り詰め寿司で祝って晩酌する余りに質素な食事、、、何か人間が本来あるべき姿を思い出すのです。子供たちは、そうした父親の背中を見ているのではないのでしょうか。

大間の子供たちにとって、そんなお金持ちじゃなくたって、人気者じゃなくたって、テレビに出なくったって、人生かけて海と格闘しマグロを捕って、命がけで自分たちを養ってくれる漁師の親父が一番格好いいのです。

この大間の漁師さんたちだけでなく、青森の人たちに出会うと、東京では感じることができない、根源的な生きる力と言おうか、、、元来(がんらい)人は、 今の現代社会のような 団体行動を共にして、分業体制でモノを大量生産して分配していく、こうした世界を望んでいたわけではなくて、狩猟(しゅりょう)の民(たみ)だったのではないのかなと思ってしまうのでした。

黒人音楽に影響は受けていても、別に真似をしているわけではない。ただ自分は日本人で、気づかなかっただけで、有名ではないけれど素晴らしい音楽が周りにたくさん溢れていることを、青森の人たちが教えてくれたのでした。

こうした経験を基に「青森」というミニアルバムはできています。

大間の先端、大間岬に連れて行ってもらった時は、岬の一番先端に建っているマグロの銅像にまたがって記念写真を撮ってもらいました。帰りの車窓から見える、夜の津軽海峡の夏の海には船の漁火(いさりび)が赤々と無数に灯っていました。

ぜひ、聴いてください。

(そして気に入っていただけるようであれば、買っていただけないでしょうか?笑)

音楽配信

「青森」1曲目”船”動画です。

オリンピックとカエルの鳴き声

さて、このブログに久しぶりに向かってしまったが、何書こう?この4連休どこに行くあてもなく、窓から降り注ぐ日差しは熱波(ねっぱ)だ。いま11時52分。我慢して扇風機をかけているが、そろそろエアコンに切り替える限界に近づいて来ている。今夜はオリンピック開幕式か。新聞のテレビ欄を見ると、裏番組で「大食い女王決定戦」をやるみたいだ。そっちを見てもいいかな。どうしよう。またビール飲むんだろうな。暑いからな最近。昼、何喰おうかな?昨日の昼は久しぶりにボンカレー食べた。血圧が上がらなくてよかったよ。暑いな。。。最近暑いんで隣近所のみなさんみんな窓閉めてエアコンかけてるので音が聞こえて来なくなった。いつもは結構うるさいんだよな。まあ先方からみればオレの方がうるさいのかもしれないが。。。どこかでかけようかな?中野にでも行くか!?それとも阿佐ヶ谷でクラシックでも聴いて来るか?けど今日行ったら、土日(どにち)行くところが無くなってしまうしな。。。。ああ、もう12時回った。隣のおねえさんの笑い声うるさいな。もう慣れたけど。最近飛行機の音がうるさい。飛行機の飛び過ぎだよ。ミックス・マスタリングしてる時にもう飛行機の音が聞こえて来てすごく邪魔になってた。ああもっと防音設備のある家に引っ越したい。また飛行機飛んでるな。うんざりだ。うんざりベイビーだ。もう目が駄目だ。本も読めなくなってきている。ちょっと読んだだけで目が痛い。もっといい目薬(めぐすり)ないかな。蝉だ!蝉!蝉が鳴いている。暑いもんな。蝉も鳴きたくなるってもんだ。なんか腹減って来たな。何食べようかな?ソーメン?とろろそばが喰いたかったんだよな・・・そう言えば。美味しいとろろそばどこかで食べさせてくれないかな?冷えたやつじゃないと駄目だよ当然。「リディアンクロマチックコンセプト」難しくてわかんないよ。オレってなんでこんなに頭悪いんだろうか?もうすこし頭良く生まれて来てたらなあ。また飛行機飛んでるよ。そういえば、、、また飛行機だ、うるさい。今度はパトカーの音だ。この街はほんとパトカーやら救急車、消防車の音が年がら年中鳴っている。ピーポーピーポーって、もう、、、今度は飛行機か?なんでこんなに飛行機が飛んでいるんだ?国際線の羽田発着が増えるから、予行演習してるのだと思うのだけど、今日はそれだけじゃなくてオリンピックの開幕式があるからかな?5分間隔で飛行機の音が聞こえる。またまた飛んでるぞ!これが東京大空襲のB29爆撃機の音だったら怖かっただろうな。ブーンと飛んできた日には戦中はみんな防空壕に隠れたんだろうな。今日が平和の祭典で良かったよ。そういえば最近、夜、窓開けて扇風機かけてるとカエルの鳴き声が聞こえてくることに気づいた。どこかから、、、カエルの鳴き声だ。虫の声のようでもある。前から聞こえてたのかな?この家に引っ越して来た時には、ゴーッという大気の音というか、なにかそうした何かが乾燥して上に溶けて行くような音しか聞こえて来なかった。なにか独特の都会の音なのだと思う。そのうちよくよく耳を凝らすと、実は電車の音が微妙に聞こえて来ることに気づいた。中央線の音だ。前に住んでいた家でも聞こえていた音なのだが、この家に引っ越して来た時には気づかなかった。前の家に比べて、今の家の方が線路からは近いはずなのに、なんで聞こえて来ないのだろう?と当初は不思議に思っていたのだが、ここ何年かは電車の音が聞こえる。今の家にもう慣れっちゃったからだと思う。自分の心がリラックスしちゃったんだ。大気の音ばかりに気が向いて、他の音が聞けなかったのだと思う。そう今年からカエルの鳴き声が聞こえるのだ。どこで鳴いてるのだろう?田舎に住んでた若い時には周りはすべて田んぼだったので、夏はそれはもう昼、夜、1日中カエルの音だらけだった。それがまた気持ち良く、東京にでてきてそのカエルの鳴き声が聞こえないのがとても残念と言おうか寂しい想いがあった。前の家では毎朝飽きるほど近所の公園を散歩していて、その公園にいる鳥の鳴き声を聞くのが好きだったのだが、夏は鳥だけでなく、カエルの音や蝉の音も加わるので、結構夏独特の音が鳴ると言おうか、自然のシンフォニーみたいな感じでくつろげたのであった。ことしはなぜかそのカエルの音がこの家で聞こえる。不思議だ。このカエルの鳴き声がクラシック音楽の曲の何かに似ているなと最初思いついたのがドボルザークの「新世界より」だった、ただなんか違う、もっと自然の鳴りが欲しいなと思い、気づいたのはベートーヴェンの「田園」だった。これがちょうど合うのだ。カエルの鳴き声が聞こえない時は「田園」を聴くのだ。 ベートーヴェン もカエルの鳴き声を聞いていたのかなとも思う。飛行機の音がようやく止んだ。隣のおねえさんのでかい声が、五輪が見えた!五輪が見えた!と聞こえて来て、向こうでみんな見てたわよ!と叫んでた。なんだみんな家の外に出てブルーインパルスが作る五輪雲を見てたのか。そんな、みんなイベントが好きなのかな?やっぱり自分は団体行動が好きじゃないのかもしれない。成人式も出なかったしな。

音楽配信中