音楽の魔法のからくり

ユーチューブに上げている自分の曲の中でタイトルに”魔法”とつく唄が2つばかりあって、数はたかだか知れてるのですが、なぜかこの2曲が他の曲に比べてアクセスが多くなっています。自分が想像するにこの”魔法”という言葉が検索されやすいのではなかろうかと思っていて、曲の中身とかは余り関係がないような気がします。

同じように”火の玉”という曲もアクセス数があったりして、”魔法”とか”火の玉”とか何か人間がつい興味を持ってしまいそうな、現実にあるのかないのかわからないこうした怪しげな現象をみなさん言葉で検索するのかもしれません。

ただ音楽と魔法は結構切っても切れない関係と言いましょうか、有名なミュージシャンがインタビューとかで自分の曲の制作過程を語る時、神が降りてきて、魔法がかかったようにメロディーが浮かんできたとかよく言ってたりして、実は私も同じような言い回しをするので、これはよろしくないと言いましょうか、できれば止(や)めたいのですがこういう風にしか言いようがないのです。

しかし客観的、第三者的に冷酷な目でみると、”なに格好つけた言い方してるんだよ!”と思ってしまうのが普通ではないでしょうか。そうです私は格好つけてるのです。(笑)申し訳ございません。

何年か前に教育テレビの障害者番組で自分のオリジナル曲をつくって唄っている女の子が出ていて”自分には音楽の魔法がかからない~♪ 音楽に魔法なんてないよ~♪ 音楽に魔法なんてない~♪”と、こんな感じで唄ってまして、すごく衝撃を受けたといいましょうか、そうかこんな表現もありなんだと感心させられた思い出があります。彼女がデビューしてたのかどうなのかはわかりませんが、テレビでこんな唄、披露(ひろう)できるなら彼女には十分音楽の魔法がかかっていると思いました。

このように少し私は格好つけたもの言いをするのかもしれません。とあるライブで、お医者さんと看護婦さんが組んでいるバンドと一緒になった夜があって、そのお医者さんは精神分析医らしく私の唄を聴いた後、どんな状況の時にそんな曲ができるのかと訊かれて、上記のように周りが絶望的な環境になった時とかに自然と頭にメロディーや歌詞が聞こえて来たりすると答えると、それは自己癒(いや)しになっているんだと言われたことがあります。

”銀座モード”という自分の曲があって、その曲の基は一番最初ピアノで思いついた唄なのですがその当時あまりに難しくていつかは弾きたいと思っていたのですがピアノで弾くことを諦めてギターの弾き語りで唄っていたところ、そのお医者さんに見抜かれてその曲はギターでやるのもいいけどピアノでやった方がもっと映(は)えるとアドバイスされたりもして、それ以降頑張ってピアノで弾けるようにもなって、あながちそのお医者さんが言うように自分の唄は自己癒(いや)しになっているのも間違っていないような気もします。

音楽に魔法があるかどうかはわかりませんが、メロディーが空から降りてくるのを待っていても仕方がありません。あるのかないのかわからない魔法を信じるより、せめて努力だけでも忘れず続けたいものです。魔法と言えば魔法なのでしょうし、自分の努力の結果とい言えば努力の結果なのですから。音楽配信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA