必殺するめ固め

さて、今回はタイトルを最初に決めて書こうと思うのだ。”必殺するめ固め”。すごいタイトルだな。(笑)このタイトル、漫画家のつげ義春さんの漫画集のタイトルをパクりました。(笑)家族にいろいろな本を売り飛ばされたのですが、この漫画集はいまだに生き残っていて、我が家の本棚のどこかにまぎれこんでいるはずです。

なぜ、こんなタイトルにしたかといえば、自分の音楽もするめのようでありたいと思うわけです。噛(か)めば噛(か)むほど味が出て来る・・・。こんなするめイカのように、私の音楽も有名ではありませんが、何度聴いても飽きがこないというところが地味ではありますが、売りなのです。飽きが来ませんよ。騙(だま)されたと思って聴いてみませんか!?(笑)

本日は、ちょうどお正月が明けて10日ほど、その年のお正月飾りや書初(かきぞ)めを燃やす火祭りのイベントが近づいてきました。ネットで調べると、1月14日の夜から15日の朝にかけてやるみたいで、全国では地方によっていろいろな呼び方があるようで、東京では”どんと焼き”と呼ばれていて、私の田舎では”サギ長(ちょう)”と言っていました。

東京で何度かその”どんと焼き”で締め飾り(しめかざり)を焼いたことがあるのですが、小学校の校庭でパチパチ、スケールの小さい火で焼いていて、なにか物足りなさを感じたのですが、田舎では結構、雪の積もった田んぼの真ん中に竹を何本も立てて豪快に焼いていた記憶があります。

栃木の”どんと焼き”。私の子供の頃の”サギ長”はイメージとすればこんな感じ。

その燃え盛った火の中に、竹の先を割って、餅(もち)などを挟んで焼いて食べるのですが、そこで焼いたするめイカの美味(うま)いこと、美味(うま)いこと。スーパーで売っているサキイカもおいしいのですが、ちょっと固(かた)くて、あごが疲れちゃうのですが、”サギ長(ちょう)”で焼いたするめイカは、暖かいし、適度に柔らかいし、風味もあって、するめってこんなに美味(うま)いものなのか!と子供心に思った記憶があって、数日前に朝の布団(ふとん)の中でその光景を思い出したのでした。

噛(か)めば噛(か)むほど味がしみる。自分の音楽もそうありたい!(笑)

寒くて布団から出たくなかったので、すっぽり頭までかぶった真っ暗な布団の中でこのアイデアが浮かんだのであります。(笑)

味だけでなく、なんだかイカの姿がまたグロテスクで、つげさんの漫画集では、漫画集のタイトルだけで、このタイトルの漫画はなかったような気がしますが、ヌルヌルした不気味な漫画がいっぱい入っていたような気がして、巨大イカの足にからまれたら、もう逃げられないと言おうか、アントニオ猪木の必殺技(ひっさつわざ)のコブラ・ツイストや卍(まんじ)固めのように(古いなオレも・・・)、一度食らいついたら、もう離さないといった感じで、私の音楽はアナタのハートを離しませんよ!な~んちゃってね。(笑)

ぜひ、私の”必殺するめ固め”にアナタもかかってみませんか!?噛(か)めば噛(か)むほど味がしみる・・・。ヌルヌル地獄。そんな極上の世界を味わって下さい。

「北へ」。作品「青森」より3曲目

音楽配信やっております。気に入ったらダウンロードいかがなものでしょう?作品を通して聴いていただくのが一番のお勧(すす)めです。CD販売もしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA